本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

11名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

生物学

機能生物化学

キーワード 研究者名 研究情報
転移、血管新生、光線力学療法、薬剤探索、抗腫瘍性ヌクレオシド、薬剤耐性 遠藤 良夫
共同研究希望テーマ
・転移性癌の診断と治療
・代謝拮抗系抗がん剤の作用機序研究

研究課題
・アミノレブリン酸を用いる光線力学療法の作用機序
・転移性癌の診断と治療法の開発
・血管新生阻害剤の開発
・ヌクレオシド系代謝拮抗抗がん剤の作用機序及び耐性機構の解明

出願済みの発明名称
・腹膜偽粘液腫の検査方法
・PDT効果増強剤
・抗がん剤の作用増強

科研費採択テーマ
・大腸癌における Na+/H+交換輸送体阻害による新規抗癌治療法の開発
・膜輸送系を標的とする光線力学的治療の効果増強剤の新薬シーズ開発
・細胞膜輸送系の機能修飾に基づく光線力学的治療の効果増強法の基礎開発
・腹膜偽粘液腫の本邦における発生頻度・病態の解明・治療法の開発
・腹膜偽粘液腫の本邦における発生頻度・病態の解明・治療法の開発
・臨床効果を的確に予測する抗腫瘍性ヌクレオシドの薬剤感受性規定因子

生化学、分子生物学、タンパク質工学、金属タンパク質 片岡 邦重
共同研究希望テーマ
・微生物的脱窒メカニズムの解明と応用

研究課題
・金属タンパク質のタンパク質工学的機能改変
・マルチメタル酵素の構造と機能に関する研究
・アミノ酸脱水素酵素の構造と機能に関する研究

出願済みの発明名称
・染色適性を有する改良されたマルチ銅オキシダーゼCueO
・電極触媒及び酵素電極
・組換え型ビリルビン酸化酵素及びその製造方法
・電極触媒,酵素電極,燃料電池及びバイオセンサ
・ケラチン繊維染色用組成物及びケラチン繊維の染色方法
・肝機能検査薬としてのMyrothecium verrucariaビリルビンオキシダーゼの酵母による異種発現
・フェノールオキシダーゼ遺伝子及びフェノールオキシダーゼの製造方法
・改変されたマルチ銅オキシダーゼ及びこれを用いたケラチン繊維用染色剤

科研費採択テーマ
・タンパク質工学によるアミノ酸脱水素酵素の基質特異性の変換
・マルチヘム型一酸化窒素還元酵素を用いたプロトンポンプ分子進化過程の解明
・銅型亜硝酸還元酵素の構造と触媒反応機構および電子伝達機能に関する研究
・一酸化窒素還元酵素の活性中心構造と触媒反応機構の解明
・金属タンパク質をホロ化する金属シャペロンタンパク質の開発
・金属タンパク質中の活性位における超微細電場測定
・一酸化窒素還元から酸素還元への変換による呼吸酵素の分子進化
・バイオ燃料電池の実用化に必須である高反応性カソード電極用酵素の研究開発
・古代色素「貝紫」生合成酵素の高選択的臭素化反応メカニズムの解明と応用

ストレス応答、分子シャペロン、ATP依存性プロテアーゼ 金森 正明
共同研究希望テーマ
・大腸菌を用いた異種タンパク質発現系

研究課題
・Hsp70シャペロンシステムの基質認識機構

科研費採択テーマ
・分子シャぺロンやATP依存性プロテアーゼにより認識されるσ32上の構造の同定

環境耐性、光合成 坂本 敏夫
共同研究希望テーマ
・シアノバクテリアの紫外線防御物質の生産に向けた基礎研究

研究課題
・陸棲ラン藻の極限的な環境耐性能の分子機構

科研費採択テーマ
・陸棲ラン藻における極限的な乾燥耐性の分子機構
・陸棲シアノバクテリアが営む無水生活様式を司る機能性分子の解明

金属タンパク質、生物無機化学、プロテインエンジニアリング 櫻井 武
共同研究希望テーマ
・ウルシのバイオテクノロジー
・ビリルビンオキシダーゼの機能改変
・生物燃料電池

研究課題
・酵素によるNOの分子変換
・マルチ銅オキシダーゼの活性中心と機能
・うるしの酸素化学
・重金属イオンの解毒とホメオスタシス
・ビリルビンオキシダーゼの機能変換
・生物燃料電池
・プロテインエンジニアリング
・生物燃料電池
・酵素によるNOxの分子変換
・マルチ銅オキシダーゼの機能と改変および生物燃料電池への応用
・うるしの酸素化学

出願済みの発明名称
・電荷の改変によるへアカラー酵素の高効率化
・電極触媒、酵素電極、燃料電池およびバイオセンサ
・Electrocatalyst and Enzymatic Electrode
・Electrode Catalyst and Enzyme Electrode
・電極触媒及び酵素電極
・組換え型ビリルビン酸化酵素及びその製造方法
・改変されたマルチ銅オキシダーゼ及びこれを用いたけケラチン繊維用染色剤
・ケラチン繊維染色用組成物及びケラチン繊維の染色方法
・フェノールオキシダーゼ遺伝子及びフェノールオキシダーゼの製造方法
・Improved Multi-copper oxidase CueO with Dyeability
・CueO Deletion mutant of multi-copper oxidase and its use in dyeing
・染色特性を有する改良されたマルチ銅オキシダーゼ
・電極触媒、酵素電極、燃料電池及びバイオセンサ
・Deletion Mutant of Multi-copper Oxidase and its Use in Dyeing

科研費採択テーマ
・チトクロムbc型NOリダクターゼの構造・機能相関
・末端酸化酵素の先祖酵素としてのNOリダクターゼの分子構造・鉄結合部位・反応
・マルチ銅オキシターゼの三核銅クラスターにおける酸素の4電子還元反応
・マルチ銅オキシダーゼの三核銅クラスタ-における酸素の4電子還元反応
・銅含有酸化酵素におけるマルチ銅センターの構造・機能相関
・銅含有酸化酵素におけるマルチ銅センターの構造・機能相関
・銅含有酸化酵素におけるマルチ銅センターの構造・機能相関
・一酸化窒素還元から酸素還元への変換による呼吸酵素の分子進化
・銅の解毒に関わるマルチ銅オキシダーゼの金属イオン特異性、酸素4電子還元と機能創製
・銅の解毒に関わるマルチ銅オキシダーゼの金属イオン特異性、酸素4電子還元と機能創製
・銅の解毒に関わるマルチ銅オキシダーゼの金属イオン特異性、酸素4電子還元と機能創製
・精密耕造解析による酵素の高度機能の解明とその応用基盤構築
・環境創造型化学エネルギー変換素子
・一酸化窒素還元から酸素還元への変換による呼吸酵素の分子進化
・金属タンパク質をホロ化する金属シャペロンタンパク質の開発
・マルチ銅オキシダーゼの活性部位とその近傍への変異導入による機能の解明、改変、創製
・マルチ銅オキシダーゼによる酸素還元機構の解明と機能改変体の電極触媒としての利用
・酵素過程の逆反応実現により水から還元力を取り出す試み

光合成細菌、電子伝達系、反応速度論 瀨尾 悌介
研究課題
・チオレドキシン還元酵素型Ferredoxin-NADPH酸化還元酵素の反応機構の解明
・光合成細菌の鉄硫黄型光化学反応中心
・Fd依存型酸化還元酵素の探索

科研費採択テーマ
・ 酵素基質複合体の構造ダイナミクス解析に基づく反応方向制御機構の解明

原核生物のオルガネラ、細胞骨格、磁性細菌、マグネトソーム、 田岡 東
研究課題
・磁性細菌の磁気オルガネラ「マグネトソーム」の形成機構の解明

科研費採択テーマ
・磁性細菌細胞内で新規に合成された磁気オルガネラと細胞骨格の相互作用
・原核細胞の細胞骨格による磁気感知オルガネラ配置の分子機構
・磁性細菌の磁気微粒子合成に関わる新奇ヘム蛋白質の機能解明
・「磁場」を感知するバクテリアの磁気オルガネラを支える細胞骨格
・原核細胞の磁気オルガネラの生細胞イメージングー形成・機能メカニズムの解明ー

アポトーシス、細胞貪食、生体防御、自然免疫、感染症 中西 義信
共同研究希望テーマ
・アポトーシス細胞の貪食による排除

研究課題
・貪食による変性自己細胞除去の仕組みと意義に関する研究
・自然免疫による感染症防御の仕組みに関する研究

出願済みの発明名称
・モノクローナル抗体及びその作製方法

科研費採択テーマ
・プログラム細胞貪食による不要自己細胞除去の仕組みと意義
・宿主との折り合いをつける細菌遺伝子の同定と機能解明
・ショウジョウバエのマルチリガンド受容体Draperによる貪食機構の解析
・ショウジョウバエ貪食受容体Draperを介した変性自己細胞除去の仕組み
・発癌防止におけるアポトーシス依存的貪食反応の役割
・CellCompetitionの不具合に起因する癌発症機構の研究

一分子動態観察、原子間力顕微鏡 中山隆宏
科研費採択テーマ
・高速AFMによるアミロイド脱凝集酵素Hsp104の分子動態の解明
・高速原子間力顕微鏡を用いたコラゲナーゼによるコラーゲン消化メカニズムの解明
・アクチンストレスファイバーの力学応答に伴う構造変化の高速AFM観察

磁性細菌、生体超分子複合体、巨大ヘモグロビン、有鬚動物、化学合成細菌、呼吸鎖電子伝達系 福森 義宏
研究課題
・ナノ生物磁気微粒子の構造機能相関の解明
・巨大ヘモグロビンの構造機能相関の解明
・有鬚動物と細菌の共生

科研費採択テーマ
・ナノ磁気オルガネラの高時空間分解能ライブ解析による形成機構の解明
・磁気感応運動マシナリーの構造機能相関
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明

サイクリン依存性キナーゼ、非遺伝毒性ストレス、細胞周期チェックポイント 山下 克美
共同研究希望テーマ
・チェックポイント阻害因子の探索

研究課題
・サイクリン依存性キナーゼの活性制御機構に関する研究
・ヒト細胞のM期制御機構に関する研究
・ヒト細胞のDNA損傷チェックポイント機構の解析

出願済みの発明名称
・Cdc25Bとβの特異的結合を利用した検出系

このページの先頭へ