本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月08日

河内 真美 (かわち まみ) 特任助教 KAWACHI, Mami

所属組織・役職等

国際基幹教育院 国際基幹教育院 高等教育開発・支援部門

教育分野

所属研究室等

総合教育1号館 602号室

学歴

【出身大学院】
筑波大学大学院 博士課程 教育学専攻 2015/03 単位取得満期退学
【出身大学】
筑波大学  国際総合学類 2005/03 卒業
【取得学位】
修士(教育学)

職歴

金沢大学 国際基幹教育院 特任助教(2016/04/01-)
金沢大学 大学教育開発・支援センター 特任助教(2015/04/01-2016/03/31)
つくば国際短期大学 非常勤講師(2011/10/03-2012/03/23)
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 研究員(非常勤)(2011/04/01-2012/03/31)
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 研究員(2009/04/01-2011/03/31)
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 研究員(非常勤)(2008/11/01-2009/03/31)

生年月

所属学会

日本比較教育学会
日本社会教育学会
日本公民館学会
大学教育学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

教育学

専門分野キーワード

比較・国際教育、社会教育、識字教育、大学教育

研究課題

大学教育におけるアクティブ・ラーニングと学習支援に関する研究

ユネスコにおける識字戦略の変遷

著書

論文

  • アクティブ・ラーニング型授業における学修支援を通したアドバイザー学生の学び 河内真美, 杉森公一, 上畠洋佑 高等教育ジャーナル―高等教育と生涯学習― 第24号 39-50頁 2017/03 査読有 原著論文
  • ユネスコにおける基礎教育(Fundamental Education)の構想―事業導入初期に着目して― 河内真美 日本公民館学会年報 第13号 78-86頁 2016/11/30 査読無 原著論文
  • ユネスコによる「識字の多元性」概念提唱の意義―「識字環境アプローチ」を手がかりに― 河内真美 社会教育学研究 第50巻 第1号 21-30頁 2014/03 査読有 原著論文
  • 北海道大学「大学院生のための大学教員養成講座」報告 河内真美 高等教育ジャーナル―高等教育と生涯学習― 第19号 65-76頁 2012/03 査読有 原著論文
  • 「社会的実践としてのリテラシー」アプローチの意義と射程―B. ストリートの理論と実践を手がかりに― 河内真美 教育学論集 第8号 21-41頁 2012/02 査読有

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○ファシリテーション入門-協同の学びを促す技法-(2017)
○ファシリテーション入門-協同の学びを促す技法-(2017)
○ファシリテーション入門-協同の学びを促す技法-(2017)
○ファシリテーション入門-協同の学びを促す技法-(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○大学・学問論(2016)
○アクティブラーニング入門-反転教室,協同による学び-(2016)
○大学・学問論(2016)
○アクティブラーニング入門-反転教室,協同による学び-(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ