本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

2名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

総合生物

ゲノム生物学

キーワード 研究者名 研究情報
ゲノム情報学、ゲノム解析技術、免疫遺伝学、ゲノム医科学、人類遺伝学、ゲノム生物学、比較ゲノム 細道 一善
出願済みの発明名称
・HLA遺伝子のDNAタイピング方法及びキット
・次世代シークエンサーのためのDNAライブラリー調製方法
・PCRを用いないキャプチャー法によるHLA遺伝子タイピング用プローブセット及びそれを用いたタイピング方法

科研費採択テーマ
・リシークエンシングによるHLAゲノム多様性解析
・家族性IgA腎症で例示されるエクソーム解析による原因遺伝子同定プロトコールの確立
・HLA遺伝子完全配列決定パイプラインの構築
・ゲノム不安定性を示す難治性遺伝性疾患群の症例収集とゲノム・分子機能解析による病態解明研究
・同種造血幹細胞移植成績向上を目指したKIRハプロタイプ解析手法の確立
・アレル優位性を有するクロマチン高次構造解析による子宮内膜症の分子機序解明
・免疫遺伝情報に基づく非血縁移植統合データベースの構築と最適なドナー・さい帯血の選択
・ネオ・セルフの遺伝子解析

インプリンティング、エピジェネティクス、自閉症、レット症候群、 堀家 慎一
研究課題
・染色体工学技術を用いた自閉症羅患遺伝子座の解析
・15q11-q13刷り込み遺伝子領域のクロマチン動態の解析
・PEG1/MEST刷り込み領域の遺伝子発現制御機構の解明
・オキシトシンレセプター遺伝子の発現制御機構の解明

科研費採択テーマ
・LINE1配列のストランド特異的分布とMARを介したクロマチン制御機構の解明
・核内足場クロマチン構造を介したncRNA, IPWの作動機序の解明
・エピジェネティック因子MBD5による発達障害発症機序の解明
・15q11-13染色体ペアリングに着目した自閉症発症機構の解明
・核マトリックスを介した長鎖ncRNA,UBE3A-ATSのクロマチン制御機構
・染色体の空間的配置と組織特異的遺伝子発現制御機構の解明
・ヒトDMRにおける母性メチル化インプリント確立メカニズムの解明
・インプリント長鎖非コードRNAの核内動態とクロマチンダイナミクスの解析
・神経細胞特異的なクロマチンダイナミクスを司る分子の同定
・レット症候群の早期診断と治療を目指した統合的研究
・レット症候群の診断と予防・治療法確立のための臨床および生物科学の集学的研究

このページの先頭へ