本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年06月24日

大宮 寛久 (おおみや ひろひさ) 教授 OHMIYA, Hirohisa

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 創薬科学類
医薬保健学域 薬学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻

所属研究室等

精密分子構築学

学歴

【出身大学院】
京都大学大学院 博士課程 工学研究科材料化学専攻 2007 修了
京都薬科大学大学院 修士課程 薬学研究科 2004 修了
【出身大学】
京都薬科大学  2002 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

JST 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員(兼任)(2019-)
金沢大学  医薬保健研究域 薬学系 教授(2017-)
北海道大学大学院 理学研究院化学部門 准教授(2010-2017)
北海道大学大学院 理学研究院化学部門 助教(2008-2010)
マサチューセッツ工科大学 博士研究員(2007-2008)

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本化学会若い世代の特別講演会(2011/03)
○日本化学会北海道支部奨励賞(2012/02)
○北海道大学研究総長賞(2012/03)
○日本化学会進歩賞(2014/03)
○Banyu Chemist Award “BCA 2014”(2014/12)
○北海道大学 全学教育科目に係る授業アンケートにおけるエクセレント・ティーチャーズ(2014)
○Thieme Chemistry Journal Award 2015(2015/01)
○有機合成化学協会「中外製薬」研究企画賞(2015/02)
○北海道大学教育総長賞 奨励賞(2015/03)
○北海道大学研究総長賞 奨励賞(2015/03)
○文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2015/04)
○Asian Core Program Lectureship Award(China)(2018/11)
○Asian Core Program Lectureship Award(Korea)(2018/11)
○Asian Core Program Lectureship Award(Singapore)(2019/09)
○Mukaiyama Award 2021(2020/11)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「カルボニル化合物を求核剤原料とする分子変換プロセスの創製」(2018-2020) 代表者
○新学術領域研究「有機触媒と金属触媒のハイブリッドに基づく高次反応制御法の開発」(2017-2021) 代表者
○基盤研究(B)「レアメタルフリー有機合成を指向した不斉炭素-炭素結合形成反応の開発」(2015-2017) 代表者
○挑戦的萌芽研究「不飽和炭化水素類の環境調和型分子変換反応の開発」(2013-2014)
○若手研究(A)「機能分子合成を指向した化学選択的炭素-炭素結合形成反応の開発」(2012-2014)
○若手研究(B)「パラジウム触媒を用いたアリル系基質の高選択的分子変換反応」(2009-2011)
○若手研究(スタートアップ)「低原子価コバルト錯体触媒を用いた新形式変換反応の開発」(2008-2009)

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○薬学研究入門(2020)
○薬学研究Ⅲ(2020)
○薬学研究Ⅰ(2020)
○薬学研究Ⅱ(2020)
○ラボローテーションⅢ(2020)
○創薬科学研究Ⅰ(2020)
○有機化合物の扱い方を学ぶ(2020)
○薬学演習Ⅱ(2020)
○創薬科学演習(2020)
○薬学演習Ⅰ(2020)
○薬学演習Ⅲ(2020)
○有機化学演習Ⅱ(2020)
○有機金属化学(2020)
○有機反応化学(2020)
○有機化学Ⅱ(2020)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2020)
○有機化合物の扱い方を学ぶ(2019)
○有機金属化学(2019)
○有機反応化学(2019)
○有機化学演習Ⅱ(2019)
○有機化学Ⅱ(2019)
○ラボローテーションⅡ(2019)
○創薬科学研究Ⅱ(2019)
○ラボローテーションⅢ(2019)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2019)
○薬学研究Ⅰ(2018)
○ラボローテーションⅡ(2018)
○創薬科学演習(2018)
○ラボローテーションⅢ(2018)
○有機化学演習Ⅱ(2018)
○薬学研究Ⅳ(2018)
○創薬科学研究Ⅰ(2018)
○創薬科学研究Ⅱ(2018)
○有機化学Ⅱ(2018)
○有機金属化学(2018)
○薬学演習Ⅰ(2018)
○有機化学Ⅱ(2017)
○有機化学演習Ⅱ(2017)
○有機金属化学(2017)
○有機化合物の扱い方を学ぶ(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)

大学院担当授業科目

○有機合成触媒化学(2020)
○創薬分子プローブ概論b(2020)
○薬科学特別演習(2020)
○薬科学特別研究(2020)
○学際創薬学セミナー(2020)
○創薬科学試問Ⅰ(2020)
○創薬科学試問Ⅱ(2020)
○創薬科学課題演習(2020)
○創薬科学課題研究(2020)
○アドバンスト有機化学概論(2020)
○創薬科学実習Ⅰ(2020)
○創薬科学実習Ⅱ(2020)
○ファーマケミストリー特論(2020)
○ファーマケミストリー先端セミナー(2020)
○ファーマケミストリー先端セミナー(2020)
○学際セミナー(2020)
○ファーマケミストリー特論(2019)
○アドバンスト有機化学概論(2019)
○創薬分子プローブ概論Ⅱ(2019)
○ファーマケミストリー先端セミナー(2019)
○創薬分子プローブ概論(2018)
○創薬科学実習Ⅰ(2018)
○ファーマケミストリー特論(2018)
○創薬科学課題研究(2018)
○創薬科学試問Ⅱ(2018)
○学際セミナー(2018)
○創薬科学課題演習(2018)
○ファーマケミストリー先端セミナー(2018)
○創薬科学試問Ⅰ(2018)
○創薬科学実習Ⅱ(2018)
○有機合成触媒化学(2018)
○ファーマケミストリー特論(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ