本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

4名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

膠原病・アレルギー内科学

キーワード 研究者名 研究情報
関節リウマチ、シェーグレン症候群、免疫学、腎移植、感染症 川野 充弘
研究課題
・関節リウマチと感染症
・シェーグレン症候群の病因解析
・IgG4関連疾患と結核

科研費採択テーマ
・IgG4関連疾患の病態解明に向けてーT細胞機能異常に基づいたモデルマウスの確立
・新規疾患、IgG4関連多臓器リンパ増殖性疾患(IgG4+MOLPS)の確立のための研究
・IgG4関連疾患に関する調査研究
・モデルマウスを用いたIgG4関連呼吸器疾患の基礎的研究
・IgG4関連疾患の診断基準並びに治療指針の確立を目指した研究
・IgG4関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究

藤井 博
科研費採択テーマ
・環境及び併存疾患がIgG4関連疾患の発症進展に与える影響
・関節炎の発症及び進展における腸内細菌叢の役割の解明
・ケモカインによる関節炎の制御

C型肝炎ウイルス、肝細胞癌、遺伝子発現解析 本多 政夫
共同研究希望テーマ
・肝発癌の分子機構
・C型肝炎ウイルス増殖抑制

研究課題
・ウイルス性肝炎に関する研究
・肝細胞癌の分子生物学

科研費採択テーマ
・C型肝炎の新たな治療関連因子及び治癒後の病態進展・改善に関連する宿主因子等の同定を目指したゲノムワイド研究
・肝炎ウイルスの培養系を用いた新規肝炎治療法の開発
・包括的1細胞遺伝子発現解析を用いたB型肝炎ウイルス感染機構の解明
・インターフェロンによるC型肝炎ウイルス蛋白翻訳抑制機構の解明
・C型肝炎ウイルスの蛋白翻訳開始機構に関する検討
・C型慢性肝炎インターフェロン療法の応答・不応答に関わる宿主遺伝子の探索
・肝がんの新規治療法に関する研究
・ウイルス性肝炎に対する応答性を規定する宿主因子も含めた情報のデータベース構築・治療応用に関する研究
・末梢血単核球の発現プロファイルと肝病態
・テーラーメイド治療を目指した肝炎ウイルスデータベース構築に関する研究
・肝炎ウイルス治療後の肝発癌機序とバイオマーカーの同定に関する研究
・ゲノム網羅的解析によるB型肝炎ウイルス感染の病態関連遺伝子の同定と新規診断法の開発
・肝炎ウイルス複製を支持する新規肝癌由来培養細胞の樹立
・C型肝炎の新規診断法や新規治療法を開発するためのゲノムワイド関連解析の手法を用いた宿主因子の解析に関する研究
・IFNλ4 の機能的役割の解明及び新規診断法・治療法の開発
・C型肝炎における慢性肝炎から発がんに至る病態の解明と制御に関する研究
・内分泌器官としての肝臓病学の確立
・C型慢性肝炎治療成績の向上と肝発癌阻止を目指した分子基盤の確立
・過栄養状態の肝臓が産生するタンパクと生活習慣病の関連

IgG4関連疾患、関節リウマチ、シェーグレン症候群、多発性嚢胞腎 山田 和徳
科研費採択テーマ
・多発性嚢胞腎発症機序の解明;モデルマウスを用いたTRPP2の局在異常からの解析
・IgG4関連疾患の病態解明に向けて-T細胞機能異常に基づいたモデルマウスの確立   
・モデルマウスを用いたIgG4関連呼吸器疾患の基礎的研究

このページの先頭へ