本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年05月07日

大貝 和裕 (おおがい かずひろ) 准教授 OGAI Kazuhiro

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

 医薬保健研究域附属AIホスピタル・マクロシグナルダイナミクス研究開発センター

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医薬科学類
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻
医薬保健学域 保健学類 検査技術科学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 看護科学領域 臨床実践看護学講座
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 医療科学領域 病態検査学講座

所属研究室等

教員室(保健学類1号館1519室) TEL:076-265-2548

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 保健学専攻 2013/03 修了
金沢大学 修士課程 医学系研究科 保健学専攻 2010/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 保健学科 2008/03 卒業
【取得学位】
博士(保健学)
修士(保健学)

職歴

金沢大学医薬保健研究域 AIホスピタル・マクロシグナルダイナミクス研究開発センター 准教授(2020/09/01-)
金沢大学医薬保健研究域 保健学系 准教授(2019/04/01-2021/03/31)
金沢大学医薬保健研究域 健康増進科学センター 准教授(2018/04/01-2019/03/31)
東京大学 大学院医学系研究科 老年看護学/創傷看護学分野 客員研究員(2017/05/25-)
金沢大学医薬保健研究域 健康増進科学センター 助教(2013/11/01-2018/03/31)
金沢大学医薬保健研究域医学系 脳情報分子学 博士研究員(2013/04/01-2013/10/31)

生年月

1986年02月

所属学会

日本細菌学会
コ・メディカル形態機能学会
日本看護科学学会
日本褥瘡学会
日本環境感染学会
日本創傷・オストミー・失禁管理学会
国際神経化学会
アジア太平洋神経化学会
ウェルネス・ヘルスケア学会
看護理工学会 評議員、編集委員(英文誌ワーキンググループ・リーダー)、広報委員(2019-2021)
日本創傷治癒学会 評議員(2019-2022)
日本神経化学会
日本生理学会

学内委員会委員等

○つるま同窓会 委員長(2020-2022)
○保健学図書委員会 委員(2019-2021)
○つるま同窓会 その他(2016-2019)

受賞学術賞

○令和2年度 研究活動における優秀教員(保健学系)(2021/03/31)
○第8回看護理工学会学術集会 研究奨励賞(2020/10/25)
○Neuroscience Day 優秀ポスター賞(2012/01/30)
○組織的な若手研究者等海外派遣プログラム(2011/04/01)

専門分野

神経生理学・神経科学一般、神経化学・神経薬理学

専門分野キーワード

皮膚、マイクロバイオーム、中枢神経再生、ゼブラフィッシュ

研究課題

皮膚の健康評価に関する研究

魚類・ほ乳類の中枢神経(脊髄、視神経)の再生に関する研究

生体情報モニタリング装置の開発に関する研究

著書

論文

  • Effects of skin moisturizer on the skin barrier dysfunction model: An evaluation of the heel via tape-stripping in healthy, young adults. Mukai K, Ogai K, Ishino S, Kamijo S, Kurata F, Sugitani A, Tachibana W, Nishiyama A, Fukuyama A, Wada K, Yamaguchi M, Sugama J J Tissue Viability 2021/02/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Amplicon-based skin microbiome profiles collected by tape stripping with different adhesive film dressings: a comparative study. Ogai K*, Shibata K, Takahashi N, Ogura K, Okamoto S, Sugama J* (*corresponding authors) BMC Microbiol 21巻 54頁 2021/02/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Temporal changes in the diversity and composition of the bed microbiota of patients with pressure ulcers. Kunimitsu M, Nakagami G, Kitamura A, Minematsu T, Koudounas S, Ogai K, Sugama J, Takada C, Sanada H J Jpn Soc Wound Ostomy Continence Manag 24巻 4号 366-378頁 2020/12/28 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Deep temperature difference in young women with hie (cold sensation) and demonstrating a simple method for hie evaluation: A pilot study. Sekizuka-Kagami N, Funato M, Ogai K, Nemoto T J Nurs Sci Eng 8巻 65-76頁 2020/12/28 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Stability of Skin Microbiome at Sacral Regions of Healthy Young Adults, Ambulatory Older Adults, and Bedridden Older Patients After 2 Years. Ogai K, Ogura K, Ohgi N, Park S, Aoki M, Urai T, Nagase S, Okamoto S, Sugama J Biol Res Nurs 23巻 1号 82-90頁 2020/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

全て表示

  • Skin Physiology and Its Microbiome as Factors Associated With the Recurrence of Pressure Injuries. Shibata K, Ogai K*, Ogura K, Urai T, Aoki M, Arisandi D, Takahashi N, Okamoto S, Sanada H, Sugama J* (*corresponding authors) Biol Res Nurs 23巻 1号 75-81頁 2020/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Distinct skin microbiome and skin physiological functions between bedridden older patients and healthy people: A single-center study in Japan. Nagase S, Ogai K*, Urai T, Shibata K, Matsubara E, Mukai K, Matsue M, Mori Y, Aoki M, Arisandi D, Sugama J, Okamoto S* (*corresponding author) Front Med (Lausanne) 7巻 101頁 2020/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Development of Recurrent Pressure Ulcers, Risk Factors in Older Patients: A Prospective Observational Study. Arisandi D, Ogai K, Urai T, Aoki M, Minematsu T, Okamoto S, Sanada H, Nakatani T, Sugama J. J Wound Care 29巻 Sup4号 S14-S24頁 2020/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Feasibility of microbial sample collection on the skin from people in Yaounde, Cameroon. Benderli NC#, Ogai K#, Lloyd YM, Arios JP, Jiyarom B, Awanakam AH, Esemu LF, Hori A, Megnekou R, Leke RGF, Kuraishi T, Okamoto S, Ekali GL (#co-first author) Drug Discov Ther 13巻 6号 360-364頁 2020/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Measuring the Antimicrobial Activity of Lauric Acid against Various Bacteria in Human Gut Microbiota Using a New Method. Matsue M, Mori Y, Nagase S, Sugiyama Y, Hirano R, Ogai K, Ogura K, Kurihara S, Okamoto S. Cell Transplant 2019/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Longitudinal investigation of Propionibacterium acnes burden and skin physiological function during menstruation in healthy women. Mukai K#, Ogai K#, Kobayashi M, Ueda T, Nakajima Y, Nakatani T. (#co-first author) Struct Funct 18巻 1号 20-30頁 2019/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A novel activation mechanism of cellular Factor XIII in zebrafish retina after optic nerve injury. Sugitani K, Ogai K, Muto H, Onodera K, Matsuoka A, Sugita T, Koriyama Y. Biochem Biophys Res Commun 517巻 1号 57-62頁 2019/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Comparison of wiping methods for the removal of cleaning agent residue from hair follicles. Aoki M, Ogai K, Matsumoto M, Susa H, Yamada K, Yamatake T, Kobayashi M, Sugama J. Skin Res Technol 2019/01/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Comparison of ceramide retention in the stratum corneum between dry skin and normal skin using animal model with fluorescent imaging method. Aoki M, Ogai K, Kobayashi M, Minematsu T, Nakatani T, Okuwa M, Sanada H, Sugama J. Skin Res Technol 2018/10/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Comparison of Techniques for Collecting Skin Microbiome Samples: Swabbing Versus Tape-Stripping. Ogai K#, Nagase S#, Mukai K, Iuchi T, Mori Y, Matsue M, Sugitani K, Sugama J, Okamoto S. (#co-first author) Front Microbiol 9巻 2362頁 2018/10/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • RANKL, Ephrin-Eph and Wnt10b are key intercellular communication molecules regulating bone remodeling in autologous transplanted goldfish scales. Tazaki Y, Sugitani K, Ogai K, Kobayashi I, Kawasaki H, Aoyama T, Suzuki N, Tabuchi Y, Hattori A, Kitamura K. Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol 225巻 46-58頁 2018/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Data mining analysis of body movement by low-birth-weight infants. Yachi K, Nemoto T, Ogai K, Kobayashi T, Shimada K. J Wellness Health Care 42巻 1号 41-50頁 2018/08/01 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • Alternative Splicing for Activation of Coagulation Factor XIII-A in the Fish Retina After Optic Nerve Injury. Sugitani K, Koriyama Y, Ogai K, Furukawa A, Kato S. Adv Exp Med Biol 1074巻 387-393頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング) 
  • Comparative study on high-frequency ultrasonography and histological structure of the skin: Relationship between collagen/elastin content and echogenicity. Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Dai M, Maeba H, Uchide K, Sugama J. J Nurs Sci Eng 5巻 1号 65-73頁 2018/01/31 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Influences of different wiping methods cleaning agent removal on the effectiveness of skin dirt removal: A quasi-experimental study. Matsumoto M, Ogai K, Ohashi R, Tanaka K, Aoki M, Kobayashi M, Sugama J. J Nurs Sci Eng 5巻 1号 22-30頁 2018/01/31 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Changes in dermal structure and skin oxidative stress in overweight and obese Japanese males after weight loss: a longitudinal observation study. Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Urai T, Yokogawa M, Tawara M, Kobayashi M, Minematsu T, Sanada H, Sugama J Skin Res Technol 24巻 3号 407-416頁 2018/01/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A prospective observational study using sea cucumber and honey as topical therapy for diabetic foot ulcers in Indonesia. Haryanto, Ogai K, Suriadi, Nakagami G, Oe M, Nakatani T, Okuwa M, Sanada H, Sugama J. J Wellness Health Care 41巻 2号 41-56頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • A novel function of neuroglobin for neuroregeneration in mice after optic nerve injury. Sugitani K, Koriyama Y, Sera M, Arai K, Ogai K, Wakasugi K. Biochem Biophys Res Commun 493巻 3号 1254-1259頁 2017/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 寝たきり高齢者における皮膚常在細菌叢構成の変化 岡本成史, 大貝和裕, 須釜淳子 バイオクリニカ 32巻 13号 44-51頁 2017/12/10 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Objective assessment of leg edema using ultrasonography with a gel pad. Iuchi T, Kobayashi M, Tsuchiya S, Ohno N, Dai M, Matsumoto M, Ogai K, Sato A, Sawazaki T, Miyati T, Tanaka S, Sugama J. PLoS One 12巻 e0182042頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Wash or wipe? A comparative study of skin physiological changes between water washing and wiping after skin cleaning. Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Ota R, Hashimoto K, Wada R, Kobayashi M, Sugama J. Skin Res Technol 23巻 4号 519-524頁 2017/02/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Detailed Protocol for Perspiration Monitoring Using a Novel, Small, Wireless Device. Ogai K, Fukuoka M, Kitamura K, Uchide K, Nemoto T. J Vis Exp 117巻 2016/11/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • Effects of hyperglycemia on bone metabolism and bone matrix in goldfish scales. Kitamura K, Andoh T, Okesaku W, Tazaki Y, Ogai K, Sugitani K, Kobayashi I, Suzuki N, Chen W, Ikegame M, Hattori A Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol 203巻 152-158頁 2016/09/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Evaluation of validity of the new diabetic foot ulcer assessment scale in Indonesia. Arisandi D, Oe M, Roselyne Yotsu R, Matsumoto M, Ogai K, Nakagami G, Tamaki T, Suriadi, Sanada H, Sugama J Wound Repair Regen 24巻 5号 876-884頁 2016/07/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Relationship between maceration and wound healing on diabetic foot ulcers in Indonesia: a prospective study. Haryanto, Arisandi D, Suriadi, Imran, Ogai K, Sanada H, Okuwa M, Sugama J Int Wound J 14巻 3号 516-522頁 2016/07/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Relationship between Dermal Structural Changes on Ultrasonographic Images and Skin Viscoelasticity in Overweight and Obese Japanese Males. Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Yokogawa M, Tawara M, Sugama J, Minematsu T, Nakagami G, Dai M, Sanada H Health 8巻 11号 1029-1039頁 2016/08/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Increased level of tumor necrosis factor-alpha (TNF-α) on the skin of Japanese obese males: measured by quantitative skin blotting. Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sanada H, Sugama J Int J Cosmet Sci 38巻 5号 462-469頁 2016/03/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • Development of a small wireless device for perspiration monitoring. Ogai K, Fukuoka M, Kitamura K, Uchide K, Nemoto T Med Eng Phys 38巻 4号 391-397頁 2016/01/15 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • Simultaneous acquisition of 99mTc- and 123I-labeled radiotracers using a preclinical SPECT scanner with CZT detectors. Kobayashi M, Matsunari I, Nishi K, Mizutani A, Miyazaki Y, Ogai K, Sugama J, Shiba K, Kawai K, Kinuya S Ann Nucl Med 30巻 4号 263–271頁 2016/01/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Cell Fate of Müller Cells During Photoreceptor Regeneration in an N-Methyl-N-nitrosourea-Induced Retinal Degeneration Model of Zebrafish. Ogai K, Hisano S, Sugitani K, Koriyama Y, Kato S Adv Exp Med Biol 854巻 685-692頁 2015/10/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)  
  • A Possible Role of Neuroglobin in the Retina After Optic Nerve Injury: A Comparative Study of Zebrafish and Mouse Retina. Sugitani K, Koriyama Y, Ogai K, Wakasugi K, Kato S Adv Exp Med Biol 854巻 671-675頁 2015/10/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)  
  • Nitric Oxide Synthase Activation as a Trigger of N-methyl-N-nitrosourea-Induced Photoreceptor Cell Death. Hisano S, Koriyama Y, Ogai K, Sugitani K, Kato S Adv Exp Med Biol 854巻 379-384頁 2015/10/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング) 
  • Geranylgeranylacetone Suppresses N-Methyl-N-nitrosourea-Induced Photoreceptor Cell Loss in Mice. Koriyama Y, Ogai K, Sugitani K, Hisano S, Kato S Adv Exp Med Biol 854巻 237-243頁 2015/10/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング) 
  • 中枢神経再生過程におけるレチノイドシグナルの重要性 郡山恵樹, 杉谷加代, 大貝和裕, 加藤聖 ビタミン 89巻 7号 348-350頁 2015/07/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌) 
  • Comparison of image quality with 62Cu and 64Cu-labeled radiotracers in positron emission tomography whole-body phantom imaging. Kobayashi M, Mori T, Tsujikawa T, Ogai K, Sugama J, Kiyono Y, Kawai K, Okazawa H Hell J Nucl Med 18巻 2号 103-107頁 2015/08/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Involvement of neuronal nitric oxide synthase in N-methyl-N-nitrosourea-induced retinal degeneration in mice. Koriyama Y, Hisano S, Ogai K, Sugitani K, Furukawa A, Kato S J Pharmacol Sci 127巻 3号 394-396頁 2015/02/17 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Development of radioiodine-labeled 4-hydroxyphenylcysteamine for specific diagnosis of malignant melanoma. Kobayashi M, Nishii R, Shikano N, Flores LG 2nd, Mizutani A, Ogai K, Sugama J, Nagamachi S, Kawai K. Nucl Med Biol 42巻 6号 536-540頁 2015/02/20 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Development of an improved method for quantitative analysis of skin blotting: Increasing reliability and applicability for skin assessment. Ogai K, Matsumoto M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sugama J, Sanada H Int J Cosmet Sci 37巻 4号 425-432頁 2015/03/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • A basic study for prediction of food hardness based on an acceleration monitoring of lower jaw during mastication. Ogai K, Kitamura K, Nemoto T J Nurs Sci Eng 2巻 1号 9-14頁 2015/01/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 意識障害のある寝たきり高齢者における24時間の睡眠評価とバイタルサインズのモニタリング 松本勝, 大貝和裕, 根本鉄, 栗田俊治, 須釜淳子 看護理工学会誌 2巻 1号 47-53頁 2015/01/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Upregulation of Leukemia Inhibitory Factor (LIF) during the Early Stage of Optic Nerve Regeneration in Zebrafish. Ogai K, Kuwana A, Hisano S, Nagashima M, Koriyama Y, Sugitani K, Mawatari K, Nakashima H, Kato S PLOS ONE 9巻 8号 e106010頁 2014/08/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • Function of Sox2 in ependymal cells of lesioned spinal cords in adult zebrafish. Ogai K, Nakatani K, Hisano S, Sugitani K, Koriyama Y, Kato S Neurosci Res 88巻 84-87頁 2014/08/20 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • Structural changes in dermal collagen and oxidative stress levels in the skin of Japanese overweight males. Matsumoto M, Ibuki A, Minematsu T, Sugama J, Horii M, Ogai K, Nishizawa T, Dai M, Sato A, Fujimoto Y, Okuwa M, Nakagami G, Nakatani T, Sanada H Int J Cosmet Sci 36巻 5号 477-484頁 2014/08/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Heat shock protein 70 induction by valproic acid delays photoreceptor cell death by N-methyl-N-nitrosourea in mice. Koriyama Y, Sugitani K, Ogai K, Kato S J Neurochem 130巻 5号 707-719頁 2014/05/22 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Development of a novel pulse wave velocity measurement system: Using dual piezoelectric elements. Kitamura K, Takeuchi R, Ogai K, Xin Z, Chen W, Nemoto T Med Eng Phys 36巻 7号 927-932頁 2014/03/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Reciprocal Changes in Factor XIII and Retinal Transglutaminase Expressions in the Fish Retina During Optic Nerve Regeneration. Sugitani K, Ogai K, Koriyama Y, Kato S Adv Exp Med Biol 801巻 759-764頁 2014/03/25 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)  
  • Nipradilol Promotes Axon Regeneration Through S-Nitrosylation of PTEN in Retinal Ganglion Cells. Koriyama Y, Kamiya M, Arai K, Sugitani K, Ogai K, Kato S Adv Exp Med Biol 801巻 751-757頁 2014/03/25 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング) 
  • Regeneration-associated genes on optic nerve regeneration in fish retina. Ogai K, Nishitani M, Kuwana A, Mawatari K, Koriyama Y, Sugitani K, Nakashima H, Kato S Adv Exp Med Biol 801巻 441-6頁 2014/03/25 査読有 総説 研究論文(プロシーディング) 
  • Neuritogenic activity of trichostatin A in adult rat retinal ganglion cells through acetylation of histone H3 lysine 9 and RARβ induction. Koriyama Y, Sugitani K, Ogai K, Kato S J Pharmacol Sci 124巻 1号 112-6頁 2014/01/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A molecular mechanism of optic nerve regeneration in fish: The retinoid signaling pathway. Kato S, Matsukawa T, Koriyama Y, Sugitani K, Ogai K Prog Retin Eye Res 37巻 13-30頁 2013/08/28 査読有 総説 研究論文(学術雑誌) 
  • Anti-inflammatory effects of lipoic acid through inhibition of GSK-3β in lipopolysaccharide-induced BV-2 microglial cells. Koriyama Y, Nakayama Y, Matsugo S, Sugitani K, Ogai K, Takadera T, Kato S Neurosci Res 77巻 1-2号 87-96頁 2013/07/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • Zebrafish scales respond differently to in vitro dynamic and static acceleration: analysis of interaction between osteoblasts and osteoclasts. Kitamura K, Takahira K, Inari M, Satoh Y, Hayakawa K, Tabuchi Y, Ogai K, Nishiuchi T, Kondo T, Mikuni-Takagaki Y, Chen W, Hattori A, Suzuki N Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol 166巻 1号 74-80頁 2013/04/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Functional characterization of fish neuroglobin: zebrafish neuroglobin is highly expressed in amacrine cells after optic nerve injury and can translocate into ZF4 cells. Kamioka Y, Fujikawa C, Ogai K, Sugitani K, Watanabe S, Kato S, Wakasugi K Biochim Biophys Acta 1834巻 9号 1779-88頁 2013/02/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Protective action of nipradilol mediated through S-nitrosylation of Keap1 and HO-1 induction in retinal ganglion cells. Koriyama Y, Kamiya M, Takadera T, Arai K, Sugitani K, Ogai K, Kato S Neurochem Int 61巻 7号 1242-53頁 2012/09/17 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Upregulation of anti-apoptotic factors in upper motor neurons after spinal cord injury in adult zebrafish. Ogai K, Hisano S, Mawatari K, Sugitani K, Koriyama Y, Nakashima H, Kato S Neurochem Int 61巻 7号 1202-11頁 2012/09/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • A distinct effect of transient and sustained upregulation of cellular factor XIII in the goldfish retina and optic nerve on optic nerve regeneration. Sugitani K, Ogai K, Hitomi K, Nakamura-Yonehara K, Shintani T, Noda M, Koriyama Y, Tanii H, Matsukawa T, Kato S Neurochem Int 61巻 3号 423-32頁 2012/06/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • Jaw-movement smoothness during empty chewing and gum chewing. Minami I, Akhter R, Luraschi J, Oogai K, Nemoto T, Peck CC, Murray GM Eur J Oral Sci 120巻 3号 195-200頁 2012/05/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Notch signaling controls generation of motor neurons in the lesioned spinal cord of adult zebrafish. Dias TB, Yang YJ, Ogai K, Becker T, Becker CG J Neurosci 32巻 9号 3245-3252頁 2012/02/29 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Factor XIIIA induction in the retina and optic nerve after optic nerve lesion in goldfish. Sugitani K, Oogai K, Nakashima H, Kato S Adv Exp Med Biol 723巻 443-8頁 2011/11/11 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング) 
  • A comparison between jerk-cost derived from a jaw-tracking system with that from an accelerometer. Minami I, Zhao N, Oogai K, Nemoto T, Whittle T, Murray GM J Oral Rehabil 38巻 9号 661-7頁 2011/02/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Measurement of jerk-cost using a triaxial piezoelectric accelerometer for the evaluation of jaw movement smoothness. Minami I, Oogai K, Nemoto T, Nakamura T, Igarashi Y, Wakabayashi N J Oral Rehabil 37巻 8号 590-5頁 2010/03/29 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

  • 寝たきり高齢者の皮膚にみられるディスバイオーシス(会議名:第94回日本細菌学会総会)(2021/03/25)
  • Introduction for Skin blotting(会議名:International Teleconference of Magister Science Laboratory Clinic/Medic)(2020/12/15)
  • スキンブロッティングのさらなる応用 -定量解析・網羅的解析に向けた検討-(会議名:第50回日本創傷治癒学会)(2020/11/09)
  • 褥瘡治癒部の真菌叢に関する研究:パイロットスタディ(会議名:第50回日本創傷治癒学会)(2020/11/09)
  • 皮膚真菌叢解析における解析ソフトウェアQiime2の評価(会議名:第8回看護理工学会学術集会)(2020/10/24)

全て表示

  • Exploring factors related to recurrence of pressure injuries: skin physiology and skin bacteria(会議名:第29回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会)(2020/07/23)
  • 次世代シーケンシング(NGS)による皮膚真菌の組成解析における最適条件の検討(会議名:第7回看護理工学会学術集会)(2019/06/07)
  • 皮膚細菌の採取法としてのテープストリップ法における、粘着剤と細菌採取効率との関連-培養法と次世代シーケンスによる解析-(会議名:第6回看護理工学会学術集会)(2018/10/14)
  • Skin microbiome and its analysis(会議名:SEDEMA (Seminar for Masters Students) 2018)(2018/06/22)
  • 療養型施設入居者を対象とした,褥瘡発症と皮膚細菌の関連についての臨床研究(会議名:第47回日本創傷治癒学会)(2017/11/27)
  • 皮膚常在菌回収方法としてのテープストリップ法において,粘着剤の違いが皮膚常在菌の回収効率に与える影響に関する検討(会議名:第5回看護理工学会学術集会)(2017/10/14)
  • 網羅的スキンブロッティングの開発に向けた基礎的検討(会議名:第5回看護理工学会学術集会)(2017/10/14)
  • Skin blotting法にタンパク質のサイズ分離を導入する試み(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/10)
  • 高周波エコーを用いた皮膚イメージングと皮膚内部組織の比較-コラーゲン・エラスチン量とエコー輝度の比較(会議名:第4回看護理工学会学術集会)(2016/10/09)
  • A COMPARATIVE STUDY OF SKIN BACTERIAL COMMUNITIES IN HEALTHY-YOUNG INDIVIDUALS AND BEDRIDDEN-AGED INPATIENTS IN JAPAN(会議名:World Union of Wound Healing Societies WUWHS2016)(2016/09/25)
  • Comparative study of ultrasound imaging and histological structure of normal and Cesarean scar tissues of pregnant women(会議名:第25回創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会)(2016/06/11)
  • Do different removal techniques of bed-bath cleaning agent affect skin physiological function and ceramide content? -comparing water-washing versus wiping(会議名:World Congress of the International Society for Biophysics and Imaging of the Skin)(2016/05/31)
  • 超小型発汗計による精神性発汗の測定と評価(会議名:第55回日本生体医工学会大会)(2016/04/28)
  • 小型・ワイヤレス発汗計の開発と評価(会議名:第3回看護理工学会学術集会)(2015/10/10)
  • 圧電素子を用いた呼吸数・心拍数計測装置の開発(会議名:第2回看護理工学会学術集会)(2014/10/04)
  • Changes of EGF and HB-EGF during photoreceptor regeneration in MNU-induced retinal degeneration model using zebrafish(会議名:XVIth International Symposium on Retinal Degeneration)(2014/07/13)
  • ゼブラフィッシュ視神経再生における白血病阻止因子(LIF)の発現増加について(会議名:第91回日本生理学会大会)(2014/03/16)
  • ゼブラフィッシュの脊髄再生について(会議名:「脳研究の新展開について」シンポジウム)(2014/01/26)
  • Intrinsic upregulation of leukemia inhibitory factor (LIF) and subsequent activation of Jak/Stat signaling in adult zebrafish retina during optic nerve regeneration(会議名:Neuroscience 2013)(2013/11/11)
  • Upregulation of leukemia inhibitory factor (LIF) in retinal ganglion cells during optic nerve regeneration in adult zebrafish(会議名:第19回小型魚類研究会)(2013/09/20)
  • ゼブラフィッシュ視神経損傷後のleukemia inhibitory factor (LIF)とSox2の発現上昇について(会議名:Neuro2013)(2013/06/21)
  • Intrinsic upregulation of leukemia inhibitory factor (LIF) in the retina after optic nerve injury in adult zebrafish(会議名:The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry)(2012/10/01)
  • Intrinsic upregulation of Yamanaka factors in the adult zebrafish retina after optic nerve injury(会議名:The XVth International Symposium on Retinal Degeneration)(2012/07/16)
  • Behavioral analyses of CNS regeneration after nerve injury in zebrafish(会議名:The 7th European Zebrafish Meeting)(2011/07/07)
  • ゼブラフィッシュ脊髄損傷後における脳幹ニューロンの生存(会議名:第89回日本生理学会)(2012/03/31)
  • 圧電素子を用いた呼吸数・心拍数計測装置の開発(会議名:平成21年度日本生体医工学会北陸支部大会)(2009/12/12)
  • 超小型加速度センサを用いた咀嚼運動計測装置の開発(会議名:生体医工学シンポジウム2009)(2009/09/19)
  • 携帯型呼吸数・心拍数計測装置の開発(会議名:第4回日本臨床検査学教育学会学術大会)(2009/08/21)
  • 衣服上からの呼吸数・心拍数計測装置の開発(会議名:第48回日本生体医工学会大会)(2009/04/25)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○皮膚の健康に関する研究
○中枢神経再生に関する研究

科研費

○基盤研究(A)(一般)「スマートホームケア構想実現のための非侵襲的リキッドアセスメント技術の開発」(2020-2023) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「創傷環境調整による褥瘡細菌叢の最適化:創部バイオフィルム制御法の開発」(2020-2022) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「アドバンストスキンケア開発を目指した創閉鎖後の脆弱な皮膚環境と褥瘡再発との関連」(2020-2022) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「異分野融合研究による女性ホルモンの変動と口腔マイクロバイオームの関連の解明」(2020-2022) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「病態背景が経皮吸収型製剤の経皮アベイラビリティにおよぼす影響」(2020-2022) 分担者
○国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))「HIV感染による皮膚粘膜細菌叢変化と皮膚粘膜感染症の関連性と緩和ケアへの応用」(2019-2022) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「網羅的スキンブロッティング法による「褥瘡予測タンパク質」の探索と臨床応用」(2018-2020) 代表者
○挑戦的研究(萌芽)「寝床環境中の細菌叢は褥瘡感染を引き起こすか:感染発症メカニズムの新パラダイム」(2018-2020) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「皮膚常在菌叢の変化に着目した褥瘡後感染症の原因解析及びその予防・緩和ケアの検討」(2017-2020) 分担者
○若手研究(B)「看護理工学的手法を用いた、妊娠線の新たな発生機序の解明と予防ケアへの応用」(2015-2017) 代表者
○研究活動スタート支援「視神経再生に必要なリプログラム遺伝子の新たな制御機構とそのマスター遺伝子の解明」(2013-2014) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2018-2018) 研究 HIV感染・AIDS進行に伴う皮膚常在菌叢変化の解明 戦略的研究推進プログラム(海外連携支援)若手研究者海外派遣支援 金沢大学

共同研究・受託研究実績

○ゼブラフィッシュ視神経損傷モデルを使った再生関連分子の発現機構について(2017-2018)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○医用工学概論(2020)
○学域GS言語科目Ⅰ(2020)
○看護研究(2020)
○臨床実践看護学入門(2020)
○看護総合実習(2020)
○看護研究概論(2020)
○栄養・生化学(2020)
○医用工学概論実習(2020)
○情報処理基礎(2020)
○看護研究(2019)
○情報処理基礎(2019)
○栄養・生化学(2019)
○医用工学概論実習(2019)
○臨床実践看護学入門(2019)
○看護総合実習(2019)
○医用工学概論実習(2018)
○栄養・生化学(2018)
○医用工学概論実習(2017)
○栄養・生化学(2017)
○医用工学概論実習(2016)
○医用工学概論実習(2015)
○バイオテクノロジー(2015)
○健康増進科学(2014)

大学院担当授業科目

○予防医学概論(2020)
○医用工学特論(2020)
○医用工学演習(2020)
○創傷看護技術学特論(2020)
○慢性・創傷看護技術学課題研究(2020)
○創傷看護技術学演習(2020)
○創傷看護技術学演習(2019)
○予防医学概論(2019)
○創傷看護技術学特論(2019)
○慢性・創傷看護技術学課題研究(2019)
○日和見感染症とティッシュ・バイアビィリティ・ケア(2018)
○創傷看護技術学演習(2018)
○予防医学概論(2018)
○創傷看護技術学演習(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ