本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

6名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

人文学

文化人類学・民俗学

キーワード 研究者名 研究情報
文化人類学、考古学、多様性、多文化共生、科学技術社会論 アートル ジョン
研究課題
・日本における考古学と文化資源生産の多様性 2
・日本における考古学と文化資源生産の多様性
・考古学の民族誌:考古学的知識の多様な形成・利用・変成過程の研究

科研費採択テーマ
・Diversity in Archaeology and Cultural Resource Production in Japan
・Ethnography of Archaeological Production, Consumption, and Transformation
・Ethnography of Archaeological Production, Consumption, and Transformation

民族誌、国民文化、農村社会 鏡味 治也
研究課題
・インドネシア,特にバリ島の民族誌的研究
・インドネシアにおける国民文化と地方文化の動態
・北陸地域農村社会の動態

科研費採択テーマ
・消費様式から見た国民文化形成の文化人類学的研究:インドネシア等の生活用品調査から
・文化の世代間継承に関する文化人類学的研究:インドネシアの事例から
・消費様式から見た国民文化形成の文化人類学的研究:インドネシア等の生活用品調査から

アルジェリア、スタンダール、フランス語圏文化、フランス語教育、文学, 間言語理解 粕谷 雄一
研究課題
・日本におけるフランス語教育, ロマンス語教育
・マグレブ地方研究
・スタンダールに関する研究
・フランス語圏文化研究

地蔵、水子供養 清水 邦彦
研究課題
・日本中・近世の地蔵信仰
・現代日本の宗教

科研費採択テーマ
・「路傍の地蔵」の宗教史的考察
・中世曹洞宗における地蔵信仰受容-北陸地方を出発点に
・現代日本における高齢者の死生観とケア・ニーズに関する研究

文化人類学、東南アジア研究、日本研究 西本 陽一
科研費採択テーマ
・国家統治拡大と跨境少数民族の生活経験の変化-タイと中国のラフ族の比較研究
・雲南少数民族の生活経験の変化―解放後中国の社会変化をラフ族住民はどう生きたか
・平成21年度~平成24年度科学研究費補助金(基盤C)「雲南少数民族の生活経験の変化―解放後中国の社会変化をラフ族住民はどう生きたか」
・平成18年度~20年度科学研究費補助金(萌芽研究)「周縁性の経験―少数民族ラフの宗教変容と語り」
・平成15年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究A[1])「東南アジア大陸部と西南中国における宗教と社会変容」(代表: 林行夫)
・日本学術振興会特別研究員(DC2)「北タイ・ラフ族における『伝統宗教』の生成とその社会的経験」

高等教育、大学評価、デンマーク語、北欧神話、イーラーニング 堀井 祐介
共同研究希望テーマ
・高等教育
・ポータルシステム

研究課題
・北欧の高等教育システム
・ポータルシステムを活用した学習支援システムの構築

科研費採択テーマ
・大学入学時におけるスタディ・スキルズの教材開発と運用に関する研究
・大学国際化の評価指標策定に関する実証的研究
・大学評価指標における「学生支援」の位置づけに関する実証的研究
・社会科学分野の高度専門人材育成大学院に係る認証評価の充実策に関する実証的研究
・北欧における大学運営、大学評価への学生参画システム検証
・学習意欲を高める授業科目が教育成果全般に及ぼす影響とその評価
・社会科学分野の高度人材育成に係る大学院プログラムの質保証に関する実証的研究
・コンピテンシー養成を目標に掲げたアウトカム評価システムの実証的研究
・大学初年次でのクリティカル・リーディング力育成カリキュラムと教材開発に関する研究
・専門分野別教育プログラム認定・評価導入への実証的研究
・ユニバーサル段階におけるヨーロッパの学部専門教育の変容
・公共政策大学院の質保証システムの日米欧比較を通じた実証的研究
・学士課程教育の質保証に関する日米比較-教養教育の位置づけの視点から-
・テキスト分析によるグローバルかつ汎用的な学習成果設定-デンマーク・英・日調査-

このページの先頭へ