本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

1名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

生物学

形態・構造

キーワード 研究者名 研究情報
カルシウム代謝、骨代謝、重力、微小重力 鈴木 信雄
共同研究希望テーマ
・重金属および内分泌攪乱化学物質の骨代謝に及ぼす作用
・骨粗鬆症の治療薬の開発

研究課題
・海産無脊椎及び脊椎動物(特に魚類)のカルシトニンの構造および生理作用
・物理的刺激及び生理活性物質の骨代謝に対する影響:ウロコの培養システムを用いた解析
・重金属及び内分泌攪乱化学物質の骨代謝に対する作用

出願済みの発明名称
・インドール誘導体及びその用途
・トリプトファン誘導体及びその用途
・重金属存在下で有機物質を分解する方法
・骨芽細胞活性抑制剤
・骨疾患治療用磁場発生装置及び、それを用いた骨疾患治療の評価及び 開発システム
・インドール化合物及び該化合物を含む細胞修復剤

科研費採択テーマ
・魚類におけるカルシトニンの生理作用:レセプターによる解析
・重金属及び内分泌攪乱化学物質の骨代謝に及ぼす作用:骨硬化ホルモンとのクロストーク
・新規硬組織モデルによる骨・歯の疾患に対する超音波治療方法の開発
・大気バイオエアロゾル学の展開:大気圏への飛散,輸送・拡散,変質
・象牙質における成長線の周期性と生物時計との関連:メラトニンによる調節
・ナノ粒子を利用した特異的温度制御による口腔癌治療
・磁場と骨代謝調節ホルモンとの相乗効果を利用した新規骨疾患治療システムの開発
・磁場と骨代謝調節ホルモンとの相乗効果を利用した新規骨疾患治療システムの開発
・重油汚染海水で孵化した魚の脊柱彎曲は多環芳香族炭化水素が原因か?
・多環芳香族炭化水素類が環境・生体で新たに獲得する毒性に関する戦略研究
・ステロイドホルモン受容体に作用する化学物質の構造活性相関に基づく 毒性評価システム
・ステロイドホルモン受容体に作用する化学物質の構造活性相関に基づく毒性評価システム
・重油汚染海水で生まれた魚の脊柱彎曲の機構解明と新規解毒タンパク質によるレスキュー
・新規糖尿病モデルを用いた骨代謝機構の解析と運動による改善に関する研究
・新規硬組織モデルを用いた微小重力・過重力下での骨吸収及び骨形成の機構解析
・新規硬組織モデルを用いた微小重力・過重力下での骨吸収及び骨形成の機構解析.
・エピジェネティクスを介した超音波による細胞の分化制御
・新規2型糖尿病骨代謝モデルによる糖尿病骨代謝機構解析と運動による改善法の提案
・硬骨を持たない原始的脊椎動物ヤツメウナギにおける新規カルシウム代謝機構 の解明
・重油汚染海水が引き起こす魚の脊柱彎曲の機構解明と解毒法及び予防法の開発
・黒色素胞刺激ホルモンの骨への新規作用:再生能力が高い硬組織(ウロコ)を用いた解析

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・骨形成を促す新規骨疾患治療薬の研究開発
・新規メラトニン誘導体の骨折治癒モデル動物に対する作用及び骨形成機構の解析
・骨質を改善する新規骨疾患治療薬の研究開発:加齢性骨疾患モデルを用いた解析 

このページの先頭へ