本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年04月10日

米田 憲秀 (よねだ のりひで) 助教 YONEDA, Norihide

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学】
金沢大学  医学科 2003 卒業

職歴

金沢大学附属病院 放射線科 研修医(2003-2005/03/31)
福井県済生会病院 放射線科 医院(2005/04/01-2006/03/31)
福井県立病院 放射線科(2006/04/01-2008/03/31)
金沢大学(大学院)(2008/04/01-2011/03/31)
金沢大学附属病院 放射線科 医員(2010/04/01-2011/03/31)
石川県済生会金沢病院 放射線科 部長(2011/04/01-2012/03/31)
福井県立病院 放射線科(2012/04/01-2013/03/31)
金沢大学附属病院 放射線科 医員(2013/04/01-2014/03/31)
金沢大学附属病院 放射線科 特任助教(2014/04/01-2015/03/31)
金沢大学大学院医薬保健学域 経血管診療学 助教(2015/04/01-)

生年月

所属学会

日本医学放射線学会
腹部放射線学会
日本肝癌研究会
日本インターベンショナルラジオロジー学会
MRI学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本医学放射線学会Cypos賞 Gold medal (2016)
○RSNA Magna Cum Laude(2015)
○日本医学放射線学会板井研究奨励賞(2014)
○第28回腹部放射線研究会打田賞(2014)
○肝血流動態イメージ研究会 板井賞(2014)
○日本医学放射線学会第25回優秀論文賞(2013)
○腹部放射線研究会 打田賞(2010)
○Magna Cum Laude(2017/11/26)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Benign Hepatocellular Nodules: Hepatobiliary Phase of Gadoxetic Acid-enhanced MR Imaging Based on Molecular Background 2016 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Correlation between Gd-EOB-DTPA-enhanced MR imaging findings and OATP1B3 expression in chemotherapy-associated sinusoidal obstruction syndrome. 3099-103頁 2015 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Hypervascular hepatocellular carcinomas showing hyperintensity on hepatobiliary phase of gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging: a possible subtype with mature hepatocyte nature. 480-90頁 2013 査読有 原著論文
  • Beta-catenin-activated hepatocellular adenoma showing hyperintensity on hepatobiliary-phase gadoxetic-enhanced magnetic resonance imaging and overexpression of OATP8. 777-82頁 2012 査読有
  • Current status of imaging biomarkers predicting the biological nature of hepatocellular carcinoma. Jpn J Radiol 37巻 3号 191-208頁 2019 査読有 総説

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○画像診断治療学特論(2017)
○画像診断治療学特論(2017)
○画像診断治療学特論(2016)
○画像診断治療学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ