本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年07月10日

安藤 仁 (あんどう ひとし) 教授 ANDO Hitoshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 細胞分子機能学
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類 薬理学
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻 細胞分子機能学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻 細胞分子機能学

所属研究室等

細胞分子機能学

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院 博士課程 内科学第一 2000/12 修了
【出身大学】
金沢大学  医学科 1995/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学 大学院医学系研究科地域連携腫瘍内科学講座 特任助教(2007/04-2008/02)
自治医科大学 医学部薬理学講座臨床薬理学部門 講師(2008/03-2009/01)
自治医科大学 医学部薬理学講座臨床薬理学部門 准教授(2009/02-2016/03)

生年月

1969年12月

所属学会

日本臨床薬理学会 評議員(社員)(2008-)
日本薬理学会 学術評議員(2019-2029)
日本内分泌学会 評議員(2012-)
日本時間生物学会 評議員(2011-)
日本内科学会
日本糖尿病学会

学内委員会委員等

○先端科学・イノベーション推進機構協力会 その他(2019-2019)

受賞学術賞

○第24回日本臨床薬理学会「臨床薬理研究振興財団賞」学術奨励賞(2013/12)
○第9回日本時間生物学会学術奨励賞(2011/11)
○第4回臨床薬理研究振興財団研究大賞(2011/11)

専門分野

応用薬理学

専門分野キーワード

薬理学、臨床薬理学、時間生物学、内分泌代謝学

研究課題

体内時計障害による生活習慣病発症機序の解明と体内時計制御薬の開発

著書

  • 今日の治療指針 2018年版 医学書院 2018/01/01 分担執筆 福井次矢,高木 誠,小室一成(総編集)
  • 今日の治療指針 2019年版 医学書院 2019/01/01 分担執筆 福井次矢,高木 誠,小室一成(総編集)
  • プライマリ・ケア医のための内科治療薬使い分けマニュアル 2018/05/31 分担執筆 藤村昭夫(編)
  • 臨床薬理学 第4版 医学書院 2017/11/15 分担執筆 日本臨床薬理学会(編)
  • 今日の治療指針 2017年版 医学書院 2017/01/01 原著書 分担執筆 福井次矢,高木 誠,小室一成(総編集)

全て表示

  • 今日の治療指針 2016年版 医学書院 2016/01/01 原著書 分担執筆 山口 徹,北原光夫(監修),福井次矢,高木 誠,小室一成(編)

論文

  • Plasma concentration and efficacy of tolvaptan in cirrhotic patients with refractory ascites. Sagawa E, Okubo H, Ando H, Sorin Y, Kanazawa R, Nakadera E, Fukada H, Kokubu S, Miyazaki A. J Pharmacol Sci 2019/02/27
  • 肝障害患者・心不全患者における薬物使用の注意点 安藤 仁 診断と治療 107巻 2号 202-207頁 2019/02/01 査読無
  • Associations among regorafenib concentrations, severe adverse reactions, and ABCG2 and OATP1B1 polymorphisms. Maeda A, Irie K, Ando H, Hasegawa A, Taniguchi H, Kadowaki S, Muro K, Tajika M, Aoki M, Inaguma K, Kajita M, Fujimura A, Fukushima S. Cancer Chemother Pharmacol 83巻 107-113頁 2018/10/27
  • Development and initial validation of the Morningness-Eveningness Exercise Preference Questionnaire (MEEPQ) in Japanese university students. Miyazaki R, Ando H, Hamasaki T, Higuchi Y, Oshita K, Tashiro T, Sakane N. PLoS One 13巻 e0200870頁 2018/07/18
  • Pulmonary administration of curcumin inhibits B16F10 melanoma lung metastasis and invasion in mice. Shimada K, Ushijima K, Suzuki C, Horiguchi M, Ando H, Akita T, Shimamura M, Fujii J, Yamashita C, Fujimura A. Cancer Chemother Pharmacol 82巻 265-273頁 2018/06/04

全て表示

  • Chronotherapy of maxacalcitol on skin inflammation induced by topical 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate in mice. Yoshioka D, Ando H, Ushijima K, Kumazaki M, Fujimura A. Chronobiol Int 35巻 9号 1269-1280頁 2018/05/18
  • Gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging to predict paritaprevir-induced hyperbilirubinemia during treatment of hepatitis C. Okubo H, Ando H, Sorin Y, Nakadera E, Fukada H, Morishige J, Miyazaki A, Ikejima K. PLoS One 13巻 e0196747頁 2018/04/30
  • Influence of a dosing-time on toxicities induced by docetaxel, cisplatin and 5-fluorouracil in patients with oral squamous cell carcinoma; a cross-over pilot study. Tsuchiya Y, Ushijima K, Noguchi T, Okada N, Hayasaka JI, Jinbu Y, Ando H, Mori Y, Kusama M, Fujimura A. Chronobiol Int 35巻 289-294頁 2018/02/01
  • Differences in urinary renal failure biomarkers in cancer patients initially treated with cisplatin. Maeda A, Ando H, Ura T, Muro K, Aoki M, Saito K, Kondo E, Takahashi S, Ito Y, Mizuno Y, Fujimura A. Anticancer Res 37巻 5235-5239頁 2017/09/01
  • Dosing-time-dependent effect of rivaroxaban on coagulation activity in rats. Fujiwara Y, Ando H, Ushijima K, Horiguchi M, Yamashita C, Fujimura A. J Pharmacol Sci 134巻 234-238頁 2017/08/12
  • Prevention against renal damage in rats with subtotal nephrectomy by sacubitril/valsartan (LCZ696), a dual-acting angiotensin receptor-neprilysin inhibitor. Ushijima K, Ando H, Arakawa Y, Aizawa K, Suzuki C, Shimada K, Tsuruoka SI, Fujimura A. Pharmacol Res Perspect 5巻 e00336頁 2017/08/01
  • Association between ABCG2 and SLCO1B1 polymorphisms and adverse drug reactions to regorafenib: a preliminary study. Maeda A, Ando H, Ura T, Komori A, Hasegawa A, Taniguchi H, Kadowaki S, Muro K, Tajika M, Kobara M, Matsuzaki M, Hashimoto N, Maeda M, Kojima Y, Aoki M, Kondo E, Mizutani A, Fujimura A. Int J Clin Pharmacol Ther 55巻 409-415頁 2017/05/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of a dosing-time on quetiapine-induced acute hyperglycemia in mice. Kapse S, Ando H, Fujiwara Y, Suzuki C, Ushijima K, Kitamura H, Hosohata K, Kotani K, Shimba S, Fujimura A. J Pharmacol Sci 133巻 139-145頁 2017/02/17
  • The Effect of Treatments for Rheumatoid Arthritis on Endothelial Dysfunction Evaluated by Flow-Mediated Vasodilation in Patients with Rheumatoid Arthritis. Curr Vasc Pharmacol 15巻 1号 10-18頁 2017/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • よくある疾患に対する薬の使い分け 脂質異常症 安藤 仁 月刊薬事 59巻 248-253頁 2017/01/01
  • Gadoxetic Acid-Enhanced MR Imaging Predicts Simeprevir-Induced Hyperbilirubinemia During Hepatitis C Virus Treatment: A Pilot Study. J Clin Pharmacol 57巻 369-375頁 2016/09/22 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Early prediction of cisplatin-induced nephrotoxicity by urinary vanin-1 in patients with urothelial carcinoma. Toxicology 359-360巻 71-75頁 2016/06/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of genetic polymorphisms of multidrug and toxin extrusion protein 1 on its mRNA expression in peripheral blood cells. J Pharmacol Sci 131巻 2号 138-140頁 2016/06/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Daily Fasting Blood Glucose Rhythm in Male Mice: A Role of the Circadian Clock in the Liver. Endocrinology 157巻 2号 463-469頁 2016/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Early urinary biomarkers for renal tubular damage in spontaneously hypertensive rats on a high salt intake. Hypertens Res 39巻 1号 19-26頁 2016/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ⅱ.薬物相互作用の実際 2.糖尿病 安藤 仁 レジデント 9巻 11号 28-34頁 2016/11/01 査読無 その他
  • トキシコゲノミクス手法を用いた薬物安全性臨床バイオマーカーの開発 安藤 仁 臨床薬理 47巻 4号 173-175頁 2016/07/31 査読無 解説 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 体内時計障害と2型糖尿病 安藤 仁 アニムス 21巻 3号 25-28頁 2016/07/01 査読無 総説 その他
  • 食べ方と肥満:体内時計の観点から 安藤 仁 Pharma Medica 34巻 5号 17-20頁 2016/05/10 査読無 総説 その他
  • 体内時計と肥満 安藤 仁 カレントテラピー 396号 83頁 2016/01/01 査読無 解説 その他

講演・口頭発表等

  • Disruption of circadian clocks and metabolic diseases(会議名:第1回金沢大学・タフツ大学合同シンポジウム)(2016/12/13)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「褐色脂肪細胞における熱産生リズムの形成機構解明と制御法の開発」(2018-2020) 代表者
○基盤研究(C)「末梢体内時計障害の病態生理学的意義の解明と治療法の開発」(2015-2017) 代表者

学域・学類担当授業科目

○薬理学(2018)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2018)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○薬物治療の基礎(2017)
○薬物治療の基礎(2016)

大学院担当授業科目

○細胞分子機能学特論(2018)
○生命倫理学(2018)
○メディカルサイエンスセミナー(2018)
○生命倫理学(2018)
○基礎系領域融合セミナー(2018)
○細胞分子機能学特論(2018)
○細胞分子機能学特論(2017)
○細胞分子機能学特論(2017)
○細胞分子機能学特論(2017)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○細胞分子機能学特論(2016)
○細胞分子機能学特論(2016)
○細胞分子機能学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ