本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

4名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

農学

応用微生物学

キーワード 研究者名 研究情報
遺伝子、生命情報、磁界 柿川 真紀子
研究課題
・磁場の医療応用
・バイオエアロゾルの生命情報学的解明

科研費採択テーマ
・交流磁場を用いた抗がん剤の標的治療技術の開発
・自由大気圏を長距離移動するバイオエアロゾルが遺伝子の水平伝播に及ぼす影響
・交流磁場と抗がん剤の併用治療法の開発
・磁場と抗がん剤の併用療法に関する基礎的研究
・南極域の風送バイオエアロゾル実相調査:気球等を使った先駆的生態系観測の展開
・自由大気圏を長距離移動するバイオエアロゾルが遺伝子の水平伝播に及ぼす影響
・交流磁場を用いた抗がん剤の標的治療技術の開発
・乳酸菌の分子育種:遺伝子導入並びに発現系の構築
・交流磁場によるがん標的化学療法の開発
・大気バイオエアロゾル学の展開
・砂漠上空での砂塵とバイオエアロゾルの混合状態に関する野外研究:気球による直接採集
・マイクロ駆動機構を持つ針状磁気抵抗効果プローブによる低侵襲・非破壊計測の開発

原核生物のオルガネラ、細胞骨格、磁性細菌、マグネトソーム、 田岡 東
研究課題
・磁性細菌の磁気オルガネラ「マグネトソーム」の形成機構の解明

科研費採択テーマ
・原核細胞の細胞骨格による磁気感知オルガネラ配置の分子機構
・磁性細菌の磁気微粒子合成に関わる新奇ヘム蛋白質の機能解明
・「磁場」を感知するバクテリアの磁気オルガネラを支える細胞骨格
・原核細胞の磁気オルガネラの生細胞イメージングー形成・機能メカニズムの解明ー

微生物、代謝制御、有用物質生産、細胞分裂 柘植 陽太
研究課題
・代謝を通した微生物の理解と利用

磁性細菌、生体超分子複合体、巨大ヘモグロビン、有鬚動物、化学合成細菌、呼吸鎖電子伝達系 福森 義宏
共同研究希望テーマ
・重金属回収材の開発

研究課題
・ナノ生物磁気微粒子の構造機能相関の解明
・巨大ヘモグロビンの構造機能相関の解明
・有鬚動物と細菌の共生

科研費採択テーマ
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・磁性細菌のGタンパク質融合型鉄輸送体ー精製と再構成ー
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・超分子ヘモグロビンの構造とナノ組織化機構の解明
・磁気感応運動マシナリーの構造機能相関

このページの先頭へ