本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月06日

岡田 彩 (おかだ あや) 准教授 Aya Okada

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

総合教育棟1号館 715号室

学歴

【出身大学院】
University of Pittsburgh 博士課程 2013
University of Pittsburgh 修士課程 International Development 2008
一橋大学 修士課程 地球社会専攻 2005 修了
【出身大学】
慶應義塾大学  2003 卒業
【取得学位】
PhD(国際公共政策)
修士(国際開発学)
修士(社会学)

職歴

同志社大学政策学部 助教(2013/04/01-2016/02/29)
京都アメリカ大学コンソーシアム(KCJS) Subject Course Lecturer(2015/01-2016/04)
金沢大学 大学教育開発・支援センター(2016/03/01-2016/03/31)

生年月

所属学会

International Society for Third-Sector Research (ISTR) Best Paper in Voluntas Committee, Member(2015-2016)
Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (ARNOVA)
日本NPO学会
International Communication Association (ICA)

学内委員会委員等

○海外派遣推進委員会 委員(2016-2016)

受賞学術賞

○ARNOVA Emerging Scholar Award

専門分野

専門分野キーワード

NPO・NGO、ソーシャル・マーケティング、戦略的コミュニケーション、寄付、ボランティア、国際協力、災害マネージメント

研究課題

著書

  • Ethics and Risk Management Information Age Publishing 2015 共著 Svedin, L.
  • Disaster Resilience: Interdisciplinary Perspective Routledge 2013 原著書 共著 Kapucu, N., Rivera, F. and Hawkins, C.
  • Mega-Crisis: Understanding the Prospects, Nature, Characteristics, and the Effects of Cataclysmic Events Charles C Thomas 2012 原著書 共著 Helsloot, I., Boin, A., Jacobs, B., and Comfort, L.K.

論文

  • Effectiveness of Social Media in Disaster Fundraising: Mobilizing the Public towards Voluntary Actions Okada, A., Ishida, Y., and Yamauchi, N. International Journal of Public Administration in the Digital Age 4巻 1号 49-68頁 2017/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 災害時におけるNPOのソーシャル・メディア利用 -寄付集めを目的とした利用実態とその有効性の検証- 岡田彩・石田祐・山内直人 日本NPO学会ディスカッション・ペーパー 2015 査読無 原著論文
  • Role of Information in Mobilizing the Public towards Voluntary Actions Okada, A. and Yamauchi, N. Japan NPO Research Association Discussion Papers 2014 査読無
  • Building Collaborative Emergency Management Systems in Northeast Asia: A Comparative Analysis of the Roles of International Agencies Oh, N., Okada, A. and Comfort, L.K. Journal of Comparative Policy Analysis: Research and Practice 16巻 1号 94-111頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Japanese Disaster Management System: Recent Developments in Information Flow and Chains of Command Okada, A. and Ogura, K. Journal of Contingencies and Crisis Management 22巻 1号 58-62頁 2014 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Mobilizing the Donor Public: Dynamics of Development NGOs’ Message Framing Okada, A. Doctoral Dissertation, University of Pittsburgh 2013 学位論文(博士)
  • Networks of Action in Catastrophic Events: The 11 March 2011 Tohoku-Oki Disasters Comfort, L.K., Okada, A., and Ertan, G. Earthquake Spectra 29巻 S1号 S387-S402頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Emergent Leadership in Extreme Events: A Knowledge Commons for Sustainable Communities Comfort, L.K. and Okada, A.  International Review of Public Administration 18巻 1号 61-77頁 2013
  • Resilience, Entropy, and Efficiency in Crisis Management: The January 12, 2010 Haiti Earthquake Comfort, L.K., Siciliano, M.D. and Okada, A. Risk Hazards & Crisis in Public Policy 2巻 3号 Article 1頁 2011 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risque, Resilience et Reconstruction: Le Tremblement De Terre Haitien Du 12 Janvier 2010 Comfort, L.K., Siciliano, M.D. and Okada, A. Telescope 16巻 2号 37-58頁 2010 研究論文(学術雑誌)
  • The Challenge of Development NGO Advocacy in Japan Okada, A. Master Thesis, University of Pittsburgh 2008 学位論文(修士)
  • 開発教育メッセージの形成過程におけるせめぎ合い-ある開発NGOの事例から 岡田彩 開発教育 53巻 226-241頁 2006 査読有
  • 途上国像と目的に見る『開発教育』のメッセージ-開発援助機関による取り組みから- 岡田彩 一橋大学大学院社会学研究科修士論文 2005 学位論文(修士)

講演・口頭発表等

  • Effectiveness of Stages-of-Change Model on Declaration of Intent for Organ Donation: Action Research in Japan(会議名:67th Annual Conference of the International Communication Association (ICA))(2017/05/28)
  • ソーシャル・メディアを通じた「対話的」情報発信と寄付戦略(会議名:日本NPO学会第19回年次大会)(2017/05/14)
  • NPO経営の日韓比較調査:事例研究による経営方針の主観的変容とその要因(会議名:日本NPO学会第19回年次大会)(2017/05/13)
  • 非営利セクターの資金調達活動に関する調査:資金調達活動の変容と課題(会議名:日本NPO学会第19回年次大会)(2017/05/14)
  • Mobilizing the Public towards Voluntary Actions for Disaster Response and Reconstruction: Case of 2011 Triple Disasters in Japan(会議名:International Conference on Civic Sphere in East Asia)(2017/03/27)

全て表示

  • Does the Nonprofit Accountability Environment Mirror Societal Differences? Comparison of South Korea and Japan.(会議名:BK21-Plus 2017 New York Conference (Emerging Governance Issues and Policy Design in Comparative Perspective))(2017/01/12)
  • "Dialogue" in Social Media: Implications for Strategic Communication of Nonprofits. (会議名:Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (ARNOVA) 45th Annual Conference)(2016/11/17)
  • Leveraging the Power of Innovative Tools? Use of Social Media among Emerging Nonprofits.(会議名:The 12th International Conference of International Society for Third Sector Research (ISTR))(2016/06/28)
  • Does the Nonprofit Accountability Environment Mirror Societal Differences? Comparison of South Korea and Japan.(会議名:Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (ARNOVA) 45th Annual Conference)(2016/11/17)
  • Strategic Communication of Nonprofit Organizations: Comparative Study of Information Selection in Mobilizing the Public(会議名:International Society for Third Sector Research (ISTR) The 9th Asia Pacific Regional Conference)(2015/08/26)
  • Effectiveness of Social Media in Disaster Fundraising: Mobilizing the Public towards Voluntary Actions(会議名:Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (ARNOVA) 44th Annual Conference)(2015/11/19)
  • Global Religions and the Political Voice of Faith-based NGOs(会議名:Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (ARNOVA) 44th Annual Conference)(2015/11/19)
  • 災害時におけるNPO・NGOの情報発信-ボランタリーな行動への動員に向けて(会議名:日本公共政策学会関西支部第44回例会)(2015)
  • 実践と研究をつなぐ一助に -ビッグデータ・オープンデータとNPO(会議名:日本NPO学会第17回年次大会)(2015/03/14)
  • 災害時におけるNPOのソーシャル・メディア利用 -ボランタリーな行動に関する情報発信(会議名:日本NPO学会第17回年次大会)(2015/03)
  • The Use of Sectoral Relationships in Nonprofit Marketing: Examining Communication Practices of Development NGOs in Japan(会議名:Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (ARNOVA) 43rd Annual Conference)(2014/11)
  • NPOによる震災後の情報発信-ウェブ調査によるデータ分析(会議名:日本行動計量学会第42回大会)(2014/09)
  • Role of Information in Mobilizing the Public towards Voluntary Actions in Times of Disaster(会議名:日本NPO学会第7回震災特別フォーラム・国際シンポジウム)(2014/08)
  • How Nonprofits Encourage Citizen Participation: Comparative Study of Development NGOs’ Message Framing Behaviors(会議名:The 11th International Conference of the International Society for Third Sector Research)(2014/07)
  • Role of Information in Mobilizing the Public towards Voluntary Actions in Times of Disaster(会議名:The 11th International Conference of the International Society for Third Sector Research)(2014/07)
  • NPO・NGOによる震災後の情報発信-最新調査の分析から(会議名:日本NPO学会・NPO研究フォーラム)(2014/04/20)
  • パネルの問題提起とNPO/NGOによる震災後のメディア・媒体利用(パネル「東日本大震災とNPO広報・マーケティング」)(会議名:日本NPO学会第16回年次大会)(2014/03)
  • 「国際協力」の見せ方 -NGOの広報・マーケティングにおける情報発信のフレーム分析-(会議名:日本NPO学会第16回年次大会)(2014/03)
  • Role of Information in Mobilizing Voluntary Actions: Preliminary Findings from the 2011 Great East Japan Earthquake(会議名:The Eighth International Society for Third Sector Research (ISTR) Asia Pacific Regional Conference)(2013)
  • ボランタリーな行動に対する情報の役割(会議名:日本NPO学会第5回震災特別フォーラム)(2013)
  • Designing Collective Action to Build Community Resilience: The Fukushima Nuclear Disaster, March 11, 2011(会議名:STS Forum on the 2011 Fukushima/East Japan Disaster)(2013/05)
  • 東日本大震災と情報(会議名:日本NPO学会・NPO研究フォーラム)(2013/06/16)
  • NGOs as Strategic Framing Agents in Mobilizing the Public towards Philanthropic Actions(会議名:2012 Association for Research on Nonprofits and Voluntary Actions (ARNOVA) Conference)(2012/11)
  • Pursuing Effective, Efficient, Ethical, Yet Unique Communication Messages: Development NGOs under New Pressure in Mobilizing the Donor Public(会議名:International Studies Association 53rd Annual Convention)(2012/04/01)
  • Universal Faiths? The National Political Roots of Faith-Based Organization Advocacy Agendas(会議名:International Studies Association 53rd Annual Convention)(2012/04/01)
  • Public-Private Partnerships in Emergency Response: A Case Study of the 2009 Typhoon Morakot in Taiwan and the 2011 Tohoku Earthquake in Japan(会議名:The 2012 Annual Conference of The American Society for Public Administration (ASPA))(2012/03/02)
  • “Black Swan” in Northeastern Japan: Interdependent Systems, Escalating Disaster on March 11, 2011(会議名:The 42nd Conference of Urban Affairs Association)(2012/04/18)
  • "Black Swan" in Northeastern Japan: Interdependent Systems, Escalating Disaster on March 11, 2011(会議名: Annual Conference of Association for Public Policy Analysis and Management (APPAM))(2011/11)
  • Evaluating NGO Advocacy: The Case of Japan(会議名:2009 Association for Research on Nonprofits and Voluntary Actions (ARNOVA) Conference)(2009/11/19)
  • Message Framing in Development Education: A Case of Development NGO in Japan(会議名: 52nd Annual Conference of Comparative and International Education Society (CIES))(2008/03/17)
  • Advocacy in Japan: The Challenge of Development NGOs(会議名:2007 Association for Research on Nonprofits and Voluntary Actions (ARNOVA) Conference)(2007/11/15)
  • Advocacy, Communication, and Social Mobilization (ACSM) and Stop TB Partnership Japan: Exploring its Significance(会議名:Japan-US Symposium for Advocacy, Communication, and Social Mobilization for International Tuberculosis Control)(2010/04/02)
  • Learning to Work Together:State of Collaborative Disaster Governance and Disaster Resilience in Japan(会議名:Research Workshop on Collaborative Disaster Governance)(2016/07/25)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「NPOによる戦略的情報発信に関する研究」(2016-2018) 代表者
○基盤研究(C)「災害関連政策がNPOによる公共サービスの供給に与える影響」(2015-2017) 分担者
○研究活動スタート支援「『国際協力』をどう見せるか-先進国社会を動員するNGOのメッセージ」(2013-2014) 代表者

学域・学類担当授業科目

○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~ファーストステッププログラムinタイ・夏(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~米国カリフォルニア州 英語研修プログラム・春(2017)
○異文化体験~ICC海外インターンシップ・夏(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~ファーストステッププログラムinタイ・春(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~ファーストステッププログラムin中国・夏(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○国際社会とボランティア(2017)
○異文化体験~ICC海外インターンシップ・春(2017)
○異文化体験~個人留学等(2017)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○国際社会とボランティア(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等~(2016)
○異文化体験~ファーストステッププログラムinタイ・3月~(2016)
○異文化体験~米国カリフォルニア州 英語研修プログラム~(2016)
○異文化体験~タイ・ファーストステップ プログラム~(2016)
○異文化体験~マレーシア英語研修プログラム~(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○異文化体験~個人留学等(2016)
○国際社会とボランティア(英語クラス)(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

○日本人学生と留学生との効果的な学び合い 同志社大学学習支援・教育開発センター助成(2014)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ