本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

2名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

薬理学一般

キーワード 研究者名 研究情報
薬物治療、創薬、食品科学、生体防御、ヘムオキシゲナーゼ、低酸素応答、医療安全、医療事故 小川 和宏
共同研究希望テーマ
・創薬
・食品成分の用途開拓

研究課題
・創薬
・薬物治療の安全性向上
・ヘム分解系の調節と機能
・低酸素応答
・食品成分の作用

出願済みの発明名称
・原虫感染症の治療又は予防薬
・ヘムオキシゲナーゼ-1誘導剤、培地製造方法、移植用臓器の保存液製造方法および実験動物生産方法
・Indole derivatives and medicine

科研費採択テーマ
・ヘム代謝調節による分子レベルでの疲労制御法の開発と疲労抑制メカニズムの解明
・食品成分によるヘム分解系調節のメカニズム解明と機能性食品・医薬品への応用
・イソフラボン・ポリアミン誘導体が持つヘム分解調節作用の機能性食品・医薬品への応用
・ヘム鉄とイソフラボンの新しい作用メカニズムの解明による保健機能食品の開発
・酸素応答としてのヘム代謝調節

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・老化抑制および幅広い疾患予防機能を持つ食品・医薬品成分の開発(2013年)

筋線維タイプ、ドーピング、心拍数 北浦 孝
共同研究希望テーマ
・筋肉に影響を与える要因の解析(遺伝子多型)
・栄養物および薬物の骨格筋と心筋と骨に及ぼす影
・心拍数測定によるヒトの身体活動量の調査

研究課題
・心拍数を用いた運動量の評価方法の開発
・心拍数変動と骨格筋の特性の関係
・骨格筋肥大の生化学的解析
・ドーピング規制薬物の研究
・筋線維組成とミオシンアイソザイムの比較研究
・ドーピング規制薬物の横紋筋への影響

科研費採択テーマ
・ドーピング規制薬物(アドレナリン受容体作動薬)の影響における分子機構の解明
・トレーニング効果の分子機構をアドレナリン作動薬で解析する
・ドーピング規制薬物を利用したトレーニング適応の分子機構の解析
・ドーピング規制薬物(アドレナリン受容体作動薬)の影響における分子機構の解明
・筋萎縮の回復期におけるクレンブテロール投与の有効性に関する研究
・高齢者の水のホメオスターシス(恒常性維持)と高齢者骨格筋のニュー・コンセプト

このページの先頭へ