本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年01月22日

吉永 契一郎 (よしなが けいいちろう) 教授 YOSHINAGA, Keiichiro

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
コロンビア大学 博士課程 1998 修了
【取得学位】
博士

職歴

生年月

所属学会

日本比較教育学会
日本高等教育学会
大学教育学会

学内委員会委員等

○総合教育部 委員長(2018-2018)
○全学評価委員会 委員(2018-2018)
○高大接続コア・センター運営委員会 委員(2018-2018)
○国際基幹教育院英語化WG 委員(2016-2016)
○教育戦略会議 委員(2016-2017)
○系・部門会議 その他(2016-)
○国際基幹教育院代議委員会 委員(2016-)
○全学教務委員会 委員(2016-)

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • 高等教育のグローバル化とSTEM教育改革 広島大学高等教育研究開発センター 2018/03 原著書 単著 吉永契一郎 ISBN978-4-86637-006-4

論文

  • アメリカの研究大学における大学運営集団の二重性 吉永契一郎 名古屋高等教育研究 16号 2016/03/01 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • ヨーロッパの物理教育改革(2016年) 吉永契一郎 大学の物理教育 23巻 1号 44-47頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 上位校から見た世界大学ランキング 吉永契一郎 比較教育学研究 56号 150-159頁 2018/02 査読有 原著論文 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • The Merger of Department of Veterinary Medicine in National University Corporations in Japan Keiichiro Yoshinaga International Journal of Educational Development 63号 59-64頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 現代のリベラルアーツとしての理数系科目(STEM)の開発と教育実践のために 吉永契一郎, 斉藤準, 磯田正美, 野口範子, 細川敏幸 大学教育学会誌 40巻 2号 85ー88頁 2019/01 査読有 原著論文 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

全て表示

  • 海外の研究大学における物理教育の現状と課題 吉永契一郎, 鈴木久男, 斉藤準 大学の物理教育 25巻 1号 43ー46頁 2019/03 査読有 原著論文 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

講演・口頭発表等

  • アメリカにおける工学教育改革(会議名:金沢大学国際シンポジウム)(2010/11/12)
  • International Competition for Master's Students(会議名:Council of Graduate Schools 56th Annual Meeting)(2016/12/08)
  • STEM Undergraduate Education Reform in the United States(会議名:Higher Education Research Association 2018 Annual Meeting)(2016/05/27)
  • STEM教育改善とアクティブラーニング(会議名:大学教育学会第38回大会ラウンドテーブル)(2016/06/11)
  • Globalization by Design: The Case of the Singaporean University(会議名:日本比較教育学会第52回大会)(2016/06/25)

全て表示

  • 中進国タイの高等教育発展モデル(会議名:日本高等教育学会第20回大会)(2017/05/27)
  • Innovation of Engineering Education: Olin College of Engineering(会議名:北海道大学国際理学連携教育センター)(2017/02/13)
  • 中進国タイの高等教育モデル(会議名:日本高等教育学会第21回大会)(2017/05/28)
  • ヨーロッパのエリート大学における物理学教育(会議名:大学教育学会第39回大会ラウンドテーブル)(2017/06/10)
  • 上位校からみた世界大学ランキング(会議名:日本比較教育学会第53回大会課題研究)(2017/06/25)
  • STEM Education Reform from a Comparative Perspective(会議名:Flinders University Physics Department Seminar)(2017/09/15)
  • Comparisons of STEM Education Reforms(会議名:AISTEEL)(2017/10/16)
  • アクティブ・ラーニングにおける成績評価の基準と方法(会議名:平成29年度国立大学実施組織会議第4分科会)(2017/05)
  • ヨーロッパのエリート大学における物理教育(会議名:大学教育学会ラウンドテーブル)(2017/06/10)
  • アクティブ・ラーニングの国際比較(会議名:北海道大学国際理学連携教育センター)(2018/02/09)
  • STEM Undergraduate Education Reform in the United States(会議名:Higher Education Research Association 2016 Annual Meeting)(2016/05/27)
  • STEM分野におけるアクティブラーニングの国際比較(会議名:日本高等教育学会)(2018/06/03)
  • Performance or Engagement: The Issue of STEM Education in East Asia and the United Sates(会議名:Higher Education Research Association 2018 Meeting)(2018/10/08)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「アジア・太平洋地域における大学院生の移動と「準中心国」大学院のニッチ戦略」(2014-2017) 代表者
○挑戦的研究(萌芽)「物理教育におけるアクティブ・ラーニングの国際比較」(2017-2018) 代表者
○基盤研究(C)「全米大学協会STEM教育の調査研究」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(B)「大学入試多様化に対応した入試業務専門職化の可能性検証と養成プログラム開発」(2016-2018) 分担者

学域・学類担当授業科目

○大学・学問論(2018)
○初学者ゼミⅠ(2018)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2018)
○クリティカル・シンキング(2017)
○クリティカル・シンキング(2017)
○クリティカル・シンキング(2017)
○アクティブラーニング入門(2016)
○大学・学問論(2016)
○大学・学問論(2016)
○クリティカル・シンキング(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○コンソーシアム石川(2017-) 教職員研修部会部会長

このページの先頭へ