本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

1名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

細菌学(含真菌学)

キーワード 研究者名 研究情報
レンサ球菌、インフルエンザウイルス、混合感染症、病原因子 岡本 成史
研究課題
・A群レンサ球菌の病原性に関する研究
・インフルエンザウイルスの感染制御に関する研究
・細菌―ウイルス混合感染による感染症重症化のメカニズムに関する研究

科研費採択テーマ
・皮膚常在菌叢の変化に着目した褥瘡後感染症の原因解析及びその予防・緩和ケアの検討
・東南アジア諸国における肺炎球菌の疫学解析と新規病原性の探索
・インフルエンザウイルス―口腔細菌混合感染による致死的感染症発症とその機構
・皮膚常在菌叢の変化に着目した褥瘡後感染症の原因解析及びその予防・緩和ケアの検討
・鳥インフルエンザウイルスの増殖能を決定するアミノ酸変異の解析.
・粘膜免疫により産生される粘膜分泌型抗インフルエンザ抗体の交叉防御機構の解析
・インフルエンザ感染による肺炎レンサ球菌の組織侵入増強に関わる分子群同定とその機能
・ヒトヘルペスウイルスの病原性発現に関与する因子の同定と機能解析.
・インフルエンザ―細菌の混合感染での重症肺炎発症に関する病原因子の検索
・ A群レンサ球菌のフィブロネクチン結合タンパクの感染防御抗原としての可能性
・口腔レンサ球菌由来の不溶性グルカンによる炎症性免疫応答と歯周病発症との関連
・免疫担当細胞に対して分子凝態を呈するレンサ球菌由来タンパク質の同定および機能解析
・ゲノム機能解析による口腔内経粘膜レンサ球菌感染症の分子病態の解明
・インフルエンザウイルスとの混合感染で発症する劇症型A群レンサ球菌感染症の病因解析
・A群レンサ球菌表層タンパクを介する細胞侵入機構の解析および同感染症制御法への応用
・劇症型GAS感染症と好中球、筋細胞表面ADPリボシル転移酵素活性との因果関係
・歯周病原性細菌の線毛DNAワクチン接種によるマウスの粘膜免疫応答の誘導
・将来出現が予想される新型インフルエンザに即応できる次世代ワクチンの臨床応用に向けた研究

このページの先頭へ