本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

小林 功 (こばやし いさお) 助教 Kobayashi, Isao

メール

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

幹細胞発生学研究室 TEL:076-264-6245 FAX:076-264-6245

学歴

【出身大学院】
日本大学 博士課程 獣医学専攻 2009 修了
【出身大学】
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 2006 卒業
【取得学位】
博士(獣医学)

職歴

金沢大学 理工研究域 自然システム学系 助教(リサーチプロフェッサー)(2015/11/01-)
カリフォルニア大学サンディエゴ校 細胞分子医科学部門 Assistant Project Scientist(2015/04/01-2015/10/31)
カリフォルニア大学サンディエゴ校 細胞分子医科学部門 日本学術振興会海外特別研究員(2013/04/01-2015/03/31)
カリフォルニア大学サンディエゴ校 細胞分子医科学部門 日本学術振興会特別研究員PD(2011/10/01-2013/03/31)
慶應義塾大学 医学部 発生・分化生物学教室 日本学術振興会特別研究員PD(2009/04/01-2011/09/30)

生年月

1980年08月

所属学会

国際実験血液学会
日本発生生物学会
日本血液学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○Christa Muller-Sieburg賞(2013/08)

専門分野

幹細胞生物学、発生生物学、獣医学、血液学

専門分野キーワード

造血幹細胞、ゼブラフィッシュ、幹細胞ニッチ、ライブイメージング、血液

研究課題

魚類腎臓における造血幹細胞ニッチの同定と機能解析

魚類腎臓における造血幹細胞ニッチの同定と機能解析 私たちの体を流れる血液細胞は全て造血幹細胞という一種類の細胞に由来し、造血幹細胞が分化・増殖することによって、血液細胞が生涯にわたって供給され続けています。造血幹細胞のこのような特殊な能力は骨髄移植という形で白血病などの様々な血液疾患に対する治療に応用されています。造血幹細胞がその能力を発揮するためには、“造血幹細胞ニッチ”と呼ばれる造血幹細胞を取り巻く微小環境が不可欠です。ヒトを含む哺乳動物では、造血幹細胞は骨の内部の骨髄に存在し、造血幹細胞ニッチが骨髄中に形成されています。一方、ゼブラフィッシュなどの魚類は、哺乳動物とほぼ同じ血液細胞を造るにもかかわらず、造血幹細胞は尿を産生する器官である腎臓に存在しています。私たちの研究室では、魚類の腎臓にヒントを得て、造血幹細胞ニッチを哺乳動物と魚類で比較解析しながら、造血幹細胞の分化や増殖に関わる普遍的な性質を解明する研究に取り組んでいます。

ゼブラフィッシュ胚を用いた造血幹細胞の発生機構の解明

ゼブラフィッシュ胚を用いた造血幹細胞の発生機構の解明 近年樹立された人工多能性幹細胞(iPS細胞)は生体のほぼ全ての細胞へ分化可能な万能細胞であり、今後の再生医療への応用が期待されています。iPS細胞は、まだ分化の方向性が決まっていない初期胚の細胞と類似した特徴を持っているため、iPS細胞から造血幹細胞を造り出すには、造血幹細胞の発生機構を理解し、それを生体外で再現する必要があります。ゼブラフィッシュは造血幹細胞の発生過程を解明するためのモデル生物として非常に適しています。ゼブラフィッシュは体外発生を行い、胚が透明であるため、特定の細胞を蛍光タンパク質で標識することによって、その細胞の動態を生きたままリアルタイムに追跡することができます。左の動画は、ゼブラフィッシュ胚において血管芽細胞(緑)が体節(赤)の腹側を移動し、正中へ達する様子を観察してます。私たちの研究室では、このような“ライブイメージング”による解析を取り入れることによって、造血幹細胞の発生動態を追跡し、いつ、どこで、どのような組織・細胞と関わっているのかを解明することを目指しています。

著書

論文

  • Gata2b is a restricted early regulator of hemogenic endothelium in the zebrafish embryo Emerald Butko, Martin Distel, Claire Pouget, Bart Weijts, Isao Kobayashi, Kevin Ng, Christian Mosimann, Fabienne E. Poulain, Adam McPherson, Chih-Wen Ni, David L. Stachura, Natasha Del Cid, Raquel Espin-Palazon, Nathan D. Lawson, Richard Dorsky, Wilson K. Clements, David Traver Development 142巻 6号 1050-1061頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Jam1a-Jam2a interactions regulate haematopoietic stem cell fate through Notch signalling Isao Kobayashi, Jingjing Kobayashi-Sun, Albert D. Kim, Claire Pouget, Naonobu Fujita, Toshio Suda, David Traver Nature 512巻 7514号 319-323頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation and characterization of endosteal niche cell populations that regulate hematopoietic stem cells Yuka Nakamura, Fumio Arai, Hiroko Iwasaki, Kentaro Hosokawa, Isao Kobayashi, Yumiko Gomei, Yoshiko Matsumoto, Hiroki Yoshihara, Toshio Suda Blood 116巻 9号 1422-1432頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kinetics of CD4+ and CD8alpha+ T-cell subsets in graft-versus-host reaction (GVHR) in ginbuna crucian carp Carassius auratus langsdorfii Yasuhiro Shibasaki, Hideaki Toda, Isao Kobayashi, Tadaaki Moritomo, Teruyuki Nakanishi Dev Comp Immunol 34巻 10号 1075-1081頁 2010 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative gene expression analysis of zebrafish and mammals identifies common regulators in hematopoietic stem cells Isao Kobayashi, Hiromasa Ono, Tadaaki Moritomo, Koichiro Kano, Teruyuki Nakanishi, Toshio Suda Blood 115巻 2号 e1-9頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • In vivo characterization of primitive hematopoietic cells in clonal ginbuna crucian carp (Carassius auratus langsdorfii) Isao Kobayashi, Hiroko Kusakabe, Hideaki Toda, Tadaaki Moritomo, Tomoko Takahashi, Teruyuki Nakanishi Vet Immunol Immunopathol 126巻 1-2号 74-82頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term hematopoietic reconstitution by transplantation of kidney hematopoietic stem cells in lethally irradiated clonal ginbuna crucian carp (Carassius auratus langsdorfii) Isao Kobayashi, Sawako Kuniyoshi, Kazuyuki Saito, Tadaaki Moritomo, Tomoko Takahashi, Teruyuki Nakanishi Dev Comp Immunol 32巻 8号 957-965頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization and localization of side population (SP) cells in zebrafish kidney hematopoietic tissue Isao Kobayashi, Kazuyuki Saito, Tadaaki Moritomo, Kyosuke Araki, Fumio Takizawa, Teruyuki Nakanishi Blood 111巻 3号 1131-1137頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of teleost phagocyte NADPH oxidase: Molecular cloning and expression analysis of carp (Cyprinus carpio) phagocyte NADPH oxidase Masayuki Mayumi, Yoko Takeda, Masataka Hoshiko, Ken Serada, Michihiro Murata, Tadaaki Moritomo, Fumio Takizawa, Isao Kobayashi, Kyosuke Araki, Teruyuki Nakanishi, Hideki Sumimoto Mol Immunol 45巻 6号 1720-1731頁 2008 査読有 原著論文
  • Molecular cloning and expression analysis of T-bet in ginbuna crucian carp (Carassius auratus langsdorfii) Fumio Takizawa, Kyosuke Araki, Isao Kobayashi, Tadaaki Moritomo, Mitsuru Ototake, Teruyuki Nakanishi Mol Immunol 45巻 1号 127-136頁 2008 査読有 原著論文
  • Isolation of side population cells from ginbuna carp (Carassius auratus langsdorfii) kidney hematopoietic tissues Isao Kobayashi, Tadaaki Moritomo, Mitsuru Ototake, Teruyuki Nakanishi Dev Comp Immunol 31巻 7号 696-707頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Demonstration of hematopoietic stem cells in ginbuna carp (Carassius auratus langsdorfii) kidney Isao Kobayashi, Mayuko Sekiya, Tadaaki Moritomo, Mitsuru Ototake, Teruyuki Nakanishi Dev Comp Immunol 30巻 11号 1034-1046頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Jam1a − Jam2aによる接着はNotchを介した造血幹細胞の運命決定を制御する 小林 功, David Traver 実験医学 33巻 1号 68-71頁 2015 査読無 総説 その他
  • Jam1aとJam2aとの相互作用はNotchシグナルを介した造血幹細胞の運命を制御する 小林 功, David Traver ライフサイエンス新着論文レビューFirst Author's 2014 査読無 総説 その他
  • 魚類における造血幹細胞の同定 小林 功, 森友忠昭 血液・腫瘍科 58巻 4号 449-454頁 2009 査読無 総説 その他

講演・口頭発表等

  • Cell-to-cell interaction between endothelial-hematopoietic precursors and somites regulates developmental specification of hematopoietic stem cells through Notch signaling(会議名:国際実験血液学会)(2013)
  • Hematopoietic stem cells marked by Junctional adhesion molecule 1 (jam1) are localized along bilateral collecting tubules in zebrafish kidney(会議名:国際実験血液学会)(2010)
  • 魚類および哺乳類造血幹細胞における遺伝子発現プロファイルの比較解析(会議名:第6回血液学若手の会)(2010)
  • Hematopoietic stem cells localize on the surface of renal tubules in zebrafish kidney(会議名:第71回日本血液学会)(2009)
  • Characterization of hematopoietic stem cells in adult fish kidney(会議名:第7回幹細胞シンポジウム)(2009)

全て表示

  • Gene expression profile of zebrafish hematopoietic stem cells(会議名:第41回日本発生生物学会)(2008)
  • Characterization and localization of side population (SP) cells in zebrafish kidney hematopoietic tissue(会議名:第40回日本発生生物学会)(2007)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○発生学実験(2017)
○生物学実験(2017)
○生物学実験(2017)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命-生命科学最前線-(2016)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命-生命科学最前線-(2016)
○発生学実験(2016)
○生物学実験(2016)
○生物学実験(2016)

大学院担当授業科目

○生命高次システム学A(2017)
○生命高次システム学B(2017)
○生命システム基礎B(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ