本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

13名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

生物学

細胞生物学

キーワード 研究者名 研究情報
転移、血管新生、光線力学療法、薬剤探索、抗腫瘍性ヌクレオシド、薬剤耐性 遠藤 良夫
共同研究希望テーマ
・転移性癌の診断と治療
・代謝拮抗系抗がん剤の作用機序研究

研究課題
・アミノレブリン酸を用いる光線力学療法の作用機序
・転移性癌の診断と治療法の開発
・血管新生阻害剤の開発
・ヌクレオシド系代謝拮抗抗がん剤の作用機序及び耐性機構の解明

出願済みの発明名称
・腹膜偽粘液腫の検査方法
・PDT効果増強剤
・抗がん剤の作用増強

科研費採択テーマ
・大腸癌における Na+/H+交換輸送体阻害による新規抗癌治療法の開発
・膜輸送系を標的とする光線力学的治療の効果増強剤の新薬シーズ開発
・細胞膜輸送系の機能修飾に基づく光線力学的治療の効果増強法の基礎開発
・腹膜偽粘液腫の本邦における発生頻度・病態の解明・治療法の開発
・腹膜偽粘液腫の本邦における発生頻度・病態の解明・治療法の開発
・臨床効果を的確に予測する抗腫瘍性ヌクレオシドの薬剤感受性規定因子

細胞生物学、生物物理学、科学教育 垣内 康孝
アポトーシス、炎症、自然免疫 木下 健
研究課題
・自然免疫系構成因子群の機能解析

科研費採択テーマ
・アポトーシス促進因子Bidの制御機構
・新規Bid結合因子によるアポトーシス制御機構の解明
・新規BH3ファミリー結合因子の機能解析
・TNFレセプターファミリーDR6のシグナル伝達機構解明
・抗炎症因子NLRP7の発現制御と新機能:細胞増殖、分化、運動、腫瘍化への関与
・自然免疫制御因子PYPAF2, PYPAF3の細胞生存、増殖への関与
・Fas-associated factor 1はマクロファージ抗炎症因子か?
・単球系細胞における炎症反応のフィードバック制御機構
・BH3ファミリーの細胞内局在を制御する新規因子
・NF-kB活性化を介した自然免疫制御因子群NLRファミリーの新機能
・自然免疫制御因子NLRPファミリーを介したがん細胞サイトカイン産生制御機構の解明
・自然免疫ストレスセンサーNLRP3の新機能とその分子機構解明

腫瘍生物学 小林 昌彦
生物系薬学 応用薬理学 医療系薬学 崔 吉道
共同研究希望テーマ
・トランスポーターを利用した薬物スクリーニング系の開発
・トランスポーターのin vivoヘテロ発現による薬物体内動態の能動制御
・トランスポーターを利用した臓器機能代替法の確立

研究課題
・薬物の体内動態制御と個別薬剤療法の確立

出願済みの発明名称
・組織特異的トランスポーター阻害剤
・臓器感染用トランスポーター強制発現ベクター
・プロトン駆動型トランスポーター介在型消化管吸収改善剤及びその製法
・トランスポーター活性プロテインアレイ
・海洋深層水を用いた抗癌剤
・皮膚トランスポーターを介した経皮薬剤の皮膚透過性の検定方法

科研費採択テーマ
・共焦点レーザー顕微鏡を用いたペプチドの細胞内動態解析と脳実質細胞標的化への応用
・外来性遺伝子発現系を用いた小腸上皮薬物担体輸送機構の解明
・ダイナミックインターフェースとしての血液脳関門機能と薬物脳移行相関
・小腸オリゴペプチド輸送体の組織及び細胞内分布の免疫化学的解析と薬物輸送特性
・モノカルボン酸系の組織特異的機能発現とドラックデリバリーへの応用
・小腸モノカルボン酸輸送体の組織及び細胞内分布の免疫化学的解析と薬物輸送の分子機構
・血液脳関門トランスポーターの分子機構と薬物の脳移行制御
・トランスポーター発現アデノウイルスベクターを用いたペプチド様抗がん剤の脳腫瘍送達
・ペプチドトランスポーターを利用した腫瘍特異的抗がん剤デリバリー
・ペプチド輸送系の組織特異的発現と分子認識多様性を利用した腫瘍選択的薬物デリバリー
・血液脳関門の機能的実態解明に基づいた薬物中枢移行性評価法の確立
・薬物トランスポーター群の分子認識・輸送の多様性に基づいた臓器移行性の制御
・BBB指向性トランスポーター発現アデノウイルスベクターを用いた抗がん剤脳腫瘍送達
・薬物トランスポーター群のMultispecificity発現機構に関する研究
・アンチセンス発現アデノウイルスを用いたトランスポーターの薬物体内動態制御機能評価
・薬物輸送トランスポーターの迅速同定システムの構築とその寄与の推定
・脳血管内皮細胞、周皮細胞、星状細胞が関わる血液能関門における基底膜維持機構の解明
・トランスポーター活性アレイを用いた胎盤関門異物認識の全容解明
・胎盤関門のダイナミクスを制御するトランスポーター-エズリン複合体
・副作用マネジメントと毒性回避のための臨床薬物動態研究

腫瘍ウイルス、がん遺伝子、ゲノム情報 鈴木 健之
共同研究希望テーマ
・がん関連遺伝子と相互作用する新しい分子標的の同定に関する研究

研究課題
・ウイルス挿入変異を利用した新しいがん分子標的の探索

科研費採択テーマ
・ゲノムへの挿入変異を利用した疾患関連遺伝子の単離とその機能解析
・白血病ウイルス感染による病原性発現に関与する細胞性因子の解析
・ゲノムへの挿入変異を利用した疾患関連遺伝子の単離とその機能解析
・白血病ウイルス感染による病原性発現に関与する細胞性因子の解析
・ゲノム不安定性を示すマウスを利用した新しいがん抑制遺伝子の単離とその機能解析
・両アリルへの挿入変異導入を利用した疾患原因遺伝子の単離と機能解析
・ゲノム不安定性を示すマウスを利用した新しいがん抑制遺伝子の単離とその機能解析
・白血病ウイルス感染による病原性発現に関わる細胞性因子の同定と解析
・両アリルへの挿入変異導入を利用した疾患原因遺伝子の単離と機能解析
・白血病ウイルス感染による病原性発現に関わる細胞性因子の同定と解析
・ウイルス挿入変異法で同定されたエピゲノム制御因子による疾患発症機構の解析

アレルギー、免疫、マスト細胞・好塩基球、IgE受容体、シグナル伝達、開口放出、細胞間相互作用、顕微光学技術、ライブイメージング 鈴木 亮
上皮組織幹細胞、上皮細胞分化、扁平上皮癌、核膜孔複合体、核-細胞質間輸送、エピジェネティクス、ゲノム 羽澤 勝治
研究課題
・核膜孔複合体の動態変化と細胞機能制御メカニズムに関する研究

エクソソーム、細胞間情報伝達、神経変性疾患、貪食細胞、自己炎症、血球貪食症候群 華山 力成
共同研究希望テーマ
・エクソソームの精製・検出・定量技術の開発
・エクソソームの生理的・病理的意義の解明
・エクソソームの生体内イメージング法の開発
・エクソソームを用いた/標的にした創薬
・血球貪食症候群の治療薬の開発
・他者融解による組織傷害の阻害薬の開発

研究課題
・エクソソームによる細胞間情報伝達機構とその病態
・貪食細胞による自己炎症疾患の発症機序
・学生への指導方針

出願済みの発明名称
・国際公開 WO2016088689 (A1), 発明者 華山力成 他 

科研費採択テーマ
・グリア細胞の貪食作用による脳内環境の維持機構とその破綻
・炎症性マクロファージによるリソソームの開口放出機構
・分泌膜小胞エクソソームの生理機能と標的細胞の解明
・パーキンソン病における神経系エクソソームの役割
・高純度エクソソーム精製法による新規腫瘍マーカーの同定
・神経由来エクソソームを介した多系統萎縮症の発症機序の解明
・食細胞によるアポトーシス細胞貪食除去の動作原理の解明
・肝炎ウイルスの脂質二重膜を標的にした新規抗ウイルス薬とワクチンの開発
・他者融解による病態の解明とMRIを用いた可視化技術の開発

骨代謝性疾患、骨芽細胞、破骨細胞 檜井 栄一
研究課題
・骨組織由来新規分泌タンパク質の網羅的探索とその機能解析
・時計遺伝子による骨芽細胞機能調節機構の解明研究

出願済みの発明名称
・骨密度向上剤、抗骨粗鬆症薬および抗骨粗鬆症食品
・破骨細胞分化抑制剤、及びこれを含んでなる骨粗鬆症用薬剤
・骨芽細胞の細胞死阻害剤
・神経変性障害の予防又は治療

科研費採択テーマ
・GDF5-Ifrd1シグナルによる褐色脂肪細胞活性化機構
・ブラウンアディポカインによるエネルギー代謝調節
・アミノ酸シグナルによる骨代謝調節機構
・骨制御分子Runx2による中枢制御機構の解明
・内分泌器官としての骨組織

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・褐色脂肪細胞を標的とした新規抗肥満治療薬の開発研究

磁性細菌、生体超分子複合体、巨大ヘモグロビン、有鬚動物、化学合成細菌、呼吸鎖電子伝達系 福森 義宏
共同研究希望テーマ
・重金属回収材の開発

研究課題
・ナノ生物磁気微粒子の構造機能相関の解明
・巨大ヘモグロビンの構造機能相関の解明
・有鬚動物と細菌の共生

科研費採択テーマ
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・磁性細菌のGタンパク質融合型鉄輸送体ー精製と再構成ー
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・磁気感応運動マシナリーの構造機能相関

サイクリン依存性キナーゼ、非遺伝毒性ストレス、細胞周期チェックポイント 山下 克美
共同研究希望テーマ
・チェックポイント阻害因子の探索

研究課題
・サイクリン依存性キナーゼの活性制御機構に関する研究
・ヒト細胞のM期制御機構に関する研究
・ヒト細胞のDNA損傷チェックポイント機構の解析

出願済みの発明名称
・Cdc25Bとβの特異的結合を利用した検出系

シグナル伝達、細胞分化、神経発生 善岡 克次
共同研究希望テーマ
・MAPキナーゼシグナル伝達系による細胞の増殖と死の制御

研究課題
・MAPキナーゼカスケードに関する研究
・哺乳類MAPキナーゼ経路の足場タンパク質に関する研究
・神経発生に関する研究

科研費採択テーマ
・軸索輸送における足場タンパク質JSAPの役割とその分子メカニズム
・足場タンパク質JSAP1による小脳顆粒前駆細胞の増殖・分化制御機構の解析
・発達期小脳における足場タンパク質JSAP1の機能解析
・哺乳動物のストレス応答MAPキナーゼ経路における足場タンパク質の解析
・JNKシグナル伝達路における足場タンパク質の同定とその機能解析
・JNKカスケードにおける足場タンパク質の同定とその解析

このページの先頭へ