本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年07月03日

尹 一喜 (ゆん いるひ) 助教 YOON, Ilhee

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院 GS教育系
助教

教育分野

所属研究室等

総合教育棟1号館5階 505号室 TEL:076-264-5852

学歴

【出身大学院】
東洋大学大学院 博士課程 2017/03 修了
東洋大学大学院 修士課程 2011/03 修了
【出身大学】
済州大学校  卒業
【取得学位】
博士(社会福祉学)
修士(社会福祉学)

職歴

金沢大学 人間社会研究域附属 地域政策研究センター 協力教員(2018/03-)
金沢大学 国際基幹教育院 助教(2017/10-)
東洋大学福祉社会開発研究センター 客員研究員(2017/06-2018/03)
東京福祉大学 特任助教(2017/04-2017/09)
金沢大学 非常勤講師(2017/02-2017/03)
東洋大学 非常勤講師(2016/09-2018/03)
東京都済生会看護専門学校 非常勤講師(2012/04-2016/05)

生年月

所属学会

日本社会福祉学会
日本介護福祉学会
韓国社会福祉学会

学内委員会委員等

○GS科目予算委員会 委員(2018-2018)

受賞学術賞

専門分野

社会福祉学

専門分野キーワード

(家族)介護者支援、高齢者福祉、相互援助、介護者の会

研究課題

著書

論文

  • 日本における介護者支援の現状について 尹 一喜 地域政策研究年報2017 2018/03 査読無 原著論文
  • 「介護者の会」による援助特性 -介護者支援の社会化をめぐって- 尹 一喜 2017/03 査読有 原著論文 学位論文(博士)
  • 介護者が求める介護者支援-「介護者の会」による支援に着目して- 尹 一喜 福祉社会開発研究 6号 79-87頁 2014/03 査読無 原著論文
  • 介護職で家族介護を行っている二重介護者の困難性と優位性:インタビュー調査による概念化の試み 尹 一喜、渡辺裕美 介護福祉学 19巻 1号 62-70頁 2012/04 査読有 原著論文
  • 二重介護の経験に関する検討:自由記述を通じて 尹 一喜 江南未来総研学術研究会紀要 15号 43-51頁 2011/12 査読有 原著論文

全て表示

  • 介護職に従事しながら家庭でも家族介護をしている二重介護者の介護負担研究:アンケート調査による介護負担影響要因分析 尹 一喜 東洋大学大学院紀要 48号 217-231頁 2011/03 査読有 原著論文
  • 介護職で家族介護も担っている二重介護者の実態に関する研究-“優位性”と“困難性”に焦点をあてて- 尹 一喜 2011/03 査読有 原著論文 学位論文(修士)
  • 介護職で家族介護も担っている人の介護負担に関する研究--アンケート調査を通じて 尹 一喜 江南未来総研学術研究会紀要 14号 25-36頁 2010/12 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • 介護終了者の地域活動の可能性について(会議名:北陸地域政策研究フォーラム)(2018/03/04)
  • 韓国におけるソーシャルワークのグローバル定義と展開状況(会議名:ソーシャルワークのグローバル定義と各国の展開状況)(2017/07/09)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「コミュニティソーシャルワークにおける商業資源との連携促進プログラム開発」(2018-2018) 分担者

学域・学類担当授業科目

○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)
○生活と社会保障(2017)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ