本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年02月15日

GRUENEBERG PATRICK (パトリック・グリューネベルク) 准教授 Patrick Grüneberg

所属組織・役職等

国際基幹教育院 国際機関教部・GS教育系
准教授

教育分野

所属研究室等

学歴

【取得学位】
MA
BA
Dr. phil.

職歴

筑波大学(2014-2015)
金沢大学(2017-)
明治大学(2015-2017)
筑波大学の(2014-2015)
ベルリン工学大学(2009-2014)

生年月

所属学会

Apriori – Internationales Forschungsnetzwerk Transzendentalphilosophie/Deutscher Idealismus
EUCog – European Network for the Advancement of Artificial Cognitive Systems, Interaction and Robotics
日本カント協会
日本フィヒテ協会

学内委員会委員等

○GS 科目の効果的授業デザイン設計に関する研究 ④委員(2017-2017)

受賞学術賞

○日本フィヒテ協会研究奨励賞(2017/11)

専門分野

哲学・主観論・人工知能/ロボッティクス・STS

専門分野キーワード

主観性・コグニティブモデリング・フィヒテ・主体性

研究課題

Schematic theory of subjectivity Voluntary initiation of bodily movement Interactive unity of human and technology

著書

  • Projektives Bewusstsein. Th. Metzingers Selbstmodelltheorie und J.G. Fichtes Wissenschaftslehre Mentis 2013 ①単著 Patrick Grüneberg 9783897858343

論文

  • 抵抗の像における行為――行為の投影における世界の思量 フィヒテ研究 24巻 59-67頁 2016 査読有 ①原著論文
  • The Cultural Impact on Ethics: Robotic Agency in Socio-Technical Systems Grüneberg, P. Global Japanese Studies Review 8巻 1号 19-36頁 2015 査読有
  • An Approach to Subjective Computing: a Robot that Learns from Interaction with Humans Grüneberg, P. and Suzuki, K. IEEE Transactions on Autonomous Mental Development 6巻 1号 5-18頁 2014 査読有
  • Voluntary initiation of movement: multifunctional integration of subjective agency Grüneberg, P., Kadone, H. and Suzuki, K. Frontiers Psychology 6巻 688号 1-14頁 2015 査読有

講演・口頭発表等

  • Social and cultural preconditions of intelligence(会議名:Critical Perspectives on Japanese Robotics)(2017/02/17)
  • How smart do we want to become? On the relation between human and artificial intelligence(会議名:The 19th Hitotsubashi International Conference on Philosophy/Social Philosophy/ Applied Ethics)(2017/03/06)
  • Human volition in the interactive unity of human and machine(会議名:The Development Of (Social) Robots For Health Care Scenarios: Hopes, Concerns And Limits)(2017/07/26)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○哲学「Cognitive model of subjective agency: rehabilitation and the integration of body and mind」(2014-2016) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○西洋哲学史演習 IIb(2017)
○西洋哲学史演習 IIa(2017)
○Japanese-German Comparative Culture: robotics and ethics B(2017)
○Japanese-German Comparative Culture: robotics and ethics A(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(英語クラス)(2017)
○哲学(自我論)(英語クラス)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○哲学(自我論)(2017)
○Japanese-German Comparative Culture: robotics and ethics A+B(2016)
○Science and Technology Studies(2016)
○Science Studies in Japan(2016)
○西洋哲学史演習 IIb(2016)
○西洋哲学史演習 IIa(2016)
○Japanese-German Comparative Culture: robotics and ethics A+B(2015)

大学院担当授業科目

○西洋哲学史 I A+B(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ