本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

鈴木 健之 (すずき たけし) 教授 SUZUKI, Takeshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

がん進展制御研究所

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

機能ゲノミクス研究分野 TEL:076-265-2734 FAX:076-234-4502

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 理学系研究科 生物化学専攻 1993/03 修了
【出身大学】
東京大学 理学部 生物化学科 1988/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

東京大学医科学研究所  東京大学医科学研究所 助手(1993/04/01-1999/05/31)
米国国立がん研究所 研究員 米国国立がん研究所(1999/06/01-2003/03/31)
京都大学医学研究科  京都大学大学院医学研究科 助教授(2003/04/01-2007/03/31)

生年月

1966年11月

所属学会

日本癌学会
日本分子生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

分子生物学、細胞生物学、医化学一般、ウイルス学

専門分野キーワード

腫瘍ウイルス、がん遺伝子、ゲノム情報

研究課題

ウイルス挿入変異を利用した新しいがん分子標的の探索

著書

論文

  • Tumor suppressor gene identification using retroviral insertional mutagenesis in Blm-deficient mice Suzuki T, Minehata K, Akagi K, Jenkins NA, Copeland NG EMBO JOURNAL 25巻 14号 3411-3421頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • meis1 regulates the development of endothelial cells in zebrafish Ken-ichi Minehata, Atsuo Kawahara, Takeshi Suzuki BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 374巻 4号 647-652頁 2008/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Jmjd2c histone demethylase enhances the expression of Mdm2 oncogene Akihiko Ishimura, Minoru Terashima, Hiroshi Kimura, Keiko Akagi, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano, Takeshi Suzuki BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 389巻 366-371頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The tumor suppressor Rb and its related Rbl2 genes are regulated by Utx histone demethylase Minoru Terashima, Akihiko Ishimura, Masakazu Yoshida, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano, Takeshi Suzuki BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 399巻 238-244頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PLU1 histone demethylase decreases the expression of KAT5 and enhances the invasive activity of the cells Masakazu Yoshida, Akihiko Ishimura, Minoru Terashima, Zanabazar Enkhbaatar, Naohito Nozaki, Kenji Satou, Takeshi Suzuki Biochemical Journal 437巻 555-564頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • High-throughput retroviral tagging for identification of genes involved in initiation and progression of mouse splenic marginal zone lymphomas. Shin MS, Fredrickson TN, Hartley JW, Suzuki T, Akagi K, Morse HC CANCER RESEARCH 64巻 13号 4419-27頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Early B-cell factor-associated zinc-finger gene is a frequent target of retroviral integration in murine B-cell lymphomas. Warming S, Suzuki T, Yamaguchi TP, Jenkins NA, Copeland NG ONCOGENE 23巻 15号 2727-31頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RTCGD: retroviral tagged cancer gene database. Akagi K, Suzuki T, Stephens RM, Jenkins NA, Copeland NG NUCLEIC ACIDS RESEARCH 32巻 D号 523-7頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stat5 synergizes with T cell receptor/antigen stimulation in the development of lymphoblastic lymphoma. 198巻 1号 79-89頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transactivation of the Fucosyltransferase VII gene by human T-cell leukemia virus type I Tax through a variant cAMP-responsive element. 101巻 9号 3615-21頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evi3, a common retroviral integration site in murine B-cell lymphoma, encodes an EBFAZ-related kruppel-like zinc finger protein. 101巻 5号 1934-40頁 2003/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genome-based identification of cancer genes by proviral tagging in mouse retrovirus induced T-cell lymphoma. 77巻 3号 2056-62頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Common sites of retroviral integration in mouse hematopoietic tumors identified by high-throughput, single nucleotide polymorphism-based, mapping and bacterial artificial chromosome hybridization. 77巻 2号 1584-8頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New genes involved in cancer identified by retroviral tagging. 32巻 1号 166-74頁 2002/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Suzuki T, Terashima M, Yoshida M and Ishimura A. Functional analysis of histone methyltransferases and demethylases identified by mouse retroviral insertional mutagenesis. The 10th Awaji International Forum on Infection and Immunity, September 2010, Awaji, Japan. Ishimura A, Terashima M and Suzuki T. The physiological role of Jmjd5, a candidate cancer gene identified by retroviral insertional mutagenesis. 第69回日本癌学会学術総会(大阪2010年9月) Terashima M, Ishimura A, Yoshida M and Suzuki T. Functional characterization of JmjC domain-containing proteins and SET domain-containing proteins involved in cancer. 第69回日本癌学会学術総会(大阪2010年9月) Suzuki T, Terashima M, Yoshida M and Ishimura A. Functional analysis of histone methyltransferases and demethylases identified by mouse retroviral insertional mutagenesis. 第33回分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(神戸2010年12月) (2010)
  • Suzuki T. Identification of novel cancer genes using retroviral insertional mutagenesis in mice. The Joint Symposium of the 3rd International Symposium of Institutes Network and Hot Spring Harbor&,#8211,Global COE Symposium, February 2008, Beppu, Japan. Suzuki T, Ishimura A and Terashima M. Identification of the genes involved in mouse retrovirus-induced leukemia/lymphoma by high-throughput retroviral tagging. The 8th Awaji International Forum on Infection and Immunity, September 2008, Awaji, Japan. Suzuki T. ウイルス感染マウスを用いた新しいがん分子標的の探索. The 22nd Meeting of the Society for the study of Mammalian Genetics, September 2008, Tokyo, Japan. Suzuki T. Involvement of histone methyltransferases and demethylases in cancer identified by retroviral insertional mutagenesis. 第67回日本癌学会学術総会(名古屋2008年10月) Suzuki T, Ishimura A, Terashima M, Suzuki Y, Sugano S and Yoshida M. Identification of novel cancer genes using retroviral insertional mutagenesis in mice. 第31回分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸2008年12月) Ishimura A, Minehata K, Terashima M, Hara T and Suzuki T. 新規がん抑制遺伝子候補Jmjd5の機能解析  第31回分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸2008年12月) (2008)
  • Suzuki T and Ishimura A. High-throughput retroviral tagging for identification of the genes involved in mouse retrovirus induced lymphoma. The Awaji International Forum on Infection and Immunity, Awaji, Sep 1, 2007 Suzuki T. Tumor suppressor gene identification using retroviral insertional mutagenesis in Bloom syndrome model mice. 第66回日本癌学会学術総会(横浜2007年10月) Suzuki T. Identification of novel cancer genes using retroviral insertional mutagenesis in mice. 第30回分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(横浜2007年12月) (2007)
  • Suzuki, T.: Identification of cancer related genes by retroviral insertional mutagenesis. The 21st Century COE Colloquium Animal models for Cancer Research (October 7, 2006, Kyoto, Japan) Minehata, K., Suzuki, T.: Meis1, homeobox transcription factor, regulates the differentiation of endothelial cells and the angiogenic network formation. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (June 18-23, 2006, Kyoto, Japan) Suzuki, T., Minehata, K., Jenkins, N., Copeland, N.: Retroviral tagging of candidate tumor suppressor genes from MLV-infected mice with genomic instability. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (June 18-23, 2006, Kyoto, Japan) 鈴木健之、岡田亜紀、森本梨紗、峯畑健一:ウイルスタギングによる新規がん抑制遺伝子の同定と機能解析、日本分子生物学会2006フォーラム、口演(2006年12月6日― 12月8日、名古屋) 鈴木健之:ブルーム症候群モデルマウスを利用した新規癌抑制遺伝子の同定と機能解析、第65回日本癌学会、口演(2006年9月28日― 9月30日、横浜) (2006)
  • 鈴木健之:ゲノムワイドなウイルス挿入変異による新規癌抑制遺伝子の同定、第3回日本癌学会カンファレンス《動物モデルによる新時代のがん研究》、口演(2006年3月9日― 3月11日、長野) Suzuki, T.: Retroviral tagging of candidate tumor suppressor genes from MLV-infected mice with genomic instability. The 10th Korea-Japan Cancer Research Workshop 2005 (December 16-17, 2005, Tokyo, Japan) Suzuki, T.: Retroviral tagging of candidate tumor suppressor genes from MuLV-infected mice with genome instability. USA-Japan Cooperative Cancer Research Program Meeting (Mar. 22-26, 2005, Maui, Hawaii, USA) 峯畑健一、鈴木健之:ホメオボックス転写因子Meis1は血管内皮細胞の分化に関与する、第28回日本分子生物学会年会(2005年12月7日― 12月10日、福岡) 鈴木健之、峯畑健一:ゲノムワイドなウイルス挿入変異による新規がん抑制遺伝子の同定、第28回日本分子生物学会年会、ワークショップ(2005年12月7日― 12月10日、福岡) 鈴木健之:ゲノムワイドなウイルス挿入変異による新規癌関連遺伝子の同定、第64回日本癌学会、ワークショップ(2005年9月14日― 9月16日、札幌) (2005)

全て表示

  • Suzuki, T.: Retroviral tagging of candidate tumor suppressor genes from MLV-infected mice with genomic instability. Mouse Molecular Genetics, Cold Spring Harbor Laboratory Meeting (Sep. 1-5, 2004、Cold Spring Harbor, NY, USA). 峯畑健一、鈴木健之:ゼブラフィッシュ胚の心臓発生におけるホメオボックス転写因子Meis1の役割、第27回日本分子生物学会年会(2004年12月8-11日、神戸) 鈴木健之:ブルーム症候群モデルマウスを用いた癌抑制遺伝子の単離、第27回日本分子生物学会年会(2004年12月8-11日、神戸) 鈴木健之:ゲノム不安定性を示すマウスを用いた癌抑制遺伝子の単離、第63回日本癌学会(2004年9月29日― 10月1日、福岡) 鈴木健之:Retroviral tagging of candidate tumor suppressor genes from MuLV-infected mice with genomic instability、第5回総合がん若手研究者ワークショップ(2004年8月、蓼科)(2004)
  • Suzuki T, Terashima M and Ishimura A. Involvement of histone methyltransferases and demethylases in mouse retrovirus-induced leukemia/lymphoma. The 9th Awaji International Forum on Infection and Immunity, September 2009, Awaji, Japan. Suzuki T, Terashima M, Ishimura A, Sugano S and Yoshida M. Involvement of protein methyltransferases and demethylases in oncogenesis identified by viral insertional mutagenesis. 第68回日本癌学会学術総会(横浜2009年10月) Ishimura A and Suzuki T. Functional analysis of Jmjd5, a candidate cancer gene identified by retroviral insertional mutagenesis. 第68回日本癌学会学術総会(横浜2009年10月) Terashima M, Ishimura A, Kimura H, Suzuki Y, Sugano S and Suzuki T. Transcriptional regulation by the JmjC-domain-containing proteins involved in cancer.第32回分子生物学会年会(横浜2009年12月) Ishimura A, Minehata K, Terashima M, Hara T and Suzuki T. Functional analysis of Jmjd5, a candidate cancer gene identified by retroviral insertional mutagenesis. 第32回分子生物学会年会(横浜2009年12月) (2009)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○がん関連遺伝子と相互作用する新しい分子標的の同定に関する研究

科研費

○基盤研究(C)「ゲノムへの挿入変異を利用した疾患関連遺伝子の単離とその機能解析」(2009-2011) 代表者
○特定領域研究「白血病ウイルス感染による病原性発現に関与する細胞性因子の解析」(2009-2010) 代表者
○基盤研究(C)「ゲノムへの挿入変異を利用した疾患関連遺伝子の単離とその機能解析」(2009-) 代表者
○特定領域研究「白血病ウイルス感染による病原性発現に関与する細胞性因子の解析」(2009-) 代表者
○特定領域研究「ゲノム不安定性を示すマウスを利用した新しいがん抑制遺伝子の単離とその機能解析」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)「両アリルへの挿入変異導入を利用した疾患原因遺伝子の単離と機能解析」(2008-) 代表者
○特定領域研究「ゲノム不安定性を示すマウスを利用した新しいがん抑制遺伝子の単離とその機能解析」(2008-) 代表者
○特定領域研究「白血病ウイルス感染による病原性発現に関わる細胞性因子の同定と解析」(2008-) 代表者
○基盤研究(C)「両アリルへの挿入変異導入を利用した疾患原因遺伝子の単離と機能解析」(2007-) 代表者
○特定領域研究「白血病ウイルス感染による病原性発現に関わる細胞性因子の同定と解析」(2007-) 代表者
○基盤研究(C)「ウイルス挿入変異法で同定されたエピゲノム制御因子による疾患発症機構の解析」(2012-2014) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○がん分子病理学1(2017)
○腫瘍ウイルス学特論(2017)
○腫瘍ウイルス学特論(2017)
○環境と健康総論(2017)
○がん進展制御学1B(2017)
○がん進展制御学1A(2017)
○がん分子病理学1(2017)
○腫瘍ウイルス学特論(2017)
○がん分子病理学1(2017)
○がん分子病理学1(2017)
○分子腫瘍学(2017)
○がん分子病理学1(2016)
○腫瘍ウイルス学特論(2016)
○腫瘍ウイルス学特論(2016)
○環境と健康総論(2016)
○腫瘍ウイルス学特論(2016)
○がん進展制御学1B(2016)
○がん進展制御学1A(2016)
○分子腫瘍学(2016)
○がん進展制御学1(2015)
○がん分子病理学1(2015)
○腫瘍ウイルス学特論(2015)
○分子腫瘍学(2015)
○がん分子病理学1(2014)
○分子腫瘍学(2014)
○腫瘍ウイルス学特論(2014)
○がん進展制御学1(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ