本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

7名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

精神神経科学

キーワード 研究者名 研究情報
精神疾患、薬物依存、脳内報酬系 金田 勝幸
研究課題
・薬物依存形成および精神疾患発症の脳内メカニズムの解明

臨床精神医学、大脳生理学 菊知 充
共同研究希望テーマ
・精神疾患における様々な脳波解析

研究課題
・不安障害の病態生理学
・統合失調症の生理学的研究
・脳磁計と近赤外線光トポグラフィーの統合機による大脳の発達の研究

出願済みの発明名称
・脳画像生成装置、脳画像生成方法、及びプログラム

科研費採択テーマ
・小児における確率的脳座標の作成

精神疾患、抗うつ薬、うつ病 出山 諭司
研究課題
・精神疾患発症メカニズムおよび精神疾患治療薬の作用メカニズムの解明

科研費採択テーマ
・慢性疼痛に伴う精神症状における脳内炎症の関与と抗炎症性脂質レゾルビンD1の有用性

統合失調症、精神薬理学 長澤 達也
共同研究希望テーマ
・統合失調症の神経心理学的・神経生理学的研究

研究課題
・統合失調症の神経心理学的・神経生理学的研究
・統合失調症患者に対する抗精神病薬の併用療法の有用性について

科研費採択テーマ
・パニック障害の治療法の最適化と治療ガイドラインの策定(H16-こころ-007)
・統合失調症患者に対する指先触圧覚認知P300測定システムを用いた触・痛覚の研究
・統合失調症の大脳皮質における機能的結合性についての総合的脳画像研究

統合失調症、大脳皮質、病態生理 橋本 隆紀
研究課題
・統合失調症の認知機能障害の脳内メカニズム

科研費採択テーマ
・統合失調症の認知機能障害とパルブアルブミン陽性細胞のオキシトシンシグナル
・統合失調症のネットワーク障害とパルブアルブミン陽性ニューロンのKCNS3発現低下
・統合失調症の大脳皮質抑制性介在ニューロン変化におけるGABA受容体遺伝子の役割
・統合失調症の病態におけるKv9.3カリウムチャンネルサブユニットの重要性について
・統合失調症におけるKv9.3カリウムチャンネルサブユニット発現変化の脳内分布
・統合失調症における大脳基底核出力ニューロンの死後脳を用いた解析
・統合失調症の大脳皮質における機能的結合性についての総合的脳画像研究
・統合失調症の病態生理におけるカンナビノイドの重要性についての研究
・統合失調症の前頭前野において障害されている介在ニューロン種とその機能変化の同定

神経心理学 松井 三枝
共同研究希望テーマ
・高次脳機能障害
・前頭葉機能
・記憶機能
・認知リハビリテーション
・脳機能画像研究

研究課題
・統合失調症の認知機能改善と神経可塑性
・脳形態・脳機能および認知機能の生涯発達
・高次脳機能障害における神経心理学的研究

科研費採択テーマ
・精神病理的性格傾向と脳形態学的特徴との関係
・精神分裂病患者における記憶障害のメカニズム
・ 統合失調症患者における認知リハビリテーションの開発とその基礎的研究
・モラル意識が関与する要因とその神経基盤の解明
・前頭前野機能障害における病態解明に関する神経心理学的研究
・コミュニケーション基盤の発達と脳機能の特殊化・可塑性
・必須多価不飽和脂肪酸を指標にした認知症に伴う周辺症状の発症予測の試み
・思春期精神病理の疫学と精神疾患の早期介入方策に関する研究
・障害とその代償性潜在能力の生命融合科学的研究
・前頭葉と辺縁系の脳形態発達―認知機能との関連
・早産児の精神発達と脳形態の関連
・脳および頭蓋の形態発達と進化
・統合失調症の認知機能改善療法は神経可塑性にどこまで寄与するか

三邉 義雄
出願済みの発明名称
・脳画像生成装置・脳画像生成方法・及びプログラム

科研費採択テーマ
・脳の個性を生かし、子どもの健やかなこころを育てる街の実現:特異から得意へのパラダイムシフト
・自閉症関連障害のオキシトシン関連遺伝子cd38の変異とオキシトシン補充療法
・統合失調症の再発予防の確立に関する研究20
・高機能自閉症成人例におけるオキシトシンの効果と生物学的背景の検討
・神経細胞死におけるHsp70とその関連蛋白の意義
・尿メタボローム解析による、自閉症生物学的マーカーの探索

このページの先頭へ