本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年03月30日

若杉 光生 (わかすぎ みつお) 准教授 WAKASUGI Mitsuo

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 創薬科学類
医薬保健学域 薬学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻

所属研究室等

遺伝情報制御学研究室 TEL:076-234-4426 FAX:076-234-4427

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学専攻 1996/03 修了
【取得学位】
博士(薬学)

職歴

金沢大学 薬学部(2002/04/01-)

生年月

1969年03月

所属学会

日本分子生物学会
日本放射線影響学会
日本癌学会

学内委員会委員等

○教育研究災害防止対策委員 委員

受賞学術賞

○上原記念生命科学財団研究奨励金(2004/03/11)

専門分野

DNA修復 遺伝子不安定性 発がん防御、放射線・化学物質影響科学、生物系薬学、分子生物学

専門分野キーワード

DNA修復、DNA損傷応答

研究課題

ヌクレオチド除去修復の分子機構に関する研究

著書

論文

  • Rodent complementation group 8 (ERCC8) corresponds to Cockayne syndrome complementation group A Mutation research 362巻 167-174頁 1996 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Purification of a novel UV-damaged-DNA binding protein highly specific for (6-4) photoproduct Nucleic Acids Res 24巻 1099号 1104頁 1996 査読有
  • Characterization of reaction intermediates of human excision repair nuclease. Mu, D., Wakasugi, M., Hsu, D. S., and Sancar, A. The Journal of Biological Chemistry 272巻 46号 28971-28979頁 1997/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The non-catalytic function of XPG protein during dual incision in human nucleotide excision repair. Wakasugi, M., Reardon, J. T., and Sancar, A. The Journal of Biological Chemistry 272巻 25号 16030-16034頁 1997/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mutational analysis of a function of xeroderma pigmentosum group A (XPA) protein in strand-specific repair. Kobayshi,T., Takeuchi, S., Saijo, M., Nakatsu, Y., Morioka, H., Otsuka, E., Wakasugi, M., Nikaido, O., and Tanaka, K. Nucleic Acids Research 26巻 20号 4662-4668頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Assembly, subunit composition, and footprint of human DNA repair excision nuclease. Wakasugi, M., and Sancar, A. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 95巻 6669-6674頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Order of assembly of human DNA repair excision nuclease Wakasugi, M., and Sancar, A. The Journal of Biological Chemistry 274巻 6号 18759-18768頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Damaged DNA-binding protein DDB stimulates the excision of cyclobutane pyrimidine dimers in vitro in concert with XPA and replication protein A Wakasugi, M., Shimizu, M., Morioka, H., Linn, S., Nikaido, O.,and Matsunaga, T . The Journal of Biological Chemistry 276巻 18号 15434-15440頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DDB accumulates at DNA Damage Sites Immediately after UV Irradiation and Directly Stimulates Nucleotide Excision Repair Wakasugi, M., Kawashima A., Morioka, H., Linn, S., Sancar, A., Mori, T., Nikaido, O.,and Matsunaga, T . The Journal of Biological Chemistry 277巻 3号 1637-1640頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • cDNA cloning of the chicken DDB1 gene encoding the p127 subunit of damaged DNA-binding protein Genes Genet Syst 78巻 169-177頁 2003 査読有 原著論文
  • Human NTH1 physically interacts with p53 and proliferating cell nuclear antigen Oyama, M., Wakasugi, M., Hama, T., Hashidume, H., Iwakami, Y., Imai, R., Hoshino, S., Morioka, H., Ishigaki, Y., Nikaido, O., and Matsunaga, T Biochem Biophys Res Commun 321巻 183-191頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Human XPC-HR23B interacts with XPA-RPA in the recognition of triplex-directed psoralen DNA interstrand crosslinks. Thoma, BS., Wakasugi, M.,Christensen, J., Reddy, M. C.,Vasquez, K. M. Nucleic Acids Res 33巻 9号 2993-3001頁 2005/10
  • DDB1 gene disruption causes a severe growth defect and apoptosis in chicken DT40 cells Biochem Biophys Res Commun 364巻 4号 771-777頁 2007/10
  • Cleavage-mediated activation of Chk1 during apoptosis. The Journal of biological chemistry 283巻 25485-25491頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Physical and functional interaction between DDB and XPA in nucleotide excision repair Nucleic Acids Res 37巻 2号 516-525頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Molecular Basis of CRL4DDB2/CSA Ubiquitin Ligase Architecture, Targeting, and Activation. Fischer E. S., Scrima1, A., Böhm, K., Matsumoto, S., Lingaraju, G. M., Faty,M., Yasuda, T., Cavadini, S., Wakasugi, M., Hanaoka, F., Iwai, S., Gut, H., Sugasawa, K., Thomä. N. H.  CELL 147巻 1024頁 2011/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of interaction of XPF with RPA in nucleotide excision repair. Fisher, LA., Bessho M., Wakasugi M., Matsunaga, T., and Bessho,T. JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY 413巻 337頁 2011/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Establishment of a Microplate-Formatted Cell-Based Immunoassay for Rapid Analysis of Nucleotide Excision Repair Ability in Human Primary Cells. Nishinaga, M., Kurata, R., Onishi, K., Kuriyama, K., Wakasugi, M., and Matsunaga, T. PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY 88巻 356-362頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The scaffold protein JLP plays a key role in regulating ultraviolet B-induced apoptosis in mice Genes to cells 289巻 28730-28737頁 2014 査読有 原著論文
  • Nucleotide excision repair-dependent DNA double-strand break formation and ATM signaling activation in mammalian quiescent cells Journal of Biological Chemistry 289巻 41号 28730-28737頁 2014/10/10 
  • PDIP38/PolDIP2 controls the DNA damage tolerance pathways by increasing the relative usage of translesion DNA synthesis over template switching  Masataka Tsuda, Saki Ogawa, Masato Ooka, Kaori Kobayashi,Kouji Hirota, Mitsuo Wakasugi, Tsukasa Matsunaga, Tetsushi Sakura, Takashi Yamamoto, Shunsuke Chikuma, Hiroyuki Sasanuma, Michelle Debatisse; Aidan J Doherty, Robert P. Fuchs, Shunichi Takeda
 PLOS ONE 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spironolactone-induced XPB degradation depends on CDK7 kinase and SCFFBXL18 E3 ligase Masanobu Ueda, Kenkyo Matsuura, Hidehiko Kawai, Mitsuo Wakasugi and Tsukasa Matsunaga Genes to Cells 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DCAF7 is required for maintaining the cellular levels of ERCC1-XPF and nucleotide excision repair Kawara, H., Akahori, R., Wakasugi, M., Sancar, A., Matsunaga, T. Biochem Biophys Res Commun 519巻 204-210頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Topoisomerase I-driven repair of UV-induced damage in NER-deficient cells Saha, L. K., Wakasugi, M., Akter, S., Prasad, R., Wilson, S. H., Shimizu, N., Sasanuma, H., Huang, S. N., Agama, K., Pommier, Y., Matsunaga, T., Hirota, K., Iwai, S., Nakazawa, Y., Ogi, T., Takeda, S. Proc Natl Acad Sci U S A 117巻 25号 14412-14420頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

  • DNA損傷センサー因子DDBの機能解析 若杉光生、松永司 39巻 3号 300-312頁 2004/10 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 休止期におけるヌクレオチド除去修復依存的な二次的DNA損傷の生成 若杉光生、佐々木琢磨、藺上圭子、松永司 放射線生物研究 46巻 322-331頁 2011
  • Aziz Sancar博士と紫外線誘発DNA損傷の修復機構 若杉光生、松永司 放射線生物研究 4巻 383-390頁 2015 ⑩総説・解説(その他)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○ヌクレオチド除去修復反応をターゲットにした抗がん剤の開発

科研費

○若手研究(B)「ヌクレオチド除去修復におけるDDBの機能とクロマチン構造変換機構の解析」(2004-) 代表者
○若手研究(B)「ヌクレオチド除去修復におけるクロマチン制御とDDBの機能」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「ゲノム損傷応答機構におけるCul4/DDB1ユビキチンリガーゼの新機能の解明」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「休止期においてNER依存的に活性化するDNA損傷応答機構の解析」(2012-2014)
○基盤研究(C)(一般)「休止期のヌクレオチド除去修復により生じる二次的DNA損傷とゲノム恒常性維持機構」(2015-2017) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2019-2021) 研究 NER中間体がもたらす新たなDNA損傷生成とその防御機構の解析 基盤研究(C)(一般)
○競争的資金(学外) (2019-2021) 研究 喫煙による新たなDNA損傷生成メカニズムと発がん 喫煙科学研究財団助成研究
○競争的資金(学外) (2019-2021) 研究 ヌクレオチド除去修復機構解明に向けたケミカルアプローチ 基盤研究(B)(一般)
○競争的資金(学外) (2016-2018) 研究 新規DNA修復阻害剤を活用したメカニズム解析と癌治療への応用 基盤研究(B)(一般)
○競争的資金(学外) (2013-2015) 研究 ケミカルバイオロジーを利用したヒトヌクレオチド除去修復機構の解析 基盤研究(B)(一般)
○競争的資金(学外) (2012-2014) 研究 休止期においてNER依存的に活性化するDNA損傷応答機構の解析 基盤研究(C)(一般)
○競争的資金(学外) (2009-) 研究 Cul4/DDB1ユビキチンリガーゼのDNA損傷応答反応における新機能 武田科学振興財団

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○生物の取り扱いを学ぶI(2017)
○分子細胞生物学Ⅲ(2017)
○応用細胞機能学(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○生物の取り扱いを学ぶI(2016)
○分子細胞生物学Ⅲ(2016)
○応用細胞機能学(2016)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2015)
○応用細胞機能学(2015)
○応用細胞機能学(2014)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2014)

大学院担当授業科目

○バイオファーマサイエンス先端セミナー(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○DNA損傷と修復(キーワード:DNA損傷,DNA修復,遺伝情報維持)

その他公的社会活動

このページの先頭へ