本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月16日

紺野 宏記 (こんの ひろき) 准教授 KONNO, Hiroki

所属組織・役職等

ナノ生命科学研究所

教育分野

【学士課程】
理工学域 生命理工学類 生命システムコース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

構造動態生物学研究室

学歴

【出身大学院】
東京工業大学 博士課程 総合理工学研究科 物質電子化学専攻 2002/03 修了
金沢大学 博士課程 大学院自然科学研究科 生命科学専攻 1999/04 中退
金沢大学 修士課程 大学院薬学研究科 薬学専攻 1997/03 修了
【出身大学】
北海道薬科大学  薬学科 1994/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

金沢大学 ナノ生命科学研究所 准教授(2018/04-)
金沢大学 バイオAFM先端研究センター 准教授(2011/11-2018/03)
北里大学   理学部 講師(非常勤)(2010/04-2011/10)
東京工業大学 資源化学研究所資源循環研究施設 助教(2009/08-2011/10)
東京工業大学 資源化学研究所生物資源部門 助教(2005/08-2009/07)
JST/ERATO  研究員(2002/04-2005/07)
日本学術振興会特別研究員 (DC2)(2000/01-2002/03)
岩手県立釜石病院 薬剤師(1994/04-1995/03)

生年月

1971年02月

所属学会

日本生化学会
日本生物物理学会
日本分子生物学会
日本脂質生化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○Biophysics and Physicobiology Editors' Choice Award 2018 (2018/09)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • 高速原子間力顕微鏡(HS-AFM)を活用したユビキチン修飾過程の動的分子プロセス解明 ニューサイエンス社 2015 共著 紺野宏記,春山隆充
  • 酵母プリオンのアミロイド繊維形成過程のタイムラプスイメージング バイオインダストリー協会 2020/11/10 分担執筆 紺野宏記
  • 光合成研究法 北海道大学低温科学研究所 2009/03 分担執筆 紺野宏記,久堀 徹
  • 葉緑体ATP合成酵素の回転を制御スイッチで操る バイオインダストリー協会 2010/07 分担執筆 紺野宏記,小林,今清水,真理 砂村栄一郎,久堀 徹

論文

  • 1P530 Regulation of rotation of cyanobacterial F1 ATPase(26. Single molecule biophysics,Poster Session,Abstract,Meeting Program of EABS & BSJ 2006) Konno Hiroki,Murakami Tomoe,Koyama Fumie,Nakanishi Hnayo_Ueoka,Hisabori Toru 生物物理 46巻 2号 S279頁 2006
  • Inverse regulation of rotation of F-1-ATPase by the mutation at the regulatory region on the gamma subunit of chloroplast ATP synthase JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 16号 16272頁 2004/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Structural and functional analysis of the intrinsic inhibitor subunit epsilon of F-1-ATPase from photosynthetic organisms BIOCHEMICAL JOURNAL 425巻 85頁 2010/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Probing conformations of the beta subunit of F0F1-ATP synthase in catalysis BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 342巻 3号 800頁 2006/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular devices of chloroplast F-1-ATP synthase for the regulation BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS 1555巻 1-3号 140頁 2002/09 査読無 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Erratum: Inverse regulation of F1-ATPase activity by a mutation at the regulatory region on the γ subunit of chloroplast ATP synthase (Biochemical Journal (2000) 352 (783-788)) Konno H,Yodogawa M,Stumpp M.T,Kroth P,Strotmann H,Motohashi K,Amano T,Hisabori T Biochemical Journal 357巻 3号 911頁 2001/08 査読有 
  • Prodigiosins as a new group of H+/Cl- symporters that uncouple proton translocators JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 273巻 34号 21455頁 1998/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The bottom part of the  subunit of F1-ATPase is important for catalytic activity Konno H,Murakami-Fuse T,Hisabori T Photosynthesis:Energy from the sun 5巻 601頁 2008/06 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • The regulator of the F-1 motor: inhibition of rotation of cyanobacterial F-1-ATPase by the epsilon subunit EMBO JOURNAL 25巻 19号 4596頁 2006/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular evolution of the modulator of chloroplast ATP synthase: origin of the conformational change dependent regulation FEBS LETTERS 545巻 1号 71頁 2003/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Structure of the C-terminal domain of the epsilon subunit of chloroplast-type F1 Y agi H Konno,H. Murakami-Fuse T,Akutsu H,Hisabori T Biochim Biophys Acta. 1777巻 26頁 2008/07 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Prodigiosins Uncouple Mitochondrial and Bacterial F-ATPases: Evidence for Their H+/Cl- Symport Activity Journal of Biochemistry 124巻 3号 547頁 1998/09/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Analysis of the redox regulation of the chloroplast ATP synthase Ueoka-Nakanishi H. Konno,H,Hisabori T Photosynthesis: Fundamental Aspects to Global Perspectives 1巻 3頁 2005/03 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • Ubiquitin chain specificities of E6AP E3 ligase and its HECT domain Biochemical and Biophysical Research Communications 496巻 2号 686頁 2018/02/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • High-speed atomic force microscopy reveals strongly polarized movement of clostridial collagenase along collagen fibrils SCIENTIFIC REPORTS 6巻 28975頁 2016/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Oxidation of a Cysteine Residue in Elongation Factor EF-Tu Reversibly Inhibits Translation in the Cyanobacterium Synechocystis sp PCC 6803 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 291巻 11号 5860頁 2016/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Distinct Redox Behaviors of Chloroplast Thiol Enzymes and their Relationships with Photosynthetic Electron Transport in Arabidopsis thaliana PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 55巻 8号 1415頁 2014/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Reversible control of F-1-ATPase rotational motion using a photochromic Cross Mark ATP analog at the single molecule level BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 446巻 1号 358頁 2014/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The Chloroplast ATP Synthase Features the Characteristic Redox Regulation Machinery ANTIOXIDANTS & REDOX SIGNALING 19巻 15号 1846頁 2013/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Common Evolutionary Origin for the Rotor Domain of Rotary Atpases and Flagellar Protein Export Apparatus PLOS ONE 8巻 5号 e64692013頁 2013/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A conformational change of the γ subunit indirectly regulates the activity of cyanobacterial F1-ATPase E. Sunamura,H. Konno,M. Imashimizu,M. Mochimaru,T. Hisabori J. Biol. Chem 287巻 46号 38695頁 2012/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the Relationship between ADP- and epsilon-induced Inhibition in Cyanobacterial F-1-ATPase JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 286巻 15号 13423頁 2011/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Redox Regulation of Rotation of the Cyanobacterial F-1-ATPase Containing Thiol Regulation Switch JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 286巻 11号 9071頁 2011/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 高速AFMによるタンパク質集合体のダイナミクスの観察 中山 隆宏,紺野 宏記,山田 正仁,小野 賢二郎 生物物理 58巻 2号 86頁 2018/04 査読有
  • Intramolecular interaction suggests an auto suppression mechanism for the innate immune adaptor protein MyD88 M. Uno,T. Watanabe-Nakayama,H. Konno,K. Akagi,N. Tsutsumi,T. Fukao,M. Shirakawa,H. Ohnishi,H. Tochio Chemical Communications 54巻 87号 12318頁 2018/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 1P303 Real-time observation of amyloid fibril formation of yeast prion Sup35 by high-speed atomic force microscopy(27. Bioimaging,Poster) Zhu Liwen,Konno Hiroki,Okuda Momoko,Kodera Noriyuki,Ando Toshio,Taguchi Hideki 生物物理 53巻 1号 S156頁 2013
  • 3P288 hPrx2のオリゴマー形成過程の高速AFM観察(27.バイオイメージング,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度)) Haruyama Takamitsu,Kodera Noriyuki,Konno Hiroki 生物物理 53巻 1号 S259頁 2013 
  • Nano-Scale Alignment of Proteins on a Flexible DNA Backbone PLOS ONE 7巻 12号 e52534頁 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of FoF1-ATPase from Synechocystis sp. PCC 6803 by the  and  subunits is significant for light/dark adaptation M. Imashimizu,G. Bernat,EI. Sunamura,M. Broekmans,H. Konno,K. Isato,M. Roegner,T. Hisabori J. Biol. Chem 286巻 30号 26595頁 2011/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Redox regulation of CF1-ATPase involves interplay between the γ-subunit neck region and the turn region of the βDELSEED-loop Buchert,H. Konno,T. Hisabori Biochim Biophys Acta. 1847巻 4-5号 441頁 2015/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Polymerization of Oxidized DJ-1 via Noncovalent and Covalent Binding: Significance of Disulfide Bond Formation. Kobayashi M,Muramatsu K,Haruyama T,Uesugi H,Kikuchi A,Konno H,Noguchi N,Saito Y ACS omega 4巻 6号 9603頁 2019/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Physiological Impact of Intrinsic ADP Inhibition of Cyanobacterial F0F1 Conferred by the Inherent Sequence Inserted into the gamma Subunit PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 51巻 6号 855頁 2010/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Author Correction: PtdIns(3,5)P2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis. Nature plants 5巻 4号 447頁 2019/04
  • 1P297 Real time imaging of collagenase behavior by high speed atomic force microscopy(27. Bioimaging,Poster,The 52nd Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan(BSJ2014)) Nakayama Takahiro,Kodera Noriyuki,Kon'no Hiroki,Ando Toshio 生物物理 54巻 1号 S190頁 2014 
  • Single -unit imaging of membrane protein-embedded nanodiscs from two oriented sides by high-speed atomic force microscopy T. Haruyama,Y. Sugano,N. Kodera,T. Uchihashi,T. Ando,Y. Tanaka,H. Konno,T. Tsukazaki Structure 27巻 1号 152頁 2019/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Unraveling the Host-Selective Toxic Interaction of Cassiicolin with Lipid Membranes and Its Cytotoxicity Kien Xuan Ngo,Phuong Doan N. Nguyen,Hirotoshi Furusho,Makoto Miyata,Tomomi Shimonaka,Nguyen Ngoc Bao Chau,Nguyen Phuong Vinh,Nguyen Anh Nghia,Tareg Omer Mohammed,Takehiko Ichikawa,Noriyuki Kodera,Hiroki Konno,Takeshi Fukuma,Nguyen Bao Quoc Phytopathology 112巻 7号 1524頁 2022/07 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • The SYP123-VAMP727 SNARE complex is involved in the delivery of inner cell wall components to the root hair shank in Arabidopsis 2020/12/28 
  • Dynamics of oligomer and amyloid fibril formation by yeast prion Sup35 observed by high-speed atomic force microscopy Hiroki Konno,Takahiro Watanabe-Nakayama,Takayuki Uchihashi,Momoko Okuda,Liwen Zhu,Noriyuki Kodera,Yousuke Kikuchi,Toshio Ando,Hideki Taguchi Proceedings of the National Academy of Sciences 117巻 14号 7831頁 2020/04/07 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Negatively Charged Lipids Are Essential for Functional and Structural Switch of Human 2-Cys Peroxiredoxin II Journal of Molecular Biology 430巻 5号 602頁 2018/03/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Demonstration of correlative atomic force and transmission electron microscopy using actin cytoskeleton Y. Yamada,H. Konno,K. Shimabukuro Biophys Physicobiol. 14巻 111頁 2017 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Thiol Modulation of the Chloroplast ATP Synthase is Dependent on the Energization of Thylakoid Membranes PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 53巻 4号 626頁 2012/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Degradation of the synthetic dye amaranth by the fungus Bjerkandera adusta Dec 1: inference of the degradation pathway from an analysis of decolorized products BIODEGRADATION 22巻 6号 1239頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The catalytic mechanism of dye-decolorizing peroxidase DyP may require the swinging movement of an aspartic acid residue FEBS JOURNAL 278巻 13号 2387頁 2011/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Self- and Cross-Seeding on α-Synuclein Fibril Growth Kinetics and Structure Observed by High-Speed Atomic Force Microscopy ACS Nano 14巻 8号 9979頁 2020/08/25 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Rad50 zinc hook functions as a constitutive dimerization module interchangeable with SMC hinge. Nature communications 11巻 1号 370頁 2020/01/17 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Ptdlns(3,5)P-2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis NATURE PLANTS 4巻 11号 888頁 2018/11 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Correlative Atomic Force and Electron Microscopy toward Applications of Atomic Force Microscopy to Heterogeneous Systems(会議名:第53回日本生物物理学会年会)(2015/09/13)
  • 葉緑体型F1-ATPaseのεサブユニットの構造と機能解析(会議名:日本生体エネルギー研究会第35回討論会)(2009/12/19)
  • Negatively charged lipids are an essential factor for functional switching of human 2-Cys peroxiredoxin II from peroxidase to molecular chaperone(会議名:4th Kanazawa Bio-AFM Workshop 2016)(2016/10/05)
  • リン脂質依存的な抗酸化ストレスタンパク質ペルオキシレドキシンの酵素機能 変換メカニズム(会議名:第59回 日本脂質生化学会)(2017/06/16)
  • 高速 AFM を用いた HECT 型ユビキチンリガーゼの構造動態の観察(会議名:日本生体エネルギー研究会第47回討論会)(2021/12/17)

全て表示

  • 原子間力顕微鏡でリアルタイム可視化する生体/人工超分子の重合ダイナミクス(会議名:日本物理学会 2018年秋季大会)(2018/09)
  • 葉緑体型F1-ATPaseの回転におけるADP阻害とε阻害の関係(会議名:日本生体エネルギー研究会第35回討論会)(2009/12/19)
  • 動く四量体Na+/K+-ATPase分子(会議名:日本生体エネルギー研究会 第43回討論会)(2017/12/20)
  • 高速AFMによる抗ストレスタンパク質ペルオキシレドキシン2(Prx2)の脂質依存的な高分子量複合体形成過程の解明(会議名:第2回高速AFMオンラインシンポジウム)(2021/12/23)
  • 高速AFMを用いたHECT型ユビキチンリガーゼの構造動態の観察(会議名:日本生体エネルギー研究会第46回討論会)(2020/12/10)
  • 高速AFMを用いたユビキチンリガーゼE6APの構造動態のリアルタイム観察(会議名:令和 3 年度 生物物理学会中部支部 講演会)(2022/03/17)
  • New insight into the functional switching of 2-cys peroxiredoxin revealed by high-speed atomic force microscopy(会議名:Annual Biotechnology Congress)(2017/08/17)
  • Prxの酸化ストレス依存的なオリゴマー形成過程のダイナミクス(会議名:第68回 日本酸化ストレス学会学術集会)(2015/06/12)
  • εサブユニットによるシアノバクテリアF1-ATPaseの回転の阻害(会議名:日本生体エネルギー研究会第 32 回討論会)
  • 葉緑体ATP合成酵素の活性調節機構(会議名:北陸植物学会2013年度北陸地区インターキャンパスセミナー)(2013/06/23)
  • ぺルオキシレドキシンと負電荷脂質・ヌクレオチドによる球状高分子量複合体形成メ カニズムの解明(会議名:日本生体エネルギー研究会第47回討論会)(2021/12/17)
  • ペルオキシレドキシンの脂質、ヌクレオチド依存的な複合体形成メカニズムの解明(会議名:日本生体エネルギー研究会第47回討論会)(2021/12/17)
  • ヘテロな系の高速AFM観察へ向けた高速AFMとTEMの融合(会議名:日本生化学会北陸支部第34回大会)(2016/05/28)
  • 高速原子間力顕微鏡で探る生体分子の自己組織化過程のダイナミクス(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • 高速原子間力顕微鏡(高速AFM)を活用した生体機能の動的分子プロセス解明(会議名:京都府立大学 第40回グリーンセミナー)(2017/12/18)
  • Cytoplasmic conformational transition of Sec translocon(会議名:第53回日本生物物理学会年会)(2015/09/14)
  • ユビキチンリガーゼE6APの構造動態の高速AFM観察(会議名:日本生化学会北陸支部第40回大会)(2022/06/04)
  • Correlative Atomic Force and Electron Microscopy toward Applications of Atomic Force Microscopy to Heterogeneous Systems(会議名:3rd Conference of in-situ and correlative electoron mycroscopy)(2016/10/12)
  • Sec トランスロコンを介した膜透過の高速 AFM 観察(会議名:平成 28 年度 日本生物物理学会 中部支部講演会)(2017/03/06)
  • 脂質およびヌクレオチド依存的なペルオキシレドキシン高分子量複合体の形成過程の解明(会議名:日本生体エネルギー研究会第46回討論会)(2020/12/11)
  • Observation of Morphological Changes in Nanostructures on Live Cell Surfaces by High Speed Ion Conductance Microscopy.(会議名:第56回日本生物物理学会年会)(2018/09/16)
  • Sup35アミロイド線維の末端構造と伸長極性の関係性(会議名:日本生化学会北陸支部第35回大会)(2017/06/03)
  • ペルオキシレドキシンのオリゴマー形成とシャペロン活性(会議名:日本生化学会北陸支部第34回大会)(2016/05/28)
  • 回転分子モーターの軸の起源(会議名:日本生体エネルギー研究会第35回討論会)(2009/12/19)
  • ペルオキシレドキシンの脂質、ヌクレオチド依存的な複合体メカニズムの解明(会議名:日本生化学会北陸支部第40回大会)(2022/06/04)
  • シロイヌナズナSYP123-VAMP727SNARE複合体は、根毛側面への二次細胞壁成分の輸送に関与する(会議名:第63回日本植物生理学会年会)(2022/03/22)
  • ナノディスクに再構成した膜タンパク質の高速AFM観察(会議名:第 15 回 21 世紀大腸菌研究会)(2018/05/24)
  • Direct visualization of high molecular weight complex of Peroxiredoxin using high-speed AFM(会議名:第59回日本生物物理学会年会)(2015/09/13)
  • Functional extension of high-speed atomic force microscopy(会議名:International Scanning Probe Microscopy Conference (ISPM), 2016)(2016/06)
  • ユビキチン翻訳後修飾の動的分子プロセス(会議名:第1回 ユビキチン研究会)(2018/01/20)
  • New insight into the functional switching of 2-Cys Peroxiredoxin revealed by high-speed atomic force microscopy(会議名:International Symposium on Atomic Force Microscopy)(2017/11/08)
  • Observation of the dynamics associated with ubiquitination of HECT E3 ubiquitin ligase using High speed AFM(会議名:第53回日本生物物理学会年会)(2015/09/13)
  • High-speed AFM observation of membrane protein embedded in Nanodisc(会議名:第 55回日本生物物理学会年会)(2017/09/20)
  • ペルオキシレドキシンの高次複合体形成とシャペロン活性の構造機能相関(会議名:日本生体エネルギー研究会 第43回討論会)(2017/12/19)
  • ペルオキシレドキシンの高次複合体形成とシャペロン活性の高速AFM解析(会議名:平成27年度 日本生物物理学会 中部支部講演会)(2016/02/29)
  • エクソソームの形成や機能におけるペルオキシレドキシンの役割(会議名:日本生化学会北陸支部第40回大会)(2022/06/04)
  • Prx高分子量複合体の形成過程およびその生理的意義の解明(会議名:日本生体エネルギー研究会第45回討論会)(2019/12/20)
  • Dynamic processes of oligomer and fibril formation by yeast prion Sup35 observed by high-speed atomic force microscopy(会議名:4th Kanazawa Bio-AFM Workshop 2016)(2016/10/06)
  • 高速原子間力顕微鏡で探る生体分子の自己組織化過程のダイナミクス(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • Dynamic processes of oligomer and fibril formation by yeast prion Sup35 observed by high-speed atomic force microscopy(会議名:4th Kanazawa Bio-AFM Workshop)(2016/10/03)

その他(報告書など)

  •  43巻 S25頁 2002 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)
  • Secトランスロコンの1ユニット再構成系の構築と動的探査 菅野泰功,春山隆充,田中良樹,紺野宏記,塚崎智也 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 16th巻 45頁 2016/05/19 査読無
  • Secタンパク質膜透過装置の活写にむけて 塚崎智也,春山隆充,菅野泰功,田中良樹,紺野宏記 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 14th巻 5頁 2014/05/26 査読無
  • フェルラ酸‐α‐シクロデキストリン包接複合体の物理化学特性と高速AFMによる解析 鈴木瑞季,中山隆宏,紺野宏記,生田直子,寺尾啓二,松郷誠一 シクロデキストリンシンポジウム講演要旨集 34th巻 184‐185頁 2017/08 査読無
  • 高速AFMを用いたHECT型ユビキチンリガーゼの構造動態の観察 室郁弥,中山(渡辺)隆宏,古寺哲幸,安藤敏夫,紺野宏記 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集 46th巻 2020

全て表示

  • ペルオキシレドキシンと脂質またはヌクレオチドによる高分子複合体形成メカニズムの解明 佐々木理乃,神代真実,古寺哲幸,安藤敏夫,紺野宏記 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集 45th巻 2019
  • Prx高分子量複合体の形成過程およびその生理的意義の解明 紺野宏記,羽澤勝治,芳坂綾子,佐々木理乃,矢幡信成,古寺哲幸,安藤敏夫 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集 45th巻 2019
  •  1817巻 S24頁 2012/10 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)
  • 過渡的複合体解析の為のDNA構造によるタンパク質の連結とナノスケールの配列手法の開発 野島達也,紺野宏記,古寺哲幸,清尾康志,田口英樹,吉田賢右 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 12th巻 72頁 2012/05/31 査読無
  • 葉緑体ATP合成酵素の回転を制御スイッチで操る 紺野 宏記,小林 今清水 真理,砂村 栄一郎,久堀 徹 バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 68巻 4号 253頁 2010/07/01
  •  47巻 S105頁 2006 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)
  • 高速AFM観察によるコラーゲン分解におけるコラゲナーゼのダイナミクスの解明 中山隆宏,古寺哲幸,紺野宏記,安藤敏夫 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 36th巻 1P-0369 (WEB ONLY)頁 2013 査読無
  • 高速AFMを用いたHECT型ユビキチンリガーゼのユビキチン化に伴う構造動態の観察 室郁弥,中山(渡辺)隆宏,古寺哲幸,安藤敏夫,紺野宏記 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集 45th巻 2019
  • 高速AFMによるタンパク質集合体のダイナミクスの観察 中山隆宏,紺野宏記,山田正仁,小野賢二郎 生物物理(Web) 58巻 2号 086‐088(J‐STAGE)頁 2018/03 査読無
  • 免疫シグナルハブタンパク質MyD88の分子内相互作用解析 宇野雅俊,中山隆宏,紺野宏記,大西秀典,白川昌宏,杤尾豪人 日本生化学会大会(Web) 90th巻 ROMBUNNO.1P‐0122 (WEB ONLY)頁 2017/12 査読無
  •  91巻 2-3号 194頁 2007/02 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)
  •  112巻 3号 469A頁 2017/02 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)
  • イノシトールリン脂質が制御する根毛の形態形成 平野朋子,紺野宏記,武田征士,加藤真理子,青山卓史,檜垣匠,今村寿子,佐藤雅彦 日本植物学会大会研究発表記録 82nd巻 2018
  • 脂質およびヌクレオチド依存的なペルオキシレドキシン高分子量複合体の形成過程の解明 紺野宏記,羽澤勝治,芳坂綾子,佐々木理乃,矢幡信成,古寺哲幸,安藤敏夫 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集 46th巻 2020
  •  1777巻 S19頁 2008/07 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)
  •  283巻 36号 24594頁 2008/09 査読無
  •  352巻 3号 783頁 2000/12 査読無
  •  88巻 1号 505A頁 2005/01 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)
  •  318巻 1号 17頁 2004/05 査読無
  •  44巻 S66頁 2003 査読無 ③研究発表要旨(国際会議)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○生化学1(2017)
○植物生理学実験(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生物学課題演習(2)(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○生化学1(2016)
○植物生理学実験(2016)
○植物生理学実験(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○生化学1(2015)
○機能植物科学(2015)
○生化学1(2014)
○植物生理学実験(2014)
○機能植物科学(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)

大学院担当授業科目

○生体エネルギー論(2017)
○一分子ナノバイオロジー特論(2017)
○生命構造機能システム学A(2017)
○生体エネルギー論(2017)
○生体エネルギー論(2017)
○生体エネルギー論(2017)
○生命構造機能システム学A(2016)
○一分子ナノバイオロジー特論(2016)
○生命構造機能システム学B(2016)
○生体エネルギー論(2016)
○生体エネルギー論(2015)
○一分子ナノバイオロジー特論(2015)
○生体エネルギー論(2015)
○生命構造機能システム学(2015)
○一分子ナノバイオロジー特論(2014)
○生体エネルギー論(2014)
○植物生化学(2014)
○生体エネルギー論(2014)
○生体エネルギー論(2014)
○植物生化学(2014)
○生命構造機能システム学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○日本生体エネルギー研究会第46回討論会 代表世話人(2020/03-2020/12)
○日本生化学会北陸支部幹事(2014-2016)
○日本生物物理学会第53回日本生物物理学会実行委員(2015-2015)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ