本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

9名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

血液内科学

キーワード 研究者名 研究情報
血栓止血異常、臨床検査、DIC、抗リン脂質抗体症候群、血栓症、出血 朝倉 英策
共同研究希望テーマ
・播種性血管内凝固症候群
・血栓止血異常

研究課題
・播種性血管内凝固症候群の病態生理と治療について
・抗リン脂質抗体症候群の病態解析と治療
・血栓止血異常の臨床検査医学的解析
・血栓止血学

科研費採択テーマ
・組織因子およびLPS誘発DICモデルにおける血管作動性物質発現機序と微小循環障害
・組織因子およびLPS誘発DICモデルにおける血管作動性物質発現機序と微小循環障害
・播種性血管内凝固における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の意義
・播種性血管内凝固における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の意義
・播種性血管内凝固における炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の関与
・播種性血管内凝固における炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の関与
・播種性血管内凝固における炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の関与
・DIC病型分類別にみた炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の意義
・DICにおける炎症と凝固の相互作用遮断と血管作動性物質
・DICにおける炎症と凝固の相互作用遮断と血管作動性物質
・DICにおける炎症と凝固の相互作用遮断と血管作動性物質
・DIC病態における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の役割
・DIC病態における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の役割
・血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの医師主導治験
・自己免疫性出血症治療の「均てん化」のための実態調査と「総合的」診療指針の作成
・血液凝固因子製剤の文献的考察等に関する研究
・血液凝固異常症調査研究

白血病、白血病、白血病 大竹 茂樹
共同研究希望テーマ
・白血病の治療に関する研究
・臨床研究用Web Applicationの開発

研究課題
・血液悪性疾患の化学療法
・白血病に対する骨髄移植
・白血病の病態解析

科研費採択テーマ
・白血病細胞におけるIineage crossoverの臨床的意義
・白血病細胞におけるlineage crossoverの臨床的意義
・白血病細胞におけるIineage crossoverの臨床的意義
・血漿中の腫瘍由来核酸を用いた腫瘍マーカー検査法の確立
・血漿中の腫瘍由来核酸を用いた腫瘍マーカー検査法の確立
・難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究(臨床研究チームの整備)
・難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究
・難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究

自己免疫疾患、免疫学 片桐 孝和
研究課題
・iPS細胞由来ヒト造血幹細胞を用いた自己免疫性造血不全の発症機序の解明
・自己免疫性造血器疾患における病態解明および新規検査法・治療法の確立
・白血病および骨髄不全症の病態解明および新規検査法・治療法の確立

出願済みの発明名称
・PNH型白血球の検出方法

科研費採択テーマ
・HLAアレル欠失現象を利用したヒト造血幹細胞制御分子の同定
・発作性夜間血色素尿症(PNH)形質を利用したヒト造血幹細胞動態の解明
・HLAアレル欠失現象を利用したヒト造血幹細胞制御分子の同定
・発作性夜間血色素尿症(PNH)形質を利用したヒト造血幹細胞動態の解明
・治療関連骨髄性腫瘍の疫学的、分子生物学的研究
・iPS細胞由来ヒト造血幹細胞を用いた自己免疫性造血不全の発症機序の解明

GVL効果、マイナー組織適合抗原、腫瘍関連抗原 近藤 恭夫
共同研究希望テーマ
・移植免疫
・腫瘍ワクチン

研究課題
・同種免疫による白血病細胞認識分子機構の解析
・同種造血幹細胞移植後の細胞性免疫再構築の解析
・腫瘍関連抗原を標的としたがん免疫療法の検討

科研費採択テーマ
・臍帯血移植後の移植片対白血病効果誘導を目的とした腫瘍関連抗原ワクチン療法の開発
・TCRと抗原ペプチド/MHC分子の親和性を指標としたTAAsの同定
・抗原ペプチド/MHC分子高結合性CTLの誘導を指標とした腫瘍抗原の同定:新規ワクチン療法の開発
・白血病関連抗原を標的とした移植片対白血病効果増強の試み
・自己抗体とCLIP置換Ii鎖ライブラリーを利用した再生不良性貧血自己抗原の同定
・自己抗体による免疫担当細胞からのサイトカイン分泌増強を介した骨髄不全病態の解明
・マイナー組織適合抗原高親和性T細胞レセプター遺伝子導入による特異的CTL誘導
・抗原ペプチド/MHC分子高結合性CTLの誘導を指標とした腫瘍抗原の同定:新規ワクチン療法の開発
・同種造血幹細胞移植ドナー由来のT細胞が認識する白血病抗原の同定

高松 博幸
出願済みの発明名称
・再生不良性貧血患者血清に存在する自己抗体の検出法
・ヒト抗HLAモノクローナル抗体の作製方法

科研費採択テーマ
・サイトカイン産生を誘導する自己抗体を用いた骨髄不全モデルマウスの作成
・自己抗体とCLIP置換型Ii鎖ライブラリーを利用した再生不良性貧血自己抗原の同定
・自己抗体による免疫担当細胞からのサイトカイン分泌増強を介した骨髄不全病態の解析
・再生不良性貧血における免疫抑制療法の効果予測法の確立
・次世代シークエンサーと蛋白質アレイを用いた骨髄腫病態解析と新規治療法の開発

再生不良性貧血、移植片対白血病作用、骨髄不全 中尾 眞二
共同研究希望テーマ
・骨髄不全における免疫病態の診断方法の確立
・造血器腫瘍に対する新規ワクチン療法の開発
・新規マイナー組織適合抗原の同定

研究課題
・自己免疫性の再生不良性貧血の発症機序の解明
・同種骨髄移植後の移植片対白血病作用の増強に関する研究
・骨髄不全における免疫病態の解明

出願済みの発明名称
・再生不良性貧血患者血清に存在する自己抗体の検出方法

科研費採択テーマ
・再生不良性貧血の原因としてのheat shock protein70 の解析
・再生不良性貧血の原因としてのheat shock protein70 の解析
・自己免疫性再生不良性貧血における自己抗原の同定
・自己免疫性再生不良性貧血における自己抗原の同定
・自己免疫性再生不良性貧血における自己抗原の解析-CD4陽性T細胞エピトープの同定-
・自己免疫性骨髄不全発症の引き金となる自己抗原の同定
・PIG-A遺伝子変異をマーカーとしたヒト造血幹細胞動態の解明
・多施設共同医師主導治験による新規医薬品の効果に関する臨床的エビデンス創出と新移植技術の開発研究
・同種造血幹細胞移植成績の一元化登録と国際間の共有およびドナーとレシピエントのQOLを視野に入れた成績の向上に関する研究
・特発性造血障害に関する調査研究
・再発等の難治性造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植を用いた効果的治療法確立に関する研究
・成人難治性造血器腫瘍に対する非血縁者間の同種造血幹細胞移植法の確立に関する研究
・アレムツズマブを用いたHLA不一致同種造血幹細胞移植療法の医師主導治験および造血幹細胞移植領域における医師主導治験発展のための研究
・自己抗体とCLIP置換型Ii鎖ライブラリーを利用した再生不良性貧血自己抗原の同定
・自己抗体による免疫担当細胞からのサイトカイン分泌増強を介した骨髄不全病態の解析
・多施設共同医師主導治験による新規医薬品の効果に関する臨床的エビデンス創出と新移植技術の開発研究
・同種造血幹細胞移植成績の一元化登録と国際間の共有およびドナーとレシピエントのQOLを視野に入れた成績の向上に関する研究
・特発性造血障害に関する調査研究
・再発等の難治性造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植を用いた効果的治療法確立に関する研究
・成人難治性造血器腫瘍に対する非血縁者間の同種造血幹細胞移植法の確立に関する研究
・自己抗体とCLIP置換型Ii鎖ライブラリーを利用した再生不良性貧血自己抗原の同定
・自己抗体による免疫担当細胞からのサイトカイン分泌増強を介した骨髄不全病態の解析
・特発性造血障害に関する調査研究・特発性造血障害に関する調査研
・アレムツズマブを用いたHLA不一致同種造血幹細胞移植療法の医師主導治験および造血幹細胞移植領域における医師主導治験発展のための研究
・再発等の難治性造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植を用いた効果的治療法確立に関する研究
・成人難治性造血器腫瘍に対する非血縁者間の同種造血幹細胞移植法の確立に関する研究:同種移植に伴う免疫不全対策に関する研究
・骨髄不全における自己抗体特異的T細胞を介したPNHクローン増幅メカニズムの解明
・特発性造血障害に関する調査研究
・同種造血幹細胞移植治療の成績向上を目指した包括的臨床研究
・アレムツズマブを用いたHLA二座以上不一致血縁ドナーからの同種造血幹細胞移植療法の開発に関する研究
・骨髄不全における自己抗原特異的T細胞を介したPNHクローン増幅メカニズムの解明
・抗原ペプチド/MHC分子高結合性CTLの誘導を指標とした腫瘍抗原の同定:新規ワクチン療法の開発
・特発性造血障害に関する調査研究
・若年者骨髄性造血器腫瘍を対象とした骨髄破壊的前処置と骨髄非破壊的前処置を用いた同種末梢血幹細胞移植の比較検討(第Ⅲ相ランダム化盲検比較試験)
・同種造血幹細胞移植治療の成績向上を目指した包括的臨床研究
・アレツズマブを用いたHLAニ座以上不一致血縁ドナーからの同種造血幹細胞移植療法の開発に関する研究
・アレムツズマブを用いたHLA不一致同種造血幹細胞移植療法の医師主導治験および造血幹細胞移植領域における医師主導治験発展のための研究
・自己免疫性骨髄不全発症の引き金となる自己抗原の同定
・PIG-A遺伝子変異をマーカーとしたヒト造血幹細胞動態の解明
・造血幹細胞におけるHLAアレル欠失現象を利用した再生不良性貧血自己抗原の同定
・再生不良性貧血におけるゲノム異常を利用した造血抑制因子の同定

幹細胞、発がん 平尾 敦
研究課題
・幹細胞の自己複製制御機構の解明
・ゲノム安定性の維持機構の解明

出願済みの発明名称
・骨髄性白血病の治療剤
・脳腫瘍治療組成物

科研費採択テーマ
・核小体分子の発現・機能解析による正常および白血病幹細胞の未分化性維持機構の解明
・がん病理・病態学的特性の分子基盤の解析とそれに基づく診断・治療法の開発に関する研究
・細胞老化・寿命制御シグナルによる白血病幹細胞の発生・維持・分化
・普遍的幹細胞制御機構と腫瘍細胞分化
・マルチオミクス解析システムによる白血病幹細胞分化制御機構の解明
・細胞老化・寿命制御シグナルによる白血病幹細胞の発生・維持・分化
・腫瘍悪性度進展における未分化性獲得メカニズムの解明
・がんの幹細胞特性を支える栄養シグナル制御機構の解明
・がん幹細胞性獲得・維持機構とニッチシグナルのクロストーク

ドナーリンパ球輸注、再生不良性貧血 山﨑 宏人
共同研究希望テーマ
・抗腫瘍免疫の機序解明
・難治性造血障害の病態解明

研究課題
・ドナーリンパ球輸注による移植後再発の治療
・再生不良性貧血の病態解明と治療

科研費採択テーマ
・再生不良性貧血における免疫抑制療法の効果予測法の確立
・微少PNH型血球陽性骨髄不全診断システムの開発
・微少PNH型血球陽性骨髄不全診断システムの開発

ワクチン、マラリア、ハマダラカ、抗血小板薬 吉田 栄人
研究課題
・非感染性ウイルスベクターを用いた新規マラリアワクチンの開発研究
・マラリア原虫による宿主免疫攪乱が起因するワクチン効果の脆弱化メカニズムの解明
・トランスジェニック蚊を用いたマラリア原虫—唾液腺の相互作用の解明
・蚊唾液由来のコラーゲンを標的とした新規血小板凝集阻害分子の抗血小板薬開発研究

出願済みの発明名称
・肝臓特異的組換えバキュロウイルス及び肝臓疾患治療剤

科研費採択テーマ
・ハマダラカ唾液抗体価を指標とした「マラリア感染危険度」評価法の開発
・多機能性ハイブリッド型ワクチンプラットフォームを基盤としたマラリアワクチンの開発
・ハマダラカ唾液成分ワクチンによるマラリア感染防御効果および吸血行動の解析
・抗蚊唾液抗体価をバイオマーカーとしたマラリアベクターコントロールの評価法開発
・コラーゲンを標的とした新規血小板凝集阻害分子の低分子化と抗血小板薬開発研究
・コラーゲンを標的とした新規血小板凝集阻害分子の低分子化と抗血小板薬開発研究
・トランスジェニック蚊を用いたマラリア原虫—唾液腺の相互作用の解明
・トランスジェニック蚊を用いたハマダラカーマラリア原虫の寄生適応性の解明
・トランスジェニック蚊を用いたハマダラカーマラリア原虫の生物学的適応性の解明
・遺伝子導入によるマラリアを媒介しないハマダラカの作製

このページの先頭へ