本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年08月01日

雨森 翔悟 (あめもり しようご) 助教 AMEMORI, Shogo

メール

所属組織・役職等

ナノマテリアル研究所

教育分野

所属研究室等

物質化学類化学コース 理論化学研究室

学歴

【出身大学院】
九州大学 修士課程 物質創造工学専攻 2011/03 修了
北海道大学 博士課程 物質化学コース 2014/03 修了
【出身大学】
久留米工業高等専門学校 専攻科  2009/03 卒業

職歴

九州大学大学院工学研究院 学術研究員(2014/04-2015/03)
九州大学大学院工学研究院 日本学術振興会特別研究員PD(2015/04-2017/04)
ケンブリッジ大学 訪問研究員(2016/04-2017/03)

生年月

1986年12月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

高分子化学、有機化学

専門分野キーワード

超分子化学、高分子化学、光化学

研究課題

著書

論文

  • Thermoresponsivity of Polymer Solution Derived from a Self-attractive Urea Unit and a Self-repulsive Lipophilic Ion Unit Amemori, S.; Iseda, K.; Anan, S.; Ono, T.; Kokado, K.; Sada, K. Polym. Chem. 2017/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Near Infrared-to-Blue Photon Upconversion by Exploiting Direct S-T Absorption of a Molecular Sensitizer Sasaki, Y.; Amemori, S.; Kouno, H.; Yanai, N.; Kimizuka, N. J. Mater. Chem. C 5巻 21号 5063頁 2017/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Near-Infrared-to-Visible Photon Upconversion Sensitized by a Metal Complex with Spin-Forbidden yet Strong S0-T1 Absorption Amemori, S.; Sasaki, Y.; Yanai, N.; Kimizuka, N. J. Am. Chem. Soc. 138巻 28号 8702頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Triplet Energy Migration-based Photon Upconversion by Amphiphilic Molecular Assemblies in Aerated Water Kouno, H.; Ogawa, T.; Amemori, S.; Mahato, P.; Y.; Yanai, N.; Kimizuka, N. Chem. Sci. 7巻 27号 5224頁 2016/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased Vis-to-UV upconversion performance by energy level matching between a TADF donor and high triplet energy acceptors Yanai, N.; Kozue, M.; Amemori, S.; Kabe, R.; Adachi, C.; Kimizuka, N. J. Mater. Chem. C 4巻 8号 6447頁 2016/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Gel Thermoresponsiveness Driven by Switching of the Charge Transfer Interaction Gharib, D. H.; Amemori, S.; Naya, M.; Kokado, K.; Sada, K. RSC Adv. 5巻 108号 89319頁 2015/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Metallonaphthalocyanines as Triplet Sensitizers for Near-Infrared Photon Upconversion Beyond 850 nm Amemori, S.; Yanai, N.; Kimizuka, N. Phys. Chem. Chem. Phys. 17巻 35号 22557頁 2015/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Self-assembling of Cholesterol-appended Benzothiadiazoletriphenylamine Two-photon Absorption Dye Ishi-i, T.; Nakamura, N.; Amemori, S.; Kasatani, K.; Gorohmaru, H.; Ishida, M.; Shigeiwa, M. Dyes Pigm. 99巻 1号 14頁 2013/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polymer Phase-Transition Behavior Driven by a Charge-Transfer Interaction Amemori, S.; Kokado, K.; Sada, K. Angew. Chem. Int. Ed 52巻 15号 4174頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Self-assembled triphenylamine-hexaazatriphenylene two-photon absorption dyes Ishi-i, T.; Amemori, S.; Okamura, C.; Yanaga, K.; Kuwahara, R.; Mataka, S.; Kamada, K. Tetrahedron 69巻 1号 29頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fundamental Molecular Design for Precise Control of Termoresponsiveness of Organic Polymers by Using Ternary Systems Amemori, S.; Kokado, K.; Sada, K. J. Am. Chem. Soc. 134巻 20号 8344頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thiourea-tagged poly(octadecyl acrylate)gels as fluoride and acetate responsive polymer gels through selective complexation Krishnamurthi, J.; Ono, T.; Amemori, S.; Komatsu, H.; Shinkai, S.; Sada, K. Chem. Commun. 47巻 5号 1571頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expanded p-Electron Systems, Tri(Phenanthro)hexaazatriphenylenes and Tri(phenanthrolino)hexaazatriphenylenes, That Are Self-Assembled To Form One-Dimensional Aggregates Ishi-i, T.; Hirashima, R.; Tsutsumi, N.; Amemori, S.; Matsuki, S.; Teshima, Y.; Kuwahara, R.; Mataka, S. J. Org. Chem. 75巻 20号 6858頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Self-assembling of Cholesterol-appended Benzothiadiazole Fluorescent Dyes Ishi-i, T.; Nakamura, N.; Esaki, N.; Amemori, S. Chem. Lett. 37巻 11号 1166頁 2008/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ