本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

78名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

化学

物理化学

キーワード 研究者名 研究情報
コロイド化学,界面活性剤,溶液物性,蛍光プローブ 淺川 毅
共同研究希望テーマ
・界面活性剤による表面処理

研究課題
・新規ジェミニ型界面活性剤の開発と機能性溶液
・蛍光プローブ法による会合挙動の解明
・混合ミセル系におけるノンランダム分布

原子間力顕微鏡、ナノテクノロジー、固液界面化学 淺川 雅
研究課題
・固液界面における機能性分子の自己組織化とその原子・分子スケール評価
・吸着抑制機能を有する自己組織化膜の液中分子スケールAFM計測
・液中高分解能原子間力顕微鏡を用いた生体分子システムの直接計測

出願済みの発明名称
・走査型プローブ顕微鏡用カンチレバー及び走査型プローブ顕微鏡
・カンチレバー励振装置及び走査型プローブ顕微鏡
・液中電位計測装置、及び、原子間力顕微鏡
・電位計測装置、及び原子間力顕微鏡
・密閉型AFMセル
・液中電位計測装置、及び、原子間力顕微鏡
・密閉型AFMセル

科研費採択テーマ
・3次元走査型原子間力顕微鏡による生体膜/生体液界面のナノ空間計測
・液中原子分解能AFMを用いた蛍光プローブ分子拡散計測法の信頼性検証
・探針側方のナノ構造体を検知する非破壊AFMの開発と生体分子集合体計測への応用

分子軌道法、電子伝播関数 井田 朋智
研究課題
・電子伝播関数によるイオン状態および励起状態計算手法の開発
・分子のX線光電子および発光スペクトルシミュレーション
・流体力学を応用した量子波束シミュレーション

科研費採択テーマ
・電子伝播関数を用いた分子の多価イオン状態の計算手法開発
・二電子伝播関数法を用いた水クラスターの分子間クーロン崩壊に関する研究
・新規固体核磁気共鳴シミュレーション解析法による配位空間の研究
・理論的表面分光装置の開発

固体NMR、構造解析、ダイナミクス解析 大橋 竜太郎
研究課題
・核磁気共鳴法を用いた固体中の分子構造やダイナミクスの解析

出願済みの発明名称
・固体NMR用試料入れ替え容器

科研費採択テーマ
・非晶質試料の構造解析のための固体NMRによる炭素間距離決定法の開発
・固体NMRによる結晶化が困難なタンパク質のための構造解析法の開発

分子認識、光学分割、化学修飾酵素 国本 浩喜
共同研究希望テーマ
・生物分解性ポリマーの機能化
・新規クロマトグラフィー担体の開発
・植物の有効成分の単離と分子構造解析

研究課題
・有機結晶の多形に関する研究
・分子インプリントポリマーを用いた光学分割に関する研究
・緑茶カテキンの異性化に関する研究

出願済みの発明名称
・修飾チオールプロテアーゼ
・修飾酵素による光学活性ペプチドの製造法
・酵素反応中間体
・超音波による酵素反応の制御法
・単一の分子量を有するアミノ酸オリゴマーの酵素的合成法
・化学修飾エクオリンとその調製法
・新規な環状ジペプチド誘導体及びその製造法
・固定化パパイン及びその製造法
・L-塩基性アミノ酸オリゴペプチドの酵素的合成法
・生理活性ジペプチドの製造法
・加水分解活性を有する環状ジペプチド誘導体
・光学活性アルコールの製造法
・光学活性アルコールの製造法
・非水系酵素反応法
・光学異性体分離用クロマトグラフィー用担体及びその製造法
・非エピ体カテキン類の製造方法

科研費採択テーマ
・選択的多重同位体標識法による高極性分子の構造解析と励起状態動力学

電子状態、理論化学、聴覚障害、リメディアル教育、自然科学教育 杉森 公一
共同研究希望テーマ
・高等教育開発
・アクティブ・ラーニング
・ルーブリック
・教学IR
・高大接続

研究課題
・ミニッツ・ペーパー、クリッカーを利用したリメディアル教育の教材開発
・同位体置換による核磁気共鳴化学シフトの変化に関する理論的研究
・ヒト白内障水晶体における膜分子立体構造予測
・反転教室において資料提示が学習プロセスに及ぼす影響の実証的研究

科研費採択テーマ
・同位体置換による核磁気共鳴化学シフトの変化に関する理論的研究
・反転教室において資料提示が学習プロセスに及ぼす影響の実証的研究

超臨界二酸化炭素、化学工学熱力学、相平衡 田村 和弘
共同研究希望テーマ
・超臨界二酸化炭素を用いた無水染色法の開発
・高圧熱水を用いた環境調和型プロセス開発

研究課題
・会合性溶液の熱力学的研究
・超臨界流体の溶媒特性
・各種有機ー水溶液中での混合アミノ酸の分子間相互作用と溶解度

出願済みの発明名称
・ポリエステル系樹脂の精製方法

科研費採択テーマ
・超臨界二酸化炭素を用いたポリマー染着プロセスにおける物性値の解明
・超臨界急速膨張法を用いた有機ナノ粒子形成における諸因子の影響
・フッ素修飾基の導入による超臨界二酸化炭素に対する溶解度の促進
・超臨界CO2を用いたナノコンポジット化プロセスにおける化工物性と機能性の解明

磁性、超伝導、生体分子、生物物理 長尾 秀実
共同研究希望テーマ
・物性理論および計算
・ダイナミックス

研究課題
・超伝導,超流動現象等のダイナミックの理論的研究
・光と物質の相互作用に関する理論的研究
・伝導性,超伝導性,磁性,光物性発現のための分子設計

科研費採択テーマ
・スピン共役電子系の理論計算
・核と電子を等価に扱う密度汎関数理論とダイナミックス
・スピン共役電子系の理論計算
・核と電子を等価に扱う密度汎関数理論とダイナミックス
・核と電子を等価に扱う密度汎関数理論とダイナミックス
・有機分子性結晶の外場誘導超伝導発現の論理的研究
・分子系の引き込み現象発現可能性に関する理論的研究

高分解能分子分光、分子錯体、分子構造 藤竹 正晴
研究課題
・高分解能分光法による生体関連分子錯体の構造と動的性質の研究
・不安定分子の高分解能分光研究
・高分解能分光法による生体関連分子錯体の構造と動的性質の研究
・不安定分子の高分解能分光研究

科研費採択テーマ
・マイクロ波分光法による生態関連分子ミクロ水和クラスターの構造と内部運動の研究
・高分解能分子分光学的手法を活用した生体機能とくに情報伝達の機構の解明

磁気共鳴、固体物性 水野 元博
研究課題
・磁気共鳴法を用いた固体中の分子や電子の運動の研究
・高電気伝導性物質の局所構造解析

科研費採択テーマ
・制限空間の水が受ける相互作用と相変化のダイナミクス
・固体電解質における分子ダイナミクスが関与した高プロトン伝導メカニズムの解明
・固体核磁気共鳴シミュレーション解析法によるタンパク質結晶の水和構造の研究
・新規固体核磁気共鳴シミュレーション解析法による配位空間の研究

有機化学

キーワード 研究者名 研究情報
錯体化学・超分子化学・構造有機化学 秋根 茂久
研究課題
・・金属錯体を使った動的な構造変換システムの開発 ・新しい動的キラル錯体の合成とキラリティー変換 ・含金属ホスト化合物の合成と超分子構造形成

科研費採択テーマ
・配位キラリティーの動的変換とタイムプロファイル制御
・多環芳香族パネリングによるπ電子系多面体の合成と新規巨大フラーレンの探索
・開閉機構をもつ新規なカゴ型錯体の合成と応答型物質捕捉・放出制御への応用
・ジグザグ型カーボンナノチューブ部分構造としての環状アセンキノンの合成とその連結
・円筒型配位子の配位プログラミングによる新規な物質移動および制御システムの開発

超分子化学、高分子化学、光化学 雨森 翔悟
天然物合成、アレン、Pauson-Khand反応 稲垣 冬彦
研究課題
・ナカドマリンAの合成研究

科研費採択テーマ
・ナカドマリンAの不斉全合成研究
・多重結合成分を利用した新規双環性化合物構築法の開発

不斉合成、触媒、有機金属化学 宇梶 裕
共同研究希望テーマ
・有機化合物の効率的合成法の開発

研究課題
・不斉合成
・高効率的合成反応の開発
・機能性物質の創生

科研費採択テーマ
・不斉付加環化反応による高効率的・高選択的光学活性環状化合物の合成法の開発と応用
・1,3-双極子を活用する複素環合成の革新
・立体固定型発色団合成を基盤とするフィトクロムの構造と機能の解明
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・キラル反応場の複核化に基づく新規不斉合成反応の開発
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・シン効果の本質解明と応用
・シン効果の本質解明と応用
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用

グリーンケミストリー、環境、資源、有機合成化学 内山 正彦
研究課題
・Cu(I)とGa(III)の協働作用による触媒的Conia-ene反応
・対称Diketone類のパン酵母による不斉還元に関する研究
・光学活性セレン試剤を用いる不斉反応に関する研究
・固相担持型マンガン(・)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・セリウム(IV)反応剤を用いる酸化的ラジカル反応の触媒化および不斉化に関する研究

科研費採択テーマ
・固相担持型Mn(III)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・Ce(IV)とフッ素アニオンを用いる有機ケイ素化合物からの新規ラジカル発生法の開発

分子認識、光学分割、化学修飾酵素 国本 浩喜
共同研究希望テーマ
・生物分解性ポリマーの機能化
・新規クロマトグラフィー担体の開発
・植物の有効成分の単離と分子構造解析

研究課題
・有機結晶の多形に関する研究
・分子インプリントポリマーを用いた光学分割に関する研究
・緑茶カテキンの異性化に関する研究

出願済みの発明名称
・修飾チオールプロテアーゼ
・修飾酵素による光学活性ペプチドの製造法
・酵素反応中間体
・超音波による酵素反応の制御法
・単一の分子量を有するアミノ酸オリゴマーの酵素的合成法
・化学修飾エクオリンとその調製法
・新規な環状ジペプチド誘導体及びその製造法
・固定化パパイン及びその製造法
・L-塩基性アミノ酸オリゴペプチドの酵素的合成法
・生理活性ジペプチドの製造法
・加水分解活性を有する環状ジペプチド誘導体
・光学活性アルコールの製造法
・光学活性アルコールの製造法
・非水系酵素反応法
・光学異性体分離用クロマトグラフィー用担体及びその製造法
・非エピ体カテキン類の製造方法

科研費採択テーマ
・選択的多重同位体標識法による高極性分子の構造解析と励起状態動力学

カルコゲン元素、アシルシラン、有機金属化学 千木 昌人
共同研究希望テーマ
・ヘテロ原子を含む複素環化合物合成の共同研究
・イオウおよびセレン原子を含む有機化合物の合成に関する研究
・芳香族多塩素化合物の脱塩素化による無害化技術の開発

研究課題
・カルコゲン元素の多重結合を含む高反応性化学種の合成と反応
・イオウあるいはセレン原子を有する不斉二座配位子の合成研究
・有機金属および有機ヘテロ原子化学を基にした新規合成反応の開発

科研費採択テーマ
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・非天然型人工核酸の創製を目指した機能性核酸塩基部位をもつ新規セレノヌクレオシド誘導体合成法の開発

有機合成化学 添田 貴宏
研究課題
・触媒的不斉反応の開発
・イソシアニドを用いた新規反応の開発
・生物活性物質の合成

出願済みの発明名称
・Preparation of phenyloxalamide derivatives for use as CD4 mimetics

フォトクロミック、立体化学、光化学 福吉 修一
研究課題
・フォトクロミック化合物による立体制御

科研費採択テーマ
・ジニトロベンジル基をもつ複素環化合物の光反応
・フォトクロミック分子の立体制御
・光と磁場による絶対不斉合成
・フォトクロミズムを利用した不斉コントロール
・ジニトロベンジルピリジン誘導体のフォトクロミズム

有機合成化学、典型元素化学、フタロシアニン 古山 渓行
科研費採択テーマ
・典型元素アザポルフィリノイドの合成および機能開発
・典型元素の性質を利用した機能性オリゴヘテロールの開発

有機合成化学,有機金属化学,グリーンケミストリー 本田 光典
共同研究希望テーマ
・新規有機化合物の構築法の開発に関する研究

研究課題
・不斉中心が連続した炭素鎖をもつ有機化合物の設計
・特定の幾何配置をもつ有機化合物の設計
・フルオラス合成を利用した有機合成
・新規イオン液体の創製
・ポリフェノール類の合成と抗酸化機構の解明

科研費採択テーマ
・フルオラスケミストリーを指向した新規イオン液体の創製
・アシルシランシリルエノールエーテルのアルドール反応による連続不斉中心の選択的生成
・環境調和型化学反応を目指したアシルシランの合成とその利用に関する研究
・金属及びヘテロ元素の反応特性を複合的に活用した効率的分子変換反応の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発
・複数の元素の共同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・シクロプロピルアシルシランとその誘導体のキラル化合物への立体選択的変換
・遷移金属触媒によるシクロプロピルシリルアルケン類の開環および環拡大反応
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・シクロプロピルアシルシランの環拡大反応とその合成的利用
・シクロプロピルアシルシランのハロゲン化ホモアリル誘導体への立体選択的変換

有機合成化学、有機光化学、有機金属化学 前多 肇
共同研究希望テーマ
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

研究課題
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

出願済みの発明名称
・新規蛍光性化合物およびその製造方法
・光反応の特性を利用する高選択的新規ベンゾ四環系化合物の一段階合成法の開発

科研費採択テーマ
・構造変化型強発光性スイッチ材料の開発
・含ケイ素芳香族化合物を鍵骨格とする強発光性蛍光センサーの開発
・環境応答型強発光性スイッチ分子の開発
・蛍光性有機ケイ素化合物の開発と発光材料としての利用
・分子内光環化付加反応を用いるベンゾトリキナン骨格の一段階構築法
・反応性有機ビラジカルの熱発光の機構解明と新規発光システムへの展開
・光環化付加によるベンゾトリキナン類の新規骨格構築法
・TiO2光触媒とする芳香族化合物の光酸化反応
・固液界面における反応環境場の制御と立体選択的光化学反応への応用
・不斉光環化付加反応の開発
・微小空間の特性を利用する不斉光化学反応の開発
・励起状態における分子認識能を利用した可逆的分子内光環化付加反応の設計と制御
・光化学的に生成する反応性中間体の性質
・14族元素を含む外部刺激応答性機能物質の合成と反応
・光応答性機能物質の開発とその応用
・キラルな反応場における光誘起電子移動反応

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・極めて強い発光を示す包接錯体型有機蛍光材料の開発

三代 憲司

無機化学

キーワード 研究者名 研究情報
錯体化学・超分子化学・構造有機化学 秋根 茂久
研究課題
・・金属錯体を使った動的な構造変換システムの開発 ・新しい動的キラル錯体の合成とキラリティー変換 ・含金属ホスト化合物の合成と超分子構造形成

科研費採択テーマ
・配位キラリティーの動的変換とタイムプロファイル制御
・多環芳香族パネリングによるπ電子系多面体の合成と新規巨大フラーレンの探索
・開閉機構をもつ新規なカゴ型錯体の合成と応答型物質捕捉・放出制御への応用
・ジグザグ型カーボンナノチューブ部分構造としての環状アセンキノンの合成とその連結
・円筒型配位子の配位プログラミングによる新規な物質移動および制御システムの開発

遷移金属錯体、分子認識、溶媒-溶質相互作用 井原 良訓
共同研究希望テーマ
・無機固体サーモクロミック材料の開発

研究課題
・固体状態における遷移金属錯体の熱化学反応
・金属錯体による分子不斉認識
・遷移金属錯体の溶媒-溶質相互作用

科研費採択テーマ
・児童・生徒も自作可能で変色温度を任意に設定できる感温変色教材の開発
・新規のシアノ架橋複核金属錯体の設計・開発およびそのロタキサンの合成

硫黄架橋クラスター、電気化学、光化学 川本 圭祐
ポリ酸、酸化物クラスター、バナジウム、無機錯体 林 宜仁
共同研究希望テーマ
・ヘテロ原子を含むバナジウム酸化物分子の応用

研究課題
・金属酸化物クラスターの合成と性質
・クラウンエーテル型バナジウム酸化物錯体の開拓
・球状、半球状酸化物クラスターの合成研究

科研費採択テーマ
・クラウンエーテル型バナデート配位子を有するランタニド錯体の化学
・テンプレートを利用した半球状バナジウム酸化物分子の構築反応

金属錯体,生物無機化学 古舘 英樹
研究課題
・非ヘム二核鉄酵素に関するモデル研究
・チオラト配位子を含む金属錯体の合成
・金属酵素の合成モデル研究

科研費採択テーマ
・二核鉄ペルオキソ錯体のコア構造による反応性の制御
・様々なコア構造を持つ二核鉄ペルオキソ錯体の創製および酸化特異性の解明
・酸素活性種を含む金属錯体の合目的創製および精密機能制御
・酸素活性種を含む機能性金属錯体の創製
・ヘテロ金属多核錯体の特異的酸素化挙動

ガンマ線摂動角相関、超アクチニド元素、重イオン核反応 横山 明彦
共同研究希望テーマ
・微量元素分析
・放射線測定

研究課題
・重イオン融合反応における入口チャネル依存性の研究
・重イオン核反応機構の研究
・重元素の化学的性質
・原子間力顕微鏡を利用した固体飛跡検出器による重粒子線測定

科研費採択テーマ
・液相における超重元素ラザホージウムの陽イオン化学種の同定とその化学挙動
・物質の三態を制御したRn/Atジェネレータの開発とα線内用療法への展開
・様々な化学形態における放射性物質測定および技術開発

機能物性化学

キーワード 研究者名 研究情報
コロイド化学,界面活性剤,溶液物性,蛍光プローブ 淺川 毅
共同研究希望テーマ
・界面活性剤による表面処理

研究課題
・新規ジェミニ型界面活性剤の開発と機能性溶液
・蛍光プローブ法による会合挙動の解明
・混合ミセル系におけるノンランダム分布

遷移金属錯体、分子認識、溶媒-溶質相互作用 井原 良訓
共同研究希望テーマ
・無機固体サーモクロミック材料の開発

研究課題
・固体状態における遷移金属錯体の熱化学反応
・金属錯体による分子不斉認識
・遷移金属錯体の溶媒-溶質相互作用

科研費採択テーマ
・児童・生徒も自作可能で変色温度を任意に設定できる感温変色教材の開発
・新規のシアノ架橋複核金属錯体の設計・開発およびそのロタキサンの合成

不斉合成、触媒、有機金属化学 宇梶 裕
共同研究希望テーマ
・有機化合物の効率的合成法の開発

研究課題
・不斉合成
・高効率的合成反応の開発
・機能性物質の創生

科研費採択テーマ
・不斉付加環化反応による高効率的・高選択的光学活性環状化合物の合成法の開発と応用
・1,3-双極子を活用する複素環合成の革新
・立体固定型発色団合成を基盤とするフィトクロムの構造と機能の解明
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・キラル反応場の複核化に基づく新規不斉合成反応の開発
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・シン効果の本質解明と応用
・シン効果の本質解明と応用
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用

N-アシル化アミノ酸、界面活性剤、熱量測定 太田 明雄
共同研究希望テーマ
・分子集合体中での分子認識機構に関する研究

研究課題
・熱量測定による両親媒質溶液の研究
・界面活性剤およびアミノ酸型界面活性剤の会合特性
・生体関連物質と界面活性剤の相互作用

科研費採択テーマ
・リボ核酸を利用した界面活性剤自己組織体の形態制御と機能化
・機能化サプリメントを目指した脂質ータンパク質ハイブリッド型キャリアの創成

超分子化学、高分子複合材料、高分子合成 生越 友樹
研究課題
・新規環状分子"Pillar[5]arene"の創成
・環状ホスト分子を基とした超分子複合体の創製
・フェノール樹脂を基としたハイブリッド材料の創製

科研費採択テーマ
・高度にナノ構造を制御した有機-無機ポリマーハイブリッドの創成
・超分子集合体を用いた有機-無機ハイブリッド材料の精密ナノ構造制御
・分子認識に基づく機能性超分子複合体の創成
・交互へテロ環状ホスト高分子を基とした特異的反応場の創成
・分子カプセルを利用した超分子構造体の作成と機能解発
・パラ位連結環状ホスト分子を基とした電子特異的分子チューブの創成
・パラ位連結環状ホスト分子を基とした電子特異的分子チューブの創成
・ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成
・ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成

有機薄膜太陽電池、人工光合成 桒原 貴之
研究課題
・人工光合成に関する研究
・有機薄膜太陽電池に関する研究
・機能性薄膜に関する研究
・有機ELに関する研究

出願済みの発明名称
・ホールブロック層の製造方法、ホールブロック層、光電変換素子、光電変換装置、有機薄膜太陽電池パネル、および発光装置
・光電変換素子およびその製造方法、ならびにホールブロック層およびその製造方法
・有機薄膜太陽電池及び有機薄膜太陽電池筐体封止パネル

科研費採択テーマ
・逆型有機薄膜太陽電池の劣化機構解析と高耐久性素子の開発
・無機/有機ヘテロ界面制御による逆型有機薄膜太陽電池の性能劣化解析と高耐久化
・無機/有機ヘテロ界面制御による逆型有機薄膜太陽電池の性能劣化解析と高耐久化
・逆型有機薄膜太陽電池の電荷分離および電荷輸送挙動解明と高効率化
・高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確立
・紡織によって大面積化が可能な繊維型有機薄膜太陽電池の開発
・両面受光特性を有するITOフリー新型有機薄膜太陽電池の開発
・C60誘導体アクセプターの配列制御を基軸とした逆型有機薄膜太陽電池の高効率化
・C60 誘導体アクセプターの配列制御を基軸とした逆型有機薄膜太陽電池の高効率化
・C60 誘導体アクセプターの配列制御を基軸とした逆型有機薄膜太陽電池の高効率化
・有機アミン/酸化亜鉛ナノコンポジットの合成と有機太陽電池への応用
・高耐久有機太陽電池を可能にするπ-d相互作用を用いた相分離構造の制御

カルコゲン元素、アシルシラン、有機金属化学 千木 昌人
共同研究希望テーマ
・ヘテロ原子を含む複素環化合物合成の共同研究
・イオウおよびセレン原子を含む有機化合物の合成に関する研究
・芳香族多塩素化合物の脱塩素化による無害化技術の開発

研究課題
・カルコゲン元素の多重結合を含む高反応性化学種の合成と反応
・イオウあるいはセレン原子を有する不斉二座配位子の合成研究
・有機金属および有機ヘテロ原子化学を基にした新規合成反応の開発

科研費採択テーマ
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・非天然型人工核酸の創製を目指した機能性核酸塩基部位をもつ新規セレノヌクレオシド誘導体合成法の開発

有機太陽電池、電気化学 髙橋 光信
共同研究希望テーマ
・有機薄膜素子の開発

研究課題
・有機薄膜太陽電池に関する研究
・電極触媒を用いた効率的な水分解に関する研究

出願済みの発明名称
・Organic solar cell and its production process
・Organic solar cell and its production process
・有機薄膜太陽電池及び有機薄膜太陽電池筺体封止パネル
・薄膜ホルダー
・有機太陽電池およびその製造方法
・有機太陽電池
・色素増感太陽電池
・光電変換素子およびその製造方法、ならびにホールブロック層およびその製造方法

科研費採択テーマ
・高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確率
・紡織によって大面積化が可能な繊維型有機薄膜太陽電池の開発
・ドナー性およびアクセプター性共役高分子ブレンド膜太陽電池の色素増感による高効率化
・高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確立
・紡織によって大面積化が可能な繊維型有機薄膜太陽電池の開発

有機合成化学、典型元素化学、フタロシアニン 古山 渓行
科研費採択テーマ
・典型元素アザポルフィリノイドの合成および機能開発
・典型元素の性質を利用した機能性オリゴヘテロールの開発

有機合成化学,有機金属化学,グリーンケミストリー 本田 光典
共同研究希望テーマ
・新規有機化合物の構築法の開発に関する研究

研究課題
・不斉中心が連続した炭素鎖をもつ有機化合物の設計
・特定の幾何配置をもつ有機化合物の設計
・フルオラス合成を利用した有機合成
・新規イオン液体の創製
・ポリフェノール類の合成と抗酸化機構の解明

科研費採択テーマ
・フルオラスケミストリーを指向した新規イオン液体の創製
・アシルシランシリルエノールエーテルのアルドール反応による連続不斉中心の選択的生成
・環境調和型化学反応を目指したアシルシランの合成とその利用に関する研究
・金属及びヘテロ元素の反応特性を複合的に活用した効率的分子変換反応の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発
・複数の元素の共同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・シクロプロピルアシルシランとその誘導体のキラル化合物への立体選択的変換
・遷移金属触媒によるシクロプロピルシリルアルケン類の開環および環拡大反応
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・シクロプロピルアシルシランの環拡大反応とその合成的利用
・シクロプロピルアシルシランのハロゲン化ホモアリル誘導体への立体選択的変換

有機合成化学、有機光化学、有機金属化学 前多 肇
共同研究希望テーマ
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

研究課題
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

出願済みの発明名称
・新規蛍光性化合物およびその製造方法
・光反応の特性を利用する高選択的新規ベンゾ四環系化合物の一段階合成法の開発

科研費採択テーマ
・構造変化型強発光性スイッチ材料の開発
・含ケイ素芳香族化合物を鍵骨格とする強発光性蛍光センサーの開発
・環境応答型強発光性スイッチ分子の開発
・蛍光性有機ケイ素化合物の開発と発光材料としての利用
・分子内光環化付加反応を用いるベンゾトリキナン骨格の一段階構築法
・反応性有機ビラジカルの熱発光の機構解明と新規発光システムへの展開
・光環化付加によるベンゾトリキナン類の新規骨格構築法
・TiO2光触媒とする芳香族化合物の光酸化反応
・固液界面における反応環境場の制御と立体選択的光化学反応への応用
・不斉光環化付加反応の開発
・微小空間の特性を利用する不斉光化学反応の開発
・励起状態における分子認識能を利用した可逆的分子内光環化付加反応の設計と制御
・光化学的に生成する反応性中間体の性質
・14族元素を含む外部刺激応答性機能物質の合成と反応
・光応答性機能物質の開発とその応用
・キラルな反応場における光誘起電子移動反応

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・極めて強い発光を示す包接錯体型有機蛍光材料の開発

チオール、導電性高分子 山口 孝浩
研究課題
・機能性薄膜修飾電極の研究
・白金代替高活性酸素還元電極触媒の開発

科研費採択テーマ
・白金とは異なる酸素還元経路をもつ燃料電池用金属ポルフィリンネットワーク触媒の開発

合成化学

キーワード 研究者名 研究情報
不斉合成、触媒、有機金属化学 宇梶 裕
共同研究希望テーマ
・有機化合物の効率的合成法の開発

研究課題
・不斉合成
・高効率的合成反応の開発
・機能性物質の創生

科研費採択テーマ
・不斉付加環化反応による高効率的・高選択的光学活性環状化合物の合成法の開発と応用
・1,3-双極子を活用する複素環合成の革新
・立体固定型発色団合成を基盤とするフィトクロムの構造と機能の解明
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・キラル反応場の複核化に基づく新規不斉合成反応の開発
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・シン効果の本質解明と応用
・シン効果の本質解明と応用
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用

グリーンケミストリー、環境、資源、有機合成化学 内山 正彦
研究課題
・Cu(I)とGa(III)の協働作用による触媒的Conia-ene反応
・対称Diketone類のパン酵母による不斉還元に関する研究
・光学活性セレン試剤を用いる不斉反応に関する研究
・固相担持型マンガン(・)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・セリウム(IV)反応剤を用いる酸化的ラジカル反応の触媒化および不斉化に関する研究

科研費採択テーマ
・固相担持型Mn(III)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・Ce(IV)とフッ素アニオンを用いる有機ケイ素化合物からの新規ラジカル発生法の開発

環状エーテルの開環重合、ポリウレタン、メタクリル酸エステルのアニオン重合 加納 重義
共同研究希望テーマ
・環状エーテルの開環重合

研究課題
・新規なキラルπ共役(高)分子システムの開発
・多糖誘導体を利用した新規キラル材料の開発
・光エネルギー変換材料の創製

出願済みの発明名称
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・光学活性化合物の合成法
・光学活性な有機重合体の製造方法
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法
・アルキレンオキシド重合用触媒およびそれを用いたポリ(アルキレンオキシド)の製造方法
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・比色検出型キラルセンサー
・多糖誘導体、及びその蛍光性キラルセンサーとしての用途
・固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法

カルコゲン元素、アシルシラン、有機金属化学 千木 昌人
共同研究希望テーマ
・ヘテロ原子を含む複素環化合物合成の共同研究
・イオウおよびセレン原子を含む有機化合物の合成に関する研究
・芳香族多塩素化合物の脱塩素化による無害化技術の開発

研究課題
・カルコゲン元素の多重結合を含む高反応性化学種の合成と反応
・イオウあるいはセレン原子を有する不斉二座配位子の合成研究
・有機金属および有機ヘテロ原子化学を基にした新規合成反応の開発

科研費採択テーマ
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・非天然型人工核酸の創製を目指した機能性核酸塩基部位をもつ新規セレノヌクレオシド誘導体合成法の開発

有機合成化学,有機金属化学,グリーンケミストリー 本田 光典
共同研究希望テーマ
・新規有機化合物の構築法の開発に関する研究

研究課題
・不斉中心が連続した炭素鎖をもつ有機化合物の設計
・特定の幾何配置をもつ有機化合物の設計
・フルオラス合成を利用した有機合成
・新規イオン液体の創製
・ポリフェノール類の合成と抗酸化機構の解明

科研費採択テーマ
・フルオラスケミストリーを指向した新規イオン液体の創製
・アシルシランシリルエノールエーテルのアルドール反応による連続不斉中心の選択的生成
・環境調和型化学反応を目指したアシルシランの合成とその利用に関する研究
・金属及びヘテロ元素の反応特性を複合的に活用した効率的分子変換反応の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発
・複数の元素の共同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・シクロプロピルアシルシランとその誘導体のキラル化合物への立体選択的変換
・遷移金属触媒によるシクロプロピルシリルアルケン類の開環および環拡大反応
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・シクロプロピルアシルシランの環拡大反応とその合成的利用
・シクロプロピルアシルシランのハロゲン化ホモアリル誘導体への立体選択的変換

有機合成化学、有機光化学、有機金属化学 前多 肇
共同研究希望テーマ
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

研究課題
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

出願済みの発明名称
・新規蛍光性化合物およびその製造方法
・光反応の特性を利用する高選択的新規ベンゾ四環系化合物の一段階合成法の開発

科研費採択テーマ
・構造変化型強発光性スイッチ材料の開発
・含ケイ素芳香族化合物を鍵骨格とする強発光性蛍光センサーの開発
・環境応答型強発光性スイッチ分子の開発
・蛍光性有機ケイ素化合物の開発と発光材料としての利用
・分子内光環化付加反応を用いるベンゾトリキナン骨格の一段階構築法
・反応性有機ビラジカルの熱発光の機構解明と新規発光システムへの展開
・光環化付加によるベンゾトリキナン類の新規骨格構築法
・TiO2光触媒とする芳香族化合物の光酸化反応
・固液界面における反応環境場の制御と立体選択的光化学反応への応用
・不斉光環化付加反応の開発
・微小空間の特性を利用する不斉光化学反応の開発
・励起状態における分子認識能を利用した可逆的分子内光環化付加反応の設計と制御
・光化学的に生成する反応性中間体の性質
・14族元素を含む外部刺激応答性機能物質の合成と反応
・光応答性機能物質の開発とその応用
・キラルな反応場における光誘起電子移動反応

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・極めて強い発光を示す包接錯体型有機蛍光材料の開発

高分子化学

キーワード 研究者名 研究情報
超分子化学、高分子化学、光化学 雨森 翔悟
超分子化学、高分子複合材料、高分子合成 生越 友樹
研究課題
・新規環状分子"Pillar[5]arene"の創成
・環状ホスト分子を基とした超分子複合体の創製
・フェノール樹脂を基としたハイブリッド材料の創製

科研費採択テーマ
・高度にナノ構造を制御した有機-無機ポリマーハイブリッドの創成
・超分子集合体を用いた有機-無機ハイブリッド材料の精密ナノ構造制御
・分子認識に基づく機能性超分子複合体の創成
・交互へテロ環状ホスト高分子を基とした特異的反応場の創成
・分子カプセルを利用した超分子構造体の作成と機能解発
・パラ位連結環状ホスト分子を基とした電子特異的分子チューブの創成
・パラ位連結環状ホスト分子を基とした電子特異的分子チューブの創成
・ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成
・ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成

環状エーテルの開環重合、ポリウレタン、メタクリル酸エステルのアニオン重合 加納 重義
共同研究希望テーマ
・環状エーテルの開環重合

研究課題
・新規なキラルπ共役(高)分子システムの開発
・多糖誘導体を利用した新規キラル材料の開発
・光エネルギー変換材料の創製

出願済みの発明名称
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・光学活性化合物の合成法
・光学活性な有機重合体の製造方法
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法
・アルキレンオキシド重合用触媒およびそれを用いたポリ(アルキレンオキシド)の製造方法
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・比色検出型キラルセンサー
・多糖誘導体、及びその蛍光性キラルセンサーとしての用途
・固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法

高分子合成 前田 勝浩
研究課題
・新規なキラルπ共役(高)分子システムの開発
・動的らせん高分子を利用した機能性材料の合成と応用
・新規光エネルギー変換材料の創製

出願済みの発明名称
・多糖誘導体、及びその蛍光性キラルセンサーとしての用途
・比色検出型キラルセンサー
・固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤
・光学活性ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物及びその製造方法,並びに光学異性体分離剤としての用途
・新規ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物及びその製造方法,並びにその光学異性体分離剤としての用途
・不斉選択性の切り替えが可能なクロマトグラフィー用充填剤

科研費採択テーマ
・高キャリア輸送能を有するらせん状π共役高分子被覆型フラーレンの創製
・高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確立
・主鎖に分子認識部位と動的軸性キラリティーを有するπ共役らせん高分子の創製と応用
・動的-静的特性を自在変換可能ならせん高分子の構造特性を活用した機能発現
・コアにらせん高分子鎖を有する機能性ミセルの創成と応用              

磁気共鳴、固体物性 水野 元博
研究課題
・磁気共鳴法を用いた固体中の分子や電子の運動の研究
・高電気伝導性物質の局所構造解析

科研費採択テーマ
・制限空間の水が受ける相互作用と相変化のダイナミクス
・固体電解質における分子ダイナミクスが関与した高プロトン伝導メカニズムの解明
・固体核磁気共鳴シミュレーション解析法によるタンパク質結晶の水和構造の研究
・新規固体核磁気共鳴シミュレーション解析法による配位空間の研究

フェノール樹脂、セルロース誘導体、分子集合体制御 山岸 忠明
共同研究希望テーマ
・高分子材料に関する研究
・分子集合状態の制御に関する研究

研究課題
・機能性高分子量フェノール系樹脂の合成および構造解析
・フェノール系オリゴマーの機能開発
・高機能性・高性能材料の開発

出願済みの発明名称
・メタルハイブリッドレジンおよびその製造方法
・会合体、包接体、発光材料
・無機材料の表面改質用組成物、表面改質された無機材料、表面改質用組成物を含む複合形成材料、該複合形成材料の成形品、複合形成材料の製造方法、及びカリックスアレーン含有組成物
・シリカ系光学活性構造体
・潜在性フェノール樹脂及びその製造方法
・多孔質炭素材料およびその製造方法
・ポリマー

科研費採択テーマ
・ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成
・分子カプセルを利用した超分子構造体の作成と機能開発
・交互へテロ環状ホスト高分子を基とした特異的反応場の創成
・液晶構造を有する機能性表面の合成と応用
・高度分岐状高分子の静的および動的分子特性の解明
・大環状化合物をモノマ-とした有機分子および金属イオン同時捕捉分離材料の開発
・分子カプセルを利用した3次元規則性超分子構造体の作成と機能開発

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・環境負荷を低減した高分子材料リサイクル技術の開発

分析化学

キーワード 研究者名 研究情報
液液分配,絶対定量法,化学種分析 井村 久則
研究課題
・マイクロ分離・計測化学
・抽出化学
・新規な絶対定量法の開発と生物・環境試料への適用

出願済みの発明名称
・希土類金属の抽出剤および抽出分離法

科研費採択テーマ
・同位体希釈の原理に基づく新規な不足当量定量法による微量金属のスペシエーション
・NMRを用いる新規な不足当量同位体希釈分析法による環境有機物質の絶対定量

電気化学計測、走査型プローブ顕微鏡 髙橋 康史
科研費採択テーマ
・界面イオン伝導顕微鏡の創成
・“リチウムプローブ”によるイオン伝導度イメージング
・ナノ電気化学顕微鏡を用いた膜輸送のリアルタイム計測
・ナノ電気化学セル顕微鏡による界面反応計測

多環芳香族炭化水素、ニトロアレーン 唐 寧
共同研究希望テーマ
・多環芳香族炭化水素及びその誘導体の大気内挙動
・環境試料中多環芳香族炭化水素類の高感度分析法の開発

研究課題
・多環芳香族炭化水素及びそのニトロ体の大気内挙動
・環境試料中のニトロアレーンの高感度分析法の開発

出願済みの発明名称
・大気汚染物質捕集材、それを用いた大気汚染物質の測定方法及び大気汚染物質の測定装置

科研費採択テーマ
・アジアンダストの大気中二次生成有機有害化学物質への触媒作用に関する研究
・黄砂と燃焼排ガスとの相互作用による中国の都市住民の曝露と健康影響に関する調査研究
・黄砂と大気汚染物質による中国北部の都市住民の健康影響に関する調査研究
・大気汚染物質と黄砂との相互作用
・燃焼由来多環芳香族炭化水素類の長距離輸送と活性化反応
・中国大都市における大気汚染の特性と健康影響に関する疫学研究
・アジア諸地域住民の大気汚染曝露実態と生体影響の国際比較

大気汚染、室内環境汚染、粒子状物質、燃焼発生源、多環芳香族炭化水素、高感度分析、発がん物質、活性酸素、酸化ストレス、バイオマーカー 鳥羽 陽
研究課題
・多環芳香族炭化水素類の曝露評価に関する研究
・PM2.5や環境ナノ粒子を介した有機汚染物質の人体曝露に関する研究
・大気粉じんの活性酸素種産生に関する研究
・タンチョウの胆汁に排泄される多環芳香族炭化水素類の代謝物分析
・質量分析を利用した有機汚染物質の高感度分析法の開発と環境試料への適用

出願済みの発明名称
・多環芳香族炭化水素類の人体曝露評価方法
・環境汚染物質の人体曝露評価方法
・大気汚染物質捕集材、それを用いた大気汚染物質の測定方法及び大気汚染物質の測定装置

科研費採択テーマ
・ベンゾ[a]ピレン及びその代謝物の内分泌撹乱作用の評価法に関する研究
・多環芳香族炭化水素類(PAH)-DNA付加体を指標とするPAH曝露評価法の開発
・変異原性環境化学物質,ニトロ多環芳香族炭化水素類の人体曝露評価法の開発
・多環芳香族炭化水素とその代謝物の内分泌撹乱作用とその測定法に関する研究
・多環芳香族炭化水素類(PAHs)のホルモン活性等価係数(HAEF)の確立
・アジア産マオウ科マオウ属植物の学際的調査研究
・経気道曝露する未規制多環芳香族炭化水素の健康リスク評価に関する研究
・酸化ストレスを惹起するキノン系化合物の人体曝露評価法の開発
・含硫黄多環芳香族化合物を指標とする越境大気汚染物質の人体曝露評価法の開発
・アジア諸地域住民の大気汚染曝露実態と生体影響の国際比較

分光電気化学、分光分析化学、液液界面 永谷 広久
研究課題
・液液界面における電荷移動反応機構の解明
・液液界面における金属ナノ粒子の光電気化学的研究
・不均一反応場におけるX線吸収分光法による分子構造解析

科研費採択テーマ
・多分岐高分子の分子包接特性を利用した液液界面の反応制御と分光計測への応用
・生物環境試料中の超微量有機および金属化学種の新規な絶対定量法
・天然配位子とイオン液体を用いるランタノイドの環境調和型高効率分離システム
・液液界面におけるデンドリマーの反応特異性と電気化学的分離・検出系の構築
・全反射X線吸収分光法による液液界面吸着分子の構造解析
・液液界面におけるデンドリマーの分子包接挙動と相間電荷移動反応の動的制御
・液液界面に吸着した金属錯体の全反射XAFS測定
・液液界面におけるタンパク質分子の特異吸着と界面化学種の状態分析
・液液界面における単一分子反応と集合錯体形成反応の速度論的研究
・ポルフィリン化合物の液液界面吸着状態と光励起電子移動反応
・液液界面におけるポルフィリン化合物の特異吸着反応

水圏、環境修復、自然サイクル 長谷川 浩
共同研究希望テーマ
・大気中CO2の固定化
・環境中における有害物質のバイオレメディエーション
・有害金属の形態別分析、廃棄物、無害化処理

研究課題
・水圏における微量元素の挙動に関する研究
・自然サイクルを利用した環境改善技術の開発
・水環境における富栄養化と物質循環に関する研究

出願済みの発明名称
・植物プランクトンの増殖を抑制する方法
・比色分析装置
・抗生物質の分解方法及びこれに用いる微生物
・金属含有廃棄物の化学的リサイクル技術
・鋳物廃砂中の有害金属の除去方法
・有害金属汚染物の浄化方法
・鋳物廃砂の無害化及び再利用方法
・汚染土壌の処理方法

科研費採択テーマ
・ナノバイオミメティックプロセスによる環境中複合汚染物質の同時除去技術の構築
・生分解性キレート剤を用いた植物プランクトンの増殖制御技術の開発
・キトサンを母材としたアミノ酸修飾両性イオン交換樹脂の開発と捕集分離機能の追求
・有機ヒ素汚染土壌の環境修復技術
・宝石珊瑚(花虫綱八放サンゴ類)の持続的利用を目指す保全生態学と文化誌に関する研究
・海洋生態系におけるメタローム-プロテオーム相互作用
・海洋環境における微量生元素の動態と生態系への影響
・身近な水環境を題材にした化学教育プログラムの開発
・海洋植物プランクトンを利用した自然サイクル中におけるCO2固定化に関する研究
・有機・無機微量成分を利用した宝石サンゴ類の生物種及び生息地同定法の確立
・溶融飛灰及び焼却飛灰の資源化と有用金属回収を可能とする化学的ゼロエミッション技術の開発
・ヒ素汚染に対するファイトレメディエーションにおける生分解性キレート剤の活用
・有機・無機微量成分を利用した宝石サンゴ類の生物種及び生息地同定法の確立
・宝石サンゴの色彩を担う鍵物質の化学構造と起源の解明
・世界の船舶墓場-バングラデシュ・チッタゴン沿岸における水質汚染調査と総合的把握
・生分解性キレート剤を活用した有害金属汚染土壌に対する高度洗浄技術の開発
・生分解性キレート剤を活用した有害金属汚染土壌に対する高度洗浄技術の開発
・ヒ素汚染に対するファイトレメディエーションにおける生分解性キレート剤の活用

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・日本産宝石サンゴの国際取引に活用する科学的評価技術開発

生体関連化学

キーワード 研究者名 研究情報
生化学、分子生物学、タンパク質工学、金属タンパク質 片岡 邦重
共同研究希望テーマ
・微生物的脱窒メカニズムの解明と応用

研究課題
・金属タンパク質のタンパク質工学的機能改変
・マルチメタル酵素の構造と機能に関する研究
・アミノ酸脱水素酵素の構造と機能に関する研究

出願済みの発明名称
・染色適性を有する改良されたマルチ銅オキシダーゼCueO
・電極触媒及び酵素電極
・組換え型ビリルビン酸化酵素及びその製造方法
・電極触媒,酵素電極,燃料電池及びバイオセンサ
・ケラチン繊維染色用組成物及びケラチン繊維の染色方法
・肝機能検査薬としてのMyrothecium verrucariaビリルビンオキシダーゼの酵母による異種発現
・フェノールオキシダーゼ遺伝子及びフェノールオキシダーゼの製造方法
・改変されたマルチ銅オキシダーゼ及びこれを用いたケラチン繊維用染色剤

科研費採択テーマ
・タンパク質工学によるアミノ酸脱水素酵素の基質特異性の変換
・マルチヘム型一酸化窒素還元酵素を用いたプロトンポンプ分子進化過程の解明
・銅型亜硝酸還元酵素の構造と触媒反応機構および電子伝達機能に関する研究
・一酸化窒素還元酵素の活性中心構造と触媒反応機構の解明
・金属タンパク質をホロ化する金属シャペロンタンパク質の開発
・金属タンパク質中の活性位における超微細電場測定
・一酸化窒素還元から酸素還元への変換による呼吸酵素の分子進化
・バイオ燃料電池の実用化に必須である高反応性カソード電極用酵素の研究開発
・古代色素「貝紫」生合成酵素の高選択的臭素化反応メカニズムの解明と応用

光合成細菌、電子伝達系、反応速度論 瀨尾 悌介
研究課題
・チオレドキシン還元酵素型Ferredoxin-NADPH酸化還元酵素の反応機構の解明
・光合成細菌の鉄硫黄型光化学反応中心
・Fd依存型酸化還元酵素の探索

活性酸素、抗酸化物質、フリーラジカル、ストレス シグナル伝達、予防医学 松郷 誠一
共同研究希望テーマ
・抗酸化物質ー酸化ストレス

科研費採択テーマ
・バナジウム錯体誘起振動反応の解析ートリガー反応とサイクル反応の解明

ガンマ線摂動角相関、超アクチニド元素、重イオン核反応 横山 明彦
共同研究希望テーマ
・微量元素分析
・放射線測定

研究課題
・重イオン融合反応における入口チャネル依存性の研究
・重イオン核反応機構の研究
・重元素の化学的性質
・原子間力顕微鏡を利用した固体飛跡検出器による重粒子線測定

科研費採択テーマ
・液相における超重元素ラザホージウムの陽イオン化学種の同定とその化学挙動
・物質の三態を制御したRn/Atジェネレータの開発とα線内用療法への展開
・様々な化学形態における放射性物質測定および技術開発

グリーン・環境化学

キーワード 研究者名 研究情報
グリーンケミストリー、環境、資源、有機合成化学 内山 正彦
研究課題
・Cu(I)とGa(III)の協働作用による触媒的Conia-ene反応
・対称Diketone類のパン酵母による不斉還元に関する研究
・光学活性セレン試剤を用いる不斉反応に関する研究
・固相担持型マンガン(・)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・セリウム(IV)反応剤を用いる酸化的ラジカル反応の触媒化および不斉化に関する研究

科研費採択テーマ
・固相担持型Mn(III)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・Ce(IV)とフッ素アニオンを用いる有機ケイ素化合物からの新規ラジカル発生法の開発

N-アシル化アミノ酸、界面活性剤、熱量測定 太田 明雄
共同研究希望テーマ
・分子集合体中での分子認識機構に関する研究

研究課題
・熱量測定による両親媒質溶液の研究
・界面活性剤およびアミノ酸型界面活性剤の会合特性
・生体関連物質と界面活性剤の相互作用

科研費採択テーマ
・リボ核酸を利用した界面活性剤自己組織体の形態制御と機能化
・機能化サプリメントを目指した脂質ータンパク質ハイブリッド型キャリアの創成

イオン液体 バイオリファイナリー セルロース リグニン 機能性高分子 エネルギー変換 水素結合 黒田 浩介
出願済みの発明名称
・リグニン誘導体化合物、リグニン樹脂、リグニン樹脂組成物、及びリグニン誘導体化合物の製造方法

科研費採択テーマ
・イオン液体を移動相とするHPLC:難溶性高分子の溶液物性解析・制御

多環芳香族炭化水素、ニトロアレーン 唐 寧
共同研究希望テーマ
・多環芳香族炭化水素及びその誘導体の大気内挙動
・環境試料中多環芳香族炭化水素類の高感度分析法の開発

研究課題
・多環芳香族炭化水素及びそのニトロ体の大気内挙動
・環境試料中のニトロアレーンの高感度分析法の開発

出願済みの発明名称
・大気汚染物質捕集材、それを用いた大気汚染物質の測定方法及び大気汚染物質の測定装置

科研費採択テーマ
・アジアンダストの大気中二次生成有機有害化学物質への触媒作用に関する研究
・黄砂と燃焼排ガスとの相互作用による中国の都市住民の曝露と健康影響に関する調査研究
・黄砂と大気汚染物質による中国北部の都市住民の健康影響に関する調査研究
・大気汚染物質と黄砂との相互作用
・燃焼由来多環芳香族炭化水素類の長距離輸送と活性化反応
・中国大都市における大気汚染の特性と健康影響に関する疫学研究
・アジア諸地域住民の大気汚染曝露実態と生体影響の国際比較

クロマトグラフィー 道上 義正
研究課題
・環境・生体液成分のイオンクロマトグラフィ-

科研費採択テーマ
・ディーゼル排気ガスおよび黄砂由来化学物質暴露のバイオマーカー探索と健康影響評価

高分子・繊維材料

キーワード 研究者名 研究情報
トライボロジー、パターン摩耗、摩擦変形、接触面、歩行、水素雰囲気、ハイドロゲル 岩井 智昭
共同研究希望テーマ
・水素雰囲気下における各種摩擦材の摩擦摩耗特性

研究課題
・高分子の摩擦摩耗特性に及ぼす水素雰囲気の影響
・ゴムのパターン摩耗に関する研究
・摩擦変形を受けるゴムの応力・ひずみ測定
・シリカ充てんSBRの摩擦・摩耗特性に関する研究

出願済みの発明名称
・摩擦摩耗試験機
・マルチビーム記録再生方式
・マルチビーム記録再生方式

科研費採択テーマ
・低磨耗タイヤの開発を目的としたゴムの材料磨耗面における亀裂進展過程の研究-局所ひずみの測定-
・低磨耗タイヤの開発を目的としたゴム材料磨耗面における亀裂進展過程の研究
・低燃費タイヤの開発を目的としたゴム材料摺動面直下の応力測定
・低摩耗タイヤの開発を目的としたゴム材料摺動面直下の応力測定
・タイヤ摩耗粉によるアレルギーに関する研究
・タイヤ摩耗粉によるアレルギーに関する研究
・タイヤ摩耗粉によるアレルギーに関する研究
・人工軟骨使用を目標とする新規積層型ポリビニルアルコールハイドロゲルシートの作成
・歩行時の床反力マッチングによる新規な個人認証法の確立
・天然ゴム製タイヤより生ずるPM2.5状微粒子摩耗粉に含まれるアレルゲン量の測定
・人工軟骨使用を目標とする新規積層型ポリビニルアルコールハイドロゲルシートの作成
・歩行時床反力を利用した行動パターンによる新規な個人認証法の確立

環状エーテルの開環重合、ポリウレタン、メタクリル酸エステルのアニオン重合 加納 重義
共同研究希望テーマ
・環状エーテルの開環重合

研究課題
・新規なキラルπ共役(高)分子システムの開発
・多糖誘導体を利用した新規キラル材料の開発
・光エネルギー変換材料の創製

出願済みの発明名称
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・光学活性化合物の合成法
・光学活性な有機重合体の製造方法
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法
・アルキレンオキシド重合用触媒およびそれを用いたポリ(アルキレンオキシド)の製造方法
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・比色検出型キラルセンサー
・多糖誘導体、及びその蛍光性キラルセンサーとしての用途
・固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法

繊維機械、繊維材料、騒音低減 喜成 年泰
共同研究希望テーマ
・組紐技術によるFRPプリフォーム作成
・繊維機械の高性能化
・織機の騒音低減技術

研究課題
・繊維機械の高性能化
・衝突音の発生メカニズム
・繊維集合体の力学挙動

出願済みの発明名称
・設計・生産システム
・触覚センサー
・シミュレーション装置、及びシミュレーション方法

科研費採択テーマ
・触覚センサの回転と直進なぞり動作組合せによる布構造のキャラクタリゼーション

高分子反応、相平衡、シミュレーション 多田 薫
研究課題
・非電解質溶液の熱力学
・高分子反応プロセスに関する研究
・液晶ポリマー製造プロセスにおける反応シミュレーション解析

高分子力学物性、高分子レオロジー、グラフ理論 新田 晃平
共同研究希望テーマ
・ポリオレフィン系材料の力学物性改質
・プラスチック材料の力学特性予測

研究課題
・高分子破壊力学
・数理化学
・高分子系ナノコンポジット
・高分子の構造と物性

出願済みの発明名称
・ポリオレフィン系樹脂組成物
・Biaxially oriented polypropylene film
・ナノファイバーよりなる連続シートの製造方法
・ポリオレフィン樹脂組成物及びポリオレフィン樹脂用造核剤マスターバッチ
・ポリカルボナート組成物
・ポリアルキレンカーボネート樹脂組成物及び当該組成物から成形された成形体
・樹脂フィルム特性評価装置
・吹込成形用ポリエチレン樹脂組成物
・高速成形延伸物に適したポリエチレン組成物、その製造方法及び該組成物を用いた高強度延伸物
・樹脂被覆紙
・画像材料用支持体
・ポリエチレン系樹脂被覆紙の製造方法
・ポリエチレン系樹脂被覆紙の製造方法
・画像材料用支持体
・樹脂膜のガス透過性測定装置
・画像材料用支持体
・ビニル化合物重合用触媒並びにその使用
・半導体デバイス等の製造における回路パターン転写方法
・透明性と剛性に優れたポリプロピレン樹脂成形体およびその製造方法
・改質イソタクチックポリプロピレン
・半導体デバイス製造におけるパターン転写法
・半導体デバイス製造におけるパターン転写方法
・半導体デバイス製造におけるパターン転写方法
・クリープ試験機
・画素制御素子形成基板の製造方法及びその方法によって作られる平面ディスプレイ
・ポリプロピレンフィルムおよびその製造方法
・二軸配向ポリプロピレンフィルム
・微細熱可塑性樹脂繊維の製造方法及びその製造装置
・ポリアリーレンメチレン類を含有する熱可塑性樹脂組成物及びその製造方法
・二軸配向ポリプロピレンフィルム
・真応力一定のクリープ試験機
・吹込成形用ポリエチレン樹脂組成物
・改質イソタクチックポリプロピレン

科研費採択テーマ
・結晶性高分子材料の分子構造と力学物性
・液晶ディスプレイの廉価な次世代生産技術
・水素結合を有する低分子によるカーボンブラック充てん高分子複合材料の導電性制御
・高分子材料の破壊・破損の瞬間における分子鎖のダイナミックス
・高分子材料の破壊・破損時における力学エネルギーの吸収機構の解明
・回転成形による傾斜構造と粒子分散構造を有するプラスチック材料の開発

分光計測、高分子物理、樹脂劣化、水熱合成 比江嶋 祐介
出願済みの発明名称
・樹脂組成物、複合材料及び樹脂組成物の製造方法
・結晶性高分子の劣化測定方法
・ヒドロキシラジカルによるリグニンの低分子化方法
・ナノ細孔を用いたイオン性液体の制御方法
・多孔体内部に充填された流体のNMR分光法による密度測定方法
・発光性ナノカーボン製造方法および製造装置

科研費採択テーマ
・分光学的その場計測法を用いたリグニンの超臨界水処理における反応機構の解明
・その場分光測定を用いた結晶性高分子の非線型領域における変形および破壊機構の解明
・顕微分光法によるカーボン量子ドットの評価法の開発と環境低負荷溶媒を利用した合成
・顕微分光法によるカーボン量子ドットの評価法の開発と環境低負荷溶媒を利用した合成
・分光学的その場計測法を用いたリグニンの超臨界水処理における反応機構の解明

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・水熱法によるナノカーボン発光材料の高効率大量合成

フェノール樹脂、セルロース誘導体、分子集合体制御 山岸 忠明
共同研究希望テーマ
・高分子材料に関する研究
・分子集合状態の制御に関する研究

研究課題
・機能性高分子量フェノール系樹脂の合成および構造解析
・フェノール系オリゴマーの機能開発
・高機能性・高性能材料の開発

出願済みの発明名称
・メタルハイブリッドレジンおよびその製造方法
・会合体、包接体、発光材料
・無機材料の表面改質用組成物、表面改質された無機材料、表面改質用組成物を含む複合形成材料、該複合形成材料の成形品、複合形成材料の製造方法、及びカリックスアレーン含有組成物
・シリカ系光学活性構造体
・潜在性フェノール樹脂及びその製造方法
・多孔質炭素材料およびその製造方法
・ポリマー

科研費採択テーマ
・ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成
・分子カプセルを利用した超分子構造体の作成と機能開発
・交互へテロ環状ホスト高分子を基とした特異的反応場の創成
・液晶構造を有する機能性表面の合成と応用
・高度分岐状高分子の静的および動的分子特性の解明
・大環状化合物をモノマ-とした有機分子および金属イオン同時捕捉分離材料の開発
・分子カプセルを利用した3次元規則性超分子構造体の作成と機能開発

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・環境負荷を低減した高分子材料リサイクル技術の開発

無機工業材料

キーワード 研究者名 研究情報
珪酸塩融液、非晶質物質、SiO2-Al2O3、構造科学、ガラス科学、高圧力科学、衝撃圧縮、X線結晶学,赤外分光、ラマン分光 奥野 正幸
共同研究希望テーマ
・新しい機能を持つガラス
・機械的粉砕による鉱物及び無機ガラスの構造変化
・珪酸塩ガラスの構造解析

研究課題
・生物起源非晶質物質の構造科学
・珪酸塩融液の構造と結晶化
・非晶質SiO2-Al2O3の構造
・生物起源非晶質物質の構造科学

科研費採択テーマ
・マグマの結晶化と鉱物の融解過程の構造化学的研究
・珪藻及び放散虫を形成する非晶質シリカー有機物複合体の構造化学とその圧密挙動
・珪酸塩ガラスの静的及び動的圧縮によるナノ構造と物性の変化
・鉱物中の放射線損傷量をどう見積もるか?ラマン分光法とFT法を用いた研究
・重金属(Au,Ag,Hg,Sr)を高濃度に含んだ温泉バイオマットの海外学術調査
・シリカ包摂化合物の結晶構造及びゲスト分子吸蔵機構の研究
・原始生命体を支える含水アモルファスシリカーアミノ酸複合体の合成

デバイス関連化学

キーワード 研究者名 研究情報
有機薄膜太陽電池、人工光合成 桒原 貴之
研究課題
・人工光合成に関する研究
・有機薄膜太陽電池に関する研究
・機能性薄膜に関する研究
・有機ELに関する研究

出願済みの発明名称
・ホールブロック層の製造方法、ホールブロック層、光電変換素子、光電変換装置、有機薄膜太陽電池パネル、および発光装置
・光電変換素子およびその製造方法、ならびにホールブロック層およびその製造方法
・有機薄膜太陽電池及び有機薄膜太陽電池筐体封止パネル

科研費採択テーマ
・逆型有機薄膜太陽電池の劣化機構解析と高耐久性素子の開発
・無機/有機ヘテロ界面制御による逆型有機薄膜太陽電池の性能劣化解析と高耐久化
・無機/有機ヘテロ界面制御による逆型有機薄膜太陽電池の性能劣化解析と高耐久化
・逆型有機薄膜太陽電池の電荷分離および電荷輸送挙動解明と高効率化
・高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確立
・紡織によって大面積化が可能な繊維型有機薄膜太陽電池の開発
・両面受光特性を有するITOフリー新型有機薄膜太陽電池の開発
・C60誘導体アクセプターの配列制御を基軸とした逆型有機薄膜太陽電池の高効率化
・C60 誘導体アクセプターの配列制御を基軸とした逆型有機薄膜太陽電池の高効率化
・C60 誘導体アクセプターの配列制御を基軸とした逆型有機薄膜太陽電池の高効率化
・有機アミン/酸化亜鉛ナノコンポジットの合成と有機太陽電池への応用
・高耐久有機太陽電池を可能にするπ-d相互作用を用いた相分離構造の制御

有機太陽電池、電気化学 髙橋 光信
共同研究希望テーマ
・有機薄膜素子の開発

研究課題
・有機薄膜太陽電池に関する研究
・電極触媒を用いた効率的な水分解に関する研究

出願済みの発明名称
・Organic solar cell and its production process
・Organic solar cell and its production process
・有機薄膜太陽電池及び有機薄膜太陽電池筺体封止パネル
・薄膜ホルダー
・有機太陽電池およびその製造方法
・有機太陽電池
・色素増感太陽電池
・光電変換素子およびその製造方法、ならびにホールブロック層およびその製造方法

科研費採択テーマ
・高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確率
・紡織によって大面積化が可能な繊維型有機薄膜太陽電池の開発
・ドナー性およびアクセプター性共役高分子ブレンド膜太陽電池の色素増感による高効率化
・高分子材料創製を基軸とする高性能な逆型有機薄膜太陽電池構築のための基盤技術の確立
・紡織によって大面積化が可能な繊維型有機薄膜太陽電池の開発

このページの先頭へ