本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

9名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

代謝学

キーワード 研究者名 研究情報
脂質代謝、動脈硬化、臨床化学 稲津 明広
共同研究希望テーマ
・高比重リポ蛋白機能検査法
・脂質低下薬・HDL機能改善薬の開発・薬理評価

研究課題
・CETP欠損症リポ蛋白の抗動脈硬化性に関する研究
・脂質異常症の遺伝的成因解析
・脂質低下薬、脂質改善薬

科研費採択テーマ
・コレステリルエステル転送蛋白欠損におけるリン脂質代謝異常と抗糖尿病性
・アンジオポエチン様蛋白異常による高高比重リポ蛋白血症の抗動脈硬化性
・高HDLコレステロール血症の遺伝的成因解析

肝臓糖脂質代謝 井上 啓
出願済みの発明名称
・非アルコール性脂肪性肝疾患及び/又は非アルコール性脂肪性肝炎における肝再生能改善剤
・肝臓脂肪蓄積抑制剤

科研費採択テーマ
・肝細胞周期調節因子の肝糖脂質代謝における役割
・肥満での肝脂肪蓄積調節異常における自律神経の役割
・ヒスチジン誘導体の糖代謝における役割
・リアルタイムモニタリングによる蛋白質摂取の肝糖代謝への効果の検討

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・生活習慣病予防への緑豆タンパクの有用性の検討

動脈硬化、冠動脈疾患、高脂血症 川尻 剛照
研究課題
・動脈硬化発症の分子遺伝学研究
・動脈硬化性心血管病の危険因子
・遺伝性脂質代謝異常症
・動脈硬化症の画像診断

科研費採択テーマ
・LDL受容体遺伝子変異を認めない家族性高コレステロール血症のPCSK9遺伝子解析
・LDL受容体遺伝子変異を認めない家族性高コレステロール血症のPCSK9遺伝子解析
・家族性高コレステロール血症の原因遺伝子別系統的病態解析
・家族性高コレステロール血症の原因遺伝子別系統的病態解析
・家族性高コレステロール血症の新規原因遺伝子が臨床像と生命予後に与える影響
・新規原因遺伝子PSCK9による家族性高コレステロール血症のアポ蛋白代謝異常の解明

糖尿病学、内分泌代謝学 篁 俊成
共同研究希望テーマ
・2型糖尿病・肥満症・非アルコール性脂肪性肝疾患の病態と治療
・ヘパトカイン(selenoprotein P, LECT2)の機能解析
・インスリン抵抗性の分子機構

研究課題
・2型糖尿病の病態と治療
・脂肪肝・肥満症の病態と治療

出願済みの発明名称
・糖尿病の病態と関連して発現変動する遺伝子群
・糖尿病関連肝臓由来分泌タンパク質の2型糖尿病または血管障害の診断または治療への利用
・糖尿病の有無等を判定する方法
・生理的状態変化と生理的状態に変化を与える要因の効果を評価する遺伝子マーカー、評価方法、評価システム、及びコンピュータプログラム
・2型糖尿病患者の治療薬選択の補助方法,治療薬の効果予測方法及び検査方法

科研費採択テーマ
・細胞内蛋白分解系のエネルギー代謝恒常性維持における統合的役割の解明
・内分泌器官としての肝臓病学の確立
・肥満による肝インスリン抵抗性形成におけるプロテアソーム機能異常の意義
・セレノプロテインP測定試薬の開発-インスリン抵抗性バイオマーカーを用いた糖尿病の予防・治療への応用
・過栄養状態の肝臓が産生するタンパクと生活習慣病の関連
・インスリン抵抗性と血管合併症を形成する肝臓由来新規ホルモンの機能解析
・過栄養状態における肝臓機能の破綻と生活習慣病の研究
・2型糖尿病患者の肝臓における酸化的リン酸化を制御するマスター遺伝子の同定

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・セレノプロテインP測定試薬の開発-インスリン抵抗性バイオマーカーを用いた糖尿病の予防・治療への応用

糖尿病 内分泌代謝 脂肪肝 竹下 有美枝
内分泌、血圧調節、生活習慣病 武田 仁勇
共同研究希望テーマ
・高血圧発症に及ぼす地域的要因の検討

研究課題
・血圧および血糖調節に関する内分泌学的研究

科研費採択テーマ
・ホルモン産生腺腫の成因に関する遺伝子学的研究
・ホルモン産生腺腫の成因に関する遺伝子学的研究
・心筋細胞におけるステロイドホルモン合成機構の解明及びその病態生理学的意義
・心筋細胞におけるステロイドホルモン合成機構の解明及びその病態生理学的意義
・ステロイドホルモン産生異常症研究
・ステロイドホルモン産生異常に関する調査研究
・食塩感受性高血圧の成因に関するエピジェネティスク解析

エネルギー代謝、肥満 長田 直人
研究課題
・エネルギー代謝を亢進させ、肥満を抑制する手法の開発

出願済みの発明名称
・非アルコール性脂肪性肝疾患予防用又は治療用組成物の製造方法
・LPS産生抑制剤、及びLPS産生抑制用の食品組成物

科研費採択テーマ
・ブロッコリースプラウト抽出物による炎症制御及びエネルギー代謝調節機構の解明
・タンパク質チロシンフォスファターゼShp2による炎症制御機構の解明
・脂肪肝炎の新規治療法の開発-酪酸菌のプロバイオティクス効果の検討

2型糖尿病、インスリン抵抗性、ヘパトカイン、セレノプロテインP、活性酸素、LECT2 御簾 博文
共同研究希望テーマ
・ヘパトカインを標的とした新規糖尿病治療薬の開発
・ヘパトカインを標的とした新規糖尿病診断薬の開発

研究課題
・肝臓由来分泌タンパク"ヘパトカイン"を標的とした2型糖尿病に対する新規診断・治療法の開発
・肥満に関連したヘパトカインの同定と機能解析
・ヘパトカインを介した肝臓による恒常性維持機能の解明

出願済みの発明名称
・糖尿病関連肝臓由来分泌タンパク質の2型糖尿病または血管障害の診断または治療への利用

科研費採択テーマ
・新規インスリン抵抗性ヘパトカインセレノプロテインPを標的とした糖尿病治療法の探索
・ヘパトカインセレノプロテインPによる"運動療法抵抗性"誘導機構の解明

内分泌腫瘍 米田 隆
共同研究希望テーマ
・高血圧の成因における心血管系ホルモンの役割

研究課題
・内分泌腫瘍の成因に対する研究

科研費採択テーマ
・末端肥大症の成因における遺伝子学的研究
・地域医療における軽症糖尿病患者に対する在宅健康サービスの構築

このページの先頭へ