本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

小川 数馬 (おがわ かずま) 准教授 OGAWA Kazuma

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

新学術創成研究機構

教育分野

所属研究室等

臨床分析科学 TEL:076-234-4460 FAX:076-234-4459

学歴

【出身大学院】
京都大学 修士課程 薬学研究科 医療薬科学 2000/03 修了
京都大学 博士課程 薬学研究科 医療薬科学 2002/05 中退
【出身大学】
京都大学 薬学部 製薬化学科 1998/03 卒業
【取得学位】
修士(薬学)
博士(薬学)

職歴

京都府立医科大学 中央研究室 助手(2002/06/01-2004/01/31)
金沢大学 学際科学実験センター(2004/02/01-2007/03/31)
金沢大学 学際科学実験センター(2007/04/01-2009/03/31)
金沢大学 医薬保健研究域 薬学系(2009/04/01-)

生年月

所属学会

日本核医学会
日本薬学会
米国核医学会
欧州核医学会
日本癌学会
米国化学会
日本分子イメージング学会
日本分析化学会
日本DDS学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○2. 第3回日本核医学会研究奨励賞(2006/11/11)

専門分野

放射線科学、病態検査学、物理系薬学

専門分野キーワード

放射性薬剤

研究課題

新規放射性薬剤の開発

著書

論文

  • Design of radiopharmaceutical for the palliation of painful bone metastases: rhenium-186-labeled bisphosphonate derivative K. Ogawa, T. Mukai, Y. Aranoほか4名 JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS 47巻 10号 753-761頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Tc-99m-labeled long chain fatty acid derivative for myocardial imaging Y. Magata, T. Kawaguchi, K. Ogawaほか6名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 15巻 2号 389-393頁 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Control of radioactivity pharmacokinetics of 99mTc-HYNIC-labeled polypeptides derivatized with ternary ligand complexes M. Ono, Y. Arano, T. Mukai, K. Ogawaほか5名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 13巻 3号 491-501頁 2002/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and evaluation of a monoreactive DOTA derivative for indium-111-based residualizing label to estimate protein pharmacokinetics T. Mukai, S Namba, K. Ogawaほか6名 JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY 54巻 8号 1073-1081頁 2002/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of molecular charges on renal uptake of 111In-DTPA-conjugated peptides H. Akizawa, Y. Arano, K. Ogawaほか9名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 7号 761-768頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Significance of 111In-DTPA chelate in renal radioactivity levels of 111In-DTPA-conjugated peptides H. Akizawa, Y. Arano, K. Ogawaほか8名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 4号 459-468頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 99mTc-HYNIC-derivatized ternary ligand complexes for 99mTc-labeled polypeptides with low in vivo protein binding M. Ono, Y. Arano, K. Ogawaほか6名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 3号 215-224頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Renal metabolism of 3-iodohippuryl N-maleoyl-L-lysine (HML)-conjugated Fab fragments Y. Fujioka, Y. Arano, K. Ogawaほか8名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 12巻 2号 178-185頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Plasma protein binding of 99mTc-labeled hydrazino nicotinamide derivatized polypeptides and peptides M. Ono, Y. Arano, K. Ogawaほか10名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 2号 155-164頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Technetium-99m-labeled medium-chain fatty acid analogues metabolized by β-oxidation: radiopharmaceutical for assessing liver function N. Yamamura, Y. Magata, K. Ogawaほか4名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 10巻 3号 386-394頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intracellular metabolic fate of radioactivity after injection of technetium-99m-labeled hydrazino nicotinamide derivatized proteins M. Ono, Y. Arano, K. Ogawaほか6名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 10巻 3号 1999頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The integrity of the disulfide bond in a cyclic somatostatin analog during 99mTc complexation reactions T. Uehara, Y. Arano, K. Ogawaほか9名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 26巻 8号 883-890頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Species difference in radioactivity elimination from liver parenchymal cells after injection of radiolabeled proteins T. Mukai, Y. Arano, K. Ogawaほか6名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 26巻 3号 281-289頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a rhenium-186-labeled MAG3 conjugated bisphosphonate for the palliation of metastatic bone pain based on the concept of bifunctional radiopharmaceuticals. BIOCONJUGATE CHEMISTRY 16巻 4号 751-757頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rhenium-186-monoaminemonoamidedithiols conjugated bisphosphonate derivatives for bone pain palliation. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 33巻 4号 513-520頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a novel technetium-99m-chelate-conjugated bisphosphonate with high affinity for bone as a bone scintigraphic agent. 47巻 12号 2042-2047頁 2006/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic effects for the palliation of metastatic bone pain of a rhenium-186 complex-conjugated bisphosphonate in an animal model. 48巻 1号 122-127頁 2007/01 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of competitive inhibitors of protein binding for improving the pharmacokinetics of 186Re-MAG3-conjugated bisphosphonate (186Re-MAG3-HBP), an agent for treatment of painful bone metastases EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 36巻 1号 115-121頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of 90Y-DOTA conjugated bisphosphonate for treatment of painful bone metastases. 36巻 2号 129-135頁 2009/02 査読有 原著論文
  • Well-designed bone-seeking radiolabeled compounds for diagnosis and therapy of bone metastases. K. Ogawa, A. Ishizaki Biomed Res Int 2015 査読有 総説
  • Radiogallium complex-conjugated bifunctional peptides for detecting primary cancer and bone metastases simultaneously. K. Ogawa, J. Yu, A. Ishizaki, M. Yokokawa, M. Kitamura, Y. Kitamura, K. Shiba, A. Odani Bioconjug Chem 26巻 8号 1561-1570頁 2015 査読有
  • Preparation and evaluation of an astatine-211-labeled sigma receptor ligand for alpha radionuclide therapy. K. Ogawa, Y. Mizuno, K. Washiyama, K. Shiba, N. Takahashi, T. Kozaka, S. Watanabe, A. Shinohara, A. Odani Nucl Med Biol 42巻 11号 875-879頁 2015 査読有
  • Effect of postconditioning on dynamic expression of tenascin-C and left ventricular remodeling after myocardial ischemia and reperfusion.  J. Taki, A. Inaki, H. Wakabayashi, I. Matsunari, K. Imanaka-Yoshida, K. Ogawa, M. Hiroe, K. Shiba, T. Yoshida, S. Kinuya EJNMMI Research 5巻 2015 査読有
  • The Potential of The Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT) Imaging Using Radiolabeled o-Bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a New PET Ligand. Synapse 68巻 10号 445-453頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular imaging of active mutant L858R EGF receptor (EGFR) kinase-expressing nonsmall cell lung carcinomas using PET/CT Yeh, Hsin Hsien;Ogawa, Kazuma;Balatoni, Julius;Mukhapadhyay, Uday;Pal, Asutosh;Gonzalez-Lepera, Carlos;Shavrin, Aleksandr;Soghomonyan, Suren;Flores, Leo, II;Young, Daniel;Volgin, Andrei Y.;Najjar, Amer M.;Krasnykh, Victor;Tong, William;Alauddin, Mian M.;Gelovani, Juri G. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 108巻 4号 1603-1608頁 2011
  • Hollow submicron spheres fabricated from cyanoacrylate instant adhesive Materials Letters 131巻 310-312頁 2014/09/15 
  • Development of radiopharmaceuticals for diagnosis and therapy of metastatic bone cancer Yakugaku Zasshi 132巻 10号 1151-1157頁 2012/10/30 
  • Development of Radiopharmaceuticals for Diagnosis and Therapy of Metastatic Bone Cancer Ogawa, Kazuma YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN 132巻 10号 1151-1157頁 2012
  • Radiolabeled apoptosis imaging agents for early detection of response to therapy Scientific World Journal 2014巻 2014/01/01 

講演・口頭発表等

  • Chlorella as a decorporation agent to enhance the elimination of radioactive elements. (会議名:The 6th International Conference on Food Factors)(2015)

芸術・フィールドワーク

特許

○金属錯体およびこれを含有する抗癌剤 (公開年月:2016/05/12)

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「MMP-2を標的とした体内動態化学制御型の新規腫瘍核医学診断薬剤の開発」(2004-) 代表者
○若手研究(B)「新規アポトーシスイメージング剤による癌・虚血再灌流障害治療効果超早期診断法の確立」(2006-) 代表者
○若手研究(B)「新規放射性薬剤を用いた包括的転移性骨腫瘍診断治療法の確立を目指した研究」(2009-) 代表者
○若手研究(B)「革新的癌診断治療システムの開発研究-骨腫瘍診断治療からDDSへ」(2011-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

○分析化学Ⅱ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○無機薬化学(2017)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2017)
○臨床検査学(2017)
○環境物理分析科学(2017)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2016)
○環境物理分析科学(2016)
○無機薬化学(2016)
○臨床検査学(2016)
○分析化学Ⅱ(2016)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2015)
○分析化学Ⅱ(2015)
○臨床検査学(2015)
○無機薬化学(2015)
○環境物理分析科学(2015)
○分析化学Ⅱ(2014)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2014)
○臨床検査学(2014)
○無機薬化学(2014)

大学院担当授業科目

○生物無機化学(2017)
○画像診断学:薬学の見地から(2017)
○ファーマケミストリー先端セミナー(2017)
○有機量子化学(2017)
○ファーマケミストリー特論(2017)
○ファーマケミストリー概論(2017)
○大学院有機化学III(2017)
○生体機能分析科学(2016)
○生体機能分析科学(2015)
○画像診断学:薬学の見地から(2015)
○分子イメージング学(2014)
○放射線科学(2014)
○生体機能分析科学(2014)
○創薬科学基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ