本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

34名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

情報学

情報学基礎理論

キーワード 研究者名 研究情報
計算機科学、アルゴリズム理論、グラフ理論、組合せ最適化、離散数学 松林 昭
研究課題
・グラフネットワーク・並列計算とその応用に関する研究

暗号理論、符号理論 安永 憲司
リアルタイムOS、動的再構成可能システム、モデル検査 山根 智
研究課題
・分散並列リアルタイムシステム
・リアルタイムシステムの設計実装検証
・動的再構成可能組込みシステム&センサネットワークのモデル化、設計、検証、実装

出願済みの発明名称
・分散データベース格納方式

科研費採択テーマ
・時相論理と並行計算,オートマトンの統合化による自律性のある分散システムの設計支援
・ハイブリッドモデルによる組込みシステムの高信頼性設計方法論の構築と支援環境の開発
・述語抽象化検証による大規模組込みシステム向きオブジェクト指向設計自動検証手法
・音響心理の定量的計測を目標とした心理モデルの構築と実験的検討
・動的ハイブリッドオートマトンによる動的再構成可能組込みシステムの高度な設計検証

システム制御理論,制御応用,システムモデリング,実時間最適化 山本 茂
共同研究希望テーマ
・PID制御
・ディジタル制御,計算機制御
・最適制御,モデル予測制御
・高速高精度位置決め制御
・振動制御
・最大電力点追従 (MPPT:Maximum Power Point Tracking)

研究課題
・モデル・制御・性能のトリプレット構造の解明によるJIT適応型内部モデル制御の構築
・データ駆動極配置法
・極値探索制御による実時間最適化
・最大電力点追従
・人間の行動支援制御
・連続・離散混在系とネットワーク

出願済みの発明名称
・圧延機の板厚制御装置
・最大電力追従制御装置及び最大電力追従制御方法
・フィードバック制御装置,ランダムディザ二値化検出器及びフィードバック制御方法
・風力発電システムの出力電力最大化装置及び方法
・プラントの制御装置

科研費採択テーマ
・長寿命バイオロギングを可能にする振動発電システムの最適設計と実時間最適化
・ロバスト制御系の常時最適化と瞬時再設計による実用的適応制御
・超離散反応拡散モデルを用いた自己駆動個体群の集団現象の解析と設計
・モデル・制御・性能のトリプレット構造の解明によるJIT適応型内部モデル制御の構築
・生体制御系におけるゆらぎの安定性と通信ネットワーク型分散制御システムへの応用
・入出力空間における理想と現実のデータマッチングに基づいた制御系設計
・データを分散共有するネットワーク型モデルオンデマンド
・安心・安全社会構築のためのシステム人間科学の創成
・非線形システムの大域的な制御を目的としたマルチモデルの構築に関する基礎研究
・モバイル通信機能をもつ複合離散事象システムのモデリングと分散スーパバイザ制御
・リアルタイム制御の新展開-ハイブリッドダイナミカルシステム理論の体系化
・複雑度にもとづくモデル集合の解析と時変制御に関する研究
・観測データに基づくモデル集合の同定とロバスト制御系設計の同時実行に関する基礎研究
・モデル集合の同定と制御に関する研究
・高位レベルの制御のためのハイブリッドスーパバイザの設計と制御系検証システムの試作
・H∞制御のための最小モデル集合の同定とチュ-ニングコントロ-ラ
・モデル集合のシステム理論と制御

統計科学

キーワード 研究者名 研究情報
統計学、情報科学、データマイニング 寒河江 雅彦
共同研究希望テーマ
・データマイニング
・ビッグデータ解析

研究課題
・ノンパラメトリック統計学、データマイニング

科研費採択テーマ
・ネットワーク統計学の開拓と災害・防災ネットワーク分析への展開
・ネットワーク上のノンパラメトリック統計理論の構築
・高度な情報抽出のためのノンパラメトリック推測理論の導出とその応用
・局所モーメント法によるノンパラメトリック統計解析法
・最適化の微分幾付学と最適化アルゴリズムの研究
・局所モーメント法と最大エントロピー確率密度関数のノンパラメトリック推定法の研究
・金融工学による保険の計量分析〜ノンパラメトリック・アプローチ〜

野村 章洋
科研費採択テーマ
・次世代シークエンサーを用いた家族性肥大型心筋症の新たな病態発症メカニズムの解 明

Bioimage informatics, Object tracking, Particle filter, State space model, Markov random field, High-dimensional data, Clustering, Time-series analysis, RNA-seq, NGS, Bioinfomatics, Bayesian statistics. 広瀬 修
科研費採択テーマ
・線虫の神経細胞に対する細胞核自動アノテーションのための人工知能技術の開発
・4Dライブセルイメージングデータ内の非常に多数の細胞の自動追跡手法の開発
・レクチン・複合糖鎖結合予測のための統計的方法論の開発

計算機システム

キーワード 研究者名 研究情報
リアルタイムOS、動的再構成可能システム、モデル検査 山根 智
研究課題
・分散並列リアルタイムシステム
・リアルタイムシステムの設計実装検証
・動的再構成可能組込みシステム&センサネットワークのモデル化、設計、検証、実装

出願済みの発明名称
・分散データベース格納方式

科研費採択テーマ
・時相論理と並行計算,オートマトンの統合化による自律性のある分散システムの設計支援
・ハイブリッドモデルによる組込みシステムの高信頼性設計方法論の構築と支援環境の開発
・述語抽象化検証による大規模組込みシステム向きオブジェクト指向設計自動検証手法
・音響心理の定量的計測を目標とした心理モデルの構築と実験的検討
・動的ハイブリッドオートマトンによる動的再構成可能組込みシステムの高度な設計検証

ソフトウェア

キーワード 研究者名 研究情報
リアルタイムOS、動的再構成可能システム、モデル検査 山根 智
研究課題
・分散並列リアルタイムシステム
・リアルタイムシステムの設計実装検証
・動的再構成可能組込みシステム&センサネットワークのモデル化、設計、検証、実装

出願済みの発明名称
・分散データベース格納方式

科研費採択テーマ
・時相論理と並行計算,オートマトンの統合化による自律性のある分散システムの設計支援
・ハイブリッドモデルによる組込みシステムの高信頼性設計方法論の構築と支援環境の開発
・述語抽象化検証による大規模組込みシステム向きオブジェクト指向設計自動検証手法
・音響心理の定量的計測を目標とした心理モデルの構築と実験的検討
・動的ハイブリッドオートマトンによる動的再構成可能組込みシステムの高度な設計検証

マルチメディア・データベース

キーワード 研究者名 研究情報
データベース、リポジトリ 高田 良宏
研究課題
・高度情報処理による大規模データベースの参照・配信技術に関する研究

科研費採択テーマ
・「研究に真に使える」歴史資料情報基盤の構築―データ持続性研究と人文情報学の実践―
・新たな日本式金融経済教育モデル立案に向けたシステム開発ならびに実証研究
・研究データリポジトリにおける時間軸を意識した版管理モデルの開発と実装
・過疎化地域における集積データの共有化を考慮した複合災害被害軽減法の開発
・大学向けポータルサイト利用促進に資する汎用データウェアハウス機能の実現
・多様な歴史的・文化的学術資料に対する水平・垂直検索環境形成に関する研究
・国際標準となるチベット美術の情報プラットフォームの構築と公開
・非文献資料リポジトリによる機関横断的学術資源群形成に関する研究
・非文献資料リポジトリによる機関横断的学術資源群形成に関する研究
・日韓プログラム予備教育における総合的な「日韓共同(協働)教育」を目指す実践的研究
・大学におけるクラウド環境を用いたプラグイン方式汎用ポータルサイトの開発
・地球環境観測データ活用のための相互参照可能な現象アーカイブスシステムの構築

認知科学

キーワード 研究者名 研究情報
知覚、視覚、心理過程、脳神経機構 小島 治幸
共同研究希望テーマ
・日常空間・環境における知覚,認知,感覚(感性)
・感覚知覚の測定

研究課題
・知覚・認知・判断過程における脳活動:脳機能画像研究
・自閉症、発達障害、認知障害における知覚認知特徴

科研費採択テーマ
・感性機能側性化と視覚系機能分化との関連
・「青色効果」の検証:青色環境は認知,心理,行動にどのような影響を与えるのか?
・自閉症スクリーニングテストの開発

テキスト理解、状況モデル、発達障害、幼小連携、教員養成、保育における自然環境 滝口 圭子
共同研究希望テーマ
・乳幼児の発達と学び
・幼児期の教育と小学校教育の接続

研究課題
・小学校就学前後の子どもの文章理解
・発達と学びの連続性を踏まえた幼小接続及び連携
・幼児教育における里山自然活動と子どもの学び
・発達障害を持つ子どもの保育・教育
・教員養成系大学生の成長及び学生の成長を考慮したカリキュラムの開発

科研費採択テーマ
・幼児教育と小学校教育の接続期に求められる支援の縦断的追究:幼小の段差の克服の過程
・実践体験型PBL教育を導入した教員養成カリキュラムの開発に関する研究
・教員養成大学における特別支援教育関連授業の実践的構築
・発達障害のある者への障害特性を考慮した体系的キャリア教育プログラムの開発に関する研究
・デマンドサイドのニーズに即した教科領域を超えた教材開発と評価方法の研究
・幼児の文章理解における言語作動記憶及び視空間作動記憶の機能の発達過程

認知、メタファー、身体 竹内 義晴
共同研究希望テーマ
・認知的に動機づけられた外国語教育ノウハウの開発

研究課題
・言語の意味構造,人間の知識,身体の関係についての研究
・進化論的に裏づけられた認知認知コミュニケーション学
・メタファー論的認知言語論

科研費採択テーマ
・否定表現の認知的・身体的基盤についての動画を用いた反応実験に基づく研究

構文、意味論、認知文法 堀田 優子
研究課題
・英語の様々な構文に関する認知的研究
・日英語の構文に反映される主観的・客観的事態把握に関する認知言語学的研究
・日英語の意味論的研究

科研費採択テーマ
・(間)主観性の観点から見た日英語表現に関する認知言語学的研究
・日英語の構文に反映される主観的・客観的事態把握に関する認知言語学的研究
・英語の構文カテゴリーと事態認識に関する認知言語学的研究

神経心理学 松井 三枝
共同研究希望テーマ
・高次脳機能障害
・前頭葉機能
・記憶機能
・認知リハビリテーション
・脳機能画像研究

研究課題
・統合失調症の認知機能改善と神経可塑性
・脳形態・脳機能および認知機能の生涯発達
・高次脳機能障害における神経心理学的研究

科研費採択テーマ
・精神病理的性格傾向と脳形態学的特徴との関係
・精神分裂病患者における記憶障害のメカニズム
・ 統合失調症患者における認知リハビリテーションの開発とその基礎的研究
・モラル意識が関与する要因とその神経基盤の解明
・前頭前野機能障害における病態解明に関する神経心理学的研究
・コミュニケーション基盤の発達と脳機能の特殊化・可塑性
・必須多価不飽和脂肪酸を指標にした認知症に伴う周辺症状の発症予測の試み
・思春期精神病理の疫学と精神疾患の早期介入方策に関する研究
・障害とその代償性潜在能力の生命融合科学的研究
・前頭葉と辺縁系の脳形態発達―認知機能との関連
・早産児の精神発達と脳形態の関連
・脳および頭蓋の形態発達と進化
・統合失調症の認知機能改善療法は神経可塑性にどこまで寄与するか

心理言語学、言語の理解、事象関連電位 安永 大地

知覚情報処理

キーワード 研究者名 研究情報
写真測量,リモートセンシング,画像解析 久保 守
研究課題
・リモートセンシング画像の解析

出願済みの発明名称
・実物大画像生成プログラム、実物大画像生成装置、及び、実物大画像生成方法

科研費採択テーマ
・高分解能衛星画像を用いた森林樹冠地図の作成
・高分解能衛星データと複数デジタルカメラを用いた森林動態の3次元モニタリング
・高分解能衛星画像とデジタルカメラを用いた3次元森林樹冠地図の作成
・突然変異魚の表現型解析に向けた視覚性諸刺激応答行動の定量化
・高解像度衛星データ活用のための東アジアの植生調査
・雲から地上までの3次元水蒸気分布計測とレーダ降雪観測への応用
・ライダとレーダの同時観測による雲から地上までの時空間降雪解析

高度道路交通システム、運転支援システム, 菅沼 直樹
研究課題
・ビジョンシステムに基づく自動車周辺環境認識
・無人自動運転・隊列走行
・ITS(特に自動車の自動運転および安全運転支援)

出願済みの発明名称
・足跡分析装置
・足跡分析装置
・足跡分析装置
・画像処理を用いた物体検出装置
・障害物除去装置
・移動物体追跡方法および移動物体追跡装置
・移動物体認識方法、移動物体認識装置、および物体認識装置
・車両走行制御装置
・車両走行制御装置

科研費採択テーマ
・ビジョンシステムを用いた自動車の自動追尾走行の実現
・地図情報と三次元環境情報の融合による自動車の能動的運転支援の実現
・高安全・安心なPlug-and-Play型自己位置姿勢推定手法の開発
・ディペンダブル自律自動運転自動車システムの開発

メカトロニクス、ホームロボット、福祉機器 関 啓明
共同研究希望テーマ
・福祉機器やインターフェースの開発
・ロボットの知的作業のためのセンシング技術
・屋内での移動体のナビゲーション

研究課題
・ホームロボットに適した機構の開発
・屋内移動ロボット用位置姿勢検出システム
・福祉機器やインターフェースの開発

出願済みの発明名称
・監視装置及びプログラム
・入力装置
・INPUT DEVICE
・車椅子の段差解消機
・アーム装置
・シート掛け装置
・障害物監視システム及びプログラム
・荷振れ検出装置、確認装置及び荷振れ検出方法
・車椅子の段差解消機
・車椅子の電気駆動車輪

科研費採択テーマ
・ホームサービスロボットによるRFタグを用いた収納システムの開発
・リアルタイム制御も可能な5軸マシニングセンタのための新しいNC制御技術の開発
・人間共存型ロボット用の剛性を機械的に変化できる柔軟関節機構に関する研究
・手の平に指で書く手書き文字入力インタフェースの研究開発

知能情報学

キーワード 研究者名 研究情報
集積回路、イメージセンサ、インタラクティブシステム、ウェアラブルコンピュータ 秋田 純一
共同研究希望テーマ
・集積回路
・新しいユーザインタフェースを備えた情報機器
・ユビキタスセンサネットワーク
・導電性衣服を用いたウェアラブル・コンピュータ・システム
・高精細画像システム

研究課題
・空間知覚拡張デバイス

出願済みの発明名称
・配置配線方法及び半導体集積回路
・動体検出イメージセンサ
・感覚代行装置
・ユビキタスシステム、デバイス接続方法、導電性布、導電性衣服および導電性壁
・ハードウエア記述言語合成ツール及びそれを利用した集積回路の設計方法
・感覚代行装置
・共同注視検出装置
・映像装置
・画像処理機能を備える撮像装置
・衣服
・筋電位計測装置
・映像装置

科研費採択テーマ
・疑似的に不規則な画素配置による高精細画像システム
・画素配置の擬似的な不規則化による超高画質画像システムの開発
・分岐網形態を利用した電子基板冷却チャンネル設計法の構築
・視覚系の錯視発生機構に学ぶ合焦エッジ抽出機能を持つイメージセンサの開発
・突然変異魚の表現型解析に向けた視覚性諸刺激応答行動の定量化
・マイクロインタラクション技術を核とした技と体験の支援・教示メディア
・CyARM:非視覚モダリティを用いた空間印象認識装置の研究
・振動下でも使用できる超高精度3次元形状計測技術の開発
・擬似的な不規則画素配置によるカラー動画像システムの画質の高品質化
・疑似的な非格子状画素配置を用いた方向特異性のない高精彩撮像素子
・疑似的な非格子状画素配置を用いた方向特異性のない高精細撮像・表示システム
・知覚デザイン:非視覚モダリティを用いた知覚拡張インタフェースの研究
・擬似的な不規則配置画素をもつ高画質な動画像システムの開発
・高密度センシングと生体情報コミュニケーションによる教育と支援の共有
・サッケード実時間予測と高精度頭部位置・姿勢計測による中心暗点シミュレータの開発
・着るアシスタント: 動作と行動の支援と教示を行うためのセンシングと認識の統合
・体性感覚を用いた触感・音感生成ユーザ・インタフェース
・視覚系の動き検出処理に学ぶ各画素が連続的な時間軸をもつ実像処理

バイオデータの解析 佐藤 賢二
研究課題
・生命情報からのデータマイニングに関する研究
・生物医学文献からのテキストマイニングと高度な検索

出願済みの発明名称
・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)のcna遺伝子の一塩基多型を利用したMRSAの血流感染のリスクを予測する方法
・実物大画像生成プログラム、実物大画像生成装置、及び、実物大画像生成方法

科研費採択テーマ
・一度しか出現しない単語の意味推定とその応用に関する研究

植物環境情報処理、センサデータ処理、プロダクションシステム、ペットロボット 南保 英孝
共同研究希望テーマ
・自動ブックマークシステムの開発
・癒しペットロボットに関する研究

研究課題
・植物生体電位を用いた人の振る舞い認知システム
・植物生体電位と機械学習を用いた室内モニタリングシステム
・足裏刺激による情報伝達システムの開発
・植物環境情報を用いた植物とのコミュニケーションシステム
・癒し効果をもつペットロボットに関する研究

科研費採択テーマ
・癒しを追求したペットロボットに関する研究
・癒し型ペットロボットの触覚センサによる飼い主判別手法の開発
・生産システムの高汎用性を実現する先進的トヨタ生産システムの開発
・個人の癖や好みに合わせた適応型コンピュータ操作支援システムの開発
・居住者の安心・安全を確保する個人識別機能をもつドアノブの開発
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発
・心と体の負担を考慮した植物生体電位による居住者の室内振る舞い推定システム
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発

コンピュータ支援外国語教育(CALL)、言語 西嶋 愉一
共同研究希望テーマ
・コンピュータ支援外国語教育

研究課題
・コンピュータ支援外国語教育に関する研究
・自然言語処理に関する研究

適応フィルタ、学習 平野 晃宏
共同研究希望テーマ
・適応フィルタの収束解析・学習アルゴリズム・実現

研究課題
・適応信号処理
・ニューラルネット

出願済みの発明名称
・多チヤンネルエコ-除去方法および装置
・多チヤンネルエコ-除去方法および装置
・多チヤンネルエコ-除去方法および装置
・多チヤンネルエコ-除去装置
・多チヤンネルエコ-除去方法および装置
・適応フイルタによるシステム同定の方法および装置
・適応フィルタによるシステム同定の方法および装置


科研費採択テーマ
・高音質・高速収束ステレオエコーキャンセラに関する研究
・高音質・高速収束ステレオエコーキャンセラに関する研究
・多チャンネルエコーキャンセラの学習法および収束解析に関する研究
・前処理を用いないステレオエコーキャンセラに関する研究
・前処理を用いないステレオエコーキャンセラに関する研究

ソフトコンピューティング

キーワード 研究者名 研究情報
振動解析、振動制御、音響制御、機能性材料、セルオートマトン 小松﨑 俊彦
研究課題
・磁気粘弾性エラストマの制振・防振応用に関する研究
・生理的振戦の制御に関する研究
・磁気粘弾性エラストマのハプティックインタフェース応用
・音波の伝播・指向性制御に関する研究

出願済みの発明名称
・往復運動/回転運動変換装置
・多関節マニピュレータ
・ハプティックインタフェース
・粘弾性可変装置
・ダイナミックダンパ制御装置
・センサ装置
・磁性粒子複合粘弾性体及びそれを用いた可変剛性型動吸振器
・多関節マニピュレータ

科研費採択テーマ
・ハイブリッド型吸音パネルに関する研究
・生理的振戦を対象とした振動制御デバイスの開発
・パラメトリックスピーカによる高指向性波を用いた能動騒音制御
・傾斜した振動系に対する二振子(ボール)動吸振器の開発
・3次元モデルを用いた微少残存白血病細胞の動態解析に基づく再発予知的治療戦略の創成
・パラメトリック励振型動吸振器を使用した多自由度系の制振手法に関する研究
・超音波干渉に基づく仮想音源生成システムの開発と能動騒音制御への適用
・システム生物学にもとづく白血病幹細胞モデルの構築と予測型治療戦略への基盤創成
・振動子群の相互衝突を利用したダンパの開発
・自己センシング機能を有する磁気粘弾性エラストマの開発と振動制御装置への適用
・磁気粘性コンパウンドの開発と動力伝達装置への応用
・磁歪式振動発電の高効率・広周波数帯域化による電池フリー無線センサシステムの実用化
・機能性ゲルの開発と機械構造物のセミアクティブ振動制御システムへの応用に関する研究
・コンピュータ白血病幹細胞システムによる再発動態解析と治療開発への基盤創成
・磁気粘弾性エラストマによる同調型動吸振器の開発
・蝸牛の音識別原理に基づく新規人工聴覚器用周波数分析器の基礎研究

ニューラルネットワーク、遺伝アルゴリズム 唐堂 由其
研究課題
・新型ニューロンネットワークを用いた深層学習とその応用

科研費採択テーマ
・樹状突起におけるシナプス間の相互作用を考慮したニューロンモデルの提案と検証

感性情報学

キーワード 研究者名 研究情報
植物環境情報処理、センサデータ処理、プロダクションシステム、ペットロボット 南保 英孝
共同研究希望テーマ
・自動ブックマークシステムの開発
・癒しペットロボットに関する研究

研究課題
・植物生体電位を用いた人の振る舞い認知システム
・植物生体電位と機械学習を用いた室内モニタリングシステム
・足裏刺激による情報伝達システムの開発
・植物環境情報を用いた植物とのコミュニケーションシステム
・癒し効果をもつペットロボットに関する研究

科研費採択テーマ
・癒しを追求したペットロボットに関する研究
・癒し型ペットロボットの触覚センサによる飼い主判別手法の開発
・生産システムの高汎用性を実現する先進的トヨタ生産システムの開発
・個人の癖や好みに合わせた適応型コンピュータ操作支援システムの開発
・居住者の安心・安全を確保する個人識別機能をもつドアノブの開発
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発
・心と体の負担を考慮した植物生体電位による居住者の室内振る舞い推定システム
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発
・生産グローバル化に伴う先進的生産システムの開発

感性工学、繊維工学 若子 倫菜
出願済みの発明名称
・審美性に優れたパンティストッキングとその製造方法
・植物の根由来の繊維の精製処理方法及びこの方法により得られた繊維

科研費採択テーマ
・平編布における視覚的表面粗さ感の計測と設計に関する研究

生命・健康・医療情報学

キーワード 研究者名 研究情報
医療経営学、医療管理学、医療情報学、医事法制 長瀬 啓介
研究課題
・医療マーケティングの基礎的研究 国際医療マーケティング 人工知能の医療領域への応用
・通信技術の応用に関する研究
・医療政策、医事法制
・医療倫理
・文献情報の教育利用に関する研究
・医学史
・内科学(特に呼吸器内科学)に関する研究

図書館情報学・人文社会情報学

キーワード 研究者名 研究情報
法情報 太田 則夫
研究課題
・法情報検索とコンピュータ

データベース、リポジトリ 高田 良宏
研究課題
・高度情報処理による大規模データベースの参照・配信技術に関する研究

科研費採択テーマ
・「研究に真に使える」歴史資料情報基盤の構築―データ持続性研究と人文情報学の実践―
・新たな日本式金融経済教育モデル立案に向けたシステム開発ならびに実証研究
・研究データリポジトリにおける時間軸を意識した版管理モデルの開発と実装
・過疎化地域における集積データの共有化を考慮した複合災害被害軽減法の開発
・大学向けポータルサイト利用促進に資する汎用データウェアハウス機能の実現
・多様な歴史的・文化的学術資料に対する水平・垂直検索環境形成に関する研究
・国際標準となるチベット美術の情報プラットフォームの構築と公開
・非文献資料リポジトリによる機関横断的学術資源群形成に関する研究
・非文献資料リポジトリによる機関横断的学術資源群形成に関する研究
・日韓プログラム予備教育における総合的な「日韓共同(協働)教育」を目指す実践的研究
・大学におけるクラウド環境を用いたプラグイン方式汎用ポータルサイトの開発
・地球環境観測データ活用のための相互参照可能な現象アーカイブスシステムの構築

学習支援システム

キーワード 研究者名 研究情報
都市空間、地理情報、都市・地域計画、まちづくり、地理教育 伊藤 悟
共同研究希望テーマ
・ GIS/地理空間情報の市民・教育利用
・ 都市の時空間分析
・ ユビキタス時代のまちづくり

研究課題
・GIS(地理情報システム)の教育・市民・観光利用
・都市・交通の時空間システム分析と国際比較

科研費採択テーマ
・地理・環境・防災教育においてGIS利用を拡大するAR搭載システムの開発と活用
・ユビキタスGISとAR技術に基づく地理・環境・防災教育の深化
・持続可能な都市空間の形成に向けた都市地理学の再構築
・地理学的調査法を基礎とした『地域リテラシー』の体系化
・地理情報科学標準カリキュラムに基づく地理空間的思考の教育方法・教材開発研究
・都市圏の構造変化メカニズムと多核的都市整備に関する学際的研究
・地理情報科学標準カリキュラム・コンテンツの持続協働型ウェブライブラリーの開発研究
・我が国におけるリバブル・シティ形成のための市街地整備に関する地理学的研究
・地理情報科学の教授法の確立―大学でいかに効果的にGISを教えるか―
・携帯電話を用いたモバイル・インターネットGISの地理教育への適用研究
・学校教育・社会教育における地理情報システムの利用に関する研究
・社会経済構造の転換と21世紀の都市圏ビジョン―欧米のコンパクト・シティ政策と日本の都市圏構造―
・成熟時代における都市圏構造の再編とリバブル・シティの空間構造に関する地理学的研究
・都市内小売業の空間構造と商業活性化事業の評価に関する日英比較研究
・GIS関連学会連合による継続的GIS技術専門教育体制実現のための企画調査
・金融危機後の韓国における地方都市および農村の社会変動
・モバイルGISの地理教育利用に関する研究
・21世紀の社会経済情勢下における我が国大都市圏の空間構造
・アメリカ大都市圏の多核化とリージョナル・シティの空間構造に関する地理学的研究
・わが国の初等・中等教育における地理情報システムの活用に関する研究
・地理教育におけるGISの活用に関する研究
・散村・小都市群地域の動態と構造に関する比較・統合研究
・非測地的空間に対する地理情報システムの応用
・都市の時空間構造―都市のコスモロジー
・都市内システムにおける時間地図のデイリーリズム
・非物理空間における都市内部構造の研究
・わが国における交通システムと地域システムの関係に関する地理学的研究
・わが国の都市地域における生活組織の空間構造
・都市の時空間構造に関する地理学的研究

経営者・経営幹部・幹部候補者対象の研修   自治体職員対象の研修  学校教員対象の研修 松浦 義昭
共同研究希望テーマ
・産官学金連携による教育研修プログラムの開発・支援
・課題解決型授業(Project-Based Learning)の開発・支援
・高大連携によるアクティブ・ラーニング型授業の開発・支援

研究課題
・産官学金連携教育  

科研費採択テーマ
・RESAS(地域経済分析システム)教育プログラムの開発
・効果的なパーソナルファイナンス教育支援環境に関する研究
・金融リテラシー高度化プログラムの実施と期待形成効果の検証

森 祥寛
科研費採択テーマ
・次世代モバイル機を含むクロスプラットフォームへのイーラーニング配信と教育効果測定
・イーラーニングコミュニティサイトの形成に関する研究~互いに教えあう学び空間~
・クリアできるイーラーニング型自習教育-「ハマル」学習を目指して-
・グループ単位でのSNS活用による協働学習モデルの構築
・次世代モバイル機を含むクロスプラットフォームへのイーラーニング配信と教育効果測定

このページの先頭へ