本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

5名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

環境学

環境影響評価

キーワード 研究者名 研究情報
共進化、レジリアンス、木質バイオマス 市原 あかね
研究課題
・共進化様式論:社会自然システムに関するレギュラシオン・アプローチ

越境大気汚染、環境国際協力、環境政策 鈴木 克徳
科研費採択テーマ
・ユネスコスクールの質の向上に向けたESD評価手法の分析
・ESD推進に向けた地域の拠点(RCE)の活用とESDの学力向上への効果の評価

大気汚染、室内環境汚染、粒子状物質、燃焼発生源、多環芳香族炭化水素、高感度分析、発がん物質、活性酸素、酸化ストレス、バイオマーカー 鳥羽 陽
研究課題
・多環芳香族炭化水素類の曝露評価に関する研究
・PM2.5や環境ナノ粒子を介した有機汚染物質の人体曝露に関する研究
・大気粉じんの活性酸素種産生に関する研究
・タンチョウの胆汁に排泄される多環芳香族炭化水素類の代謝物分析
・質量分析を利用した有機汚染物質の高感度分析法の開発と環境試料への適用

出願済みの発明名称
・多環芳香族炭化水素類の人体曝露評価方法
・環境汚染物質の人体曝露評価方法
・大気汚染物質捕集材、それを用いた大気汚染物質の測定方法及び大気汚染物質の測定装置

科研費採択テーマ
・ベンゾ[a]ピレン及びその代謝物の内分泌撹乱作用の評価法に関する研究
・多環芳香族炭化水素類(PAH)-DNA付加体を指標とするPAH曝露評価法の開発
・変異原性環境化学物質,ニトロ多環芳香族炭化水素類の人体曝露評価法の開発
・多環芳香族炭化水素とその代謝物の内分泌撹乱作用とその測定法に関する研究
・多環芳香族炭化水素類(PAHs)のホルモン活性等価係数(HAEF)の確立
・アジア産マオウ科マオウ属植物の学際的調査研究
・経気道曝露する未規制多環芳香族炭化水素の健康リスク評価に関する研究
・酸化ストレスを惹起するキノン系化合物の人体曝露評価法の開発
・含硫黄多環芳香族化合物を指標とする越境大気汚染物質の人体曝露評価法の開発
・アジア諸地域住民の大気汚染曝露実態と生体影響の国際比較

大気エアロゾル,バイオマス燃焼 畑 光彦
共同研究希望テーマ
・薪およびペレットストーブの環境負荷分析と低減技術の開発
・大気環境中ナノ粒子の調査

研究課題
・バイオマス燃焼由来の環境負荷

科研費採択テーマ
・廃棄物熱処理プロセス排ガス中での重金属類の挙動解析とその成分分離法の検討
・ナノ・エアロゾル粒子の高速分級・濃縮技術の開発
・超音速流れ場中の液滴凝縮を利用したナノ大気エアロゾルとガス成分の同時測定
・超音速流れ場を用いた廃棄物熱処理排ガス中微小重金属類のin situ測定法の検討
・東南アジア地域の天然ゴムプランテーションで発生する大気汚染物質の特性と影響評価
・シミュレーターを用いた廃棄物ガス化燃焼特性解析と高効率廃棄物熱処理システムの構築
・ナノ光触媒エアロゾルの超音速流れを利用した有害ガス状物質の高効率分解
・ナノエアロゾル粒子個人ばく露評価用サンプラの開発とナノ粒子ばく露の実態調査
・小規模バイオマス燃焼炉からの大気環境汚染を防止する「ハイブリッドフィルタ」の開発
・バイオマス燃焼炉からのナノ粒子排出を抑制するポンプレス集じん装置の開発
・東南アジアの農業・アグロインダストリ起源の環境負荷評価と共通対策プロトコルの検討

ヒ素、バイオエアロゾル、微生物生態 牧 輝弥
研究課題
・海洋植物プランクトンの消長と化学物質の関わり合いの解明とその赤潮防除技術への活用
・水圏のヒ素循環における微生物生態系の役割の解明とその境浄化への応用
・黄砂バイオエアロゾルによって長距離輸送される微生物群の多様性の解明

科研費採択テーマ
・黄砂バイオエアロゾルの遺伝学的識別法を用いた耐塩微生物の越境輸送と環境影響の解明
・沙漠地帯から越境輸送される黄砂バイオエアロゾルを標的とした高高度大気調査
・黄砂バイオエアロゾル及び人為起源エア ロゾルの雲核・氷晶核 能に関する研究
・砂漠上空の砂塵とバイオエアロゾルの混合状態に関する野外研究:気球による直接採集
・黄砂バイオエアロゾルにおける耐塩細菌の長距離輸送とその微生物生態への影響
・キトサンを母材としたアミノ酸修飾両性イオン交換樹脂の開発と捕集分離機能の追求
・生分解性キレート剤を用いた植物プランクトンの増殖制御技術の開発
・砒素ファイトレメディエーションへの金属無機化細菌の実用化
・鉄輸送配位子シデロホアの生合成遺伝子による赤潮抑制型・植物プランクトンの増殖制御
・身近な水環境を題材とした化学教育プログラムの開発
・南極域の風送バイオエアロゾル実相調査:気球等を使った先駆的生態系観測の展開

このページの先頭へ