本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年03月30日

山﨑 宏人 (やまざき ひろひと) 准教授 YAMAZAKI Hirohito

メール

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

金沢大学大学院医学系研究科細胞移植学 TEL:076-265-2275 FAX:076-234-4252

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 内科学第三 1999/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1992/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学(2003/04/01-)

生年月

所属学会

日本内科学会
日本血液学会
日本造血細胞移植学会 監事(2020-2021)
日本輸血・細胞治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本感染症学会
日本臨床倫理学会
日本生命倫理学会
日本移植学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

血液内科学

専門分野キーワード

ドナーリンパ球輸注、再生不良性貧血

研究課題

ドナーリンパ球輸注による移植後再発の治療

再生不良性貧血の病態解明と治療

著書

  • 新しい診断と治療のABC5 血液1 血液疾患合併感染症 「造血幹細胞移植後のEBV関連リンパ増殖性疾患の治療」 最新医学社 2008/11 原著書 共著
  • 骨髄不全の病態診断 血液診療エキスパート 貧血 「骨髄不全の病態診断」 中外医学社 2010/03 原著書 共著
  • 今日の治療指針 2013年版 「再生不良性貧血」 医学書院 2013/01 原著書 単著
  • 最新医学 別刷 新しい診断と治療のABC72 血液8 再生不良性貧血 「病態生理」 最新医学社 2011/12 原著書 共著
  • 免疫抑制療法骨髄異形成症候群(MDS)診療up-to-date 「免疫抑制療法」 中外医学社 2011/09 原著書 共著

全て表示

  • 骨髄不全の病態診断 中外医学社 血液診療エキスパート 貧血 2010/03 原著書 単著

論文

  • Border between aplastic anemia and myelodysplastic syndrome  Int J Hematol 97巻 558-563頁 2013/05 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 同種骨髄移植後の再発に対するドナーリンパ球輸注後に急性GVHDを経過せずに寛解が得られた慢性骨髄性白血病 山崎宏人,中尾眞二,高松秀行,伊藤高明,上田幹夫,塩原信太郎,松田保 臨床血液 36巻 7号  677-681頁 1995/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 再生不良性貧血患者における疾患感受性遺伝子の検討:熱ショック蛋白質70遺伝子および腫瘍壊死因子α遺伝子の多型性と免疫抑制療法に対する反応性 金沢大学十全医学会雑誌 108巻 1号  24-36頁 1999/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Cyclosporine therapy for acquired aplastic anemia: predictive factors for the response and long-term prognosis 85巻 3号  186-190頁 2007/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 再生不良性貧血の診断と治療:セカンドオピニオン外来で聞かれること  臨床血液 2010/10 総説

全て表示

  • 成人再生不良性貧血に対するサイモグロブリン療法 血液フロンティア 2010/05 総説
  • Outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in adult patients with hepatitis-associated aplastic anemia.  109巻 6号 711-717頁 2019/04/08 査読有 原著論文
  • Hematologic recovery induced by eltrombopag in Japanese patients with aplastic anemia refractory or intolerant to immunosuppressive therapy. International Journal of Hematology 110巻 2号 187-196頁 2019/06/10 査読有
  • 再生不良性貧血 Mebio 28巻 54-63頁 2011/08 査読無 総説 その他
  • 再生不良性貧血の治療 Medical Practice 28巻 2200-2205頁 2011/12 査読無 その他
  • 再生不良性貧血 臨床雑誌 内科 109巻 1097-1099頁 2012/06 査読無 総説
  • MDSに対する免疫抑制療法の現状と展開 血液内科 65巻 343-351頁 2012/09 査読無 総説 その他
  • Helicobacter pyloriと鉄欠乏性貧血 生活と習慣病 42巻 1218-1222頁 2012/12 査読無 総説 その他
  • 再生不良性貧血の病態と治療:病態診断を活用した治療戦略 臨床血液 52巻 1507-1514頁 2011/10 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 第73回日本血液学会学術集会(教育講演) 再生不良性貧血の病態と治療:病態診断を活用した治療戦略 2011/10/15(2011)
  • 第73回日本血液学会学術集会(口演) Thymoglobuline therapy for aplastic anemia: Impact of PNH-type cells on the treatment outcome 2011/10/14(2011)
  • 2012 ASH Annual Meeting(Poster) Thymoglobuline is as effective as Lymphoglobuline in Japanese patients with aplastic anemia possessing increased glycosylphosphatidylinositol-anchored protein (GPI-AP) deficient cells 2012/12/10(2011)
  • 第34回日本造血細胞移植学会総会(ワークショップ) 高齢患者に対する造血幹細胞移植の動向‐全国アンケート調査から- 2012/2/24(2011)
  • 第72回日本血液学会学術集会(教育講演) 再生不良性貧血の診断と治療:セカンドオピニオン外来で聞かれること 2010/9/25(2010)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○抗腫瘍免疫の機序解明
○難治性造血障害の病態解明

科研費

○基盤研究(C)「再生不良性貧血における免疫抑制療法の効果予測法の確立」(2006-2008) 代表者
○基盤研究(C)「微少PNH型血球陽性骨髄不全診断システムの開発」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「難治性再生不良性貧血におけるトロンボポエチン受容体作動薬の効果反応予測因子の同定」(2018-2020) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「PIGA遺伝子変異造血幹細胞の選択的増殖におけるCD109分子とTGF-βの役割」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(C)「微少PNH型血球陽性骨髄不全診断システムの開発」(2010-2012) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○輸血検査学(2017)
○免疫アレルギー(2017)
○血液(2017)
○輸血検査学特論(2016)
○血液(2016)
○輸血検査学(2016)
○輸血検査学特論(2015)
○輸血検査学(2015)
○血液(2015)
○血液(2014)
○輸血検査学特論(2014)

大学院担当授業科目

○分子生物学入門(2017)
○臨床腫瘍学特論(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○臨床腫瘍学特論(2017)
○分子生物学入門(2017)
○臨床腫瘍学特論(2016)
○臨床腫瘍学特論(2016)
○分子生物学入門(2016)
○分子生物学入門(2016)
○細胞移植学特論(2016)
○細胞移植学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○再生不良性貧血の診断と治療
○ドナーリンパ球輸注療法

その他公的社会活動

○日本血液学会(2007-) 広報委員

このページの先頭へ