本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

2名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

創薬化学

キーワード 研究者名 研究情報
メディシナルケミストリー、天然物化学、有機化学 後藤(中川)享子
研究課題
・薬理活性天然物を基盤とした医薬品候補の開発研究

出願済みの発明名称
・Desmosdumotins, their manufactures and use as antitumor and anti-aids agent.
・Novel 4-amino-2H-benzo[h]chromen-2-one analogs as anti-cancer agents
・4-Amino-2H-pyran-2-one analogs as anticancer agents and their preparation
・抗がん作用を有するベンゾチオフェン誘導体
・アンドロゲン依存性又は非依存性前立腺癌細胞の抑制用の組成物及びそれを含有する前立腺癌の医薬製剤
・エピミノジベンゾアヌレン骨格を有する新規抗がん剤候補

科研費採択テーマ
・前立腺癌微小環境内での細胞間クロストークをターゲットとした革新的治療薬の開発
・インドネシア産自生植物および伝承薬の化学的保存
・天然物由来小分子化合物を用いた多剤耐性がん選択性のケミカルバイオロジー
・熱帯林植物からの新規抗がん剤候補薬の探索研究
・新規DNA修復阻害剤を活用したメカニズム解析と癌治療への応用
・ケミカルバイオロジーを利用したヒトヌクレオチド除去修復機構の解析
・新規抗ガン性indolo[2,3-a]carbazole化合物群の合成研究
・薬理活性1-ヒドロキシインドール化合物群の合成と反応
・1-ヒドロキシインドール化学の展開と、循環器系疾患治療薬の開拓研究
・薬理活性4位窒素置換benz[cd]indole化合物群の合成研究
・薬理活性インド-ル化合物群の合成研究
・2位に置換基を持つ新規な三環性麦角アルカロイド誘導体の合成研究
・有機金属化合物を利用した環状化合物の新規クロスカップリング反応開拓研

有機金属化合物,有機合成化学,天然物化学 向 智里
研究課題
・有機金属化合物を用いる高立体選択的反応の開発と生物活性化合物合成への応用

科研費採択テーマ
・非プロテイン性シグナル分子を基盤とする新規抗炎症薬の開発
・非プロテイン性シグナル分子を基盤とする新規抗炎症薬の開発
・エンド型閉環を基盤とする高効率的新規ヘテロ環構築法の開発
・アレン化学の新展開
・アレンの特性を活用する新規有用反応の開発と天然物合成への応用
・アレンの特性を活用する新規有用反応の開発とその天然物合成への応用研究
・アレンと不活性結合を反応成分とする触媒的環化付加反応の開発
・集積型二重結合を基軸とする環化反応と天然物合成

このページの先頭へ