本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

井上 啓 (いのうえ ひろし) 教授 INOUE Hiroshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

新学術創成研究機構
部門長
教授

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 環境医科学専攻 環境社会医学講座代謝生理学分野

所属研究室等

脳・肝インターフェースメディシン研究センター生体統御学部門

学歴

【出身大学院】
神戸大学 博士課程 医学系研究科 内科学(Ⅱ) 2001/03 修了
【出身大学】
神戸大学 医学部 医学科 1994/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1969年12月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

食生活学、代謝学、食品科学・栄養科学

専門分野キーワード

肝臓糖脂質代謝

研究課題

著書

論文

  • 予防医学の扉を開く 食品に秘められたサイエンス -栄養の視床下部での感知と糖代謝への作用- 井上 啓 実験医学 35巻 630頁 2017 査読無 ②総説
  • Dietary Mung Bean Protein Reduces Hepatic Steatosis, Fibrosis, and Inflammation in Male Mice with Diet-Induced, Nonalcoholic Fatty Liver Disease. Watanabe H, Inaba Y, Kimura K, Asahara SI, Kido Y, Matsumoto M, Motoyama T, Tachibana N, Kaneko S, Kohno M, Inoue H. J Nutr. 147巻 1号 52頁 2017/01 査読有 ①原著論文
  • The GCN5-CITED2-PKA signalling module controls hepatic glucose metabolism through a cAMP-induced substrate switch.  Sakai M, Tujimura-Hayakawa T, Yagi T, Yano H, Mitsushima M, Unoki-Kubota H, Kaburagi Y, Inoue H, Kido Y, Kasuga M, Matsumoto M.  Nat Commun. 7巻 13147頁 2016/11/22 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Eicosapentaenoic acid ameliorates hyperglycemia in high-fat diet-sensitive diabetes mice in conjunction with restoration of hypoadiponectinemia. Nutr Diabetes.  6巻 e213頁 2016/06/27 査読有 ①原著論文
  • Molecular basis of brain-mediated regulation of hepatic glucose metabolism Diabetology International 5巻 3号 158-164頁 2014/01/01 

全て表示

  • P62/SQSTM1 plays a protective role in oxidative injury of steatotic liver in a mouse hepatectomy model Antioxidants and Redox Signaling 21巻 18号 2515-2530頁 2014/12/20 
  • Histidine Augments the Suppression of Hepatic Glucose Production by Central Insulin Action Kimura, Kumi;Nakamura, Yusuke;Inaba, Yuka;Matsumoto, Michihiro;Kido, Yoshiaki;Asahara, Shun-ichiro;Matsuda, Tomokazu;Watanabe, Hiroshi;Maeda, Akifumi;Inagaki, Fuyuhiko;Mukai, Chisato;Takeda, Kiyoshi;Akira, Shizuo;Ota, Tsuguhito;Nakabayashi, Hajime;Kaneko, Shuichi;Kasuga, Masato;Inoue, Hiroshi DIABETES 62巻 7号 2266-2277頁 2013 
  • Hypothalamic Orexin Prevents Hepatic Insulin Resistance via Daily Bidirectional Regulation of Autonomic Nervous System in Mice DIABETES 64巻 2号 459-470頁 2015/01/01 
  • Central Insulin Action Activates Kupffer Cells by Suppressing Hepatic Vagal Activation via the Nicotinic Alpha 7 Acetylcholine Receptor. Kimura K#, Tanida M#, Nagata N, Inaba Y, Watanabe H, Nagashimada M, Ota T, Asahara S, Kido Y, Matsumoto M, Toshinai K, Nakazato M, Shibamoto T, Kaneko S, Kasuga M, Inoue H. Cell Rep. 14巻 10号 2362-74頁 2016 査読有
  • Growth arrest and DNA damage-inducible 34 regulates liver regeneration in hepatic steatosis in mice. Hepatology. Inaba Y#, Furutani T#, Kimura K, Watanabe H, Haga S, Kido Y, Matsumoto M, Yamamoto Y, Harada K, Kaneko S, Oyadomari S, Ozaki M, Kasuga M, Inoue H. Hepatology. 61巻 4号 1343-1356頁 2015 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The gut microbiota suppresses insulin-mediated fat accumulation via the short-chain fatty acid receptor GPR43.  Kimura I, Ozawa K, Inoue D, Imamura T, Kimura K, Maeda T, Terasawa K, Kashihara D, Hirano K, Tani T, Takahashi T, Miyauchi S, Shioi G, Inoue H, Tsujimoto G. Nat Commun. 4巻 1829頁 2013 査読有 ①原著論文
  • Regulation of glucose metabolism by central insulin action.  Biomedical Reviews. 22巻 31-39頁 2011/04 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Endoplasmic Reticulum Stress Inhibits STAT3-dependent Suppression of Hepatic Gluconeogenesis via Dephosphorylation and Deacetylation.  Kimura K, Yamada T, Matusmoto M, Kido Y, Hosooka T, Asahara S, Matsuda T, Ota T, Watanabe H, Sai Y, Miyamoto K, Kaneko S, Kasuga M, Inoue H 61巻 1号 61-73頁 2012/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 中枢神経性肝糖産生調節における迷走神経の役割(会議名:第37回日本肥満学会)(2016/10/07)

芸術・フィールドワーク

特許

○肝臓脂肪蓄積抑制剤(公開年月:2016/12/08)
○非アルコール性脂肪性肝疾患及び/又は非アルコール性脂肪性肝炎における肝再生能改善剤(公開年月:2015/11/12)

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的萌芽研究「リアルタイムモニタリングによる蛋白質摂取の肝糖代謝への効果の検討」(2012-2013) ①代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「肥満での肝脂肪蓄積調節異常における自律神経の役割」(2011-2012) ①代表者
○基盤研究(B)「ヒスチジン誘導体の糖代謝における役割」(2011-2013) ①代表者
○若手研究(B)「肝細胞周期調節因子の肝糖脂質代謝における役割」(2009-2010) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○生体分子と細胞の機能(2016)

大学院担当授業科目

○代謝生理学特論(2017)
○動物実験学演習(2017)
○基礎系教育セミナー(2017)
○代謝生理学特論(2017)
○基礎系領域融合セミナー(2017)
○代謝生理学特論(2017)
○代謝生理学特論(2016)
○代謝生理学特論(2016)
○生命システム特別講義(「性決定と性システム進化」など)(2016)
○動物実験学演習(2016)
○代謝生理学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ