本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年10月20日

三枝 理博 (みえだ みちひろ) 教授 MIEDA Michihiro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 統合神経生理学

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 医学専攻

所属研究室等

統合神経生理学(旧生理学第二) TEL:076-265-2170 FAX:076-234-4224

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 理学系研究科 生物化学 1997/03 修了
【出身大学】
東京大学 理学部 生物化学科 1992/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

慶應義塾大学医学部 生理学教室 助手(1997/04/01-1997/12/31)
理化学研究所脳科学総合研究センター 発生遺伝子制御研究チーム 研究員(1998/01/01-2001/03/31)
テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター 分子遺伝学 HFSP長期フェロー(2001/04/01-2004/04/30)
東京医科歯科大学難治疾患研究所 分子神経科学 助手/助教(2004/05/01-2007/12/31)
金沢大学医薬保健研究域医学系 分子神経科学・統合生理学 准教授(2008/01/01-2017/01/31)
金沢大学医薬保健研究域医学系 統合神経生理学 教授(2017/02/01-)

生年月

1970年02月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

神経生理学・神経科学一般、生理学一般

専門分野キーワード

概日リズム、睡眠覚醒、摂食、脳、神経系、遺伝子操作マウス

研究課題

概日リズムの神経メカニズム

睡眠・覚醒調節の神経メカニズム

著書

  • Narcolepsy, 2nd Edition: A Clinical Guide, M. Goswami, M.J. Thorpy, Pandi-Perumal, eds. (Heidelberg, Germany: Springer)  Heidelberg, Germany: Springer 2016 原著書 共著 Mieda M, and Sakurai T:

論文

  • Differential roles of orexin receptors in the regulation of sleep/wakefulness. Mieda M,Tsujino N,Sakurai T Front Endocrinol (Lausanne) 4巻 57頁 2013/05 査読有 総説
  • Neurotensin co-expressed in orexin-producing neurons in the lateral hypothalamus plays an important role in regulation of sleep/wakefulness States. Furutani N,Hondo M,Kageyama H,Tsujino N,Mieda M,Yanagisawa M,Shioda S,Sakurai T PLoS One 8巻 4号 e62391頁 2013/04 査読有 原著論文
  • Orexin (hypocretin) receptor agonists and antagonists for treatment of sleep disorders. Rationale for development and current status. Mieda M,Sakurai T CNS DRUGS 27巻 2号 83-90頁 2013/02 査読有 総説
  • Clock genes influence gene expression in growth plate and endochondral ossification in mice. Takarada T,Kodama A,Hotta S,Mieda M,Shimba S,Hinoi E,Yoneda Y J Biol Chem 287巻 43号 36081-95頁 2012/10 査読有 原著論文
  • Overview of orexin/hypocretin system. Mieda M,Sakurai T Prog Brain Res 198巻 5-14頁 2012/10 査読有 総説

全て表示

  • Bmal1 in the nervous system is essential for normal adaptation of circadian locomotor activity and food intake to periodic feeding. Mieda M,Sakurai T J Neurosci 31巻 43号 15391-6頁 2011/10 査読有 原著論文
  • Connectomics of orexin-producing neurons: interface of systems of emotion, energy homeostasis and arousal. Sakurai T,Mieda M Trends Pharmacol Sci 32巻 8号 451-62頁 2011/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacogenetic modulation of orexin neurons alters sleep/wakefulness states in mice. Sasaki K,Suzuki M,Mieda M,Tsujino N,Roth B,Sakurai T PLoS One 6巻 5号 e20360頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential roles of orexin receptor-1 and -2 in the regulation of non-REM and REM sleep. Mieda M,Hasegawa E,Kisanuki YY,Sinton CM,Yanagisawa M,Sakurai T J Neurosci 31巻 17号 6518-26頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Critical role of neuropeptides B/W receptor 1 signaling in social behavior and fear memory. Nagata-Kuroiwa R,Furutani N,Hara J,Hondo M,Ishii M,Abe T,Mieda M,Tsujino N,Motoike T,Yanagawa Y,Kuwaki T,Yamamoto M,Yanagisawa M,Sakurai T PLoS One 6巻 2号 e16972頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The orexin system: roles in sleep/wake regulation. Sakurai T,Mieda M,Tsujino N Ann N Y Acad Sci 1200巻 149-61頁 2010/07 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Integrative physiology of orexins and orexin receptors. Mieda M,Sakurai T CNS Neurol Disord Drug Targets 8巻 4号 281-95頁 2009/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Hypothalamic orexin neurons regulate arousal according to energy balance in mice NEURON 38巻 5号 701頁 2003/06 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Integrative Physiology of Orexins and Orexin Receptors CNS & NEUROLOGICAL DISORDERS-DRUG TARGETS 8巻 4号 281頁 2009/08 査読無
  • The dorsomedial hypothalamic nucleus as a putative food-entrainable circadian pacemaker PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 103巻 32号 12150頁 2006/08 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of ephrin-A3 and novel genes specific to the midbrain-MHB in embryonic zebrafish by ordered differential display Mechanisms of Development 107巻 1-2号 83頁 2001 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacogenetic modulation of orexin neurons alters sleep/wakefulness states in mice NEUROSCIENCE RESEARCH 71巻 5号 E171頁 2011 査読無
  • Indispensability of the glutamate transporters GLAST and GLT1 to brain development PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 103巻 32号 12161頁 2006/08 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Orexin neurons function in an efferent pathway of a food-entrainable circadian oscillator in eliciting food-anticipatory activity and wakefulness JOURNAL OF NEUROSCIENCE 24巻 46号 10493頁 2004/11 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Orexin peptides prevent cataplexy and improve wakefulness in an orexin neuron-ablated model of narcolepsy in mice PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 101巻 13号 4649頁 2004/03 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of the lateral hypothalamic peptide orexin in morphine dependence and withdrawal JOURNAL OF NEUROSCIENCE 23巻 8号 3106頁 2003/04 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Control elements of muscarinic receptor gene expression Life Sciences 64巻 6-7号 479頁 1999/01/08 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Pharmacogenetic modulation of orexin neurons alters sleep/wakefulness states in mice NEUROSCIENCE RESEARCH 71巻 5号 E171頁 2011 査読無
  • Compartmentalized expression of zebrafish ten-m3 and ten-m4, homologues of the Drosophila tenm/odd Oz gene, in the central nervous system. Mieda, M,Kikuchi, Y,Hirate, Y,Aoki, M,Okamoto, H Mechanisms of Development 87巻 223頁 1999/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • R-spondin3 is required for mouse placental development DEVELOPMENTAL BIOLOGY 301巻 1号 218頁 2007/01 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Critical role of neuropeptides B/W receptor 1 signaling in social behavior and fear memory NEUROSCIENCE RESEARCH 71巻 2号 E386頁 2011 査読無
  • Rodent models of human narcolepsy-cataplexy Hypocretins: Integrators of Physiological Functions 27頁 2005 査読有 その他
  • Central control of bone remodeling by neuromedin U NATURE MEDICINE 13巻 10号 1234頁 2007/10 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of the rat m4 muscarinic acetylcholine receptor gene is regulated by the neuron-restrictive silencer element/repressor element 1 Journal of Biological Chemistry 272巻 9号 5854頁 1997/02/28 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Promoter region of the rat m4 muscarinic acetylcholine receptor gene contains a cell type-specific silencer element Journal of Biological Chemistry 271巻 9号 5177頁 1996/03/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Fine-Tuning Circadian Rhythms: The Importance of Bmal1 Expression in the Ventral Forebrain FRONTIERS IN NEUROSCIENCE 11巻 55頁 2017/02 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Cellular Clocks in AVP Neurons of the SCN Are Critical for Interneuronal Coupling Regulating Circadian Behavior Rhythm NEURON 85巻 5号 1103頁 2015/03 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacogenetic dissection of neural mechanisms underlying the regulation of sleep-wakefulness using DREADDs Designer Receptors Exclusively Activated by Designer Drugs 109頁 2015/09/04 査読有 その他
  • Orexin neurons suppress narcolepsy via 2 distinct efferent pathways JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 124巻 2号 604頁 2014/02 査読無 研究論文(学術雑誌) 
  • Bone Resorption Is Regulated by Circadian Clock in Osteoblasts. Takeshi Takarada,Cheng Xu,Hiroki Ochi,Ryota Nakazato,Daisuke Yamada,Saki Nakamura,Ayumi Kodama,Shigeki Shimba,Michihiro Mieda,Kazuya Fukasawa,Kakeru Ozaki,Takashi Iezaki,Koichi Fujikawa,Yukio Yoneda,Rika Numano,Akiko Hida,Hajime Tei,Shu Takeda,Eiichi Hinoi J. Bone Miner. Res. 32巻 4号 872頁 2017/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Overview of orexin/hypocretin system OREXIN/HYPOCRETIN SYSTEM 198巻 5頁 2012 査読無 その他
  • Orexin (Hypocretin) and Narcolepsy Michihiro Mieda,Takeshi Sakurai Narcolepsy 11頁 2016 査読有 
  • Orexin (Hypocretin) Receptor Agonists and Antagonists for Treatment of Sleep Disorders Rationale for Development and Current Status CNS DRUGS 27巻 2号 83頁 2013 査読無 研究論文(学術雑誌) 
  • Physiological roles of orexin receptors on sleep/wakefulness regulation Orexin and Sleep: Molecular, Functional and Clinical Aspects 53頁 2015/09/22 査読有 その他
  • Bmal1 in the Nervous System Is Essential for Normal Adaptation of Circadian Locomotor Activity and Food Intake to Periodic Feeding JOURNAL OF NEUROSCIENCE 31巻 43号 15391頁 2011/10 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Astrocytes Regulate Daily Rhythms in the Suprachiasmatic Nucleus and Behavior CURRENT BIOLOGY 27巻 7号 1055頁 2017/04 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Differential Roles of Orexin Receptor-1 and-2 in the Regulation of Non-REM and REM Sleep JOURNAL OF NEUROSCIENCE 31巻 17号 6518頁 2011/04 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Synchronous circadian voltage rhythms with asynchronous calcium rhythms in the suprachiasmatic nucleus PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 114巻 12号 E2476頁 2017/03 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • GABAergic neurons in the preoptic area send direct inhibitory projections to orexin neurons FRONTIERS IN NEURAL CIRCUITS 7巻 192頁 2013/12 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • オレキシンと食行動・エネルギー代謝. 三枝理博,櫻井武 ねむりとマネージメント 3巻 42頁 2016 査読無
  • Connectomics of orexin-producing neurons: interface of systems of emotion, energy homeostasis and arousal TRENDS IN PHARMACOLOGICAL SCIENCES 32巻 8号 451頁 2011/08 査読無
  • Disruption of Bmal1 Impairs Blood–Brain Barrier Integrity via Pericyte Dysfunction Ryota Nakazato,Kenji Kawabe,Daisuke Yamada,Shinsuke Ikeno,Michihiro Mieda,Shigeki Shimba,Eiichi Hinoi,Yukio Yoneda,Takeshi Takarada The Journal of Neuroscience 37巻 42号 10052頁 2017/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • The roles of orexins in sleep/wake regulation NEUROSCIENCE RESEARCH 118巻 56頁 2017/05 査読有 
  • The Intrinsic Microglial Clock System Regulates Interleukin-6 Expression GLIA 65巻 1号 198頁 2017/01 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • QRFP-Deficient Mice Are Hypophagic, Lean, Hypoactive and Exhibit Increased Anxiety-Like Behavior PLOS ONE 11巻 11号 e0164716頁 2016/11 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Orexin Receptor-1 in the Locus Coeruleus Plays an Important Role in Cue-Dependent Fear Memory Consolidation JOURNAL OF NEUROSCIENCE 33巻 36号 14549頁 2013/09 査読無 研究論文(学術雑誌) 
  • Neurotensin Co-Expressed in Orexin-Producing Neurons in the Lateral Hypothalamus Plays an Important Role in Regulation of Sleep/Wakefulness States PLOS ONE 8巻 4号 e62391頁 2013/04 査読無 研究論文(学術雑誌) 
  • Clock Genes Influence Gene Expression in Growth Plate and Endochondral Ossification in Mice JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 287巻 43号 36081頁 2012/10 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacogenetic Modulation of Orexin Neurons Alters Sleep/Wakefulness States in Mice PLOS ONE 6巻 5号 2011/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 睡眠障害とオレキシン拮抗薬. 三枝理博,櫻井武 Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2016 197頁 2016 査読無
  • Critical Role of Neuropeptides B/W Receptor 1 Signaling in Social Behavior and Fear Memory PLOS ONE 6巻 2号 2011/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Differential roles of orexin receptors in the regulation of sleep/wakefulness Frontiers in Endocrinology 4巻 MAY号 57頁 2013 査読無 
  • Serotonin neurons in the dorsal raphe mediate the anticataplectic action of orexin neurons by reducing amygdala activity PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 114巻 17号 E3526頁 2017/04 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Manipulating the Cellular Circadian Period of Arginine Vasopressin Neurons Alters the Behavioral Circadian Period CURRENT BIOLOGY 26巻 18号 2535頁 2016/09 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Glutamatergic neurons in the medial prefrontal cortex mediate the formation and retrieval of cocaine-associated memories in mice. Addiction biology 25巻 1号 e12723頁 2020/01 査読有
  • Monoamines Inhibit GABAergic Neurons in Ventrolateral Preoptic Area that make Direct Synaptic Connections to Hypothalamic Arousal Neurons Saito, Yuki,Maejima, Takashi,Nishitani, Mitsuhiro,Hasegawa, Emi,Yanagawa, Yuchio,Mieda, Michihiro,Sakurai, Takeshi The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 38巻 28号 6366頁 2018/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Glutamatergic neurons in the medial prefrontal cortex mediate the formation and retrieval of cocaine-associated memories in mice Zhang, Tong,Yanagida, Junko,Kamii, Hironori,Wada, Shintaro,Domoto, Masaki,Sasase, Hitoki,Deyama, Satoshi,Takarada, Takeshi,Hinoi, Eiichi,Sakimura, Kenji,Yamanaka, Akihiro,Maejima, Takashi,Mieda, Michihiro,Sakurai, Takeshi,Nishitani, Naoya,Nagayasu, Kazuki,Kaneko, Shuji,Minami, Masabumi,Kaneda, Katsuyuki Addiction biology Epub巻 2019/02 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • The central circadian clock of the suprachiasmatic nucleus as an ensemble of multiple oscillatory neurons. Mieda M Neuroscience research 2019/09 査読有
  • Adolescent Dietary Habit-induced Obstetric and Gynecologic Disease (ADHOGD) as a New Hypothesis-Possible Involvement of Clock System. Nutrients 12巻 5号 2020/05/02 査読有
  • Time Restriction of Food Intake during the Circadian Cycle Is a Possible Regulator of Reproductive Function in Postadolescent Female Rats Current Developments in Nutrition 3巻 4号 nzy093頁 2019/03/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The Network Mechanism of the Central Circadian Pacemaker of the SCN: Do AVP Neurons Play a More Critical Role Than Expected? Mieda M Frontiers in neuroscience 13巻 139頁 2019 査読有
  • GABA from vasopressin neurons regulates the time at which suprachiasmatic nucleus molecular clocks enable circadian behavior. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 118巻 6号 2021/02/09 研究論文(学術雑誌)
  • [Neural Mechanisms Underlying the Central Circadian Clock of the Suprachiasmatic Nucleus]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 72巻 11号 1143頁 2020/11 研究論文(学術雑誌)
  • Sexually Dimorphic Vasopressin Cells Modulate Social Investigation and Communication in Sex-Specific Ways. Rigney N,Whylings J,Mieda M,de Vries G,Petrulis A eNeuro 6巻 1号 2019/01 査読有
  • Dopamine D2L Receptor Deficiency Causes Stress Vulnerability through 5-HT1A Receptor Dysfunction in Serotonergic Neurons. Shioda N,Imai Y,Yabuki Y,Sugimoto W,Yamaguchi K,Wang Y,Hikida T,Sasaoka T,Mieda M,Fukunaga K The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 39巻 38号 7551頁 2019/09 査読有
  • The central circadian clock of the suprachiasmatic nucleus as an ensemble of multiple oscillatory neurons. Mieda M. Neurosci Res 156巻 24-31頁 2020/07 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Brown adipocyte-specific knockout of Bmal1 causes mild but significant thermogenesis impairment in mice Hasan N, Nagata N, Morishige JI, Islam MT, Jing Z, Harada KI, Mieda M, Ono M, Fujiwara H, Daikoku T, Fujiwara T, Maida Y, Ota T, Shimba S, Kaneko S, Fujimura A, Ando H. Molecular Metabolism Online ahead of print巻 2021/03/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 概日時計と睡眠 三枝理博 生体の科学 71巻 18-22頁 2020/01 査読無 総説
  • レム睡眠発現制御・情動脱力発作とナルコレプシー 三枝理博 睡眠医療 13巻 357-373頁 2019 査読無 総説

講演・口頭発表等

  • 中枢時計におけるバソプレシン産生ニューロンの機能(会議名:第27回日本時間生物学会学術大会)(2020/09/26)
  • 中枢概日時計神経ネットワークの遺伝学的解析(会議名:第26回日本時間生物学会学術大会)(2019/10/12)
  • 哺乳類中枢概日時計の神経メカニズム (会議名:明治大学現象数理学共同研究集会 「生物学・化学・数理科学から見抜くリズム現象」)(2019/03/01)
  • サーカディアンペースメーカーの神経機構(会議名:第41回日本神経科学学会学術大会)(2018/07/28)
  • 中枢概日時計におけるバソプレシンニューロンの機能 (会議名:第43回日本睡眠学会学術大会)(2018/07/11)

全て表示

  • Genetic dissection of neural mechanisms underlying the central circadian pacemaker (会議名:Sapporo Symposium on Biological Rhythm in 2018)(2018/07/14)
  • 体内時計と健康(会議名:第10回金沢大学未来開拓研究公開シンポジウム)(2017/10/14)
  • 中枢概日時計の神経メカニズムの解析(会議名:第64回中部日本生理学会)(2017/10/06)
  • 視交叉上核の中枢概日時計におけるAVPニューロンの役割(会議名:第95回日本生理学大会)(2018/03/30)
  • オレキシンによる睡眠・覚醒調節の神経メカニズム(会議名:2017年度生命科学系学会合同年次大会)(2017/12/07)
  • AVP neurons play a critical role in the circadian pacemaking of SCN(会議名:第94回日本生理学大会)(2017/03)
  • オレキシンによる睡眠・覚醒調節におけるモノアミンニューロンの役割.(会議名:第23回日本時間生物学会学術大会)(2016/11)
  • AVP neurons play a critical role in the circadian pacemaking of the SCN. (会議名:Sapporo Symposium on Biological Rhythm)(2016/11)
  • Roles of monoamine neurons in sleep-wake regulation by orexin.(会議名:The 29th Conference of the International Society for Chronobiology)(2016/10)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「ニューロンタイプ特異的遺伝子操作による中枢概日ペースメーカーの動作原理の解明」(2016-2018) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「時計ニューロン集団による概日リズム発振の神経生理学的基盤解明と操作」(2016-2017) 代表者
○挑戦的萌芽研究「真の概日中枢時計ニューロンの同定」(2015-2016) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域)「食餌同調性概日ペースメーカーによる食欲・行動・末梢臓器機能の調節」(2013-2014)
○基盤研究(B)(一般)「概日ペースメーカー神経ネットワークの動作原理」(2012-2015)
○挑戦的萌芽研究「AAVベクターと人工GPCRを用いたナルコレプシーの遺伝子治療法の開発」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(B)「食餌同期性概日リズムを刻む視床下部背内側核ニューロンの機能解析」(2008-2011) 代表者
○若手研究(B)「概日リズム制御機構と摂食制御機構の相互作用に関する研究」(2006-2007) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「概日リズムに基づく妊娠・産褥期セルフケアプログラムの開発-光と食による制御の検討」(2020-2023) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「中枢体内時計全体を包括した光同調メカニズムの統合的理解」(2020-2021) 代表者
○基盤研究(B)「摂食リズムの非同期による時計遺伝子の記憶が誘発する女性生殖機能異常の総合的解析」(2019-2021) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「バソプレシン産生ニューロンを基軸とする中枢時計神経メカニズムの解明」(2019-2021) 代表者
○挑戦的研究(萌芽)「統合失調症の視床網様核機能異常仮説の検討」(2019-2021) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「中枢概日時計の局所神経回路で2種類の細胞を遺伝子操作・活動操作し分ける方法の開発」(2018-2019) 代表者
○新学術領域研究(公募研究)「概日リズム周期の決定機構解明と操作」(2018-2019) 代表者
○新学術領域研究(公募研究)「時計ニューロン集団による概日リズム発振の神経生理学的基盤解明と操作」(2018-2019) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2016-2018) 研究 ニューロンタイプ特異的遺伝子操作を用いた概日中枢時計神経メカニズムの解明 医学系研究奨励継続助成 武田科学振興財団 
○競争的資金(学外) (2016-2017) 研究 睡眠障害ナルコレプシーを抑制する神経回路の解明 研究助成 アステラス病態代謝研究会
○競争的資金(学外) (2016-2017) 研究 視床網様核の機能異常と統合失調症との関連の検討 精神薬療分野研究助成 先進医薬研究振興財団
○競争的資金(学外) (2015-2016) 研究 ニューロンタイプ特異的神経活動操作による中枢概日時計メカニズムの解析 金原一郎記念医学医療振興財団・基礎医学医療研究助成金
○競争的資金(学外) (2013-2014) 研究 ニューロンタイプ特異的遺伝子操作を用いた概日中枢時計神経メカニズムの解明 武田科学振興財団 医学系研究奨励 金沢大学
○競争的資金(学外) (2012-2013) 研究 睡眠障害治療薬のための新たな創薬標的分子・標的細胞の探索 持田記念医学薬学振興財団 研究助成金 金沢大学
○競争的資金(学外) (2006-2009) 研究 Multioscillatory mechanism underlying neural regulation of the circadian rhythm ヒューマンフロンティアサイエンスプログラム CDA 東京医科歯科大学ー金沢大学
○競争的資金(学外) (2006-2006) 研究 視床下部背内側核の摂食調節における統合的な役割の解明 大内敦子難治疾患に関する研究助成資金 東京医科歯科大学
○競争的資金(学外) (2005-2005) 研究 脳における領域特異的な分子時計の機能 成茂神経科学研究助成基金 東京医科歯科大学
○競争的資金(学外) (2005-2005) 研究 生物時計と摂食の相互作用 金原一郎記念医学医療振興財団 東京医科歯科大学
○競争的資金(学外) (2005-2005) 研究 概日リズム制御機構と摂食・代謝調節機構の相互作用に関する研究 医科学応用研究財団 東京医科歯科大学
○競争的資金(学外) (2005-2005) 研究 摂食リズム調節の神経メカニズム–中枢性摂食異常症の理解に向けて 「難治疾患の研究」を重点課題とする研究助成 東京医科歯科大学
○競争的資金(学外) (2020-2022) 研究 体内時計・睡眠覚醒システムの統合的理解と疾患への応用 生命科学助成 武田科学振興財団
○競争的資金(学外) (2019-2020) 研究 In vivo多層的活動計測による中枢体内時計の神経メカニズムの解明 研究助成 第一三共生命科学研究振興財団
○競争的資金(学外) (2019-2020) 研究 中枢体内時計による睡眠調節の神経メカニズム 助成金 花王健康科学研究会
○競争的資金(学外) (2019-2019) 研究 ADPリボシルシクラーゼ・CD38の概日リズム発振における役割 酵素研究助成 日本応用酵素学会
○競争的資金(学外) (2019-2019) 研究 ADPリボシルシクラーゼ・CD38の概日リズム発振における役割 酵素研究助成 日本応用酵素学会
○競争的資金(学内) (2018-2019) 研究 高等哺乳動物を用いた脳恒常性維持機構の統合的研究拠点の形成 先魁プロジェクト2018 金沢大学
○競争的資金(学外) (2018-2019) 研究 個々の中枢概日時計ニューロンの生体内での活動リズムの解析 研究援助 山田科学振興財団
○競争的資金(学外) (2017-2018) 研究 中枢概日時計と睡眠覚醒中枢の相互制御メカニズム 研究助成金 上原記念生命科学財団

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○初学者ゼミⅠ(2017)
○神経生理学(2017)
○生体の機能(2017)
○実践医学英語(2017)
○医学研究プレゼンテーション(2017)
○医学研究実践(2017)
○生体の機能と統合(2017)
○最新医学研究(2017)
○医薬保健学基礎(2017)
○英語コミュニケーション(2017)
○生体の機能と統合・実習(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○生体の機能と統合(2016)
○医学研究プレゼンテーション(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○医学研究実践(2016)
○最新医学研究(2016)
○実践医学英語(2016)
○英語コミュニケーション(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命(2015)
○生体の機能と統合・実習(2015)
○生体の機能と統合(2015)
○医薬保健学基礎(2015)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命(2014)
○生体の機能と統合・実習(2014)
○生体の機能と統合(2014)
○医薬保健学基礎(2014)
○生体の機能と統合(2013)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命(2013)
○生体の機能と統合・実習(2013)
○医薬保健学基礎(2013)

大学院担当授業科目

○分子神経科学・統合生理学特論(2017)
○分子神経科学・統合生理学特論(2017)
○分子神経科学・統合生理学特論(2017)
○人体機能学(2017)
○アドバンスド・メディカルサイエンスセミナー(2016)
○アドバンスドメディカルサイエンスセミナー(2016)
○人体機能学(2016)
○分子神経科学・統合生理学特論(2016)
○分子神経科学・統合生理学特論(2016)
○分子神経科学・統合生理学特論(2016)
○人体機能学(2015)
○人体機能学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ