本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年04月10日

THELEN TIMO (てーれん ていも) 講師 THELEN, Timo

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

 人間社会学域 国際学類 

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 国際学類 ヨーロッパコース

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
デュッセルドルフ大学 博士課程 現代日本学 2018 単位取得満期退学
デュッセルドルフ大学 修士課程 現代日本学・ドイツ語教育 2012 修了
【出身大学】
デュッセルドルフ大学  2009 卒業

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

Cultural Anthropology, Japanese Studies, Media Tourism

専門分野キーワード

Anime, Satoyama, Matsuri

研究課題

著書

論文

  • Film tourism impacts: a multi-stakeholder longitudinal approach Timo Thelen, Sankyun Kim, Elisabeth Scherer Tourism Recreation Research 2020 査読有
  • Disaster and Salvation in the Japanese Periphery. “The Rural” in Shinkai Makoto’s Kimi no na wa (Your Name)  Timo THELEN  FFK Journal  4巻 2019 査読無 原著論文
  • The Japanisation of Wife and Whisky in the Morning Drama Massan Timo Thelen East Asian Journal of Popular Culture 5巻 2号 177-193頁 2019 査読有
  • On Countryside Roads to National Identity: Japanese Morning Drama Series (Asadora) and Contents Tourism Elisabeth Scherer, Timo Thelen Japan Forum 2017 査読有
  • Meerjungfrauen in der Krise: Die ama-Taucherinnen von Wajima/Hegura im Zeitalter von Überalterung und schwindenden Ressourcen  Timo Thelen OAG Magazin 2017巻 12号 10-33頁 2017 査読無 研究論文(学術雑誌) 

全て表示

  • 変容する海外で働く日本人 : 現地採用者に着目して 丹羽孝仁, 中川聡史, ティモ・テーレ 埼玉大学紀要. 教養学部 51巻 2号 205-222頁 2016 査読無
  • Connecting Academia and Furusato-zukuri in Rural Japan: The ‘Festival Support Project’ of Kanazawa University and its Impact on a Village Community in the Noto Peninsula Timo Thelen Kanazawa University Human Socio-Environmental Studies 30巻 171-193頁 2015

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ