本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

3名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

社会科学

金融・ファイナンス

キーワード 研究者名 研究情報
欧州銀行同盟(EBU),国際銀行規制監督政策,経済通貨同盟(EMU)の進化,フランス為替政策史 佐藤 秀樹
共同研究希望テーマ
・欧州銀行同盟研究
・金融規制の国際比較研究
・欧州通貨統合史研究

研究課題
・欧州銀行同盟(EBU)の制度研究
・国際銀行規制・監督の制度分析:金融安定理事会(FSB)、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)、欧州銀行機構(EBA)の政策分析
・フランスの為替政策と欧州通貨統合の歴史的研究(1960-2000年)

科研費採択テーマ
・銀行規制から視た欧州の分断性:英仏歴史文書解析による規制の多様性の検証
・研究代表者:権上康男教授『欧州通貨統合の歴史的起源とフランスの通貨戦略(1968-79年)』連携研究者:宮崎礼二、石井聡、佐藤秀樹(1970年代史研究会)

世界経済論、経済発展論、通貨、経済史、西アフリカ、経済通貨統合、グローバリゼーション、セネガルの社会経済 正木 響
研究課題
・西アフリカと世界経済
・発展途上国と世界経済

科研費採択テーマ
・域外企業が地域経済の深化に与える影響―仏企業のセネガルにおける史的展開を中心に―
・CFAフランと旧仏領西アフリカの経済発展:資源ブーム時の為替切り下げ政策を中心に
・域外企業が地域進化に果たす役割:旧フランス領迩視アフリカでの仏系企業の史的展開を中心に
・国境を越える地域経済ガバナンス・EU諸地域の先行例を中心とした比較研究
・通貨から視る西アフリカ地域経済の分断と世界経済への統合:19・20世紀
・Please see a follwing page http://researchmap.jp/read0063355/?lang=english
・通貨から視る西アフリカ地域経済の分断と世界経済への統合:19・20世紀
・中間組織の形成過程と経済的機能;アジアとアフリカに関する歴史的・理論的研究
・通貨から視る西アフリカ地域経済の分断と再統合の可能性の検証:20・21世紀
・通貨から視る西アフリカ地域経済の分断と世界経済への統合:19・20世紀(国際共同研究強化)

経営者・経営幹部・幹部候補者対象の研修   自治体職員対象の研修  学校教員対象の研修 松浦 義昭
共同研究希望テーマ
・産官学金連携による教育研修プログラムの開発・支援
・課題解決型授業(Project-Based Learning)の開発・支援
・高大連携によるアクティブ・ラーニング型授業の開発・支援

研究課題
・産官学金連携教育  

科研費採択テーマ
・日本企業のストック・オプション制度導入に関する実証研究
・効果的なパーソナルファイナンス教育支援環境に関する研究
・RESAS(地域経済分析システム)教育プログラムの開発
・金融リテラシー高度化プログラムの実施と期待形成効果の検証
・学習指導要領と親和性の高い金融教育プログラムの構築と教員養成へのアプローチ

このページの先頭へ