本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

3名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

高齢看護学

キーワード 研究者名 研究情報
京田 薫
老年看護学、認知症高齢者、看護理論(パトリシア・ベナー)、看護倫理  谷口 好美
研究課題
・医療施設で認知症高齢者に看護を行ううえで生じる看護師の困難の構造

科研費採択テーマ
・高齢者ケア施設における看護・介護の専門職QOLの構造
・認知症高齢者の転倒予防看護質指標による看護介入プログラムと実践継続システムの開発
・高齢者の転倒予防における看護実践能力育成のための評価指標の開発
・認知症看護における看護実践能力修得までのプロセスと構造
・認知症対応型看護実践のための教育プログラムの開発
・臨床判断力育成を包含した転倒予防のコンピューターシミュレーションプログラムの開発
・臨床判断プロセスを基盤とした認知症高齢者のための転倒予防包括看護質評価指標の開発(代表:鈴木みずえ)
・地域高齢者の転倒を予防する足部機能評価指標とフットケア教育プログラムの開発
・急性期病院における認知症対応型看護実践能力の開発
・急性期高齢患者の身体拘束に関わる看護師の判断過程とサポートシステムの開発

在宅看護、地域看護 塚崎 恵子
共同研究希望テーマ
・在宅における介護者の健康と介護負担に関する研究

研究課題
・在宅患者と介護者への在宅看護に関する研究

科研費採択テーマ
・在宅介護家族の災害時健康管理支援システムの構築
・在宅介護家族の災害時健康管理支援システムの構築
・在宅介護家族の災害時健康管理支援システムの構築
・在宅介護家族の災害時健康管理支援システムの構築
・在宅介護における身体負荷の少ない介護動作の開発
・在宅介護における身体負荷の少ない介護動作の開発
・在宅介護における身体負荷の少ない介護動作の開発
・在宅介護における身体負荷の少ない介護動作の開発
・在宅介護における夜間介護と家族の血圧動態と疲労感に関する多角的および縦断的研究
・在宅における夜間介護と家族の血圧動態と疲労感に関する多角的および縦断的研究
・在宅における夜間介護と家族の血圧動態と疲労感に関する多角的および縦断的研究
・在宅における夜間介護が介護家族の心身に及ぼす影響
・在宅における夜間介護が介護家族の心身に及ぼす影響
・在宅における夜間介護が介護家族の心身に及ぼす影響
・在宅における夜間介護が介護家族の心身に及ぼす影響

このページの先頭へ