本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年05月19日

笠原 寿郎 (かさはら かずお) 准教授 KASAHARA Kazuo

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 血液・呼吸器内科

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

血液・呼吸器内科 TEL:076-265-2273 FAX:076-234-4252

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 内科学
【出身大学】
金沢大学 医学部 1986
【取得学位】
博士(医学)

職歴

国立がんセンター 薬効試験部 リサーチレジデント 国立がんセンター薬効試験部 リサーチレジデント(1989/05/01-1990/10/31)

生年月

所属学会

日本肺癌学会 理事(2010-)
日本呼吸器学会
日本内科学会
日本臨床腫瘍学会 評議員(2005-)
日本癌学会
日本癌治療学会
日本呼吸器内視鏡学会 北陸支部長、理事、将来計画委員会委員長(2016-2018)

学内委員会委員等

○病院運営委員会 委員(2019-2019)
○院内感染防止対策委員会 委員(2019-2019)

受賞学術賞

○アストラゼネカリサーチグランド2004

専門分野

呼吸器内科学

専門分野キーワード

肺癌

研究課題

肺癌化学療法の基礎的臨床的研究

肺がんの分子標的治療

著書

  • 成人看護学 病態整理・疾病論[I] III呼吸器 B.主な疾病 2.肺の疾患 1)肺炎 廣川出版 2000/10 原著書 共著 笠原寿郎
  • 成人看護学 病態整理・疾病論[I] III呼吸器 B.主な疾病 2.肺の疾患 10)肺循環障害 廣川出版 2000/10 原著書 共著 笠原寿郎
  • 成人看護学 病態整理・疾病論[I] III呼吸器 B.主な疾病 2.肺の疾患 11)無気肺 廣川出版 2000/10 原著書 共著 笠原寿郎
  • 成人看護学 病態整理・疾病論[I] III呼吸器 B.主な疾病 2.肺の疾患 12)過換気症候群 廣川出版 2000/10 原著書 共著 笠原寿郎

論文

  • Occult Lung Cancerの局在診断の経験 良元章浩、笠原寿郎ほか4名 肺癌 39巻 6号 887-893頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 空洞をきたした末梢型肺小細胞癌の1例 良元章浩、笠原寿郎ほか4名 肺癌 39巻 7号 1001-1005頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肺癌検診の有用性とその問題点ー富山県城端町の肺癌検診を検証して 北俊之、笠原寿郎ほか3名 日本胸部臨床 58巻 4号 260-269頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atopy in cough sensitivity to capsaicin and bronchial responsiveness in young females M. Fujimura, K. Kasaharaほか6名 Eur Respir J 11巻 5号 1060-1063頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of oral steroids on blood cxc3+ and ccr4+ cells in patients with bronchial asthma K. Kurashima, K. Kasaharaほか8名 AM. J. Crit. Care Med. 164巻 5号 754-758頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Effect of thromboxane synthtase inhibitor, ozagrel hydrocholoride, on prak flow in stable asthmatics treated with beeclometasone diproprionate M Fujimura, K. Kasaharaほか9名 Allergology International 76巻 1号 67-75頁 1997/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exposure to sorbitol induces resistance to cisplatin in human non-small-cell lung cancer cell lines T Bando, K. Kasaharaほか9名 Anticancer Res 17巻 5A号 3345-3348頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Maliginant kesothelioma presenting as pulmnary metastasis ahead of growth of primary tumor U. Heki, K. Kasaharaほか3名 Respirology 4巻 3号 279-281頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of thromboxane receptor on the intracellular accumulation of cis-Diamminedichloroplatinum (II) in non-small-cell but not small-cell lung cancer cell lines T Bando, K. Kasaharaほか2名 Anticancer Res 18巻 2A号 1079-1084頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selrective beta2-adrenoreceptor agonist enhances sensitivity to cisplatin in non-small cell lung cancer cell line T, Bando, K. Kasaharaほか3名 Oncol. Rep 7巻 1号 49-52頁 2000/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Significance of Na+, K+-ATPase on intracellular accumulation of cis-diamminedichiloroplatinum(II) in human non-small-cell but not in small cell lung cancer cell lines T Bando, K. Kasaharaほか2名 Anticancer Res 18巻 2A号 1085-1090頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Small cell lung cancer accompanied by lactic acidosis and syndrome og inappropriate secretion of antidiuretic hormone M. Fujimura, K. Kasaharaほか2名 Lung Cancer 22巻 3号 251-254頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Up-regulation of ICH-1Lprotein by thromboxaneA2 antagonists enhances cisplatin0induced apoptosis in non-small-cell-lung cancer cell lines M. Fujimura, K. Kasaharaほか5名 J. Cancer Res. Clin. Oncol. 125巻 7号 389-394頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A phase I study of Caruboplatin and Docetaxel for advanced Non-small Cell Lung Cancer Using the Continual Reassessment Method Kazuo Kasahara, ほか10名 JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 32巻 12号 512頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative analysis of epidermal growth factor receptor mutations and gene amplification as predictors of gefitinib efficacy in japanese patients with non-small cell lung cancer. Kasahara, K., Kimura, H., Nishio, K., Mizuguchi, M., Nakatsumi, Y., Shibata, K., Waseda, Y., Fujimura, M., and Nakao, S 109巻 9号 1836-1844頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bi-weekly administration of gemcitabine plus vinorelbine in elderly patients with advanced non-small-cell lung cancer: multicenter phase II trial 56巻 3号 371-376頁 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary pulmonary artery sarcoma detected with a pulmonary infarction. 46巻 9号 601-604頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Extrinsic allergic alveolitis with eosinophil infiltration induced by 1,1,1,2-tetrafluoroethane (HFC-134a): a case report 46巻 17号 1455-1457頁 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mass spectrometry to classify non-small-cell lung cancer patients for clinical outcome after treatment with epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors: a multicohort cross-institutional study. 99巻 11号 838-846頁 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Remarkable effect of gefitinib retreatment in a patient with nonsmall cell lung cancer who had a complete response to initial gefitinib. 333巻 4号 21-25頁 2007/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of epidermal growth factor receptor mutation status in serum DNA as a predictor of response to gefitinib (IRESSA) 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Randomized phase II trial of OK-432 in patients with malignant pleural effusion due to non-small cell lung cancer. 26巻 2B号 1495-1499頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A phase II study of combination chemotherapy with docetaxel and carboplatin for patients with advanced or metastatic non-small cell lung cancer 26巻 5B号 3723-3738頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High sensitivity detection of epidermal growth factor receptor mutations in the pleural effusion of non-small cell lung cancer patients 97巻 7号 642-648頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of epidermal growth factor receptor mutations in serum as a predictor of the response to gefitinib in patients with non-small-cell lung cancer 12巻 13号 3915-3921頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sputum eosinophilia, airway hyperresponsiveness and airway narrowing in young adults with former asthma 57巻 3号 211-217頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of pressure stress applied to the airway on cough-reflex sensitivity in Guinea pigs 177巻 6号 585-592頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Eosinophilic pneumonia (EP) associated with rheumatoid arthritis in which drug-induced eosinophilic pneumonia could be ruled out 47巻 6号 527-531頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Eosinophilic pneumonia and thoracic metastases as an initial manifestation of prostatic carcinoma 47巻 15号 1419-1423頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impact of serum hepatocyte growth factor on treatment response to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors in patients with non-small cell lung adenocarcinoma Clin Cancer Res 16巻 18号 4616-24頁 2010/09 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of cough reflex sensitivity after an inhaled antigen challenge between actively and passively sensitized guinea pigs 1巻 1号 6頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chronic eosinophilic pneumonia with endobronchial involvement. Journal of bronchology & interventional pulmonology. 2011;18(3):285-7. Epub 2011/07/01. Hara J, Nishi K, Demura Y, Kurokawa K, Kurumaya H, Katayanagi, K, Fujimura, M. Nakao, S Journal of bronchology & interventional pulmonology. 18巻 3号 285-287頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the prostaglandin biosynthetic pathway in non-small cell lung cancer: a comparison with small cell lung cancer and correlation with angiogenesis, angiogenic factors and metastases. 13巻 6号 1049-1057頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase I study of irinotecan and gefitinib in patients with gefitinib treatment failure for non-small cell lung cancer.  Horiike A, Kudo K, Miyauchi E, Ohyanagi F, Kasahara K, Horai T, et al.  105巻 8号 1131頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase I clinical study of the angiogenesis inhibitor TSU-68 combined with carboplatin and paclitaxel in chemotherapy-naive patients with advanced non-small cell lung cancer.  Okamoto I, Yoshioka H, Takeda K, Satouchi M, Yamamoto N, Seto T,Miyazaki, M. Kitamura, R. Ohyama, A. Hokoda, N. Nakayama, H. Yoshihara, E. Nakagawa, K. Journal of thoracic oncology 7巻 2号 427頁 2011/11 査読有 原著論文
  • MET increases the sensitivity of gefitinib-resistant cells to SN-38, an active metabolite of irinotecan, by up-regulating the topoisomerase I activity. Sakai A, Ohmori T, Kimura H, Sone T, Fujimura M, Nakao, S. Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer. 7巻 9号 1337頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful treatment with chemotherapy and corticosteroids of pulmonary Mycobacterium abscessus infection accompanied by pleural effusion.  Okazaki A, Takato H, Fujimura M, Ohkura N, Katayama N,  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2012. Epub 2012/12/25. 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Phase I clinical study of the angiogenesis inhibitor TSU-68 combined with carboplatin and paclitaxel in chemotherapy-naive patients with advanced non-small cell lung cancer 7巻 2号 427頁 2011/11/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MET increases the sensitivity of gefitinib-resistant cells to SN-38, an active metabolite of irinotecan, by up-regulating the topoisomerase I activity J Thorac Oncol 7巻 9号 1337頁 2012/06/23 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful treatment with chemotherapy and corticosteroids of pulmonary Mycobacterium abscessus infection accompanied by pleural effusion 19巻 5号 964頁 2012/12/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Paradoxical reaction to antituberculosis therapy after 6 months of treatment for pulmonary tuberculosis: A case report 2016/06/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic factors in patients with terminal stage lung cancer Matsunuma, R. Tanbo, Y. Asai, N. Ohkuni, Y. Watanabe, S. Murakami, S. Kawaura, Y. Kasahara, K. 17巻 2号 189頁 2014/01/21 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Imatinib for bronchiolitis obliterans after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation Watanabe, S. Waseda, Y. Kimura, H. Takato, H. Ohata, K. Kondo, Y. Kasahara, K. Nakao, S. 50巻 9号 1250頁 2015/06/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pleuroparenchymal fibroelastosis: Distinct pulmonary physiological features in nine patients Watanabe, S, Waseda, Y, Takato, H, Matsunuma, R, Johkoh, T, Egashira, R, Kawabata, Y, Ikeda, H, Yasui, M, Fujimura, M, Kasahara, K. 53巻 4号 149頁 2015/06/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Granulocyte colony-stimulating factor-producing malignant pleural mesothelioma with the expression of other cytokines 10巻 1号 58-62頁 2005/02
  • Inhaled lysophosphatidylcholine provokes bronchoconstriction in guinea pigs in vivo. 520巻 1-3号 150-155頁 2005/09
  • Plasma MIP-1beta levels and skin toxicity in Japanese non-small cell lung cancer patients treated with the EGFR-targeted tyrosine kinase inhibitor, gefitinib. 50巻 3号 393-399頁 2005/12

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

  • 内科医にできるがん患者への対応:喀血 笠原寿郎 38巻 9号 1503-1505頁 2001/09 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • Changes in angiogenic growth factor levels after gefitinib treatment in non-small cell lung cancer 35巻 5号 233-238頁 2005/05
  • Role of intercellular adhesion molecule-1 in a murine model of toluene diisocyanate-induced asthma Myou, S. Fujimura, M. Kita, T. Yasui, M. Kasahara, K. Nakao, S. Takehara, K. Sato, S.

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○分子標的治療
○癌のトランスレーショナルリサーチ
○呼吸器疾患の画像解析システムの確立

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「肺癌細胞のアポトーシスにおける脂質メディエーターの役割」(1998-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「肺癌細胞のアポトーシスにおける脂質メディエーターの役割」(1999-) 代表者
○基盤研究(C)「肺癌におけるcMetとtopoisomerase Iの関連」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「肺癌におけるMet遺伝子を標的とした個別化療法の確立」(2017-2019) 代表者
○基盤研究C「薬物療法が与える免疫原性細胞死の評価 」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「肺癌におけるcMetによるtopoisomeraseIの活性制御の解析」(2014-2016)

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2008-) 研究 血液サンプルを用いた、難治性固形癌のがん薬物療法の効果予測因子の臨床的有効性の検討 厚生労働省がん研究助成金
○競争的資金(学外) (2009-) 研究 血液サンプルを用いた、難治性固形癌のがん薬物療法の効果予測因子の臨床的有効性の検討 厚生労働省がん研究助成金

共同研究・受託研究実績

○EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者におけるアファチニブ耐性メカニズムを明らかにする研究(2016-2018)
○低侵襲・動的呼吸機能検査技術の開発とその評価(2016-2018)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○呼吸器(2017)
○化学療法学(2017)
○呼吸器(2016)
○化学療法学(2016)
○呼吸器(2015)
○化学療法学(2015)
○化学療法学(2014)
○呼吸器(2014)

大学院担当授業科目

○呼吸器内科学特論(2020)
○内科学概論(2017)
○呼吸器内科学特論(2017)
○呼吸器内科学特論(2017)
○呼吸器内科学特論(2016)
○内科学概論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○金沢市医療扶助審議委員会部会長(2007/04/01-)

講演可能なテーマ

○癌化学療法(キーワード:癌化学療法,副作用対策)
○分子標的治療(キーワード:肺結核,非定型抗酸菌症)
○抗酸菌感染症(キーワード:分子標的治療薬,チロシンキナーゼ阻害剤,上皮増殖因子受容体)

その他公的社会活動

○日本肺癌学会(2009-) 評議員・理事として日本肺癌学会の運営に参加した。 ガイドライン作成に携わった。
○日本臨床腫瘍学会(2007-) 評議員として学会の運営・NPOへの移行問題、がん患者との関わり合い、専門医の問題について協議した。

このページの先頭へ