本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年03月18日

新井 敏 (あらい さとし) 准教授 ARAI, Satoshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

ナノ生命科学研究所  ナノ生命科学研究所
テニュアトラック准教授

教育分野

所属研究室等

ナノ研 新井

学歴

職歴

生年月

1979年11月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Visualizing Alzheimer's Disease Mouse Brain with Multispectral Optoacoustic Tomography using a Fluorescent probe, CDnir7 [Park SJ,Ho CJH,Arai S,Samanta A,Olivo M,Chang YT] SCIENTIFIC REPORTS 9巻 1号 12052頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sonic hedgehog enhances calcium oscillations in hippocampal astrocytes. [Adachi C,Kakinuma N,Jo SH,Ishii T,Arai Y,Arai S,Kitaguchi T,Takeda S,Inoue T] The Journal of biological chemistry 294巻 44号 16034頁 2019 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The ABC Guide to Fluorescent Toolsets for the Development of Future Biomaterials. [Ferdinandus,Arai S] Frontiers in bioengineering and biotechnology 7巻 5頁 2019 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Highly cooperative fluorescence switching of self-assembled squaraine dye at tunable threshold temperatures using thermosensitive nanovesicles for optical sensing and imaging [Sou Keitaro,Chan Li Yan,Arai Satoshi,Lee Chi-Lik Ken] SCIENTIFIC REPORTS 9巻 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multifunctional temozolomide-loaded lipid superparamagnetic nanovectors: dual targeting and disintegration of glioblastoma spheroids by synergic chemotherapy and hyperthermia treatment. [Marino A,Camponovo A,Degl'Innocenti A,Bartolucci M,Tapeinos C,Martinelli C,De Pasquale D,Santoro F,Mollo V,Arai S,Suzuki M,Harada Y,Petretto A,Ciofani G] Nanoscale 11巻 44号 37812頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Eurotium Cristatum Fermented Okara as a Potential Food Ingredient to Combat Diabetes [Chan LiYan,Takahashi Masaki,Lim Pei Jean,Aoyama Shinya,Makino Saneyuki,Ferdinandus Ferdinandus,Ng ShiYa Clara,Arai Satoshi,Fujita Hideaki,Tan Hong Chang,Shibata Shigenobu,Lee Chi-Lik Ken] SCIENTIFIC REPORTS 9巻 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subcellular-sized Heat Spot by a Photothermal dye based Nano-heater Enabling the Modulation of Cellular Activities  Ferdinandus, Suzuki M., Harada Y., Sarker R. S., Ishiwata S., Kitaguchi, T., Arai, S* bioRxiv 2021/12/21 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 3D Printing of Okara Ink: The Effect of Particle Size on the Printability Lee, C. P.; Takahashi, M.; Arai, S.; Lee, C.-L. K.; Hashimoto, M ACS Food Science & Technology  1巻 11号 2053–2061頁 2021 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Electrochemical System Encapsulated by Nanoscale Liposomes Enabling On-Demand Triggering of Electroless Deposition at Selected Areas ing ZhanJing Zhan Department of Mechanical and Aerospace Jing Zhan , Ming Lin, Satoshi Arai, Wan Wei Yang, Keitaro Sou, Hirotaka Sato ACS Applied Nano Materials 3巻 6号 5098頁 2020/04/30 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ultra-thin, transparent, porous substrates as 3D culture scaffolds for engineering ASC spheroids for high-magnification imaging Yoshitaka Suematsu, Ya An Tsai, Shinji Takeoka, Clemens Martin Franz, Satoshi Arai, Toshinori Fujie J. Mater. Chem B 8巻 6999頁 2020/06/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • A single fluorescent lifetime (s-FLIM) indicator enabling quantitative imaging of the spatiotemporal dynamics of ATP(会議名:Bio-Nano Cross-Over International Workshop)(2021/05/25)
  • 杜仲葉エキスがもたらす効果の代謝イメージング(会議名:日本杜仲研究会 第15回 定期大会)(2021/07/10)
  • 単色蛍光タンパク質型 FLIM センサーを用いた ATP の時空間定量イメージング (会議名:第21回⽇本蛋⽩質科学会年会)(2021/06/16)
  • 生体分子濃度の時空間動態制御を可能にする光駆動型ナノベシクルの創出(会議名:第70回高分子討論会)(2021/09/07)
  • 生体分子濃度の時空間動態を定量可視化・自在制御するケミカルバイオロジー(会議名:第6回ソフトマター工学分科会講演会)(2021/11/12)

全て表示

  • NIR-triggered nanovesicle enabling local release of signalling molecules toward single-cell functional analysis(会議名:Pacifichem 2021 International Chemical Congress)(2021/12/18)
  • 色素の無輻射失活を巧みに利用する細胞熱工学(会議名:新学術領域研究「分子夾雑の生命化学」関西シンポジウム)(2021/12/21)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的研究(萌芽)「色素の無輻射失活を駆動力とする万能型分子濃度制御システム」(2021-2022) 代表者
○新学術領域研究(公募研究)「分子夾雑空間の熱力学エンジニアリング」(2020-2021) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「超高感度プログラマブル温度センサーによる1細胞の絶対温度計測」(2019-2021) 代表者
○国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))「多様な動物種の細胞エネルギーフロー解析と生物普遍的な治療法の探索」(2019-2021) 代表者
○新学術領域研究(公募研究)「光熱変換色素を用いた分子夾雑空間の温度制御システムの開発」(2018-2019) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2021-2022) 研究 生体分子濃度の時空間動態を細胞内で制御する光駆動型ナノ粒子の創出 旭硝子財団助成金 旭硝子財団
○競争的資金(学外) (2021-2027) 研究 細胞熱工学の深化と生命システム制御 JST-FOREST (創発)  JST
○助成金 (2019-2020) 研究 生体分子濃度の絶対定量を可能にする蛍光センサー設計原理の一般化 開発研究助成金 中谷医工計測技術振興財団

共同研究・受託研究実績

○細胞染色と細胞動態に関する研究(2021-2021)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○超分子化学探求(2021)
○ナノ生命科学特論(2021)
○錯体機能化学探求(2021)
○錯体機能化学探求(2021)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ