本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

5名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

物理系薬学

キーワード 研究者名 研究情報
放射性薬剤 小川 数馬
研究課題
・新規放射性薬剤の開発

出願済みの発明名称
・金属錯体およびこれを含有する抗癌剤

科研費採択テーマ
・MMP-2を標的とした体内動態化学制御型の新規腫瘍核医学診断薬剤の開発
・新規アポトーシスイメージング剤による癌・虚血再灌流障害治療効果超早期診断法の確立
・新規放射性薬剤を用いた包括的転移性骨腫瘍診断治療法の確立を目指した研究
・革新的癌診断治療システムの開発研究-骨腫瘍診断治療からDDSへ

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・高性能アポトーシスイメージング薬剤の開発

生物無機化学,錯体化学,溶液化学,金属を鍵物質とした抗がん剤 小谷 明
研究課題
・アルツハイマー,プリオン解明を目指した銅輸送機構の研究
・白金抗がん剤の創薬開発
・薬物の血漿タンパク結合の解明と創薬への応用

出願済みの発明名称
・タンパク質とリガンドとの会合体の安定度定数を求める方法
・金属錯体およびこれを有効成分として含有する抗がん剤
・金属錯体およびこれを有効成分として含有する抗がん剤
・ビスホスホネート錯体

科研費採択テーマ
・シスプラチン耐性に有効な白金錯体の化学特性と抗がん剤への応用
・シスプラチン耐性に有効な白金錯体の化学特性と抗がん剤への応用

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・疼痛も抑制する骨がん治療白金抗がん剤の開発

体内動態、薬物治療、生体膜透過、トランスポーター、タンパク質間相互作用 加藤 将夫
共同研究希望テーマ
・トランスポーターによる薬物の取り込み、排泄過程の解析
・遺伝子欠損動物を用いた薬物動態解析
・トランスポーターを介した薬物間相互作用の生理学的モデルに基づく解析

研究課題
・トランスポーターによる薬物の体内動態制御
・薬物トランスポーターの局在および機能制御機構
・生理活性タンパク質、高分子化合物の薬物動態制御

出願済みの発明名称
・HGF医薬製剤
・ターゲティング型DDS製剤のスクリーニング方法
・トランスポータータンパク質とアダプタータンパク質を共発現させたトランスジェニック卵母細胞
・エルゴチオネインを利用したクローン病の診断および治療

科研費採択テーマ
・肝障害時における肝細胞増殖因子の体内動態機構の解析
・肝細胞増殖因子の受容体非介在性消失機構の解析
・生理活性ペプチド受容体を標的としたドラッグデリバリーシステムの細胞内挙動の制御
・サイトカインの非線形体内動態機構に基づいた新規デリバリーシステムの開発
・肝細胞膜に発現するトランスポーターの分子機能におけるシンクロナイゼーション
・多彩な生物活性を有する肝細胞増殖因子のホメオスタシスに基づいた臓器特異的送達
・異物排出トランスポーター群の上皮細胞アピカル膜局在を制御する分子シグナル
・薬物取り込み・排出トランスポーターの細胞膜ソーティングの分子機構と薬理学的意義
・抗癌剤の消化管毒性回避を目指した小腸上皮細胞取り込み機構の分子論的解析
・肝腎トランスポーターを介した薬物間相互作用の分子基盤
・薬物動態制御因子としてのトランスポーターアダプターの役割
・医薬品の薬効・毒性標的としてのトランスポーター・アダプターネットワーク
・トランスポートフォトコンバーター:多様な薬の生体膜透過を光に変換する新規計測技術
・ペプチドトランスポーターを利用した腫瘍細胞トリプルブロック分子標的薬の開発
・抗酸化物質膜輸送体を標的とした臓器慢性疾患防御の研究と治療への応用
・ABC膜輸送体を標的とする経皮薬物デリバリーシステムの開発研究

生物無機化学、錯体化学、ケミカルバイオロジー 黄檗 達人
研究課題
・白金抗がん剤の開発

アレルギー、免疫、マスト細胞・好塩基球、IgE受容体、シグナル伝達、開口放出、細胞間相互作用、顕微光学技術、ライブイメージング 鈴木 亮

このページの先頭へ