本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年03月28日

原 章規 (はら あきのり) 准教授 HARA, Akinori

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 医薬保健研究域医学系医学系 環境生態医学・公衆衛生学

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 修了
【出身大学】
金沢大学  卒業

職歴

生年月

所属学会

日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本リウマチ学会
日本臨床化学会
日本産業衛生学会
日本公衆衛生学会
日本予防医学会 理事(2018-2024)

学内委員会委員等

○令和3年度三大学先進予防医学共同専攻外部評価委員会実行委員会 委員(2021-2021)
○令和3年度三大学先進予防医学共同専攻自己点検・評価報告書編集委員会 委員長(2021-2021)
○金沢大学医学倫理審査委員会 委員(2016-2023)
○環境調査チーム会議 委員(2017-2022)

受賞学術賞

○井上学術奨励賞(2021/10/16)
○金沢医学館記念医学賞(1911/10)
○2017年度学術賞(2017/10/07)

専門分野

衛生学・公衆衛生学、腎臓内科学

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

  • ケモカイン受容体2阻害薬 原章規 腎と透析 91巻 増刊号号 774頁 2021/08/25 ⑥総説・解説(学術雑誌)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○臨床検査診断法およびバイオマーカーの開発
○抗炎症薬・免疫調整薬の開発と臨床応用

科研費

○基盤研究(C)「抗エリスロポエチン受容体抗体の測定系の開発と腎予後に及ぼす影響に関する基礎的検討」(2016-2018) 代表者
○研究活動スタート支援「糖尿病性腎症に対するプロパゲルマニウムの実用化を目指した橋渡し研究」(2014-2015)
○若手研究(B)「内因性抗エリスロポエチン受容体抗体の機能解析」(2011-2012) 代表者
○若手研究(B)「抗エリスロポエチン受容体抗体の同定とその臨床的意義」(2009-2010) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2021-2021) 研究 慢性咳嗽疾患に及ぼす遺伝ー環境相互作用の国際比較 燦燈プロジェクト(海外連携支援) 金沢大学
○競争的資金(学外) (2021-2024) 研究 糖代謝異常者への個別食事箋の提案を可能とする食後高血糖制御アルゴリズムの開発 基盤研究(C)(一般) JST

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○公衆衛生学Ⅱ(2021)
○公衆衛生学2(2018)
○公衆衛生学1(2017)
○公衆衛生学2(2017)

大学院担当授業科目

○衛生学及び公衆衛生学/予防医学(2021)
○地域医療実習(金沢)(2021)
○オミクス解析(2021)
○予防医学概論(2021)
○環境と健康総論(2021)
○地域医療実習(金沢)(2021)
○環境・遺伝要因と健康総論(2021)
○メディカル・イノベーションセミナー(2021)
○インターンシップ(2021)
○地域医療実習(金沢)(2021)
○インターンシップ(2017)
○オミクス解析(2017)
○衛生学及び公衆衛生学/予防医学(2017)
○メディカル・イノベーションセミナー(2017)
○環境生態医学・公衆衛生学特論(2017)
○環境生態医学・公衆衛生学特論(2017)
○インターンシップ(2017)
○インターンシップ(2017)
○メディカル・イノベーションセミナー(2017)
○レギュラトリーサイエンスセミナー(2016)
○オミクス解析1(2016)
○インターンシップ(2016)
○メディカル・イノベーションセミナー(2016)
○環境生態医学・公衆衛生学特論(2016)
○インターンシップ(2016)
○インターンシップ(2016)
○メディカル・イノベーションセミナー(2016)
○環境生態医学・公衆衛生学特論(2016)
○メディカル・イノベーションセミナー(2015)
○メディカル・イノベーションセミナー(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ