本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月16日

山口 直也 (やまぐち なおや) 助教 YAMAGUCHI, Naoya

研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

ナノマテリアル研究所 理論・計算科学グループ

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

計算物性研究室

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院 博士課程 自然科学研究科 数物科学専攻 2019/09 修了
金沢大学大学院 修士課程 自然科学研究科 数物科学専攻 2017/09 修了
【出身大学】
金沢大学 理工学域 数物科学類 2015/09 卒業
【取得学位】
博士(理学)
修士(理学)
学士(理学)

職歴

日本学術振興会 特別研究員-DC1(2018/04/01-2019/09/30)

生年月

1993年09月

所属学会

日本物理学会(201506-)
応用物理学会(202301-)
分子シミュレーション学会(202308-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○金沢大学大学院自然科学研究科長賞(2019/09/26)

専門分野

ナノ構造物理、計算科学

専門分野キーワード

計算物質科学,第一原理計算,ベリー位相,ラシュバ効果

研究課題

スピン軌道相互作用が誘起する固体電子物性の第一原理的研究

ナノ物質に特化した密度汎関数理論に基づく電場印加第一原理手法の開発

著書

論文

  • First-principles study of electric-field-induced topological phase transition in one-bilayer Bi(111) Japanese Journal of Applied Physics 57巻 3号 030309頁 2018/03/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Electric field dependence of topological edge states in one-bilayer Bi(111): A first-principles study  e-Journal of Surface Science and Nanotechnology 16巻 427頁 2018/11/24 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Spin splitting with persistent spin textures induced by the line defect in the 1T phase of monolayer transition metal dichalcogenides Physical Review B 101巻 15号 155410頁 2020/04/09 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Clear variation of spin splitting by changing electron distribution at non-magnetic metal/Bi2O3 interfaces Scientific Reports 8巻 1号 2018/12/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • First-principles study of rashba spin splitting at strained SrTiO3(001) Surfaces e-Journal of Surface Science and Nanotechnology 16巻 360頁 2018/08/04 査読有 研究論文(プロシーディング) 

全て表示

  • Photoinduced Rashba Spin-to-Charge Conversion via an Interfacial Unoccupied State Physical Review Letters 122巻 25号 2019/06/24 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • First-principles study of Rashba effect in ultra-thin bismuth surface alloys Journal of Crystal Growth 468巻 688頁 2017/06/15 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Statistical analysis of properties of non-fullerene acceptors for organic photovoltaics Japanese Journal of Applied Physics 61巻 3号 030905頁 2022/03/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Simple model for corrugation in surface alloys based on first-principles calculations Materials 13巻 19号 1頁 2020/10/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Realization of Spin-dependent Functionality by Covering a Metal Surface with a Single Layer of Molecules Nano Letters 19巻 10号 7119頁 2019/10/09 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Electric-field-induced Z 2 topological phase transition in strained single bilayer Bi(111) Applied Physics Express 12巻 7号 075009頁 2019/07/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Strain-induced large spin splitting and persistent spin helix at LaAlO3/SrTiO3 interface Applied Physics Express 10巻 12号 123003頁 2017/12/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Persistent spin helix on a diamond surface Applied Physics Express 16巻 2号 023001頁 2023/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Structural and physical properties of proton-conducting polyacrylic acid/alginic acid/1,2,4-Triazole composite membranes Solid State Ionics 399巻 116299頁 2023/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • First-principles study of anomalous Hall effect and anomalous Nernst effect in Fe2Si Japanese Journal of Applied Physics 62巻 SD号 SD1019頁 2023/05/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Seebeck-induced anomalous Nernst effect in van der Waals MnBi2Te4 layers Applied Physics Express 16巻 4号 043003頁 2023/04/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • First-principles LCPAO approach for insulators under finite electric fields with forces Computer Physics Communications 280巻 108487頁 2022/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of wide-gap topological insulating phase in metastable BiTeI Applied Physics Express 16巻 5号 053002頁 2023/05/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • First-principles calculation of anomalous Hall and Nernst conductivity by local Berry phase Physical Review B 107巻 2号 024404頁 2023/01/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Thermoelectric Effect in Kagome Lattice Enhanced at Van Hove Singularities Journal of the Physical Society of Japan 92巻 12号 124704頁 2023/12/15 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • First-principles study of anomalous Nernst effect in Cr-doped Bi2Se3 Japanese Journal of Applied Physics 63巻 1号 2023/09/28 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Solid-state 2H NMR investigation of molecular motion in proton-conducting polyacrylic acid/imidazole composites Interactions 245巻 1号 2024/03/05 査読有 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

  • バンドアンフォールディングを用いたBi/Ag表面合金系におけるラシュバ効果の第一原理的解析 山口 直也,尾崎 泰助,石井 史之 日本物理学会講演概要集 73.2巻 1951頁 2018
  • 一様電場下にある誘電体・半導体バルクにおけるバンド分散の第一原理的解析 山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 75.1巻 2314頁 2020
  • スピンカイラリティによって誘起される巨大Chern数の第一原理的研究 澤端 日華瑠,見波 将,山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 74.2巻 2056頁 2019
  • ビスマス酸化物/貴金属界面におけるラシュバ効果の第一原理計算 山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 72巻 0号 2475頁 2017 査読無
  • 19pPSA-39 トポロジカル絶縁体の電界効果に関する第一原理計算 澤端 日華瑠,山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 71巻 0号 2542頁 2016 査読無

全て表示

  • ペロブスカイト型酸化物/貴金属界面におけるラシュバ効果の第一原理計算 杉田 恵,山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 72.2巻 2123頁 2017
  • Bi(111)/貴金属界面の第一原理計算 杉田 恵,山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 72巻 0号 2479頁 2017 査読無
  • Bi薄膜のトポロジカル絶縁体相における歪みと電界効果の第一原理計算 澤端 日華瑠,山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 73.2巻 1953頁 2018
  • 18aPS-10 La(Al,Mn)O_3/SrTiO_3における電気分極の層依存性と電子状態の第一原理計算 山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 70巻 0号 2298頁 2015 査読無
  • 第一原理手法によるワニア関数を用いた表面・界面ラシュバ状態の解析 山口 直也,杉田 恵,石井 史之 日本物理学会講演概要集 72.2巻 2122頁 2017
  • 19pPSA-21 SrTiO_3薄膜におけるスピン軌道相互作用と電気分極の第一原理計算 山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 71巻 0号 2525頁 2016 査読無
  • 電場印加下におけるバルクの第一原理計算と磁性系への応用 山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 74.1巻 3000頁 2019
  • 酸化物表面・界面におけるラシュバ係数の第一原理計算 山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 71巻 0号 2407頁 2016 査読無
  • First-principles Calculation of the Formation of Surface Alloys on Ag(111)-√3×√3 R30° Surface 日本物理学会講演概要集 74.2巻 2064頁 2019
  • 酸化物強誘電体/金属界面におけるラシュバ係数の第一原理計算 杉田 恵,山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 73.2巻 1950頁 2018
  • 電場印加下の誘電体バルクにおけるスピン軌道分裂の第一原理計算 山口 直也,石井 史之 日本物理学会講演概要集 73.2巻 2404頁 2018

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○電場下での物性シミュレーション

科研費

○基盤研究(B)「電子状態計算における高速ベリー位相計算手法の開発とエネルギー変換材料への応用」(2024-2028) 代表者
○若手研究「光-スピン流-電流変換物質の第一原理計算」(2020-2023) 代表者
○特別研究員奨励費「表面・界面系における巨大ラシュバ効果の発現機構に関する第一原理的研究」(2018-2020) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○計算科学(2023)
○情報・計算科学基礎(2023)
○データサイエンス基礎(2023)
○情報・計算科学基礎(2022)
○計算科学(2022)
○計算機言語A(2021)
○計算機言語B(2021)
○情報・計算科学基礎(2021)
○計算科学(2021)
○計算機言語A(2020)
○計算機言語B(2020)
○情報・計算科学基礎(2020)
○計算科学(2020)
○計算科学(2019)
○計算機言語A(2019)
○情報・計算科学基礎(2019)
○計算機言語B(2019)

大学院担当授業科目

○計算物性科学(2023)
○計算物性科学(2023)
○計算物性科学(2022)
○計算物性科学(2022)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ