本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年05月30日

尾山 武 (おやま たける) 助教 Takeru Oyama

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 分子細胞病理学
助教

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類 病理学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 医学専攻
医薬保健学総合研究科 医学専攻 病理学

所属研究室等

分子細胞病理学 TEL:076-265-2193 FAX:076-234-4228

学歴

職歴

生年月

所属学会

日本病理学会 学術評議員(2019-2023)
日本臨床細胞学会
日本癌学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

人体病理学

専門分野キーワード

がんゲノム医療

研究課題

著書

  • Detection of CCND1 Gene Copy Number Variations Using Multiplex Ligation-Dependent Probe Amplification and Fluorescence In Situ Hybridization Methods. 2018 共著 大井 章史、尾山 武

論文

  • Utility of fluorescence in situ hybridization to detect MDM2 amplification in liposarcomas and their morphological mimics 木村 浩明、尾山 武、大井章史ほか10名 International Journal of Clinical and Experimental Pathology 6巻 7号 1306-16頁 2013/07 査読有 原著論文
  • Distinct allelic expression patterns of imprinted IGF2 in adenocarcinoma and squamous cell carcinoma of the lung Oncology Letters 8巻 6号 2561-2564頁 2014/01/01 
  • Suppressive effect of global DNA hypomethylation on gastric carcinogenesis. 富田 弘之、山田泰広、尾山 武 Carcinogenesis 31巻 9号 1627-33頁 2010/07 査読有 原著論文
  • Dietary tricin suppresses inflammation-related colon carcinogenesis in male Crj: CD-1 mice. 尾山 武ほか6名 Cancer Prevention Research 2巻 12号 1031-8頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 膵神経内分泌腫瘍術後に出現しソマトスタチン受容体シンチグラフィで集積を示した肝細胞癌の1例 水冨 香織,金谷 麻央,戸島 史仁,米田 憲秀,岡崎 充善,田島 秀浩,尾山 武,蒲田 敏文 臨床放射線 66巻 4号 367-73頁 2021/04/10 査読有

全て表示

  • Peroxiredoxin 4 promotes embryonal hepatoblastoma cell migration but induces fetal cell differentiation. Am J Transl Res. 2020/06
  • Neural EGFL like 2 expressed in myoepithelial cells and suppressed breast cancer cell migration. Nakamura R, Oyama T Pathology International 2021/03
  • The relation between anti-TGBFR1 immunohistochemical reaction and low Ki67, small tumor size and high estrogen receptor expression in invasive breast cancer. Nakamura R, Oyama T, Inokuchi M, Ishikawa S, Hirata M Pathology International 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Amplicons in breast cancers analyzed by multiplex ligation-dependent probe amplification and fluorescence in situ hybridization. Ooi A, Inokuchi M, Horike SI, Kawashima H, Ishikawa S, Ikeda H, Nakamura R, Oyama T, Dobashi Y Human Pathology 85巻 33-43頁 2019 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 多発腋窩リンパ節転移を伴ったHistiocytoid Breast Carcinomaの1例 Terakawa H, Gabata R, Ishikawa S, Hirata M, Inokuchi M, Kawashima H, Miyashita T, Tajima H, Takamura H, Ninomiya I, Fushida S, Ohta T, Oyama T, Ikeda H 癌と化学療法 46巻 6号 1049-1051頁 2019 査読有 原著論文
  • SMARCB1- and vimentin-positive esophageal carcinoma with undifferentiated components, rhabdoid features, and a good prognosis: a case report. Nagano H, Izumi T, Kawahara E, Oyama T, Goi T Surgical Case Reports 5巻 1号 8頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dietary Tricin Suppresses Inflammation-Related Colon Carcinogenesis in Mice. Tanaka T, Oyama T, Sugie S Journal of Nutritional Science and Vitaminology 65巻 S100-S103頁 2019 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 斜台部悪性リンパ腫の一例 (会議名:北陸間脳下垂体腫瘍研究会)(2021/07/31)
  • 胃がんの腫瘍微小環境におけるVEGFR1/2発現および腫瘍細胞におけるVEGFA発現の関連性(会議名: 第79回日本癌学会学術総会)(2020/10)
  • ヒト胃がんの腫瘍微小環境におけるVEGFR1およびVEGFR2発現細胞の検索(会議名: 第109回日本病理学会総会)(2020/07)
  • ヒト胃がんにおいて腫瘍先進部に浸潤するマクロファージにおける血管増殖因子受容体の発現(会議名: 日本癌学会学術総会)(2019/09)
  • ヒト胃癌においてVEGFA遺伝子増幅がM2型マクロファージおよびT細胞の局在に及ぼす影響(会議名: 日本病理学会総会)(2019/04)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「Wntシグナル伝達経路に着目した未分類肉腫分類の試み」(2017-2021) 分担者
○基盤研究(C)「癌浸潤を阻害抑制する因子の解明」(2016-2019) 分担者
○若手研究(B)「胃がんにおけるHER2発現の腫瘍内ヘテロ不均一性に対するDNAメチル化異常の意義」(2013-2014) 代表者
○基盤研究(C)「炎症関連大腸発がんにおけるレプチンシグナル系の関与」(2011-2014) 分担者
○基盤研究(C)「全ゲノム的遺伝子増幅解析による胃癌分子標的治療適応の最適化に関する検討」(2016-2018) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2015-2015) 研究 全ゲノム的遺伝子増幅解析による胃癌分子標的治療適応の最適化に関する検討 戦略的研究推進プログラム「科研費採択支援」 一般型支援 金沢大学研究推進部
○助成金 (2016-2016) 研究 全ゲノム的遺伝子増幅解析による胃癌分子標的治療適応の最適化に関する検討 北國がん基金 公益財団法人 北國がん基金事務局

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○病理学Ⅰ(2021)
○基礎研究室配属(2021)
○病理学Ⅰ(2020)
○基礎研究室配属(2020)
○病理学Ⅰ(2019)
○病態の分子機構(2016)
○保健学域・病理学総論(2016)
○病態の分子機構(2015)
○病態の分子機構(2014)
○病態の分子機構(2013)

大学院担当授業科目

○分子細胞病理学特論(2021)
○病理病態学(2021)
○ヒューマンボディー:疾患(2020)
○基礎系領域融合セミナー(2020)
○ヒューマンボディー:疾患(2019)
○病理病態学(2019)
○腫瘍病理学演習(2019)
○腫瘍病理学演習(2019)
○腫瘍病理学演習(2017)
○腫瘍病理学演習(2017)
○分子細胞病理学特論(2017)
○腫瘍病理学特論(2017)
○腫瘍病理学特論(2017)
○病理病態学(2017)
○分子細胞病理学特論(2017)
○腫瘍病理学演習(2016)
○腫瘍病理学特論(2016)
○腫瘍病理学特論(2016)
○分子細胞病理学特論(2016)
○腫瘍病理学演習(2016)
○病理病態学(2016)
○分子細胞病理学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○加賀看護学校(201605-201611) 病理学に関する講義

このページの先頭へ