本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

3名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

皮膚科学

キーワード 研究者名 研究情報
膠原病、抗核抗体、細胞成長因子 竹原 和彦
共同研究希望テーマ
・膠原病

研究課題
・強皮症
・抗核抗体
・細胞成長因子

科研費採択テーマ
・結合組織成長因子(CTGF)の強皮症病変形成への関与
・結合組織成長因子(CTGF)の強皮症病変形成への関与
・膠原病におけるアポトーシス誘導・表皮細胞及び血管内被細胞に対する自己抗体
・膠原病におけるアポトーシス誘導・表皮細胞及び血管内被細胞に対する自己抗体
・各種遺伝子操作マウスを用いた皮膚線維化機構,特に強皮症モデルの研究
・各種遺伝子操作マウスを用いた皮膚線維化機構,特に強皮症モデルの研究
・サイトカイン誘導性皮膚線維化マウスモデルにおけるコラーゲン合成亢進機構の解明
・サイトカイン誘導性皮膚線維化マウスモデルにおけるコラーゲン合成亢進機構の解明
・DNA免疫法による抗CTGF抗体のサイトカイン誘導性皮膚線維化マウスモデルの抑制
・DNA免疫法による抗CTGF抗体のサイトカイン誘導性皮膚線維化マウスモデルの抑制
・アトピー性皮膚炎の既存治療法の適応と有効性の再評価に関する研究
・強皮症における病因解明と根治的治療法の開発
・全身性強皮症患者および線維化モデルマウスにおける制御性B細胞の解析

皮膚筋炎、強皮症、抗核抗体、Fcレセプター 濱口 儒人
全身性強皮症、皮膚筋炎、自己抗体、B細胞免疫学 松下 貴史
研究課題
・全身性強皮症
・制御性B細胞
・サイトカイン

科研費採択テーマ
・全身性強皮症におけるregulatory B細胞の機能解析および新規治療法の開発
・制御性B細胞におけるPI3Kシグナルによる制御機構の解析
・Sclerodermatous GVHDマウスにおける制御性B細胞の役割
・BAFFアンタゴニストによる強皮症モデルマウスの治療

このページの先頭へ