本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

砂原 伸行 (すなはら のぶゆき) 准教授 SUNAHARA, Nobuyuki

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

所属研究室等

学歴

職歴

生年月

所属学会

日本高次脳機能障害学会
日本神経心理学会 評議員(2003-)

学内委員会委員等

○広報委員会 委員(2016-2017)
○つるま保健学会誌編集委員会 委員(2015-2015)

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○作業療法学概論Ⅰ(2017)
○評価学実習Ⅱ(2017)
○身体障害作業療法学(2017)
○高次脳機能障害学(2017)
○コミュニケーション障害学(2017)
○作業療法臨床セミナーⅠ(2017)
○高次脳機能障害演習Ⅰ(2017)
○高次脳機能障害評価学(2017)
○基礎作業学(2017)
○リハビリテーション医学実習(2017)
○身体障害作業療法学実習Ⅰ(2017)
○身体障害作業療法学実習Ⅱ(2017)
○高次脳機能障害演習Ⅱ(2017)
○評価学実習Ⅰ(2017)
○地域作業療法学(2017)
○作業療法評価学実習(2017)
○基礎作業学演習(2017)
○作業療法評価学(2017)
○社会関連活動学(2017)
○作業療法学概論Ⅱ(2017)
○老年・リハビリテーション看護論(2016)
○リハビリテーション医学実習(2016)
○作業療法学概論Ⅰ(2016)
○身体障害作業療法学(2016)
○地域作業療法学(2016)
○基礎作業学演習(2016)
○社会関連活動学(2016)
○評価学実習Ⅱ(2016)
○身体障害作業療法学実習Ⅰ(2016)
○作業療法臨床セミナーⅠ(2016)
○身体障害作業療法学実習Ⅱ(2016)
○作業療法学概論Ⅰ(2016)
○作業療法学概論Ⅱ(2016)
○高次脳機能障害演習Ⅱ(2016)
○高次脳機能障害評価学(2016)
○評価学実習Ⅰ(2016)
○高次脳機能障害演習Ⅰ(2016)
○基礎作業学(2016)
○作業療法評価学(2016)
○作業療法評価学実習(2016)
○コミュニケーション障害学(2016)
○高次脳機能障害学(2016)
○作業療法学概論Ⅰ(2016)
○地域作業療法学(2015)
○社会関連活動学(2015)
○身体障害作業療法学(2015)
○作業療法学概論Ⅱ(2015)
○作業療法学概論Ⅰ(2015)
○作業療法評価学実習(2015)
○作業療法評価学(2015)
○評価学実習Ⅰ(2015)
○評価学実習Ⅱ(2015)
○基礎作業学(2015)
○基礎作業学演習(2015)
○身体障害作業療法学実習Ⅰ(2015)
○身体障害作業療法学実習Ⅱ(2015)
○作業療法臨床セミナーⅠ(2015)
○作業療法学概論Ⅰ(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○作業療法学概論Ⅰ(2014)
○作業療法臨床セミナーⅠ(2014)
○作業療法学概論Ⅰ(2014)
○評価学実習Ⅱ(2014)
○評価学実習Ⅰ(2014)
○作業療法学概論Ⅱ(2014)
○社会関連活動学(2014)
○地域作業療法学(2014)
○身体障害作業療法学(2014)

大学院担当授業科目

○作業能力回復学演習(2017)
○作業能力回復学特講(2017)
○作業能力回復学特講演習(2017)
○作業療法学研究方法論(2017)
○機能・能力回復学課題研究(2017)
○作業能力回復学特論(2017)
○保健学研究方法論(2016)
○作業能力回復学特講(2016)
○機能・能力回復学課題研究(2016)
○作業能力回復学演習(2016)
○作業療法学研究方法論(2016)
○作業能力回復学特論(2016)
○作業能力回復学特講演習(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○富山市介護認定審査会介護認定審査委員(2017/04/01-2019/03/31)
○富山市介護認定審査会審査委員(2015/04/01-2017/03/31)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ