Jump to contents

Researcher Information

last modified:2022/11/28

Professor YOSHIKAWA, Hiroaki

Mail

Faculty, Affiliation

Health Service Center

College and School Educational Field

Division of Natural System, Graduate School of Natural Science and Technology
School of Medicine, College of Medical, Pharmaceutical and Health Sciences

Laboratory

Health Service Center TEL:076-264-5254 FAX:076-234-4044

Academic Background

【Academic background(Doctoral/Master's Degree)】
Kanazawa University Doctor Graduate School, Division of Medicine 198903 Completed
【Academic background(Bachelor's Degree)】
Kanazawa University 198503
【Degree】
Medical Scientist

Career

1995-1998 Knazawa University Hospital Assistant Professor(1995/04/01-1998/06/30)
1998-1999 Kanazawa University Hospital Lecture University Hospital(1998/07/01-1999/02/28)
1999-2006 Kanazawa University Health Service Center Associate Pforessor Health Service Center(1999/03/01-2006/03/31)
2006- Kanazawa University Health Service Center Professor Health Service Center(2006/04/01-)

Year & Month of Birth

Academic Society

Japan University Health Association
The National University Council of Health Administration Facilities Japan
SOCIETAS NEUROLOGICA JAPONICA
SOCIETAS NEUROLOGICA JAPONICA
American College Health Association
The Japanese Society for Neuroimmunology
Japanese Society of Neurological Therapeutics
American Academy of Neurology
The Japanese Society of Internal Medicine

Japan Society for Occupational Health








Award

○Mayo Foundation Research Award(1994/05/01)
○Japan University Health Association 41th National meeting Outstanding presentation Award(2003/10)
○Japan University Health Association 44th National meeting Outstanding presentation Award(2006/10/12)

Specialities

Neurology、Neurophysiology/General neuroscience、Applied health science、Epidemiology and preventive medicine、Immunology

Speciality Keywords

Neuroscience, Neuroimmunology, Neurology, Preventive Medicine, Epidemiology, Health Science, Mental Health

Research Themes

Curriculum development of health education for mental and physical development of college students

I examine effective health education approaches in the university by implementing the “Program of Growth Support through Nurturing Mind and Body: Educating Students with Practical Wisdom that Brings Happiness to Society,” which was adopted as a “Student Support GP Program Responding to New Societal Needs” in 2007.

Study of Immunotherapy for Myasthenia Gravis

In order to develop a more effective and safe treatment method for myasthenia gravis, an organ-specific immune disorder targeting neuromuscular junctions, my aim is to investigate the possibility of a new immunotherapy method while examining effective administration methods of currently available drugs.

Immunopathogenesis of autoimmune neurological disorder

The pathophysiology of immunological nerve disorders (e.g., myasthenia gravis, multiple sclerosis) is yet to be fully explained. I attempt to clarify the molecular level pathology of these disorders, and also examine whether there are autoimmune disorders among neurological disorders that have not been anticipated to involve autoimmunity, for which new therapy methods can be used.

Neuroscientific study for the development and decline of cognitive function

Study for condition of patients with myasthenia gravis in Japan

Books

  •  Myasthenia gravis (Adult) 2013/03
  •  dysthyroid ophthalmopathy 2013/03
  •  Hiroaki Yoshikawa Today's Therapy 2014 2014/01
  •  Hiroaki Yoshikawa Today's Diagnosis 7th edition 2015/03
  •  吉川 弘明 重症筋無力症の自己免疫性T細胞を標的とした免疫療法の研究 [吉川弘明] 2005

show all

  •  吉川 弘明 重症筋無力症における自己抗体産生調節機構とその修飾に関する研究 [吉川弘明] 2001
  •  吉川弘明 dysthyroid ophthalmopathy 医学書院 2013/03
  •  吉川弘明 Myasthenia gravis (Adult) 医学書院 2013/03

Papers

  •  Acetylcholine receptor autoantibody secretion by thymocytes: relationship to myasthenia gravis. NEUROLOGY 49 2 562-567 1997/08
  •  A 17mer self peptide of acetylcholine receptor binds to B cell MHC classs II, activates helper T cells and stimulates autoantibody production and electrophysiological signs of myasthenia gravis. Yoshikawa H, Lambert EH, Walser-Kuntz DR, Yasukawa Y, McCormick DJ, Lennon VA J Immunol 159 3 1570-1577 1997/08
  •  Engraftment of myasthenia gravis thymocytes into severe combined immunodeficiency (SCID) mice. AUTOIMMUNITY 28 4 217-24 1998
  •  Decreased myocardial 123I-IMBG uptake in Parkinson’s disease. Acta Neurol Scand 97 5 303-309 1998/05
  •  Analysis of immunoglobulin secretion by lymph organs with myasthenia gravis. Acta Neurol Scand 103 1 53-58 2001/01

show all

  •  Benign segmental myoclonus: Electrophysiological evidence of transient dysfunction in the brainstem. J Clin Neurosci 8 1 54-56 2001/01
  •  Bilateral abducens nerve paresis associated with anti-GQ1b IgG antibody Am J Ophthalmol 131 6 816-818 2001/06
  •  Cytokine secretion by peripheral blood mononuclear cells in myasthenia gravis Yoshikawa H, Satoh K, Yasukawa Y, Yamada M. J Clin Neurosci 9 2 133-136 2002/03
  •  FK506 prevents induction of rat experimental autoimmune myasthenia gravis J Autoimmun 10 1 11-16 1997/02
  •  Diagnostic significance of thymic CT and 201Tl-SPECT in myasthenia gravis. Neuroradiol 54 600 1999
  •  In vitro production of anti-acetylcholine receptor antibody and IgG by peripheral blood lymphocytes of patients with myasthenia gravis Ann N Y Acad Sci 841 351-354 1998/05
  •  Lower limb tremor in Machado-Joseph disease NEUROLOGY 51 4 1225-1226 1998/10
  •  Myasthenia gravis (MG) thymocyte engraftment in severe combined immunodeficiency (SCID) mice. Muscle Nerve suppl 7 S124 1998
  •  Primary and memory autoimmune responses specific for muscle acetylcholine receptor in a human-mouse (Hu-SCID) chimeric system. Muscle Nerve suppl 7 S124 1998
  •  Pseudo-Argyll Robertson pupil of patients with spinocerebellar ataxia type 1 (SCA1). J Neurol Neurosurg Psychiatry 65 4 612-613 1998/10
  •  Pure akinesia manifested neuroleptic malignant syndrome: a clinical variant of progressive supranuclear palsy Acta Neuropathol 93 3 306-309 1997/03
  •  ACh receptor protein drives primary and memory autoantibody responses in chimeric human-SCID mice. CLINICAL IMMUNOLOGY 104 2 128-137 2002/08
  •  Anti-ryanodine receptor antibodies and FK506 in myasthenia gravis NEUROLOGY 62 10 610-613 2004/05
  •  Clinical study of patients with myasthenia gravis associated with neuromyelitis optica 13 1 66 2005/01
  •  Comparative study of pre-operative thymic imaging and pathology in patients with myasthenia gravis JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE 11 610-613 2004
  •  Cytosolic Ca2+ alteration mediates both ryanodine receptor and IP3 receptor in TE671/RD cells 25 255-261 2005
  •  A novel immunomodulator, FTY720, prevents development of experimental autoimmune myasthenia gravis in C57BL/6 mice MOLECULAR PHARMACOLOGY 28 736-739 2005
  •  A novel immunomodulator, FTY720, prevents development of experimental autoimmune myasthenia gravis in C57BL/6 mice BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 28 4  736-739 2005
  •  Elevation of IL-12 p40 and its antibody in myasthenia gravis with thymoma Yoshikawa H, Sato K, Edahiro S, Furukawa Y, Maruta T, Iwasa K, Watanabe H, Takaoka S, Suzuki Y, Takamori M, Yamada M JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 175 1-2  169-175 2006/03
  •  Neuromyelitis optica associated with myasthenia gravis: characteristic phenotype in Japanese population Furukawa Y, Yoshikawa H, Yachie A, Yamada M. EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY 13 6 655-658 2006/06
  •  Glutamic acid decarboxylase autoimmunity with brainstem, extrapyramidal, and spinal cord dysfunction Pittock SJ, Yoshikawa H, Ahlskog JE, Tisch SH, Benarroch EE, Kryzer TJ, Lennon VA. MAYO CLINIC PROCEEDINGS 81 9 1207-1214 2006/09
  •  Clinical efficacy and cytokine network-modulating effects of tacrolimus in myasthenia gravis. Furukawa Y, Yoshikawa H, Iwasa K, Yamada M. JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 195 1-2 108-115 2008/02
  •  Autoantibodies against M1 muscarinic acetylcholine receptor in myasthenic syndrome Takamori M, Motomura M, Fukudome T, Yoshikawa H EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY 13 11 1230-1235 2007/08
  •  Is excitation-contraction coupling impaired in myasthenia gravis? Nakata M, Kuwabara S, Kawaguchi N, Takahashi H, Misawa S, Kanai K, Tamura N, Sawai S, Motomura M, Shiraishi H, Takamori M, Maruta T, Yoshikawa H, Hattori T. CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 118 5 1144-1148 2007/02
  •  Anti-ryanodine receptor antibodies and FK506 in myasthenia gravis Takamori M, Motomura M, Kawaguchi N, Nemoto Y, Hattori T, Yoshikawa H, Otsuka K. NEUROLOGY 62 10 1894-1896 2004/05
  •  Degos' disease: radiological and immunological aspects Yoshikawa H, Maruta T, Yokoji H, Takamori M, Yachie A, Torii Y ACTA NEUROLOGICA SCANDINAVICA 94 5 353-356 1996/11
  •  Effect of calcitonin gene-related peptide on skeletal muscle via specific binding site and G protein Takamori M, Yoshikawa H JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES 90 1 99-109 1989/03
  •  Autoantibody to dihydropyridine receptor in myasthenia gravis Maruta T, Yoshikawa H, Fukasawa S, Umeshita S, Inaoka Y, Edahiro S, Kado H, Motozaki Y, Iwasa K, Yamada M. JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 208 1-2 125-129 2009/02
  •  Autoimmune Targets of Heart and Skeletal Muscles in Myasthenia Gravis. Suzuki S, Utsugisawa K, Yoshikawa H, Motomura M, Matsubara S, Yokoyama K, Nagane Y, Maruta T, Satoh T, Sato H, Kuwana M, Suzuki N. ARCHIVES OF NEUROLOGY 66 11 1334-1338 2009/09
  •  Correlation of bite force with excitation-contraction coupling time of the masseter in myasthenia gravis. Tsuda E, Imai T, Hozuki T, Yamauchi R, Saitoh M, Hisahara S, Yoshikawa H, Motomura M, Shimohama S CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 121 7 994-995 2010/07
  •  Familial ALS with G298S mutation in TARDBP: a comparison of CSF tau protein levels with those in sporadic ALS Nozaki I, Arai M, Takahashi K, Hamaguchi T, Yoshikawa H, Muroishi T, Noguchi-Shinohara M, Ito H, Itokawa M, Akiyama H, Kawata A, Yamada M INTERNAL MEDICINE 49 12 1209-1212 2010/06
  •  Up-regulation of MHC class I and class II in the skeletal muscles of myasthenia gravis Iwasa K, Kato-Motozaki Y, Furukawa Y, Maruta T, Ishida C, Yoshikawa H, Yamada M. JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 2010/05
  •  Current status and future prospects of therapy for myasthenia gravis: considering thymectomy Brain and nerve 63 7 729-736 2011/07
  •  Therapy in Myasthenia Gravis YOSHIKAWA Hiroaki 22 3 336-346 2005/09
  •  Current status and future prospects of therapy for myasthenia gravis: considering thymectomy Brain and nerve 63 7 729-736 2011/07
  •  International project : MGTX Study YOSHIKAWA Hiroaki Clinical neurology. 47 11 880-882 2007/11
  •  A case of partial fascicular oculomotor paresis 37 9 854-856 1997/09
  •  Physiological and Biochemical Actions of Calcitonin Gene-related Peptide in Mammalian Skeletal Muscle with Special Attention to Acetylcholine Receptor Incorporation to Cell Membrane and Excitation-contraction Coupling Yoshikawa Hiroaki Journal of the Juzen Medical Society 98 1 19-34 1989/02
  •  Novel influenza (H1N1) infection in Kanazawa University "The epidemic and associated transmission factors among undergraduate students" 48 2 169-173 2011/03
  •  Anti-ryanodine receptor-positive acetylcholine receptor-negative myasthenia gravis: evidence of impaired excitation-contraction coupling. Imai T, Tsuda E, Toyoshima T, Yoshikawa H, Motomura M, Shimohama S. MUSCLE & NERVE 43 2 294-5 2011/02
  •  Characteristics of myasthenia gravis according to onset-age: Japanese nationwide survey Murai H, Yamashita N, Watanabe M, Nomura Y, Motomura M, Yoshikawa H, Nakamura Y, Kawaguchi N, Onodera H, Araga S, Isobe N, Nagai M, Kira J. JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES
  •  Autoimmunity to endoplasmic reticulum chaperone GRP94 in myasthenia gravis Suzuki S, Utsugisawa K, Iwasa K, Satoh T, Nagane Y, Yoshikawa H, Kuwana M, Suzuki N. JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 237 1-2 87-92 2011/08
  •  Randomised, double-blind, placebo-controlled study of tacrolimus in myasthenia gravis  Yoshikawa H, Kiuchi T, Saida T, Takamori M JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY 82 9 970-7 2011/07/22
  •  Contribution of anti-ryanodine receptor antibody to impairment of excitation-contraction coupling in myasthenia gravis Imai, T. Tsuda, E. Hozuki, T. Yoshikawa, H. Yamauchi, R. Saitoh, M. Hisahara, S. Motomura, M. Kawamata, J. Shimohama, S. CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 123 6 1242-7 2012/06
  •  [Current status and future prospects of therapy for myasthenia gravis: considering thymectomy] 63 7 720-36 2011/07
  •  Early effect of tacrolimus in improving excitation-contraction coupling in myasthenia gravis.  Imai T, Tsuda E, Hozuki T, Yamauchi R, Saitoh M, Hisahara S, Yoshikawa H, Motomura M, Kawamata J, Shimohama S. CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 123 9 1886-90 2012/03
  •  Recent clinical trials on treatment of myasthenia gravis 52 11 832-5 2012/11
  •  Autoantibody-induced internalization of nicotinic acetylcholine receptor α3 subunit exogenously expressed in human embryonic kidney cells. Kobayashi S, Yokoyama S, Maruta T, Negami M, Muroyama A, Mitsumoto Y, Iwasa K, Yamada M, Yoshikawa H. JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY in press 2013/01
  •  Sympathetic skin response and heart rate variability as diagnostic tools for the differential diagnosis of Lewy body dementia and Alzheimer's disease: a diagnostic test study Negami, Masako Maruta, Takahiro Takeda, Chie Adachi, Yumi Yoshikawa, Hiroaki BMJ Open 3 3 2013/03
  •  Report on Presentation at ACHA Annual Meeting 2012 in Chicago: Student Health Care on Campuses in Japan Yumi Adachi, Hiroaki Yoshikawa 50 2 231-235 2013/05
  •  Attenuation of nicotine-evoked Ca2+ influx by antibody to the nicotinic acetylcholine receptor α3 subunits in human embryonic kidney cells Shota Kobayashi, Shigeru Yokoyama, Takahiro Maruta, Akiko Muroyama, Hiroaki Yoshikawa, Yasuhide Mitsumoto Advances in Bioscience and Biotechnology 4 6A 9-14 2013/06
  •  Myasthenia gravis: predictive factors associated with the synchronized elevation of anti-acetylcholine receptor antibody titer in Kanazawa, Japan. Iwasa K, Yoshikawa H, Samuraki M, Shinohara M, Hamaguchi T, Ono K, Nakamura H, Yamada M JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 267 1-2 97-101 2014/02
  •  Increased skeletal muscle expression of the endoplasmic reticulum chaperone GRP78 in patients with myasthenia gravis. Iwasa K, Nambu Y, Motozaki Y, Furukawa Y, Yoshikawa H, Yamada M. JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 2014/05
  •  Autoimmunity to endoplasmic reticulum chaperone GRP94 in myasthenia gravis Suzuki, Shigeaki; Utsugisawa, Kimiaki; Iwasa, Kazuo; Satoh, Takashi; Nagane, Yuriko; Yoshikawa, Hiroaki; Kuwana, Masataka; Suzuki, Norihiro Journal of Neuroimmunology 237 42006 87-92 2011/08/15 
  •  Spectral Alalyses of Heart Rate Variability by Acceleration Plethysmography for Diagnostic Support of Migraine: Clinical Research Shigeki Edahiro, Takahiro Maruta, Masako Negami, Yumi Adachi, Hiroaki Yoshikawa Journal of Neurological Disorders 3 2 1000229 2015/05
  •  ANTI-RYANODINE RECEPTOR-POSITIVE ACETYLCHOLINE RECEPTOR-NEGATIVE MYASTHENIA GRAVIS: EVIDENCE OF IMPAIRED EXCITATION-CONTRACTION COUPLING Imai, Tomihiro;Tsuda, Emiko;Toyoshima, Takanobu;Yoshikawa, Hiroaki;Motomura, Masakatsu;Shimohama, Shun MUSCLE & NERVE 43 2 294-295 2011
  •  Characteristics of myasthenia gravis according to onset-age: Japanese nationwide survey Murai, Hiroyuki;Yamashita, Natsumi;Watanabe, Makoto;Nomura, Yoshiko;Motomura, Masakatsu;Yoshikawa, Hiroaki;Nakamura, Yosikazu;Kawaguchi, Naoki;Onodera, Hiroshi;Araga, Shigeru;Isobe, Noriko;Nagai, Masaki;Kira, Jun-ichi JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES 305 42006 97-102 2011
  •  Thymectomy Hiroaki Yoshikawa 日本臨床 増刊号 73 増刊号7 521-527 2015/09
  •  Randomized Trial of Thymectomy in Myasthenia Gravis G.I. Wolfe, H.J. Kaminski, I.B. Aban, G. Minisman, H.­C. Kuo, A. Marx, P. Ströbel, C. Mazia, J. Oger, J.G. Cea, J.M. Heckmann, A. Evoli, W. Nix, E. Ciafaloni, G. Antonini, R. Witoonpanich, J.O. King, S.R. Beydoun, C.H. Chalk, A.C. Barboi, A.A. Amato, A.I. Shaibani, B. Katirji, B.R.F. Lecky, C. Buckley, A. Vincent, E. Dias­Tosta, H. Yoshikawa, M. Waddington­Cruz, M.T. Pulley, M.H. Rivner, A. Kostera­Pruszczyk, R.M. Pascuzzi, C.E. Jackson, G.S. Garcia Ramos, J.J.G.M. Verschuuren, J.M. Massey, J.T. Kissel, L.C. Werneck, M. Benatar, R.J. Barohn, R. Tandan, T. Mozaffar, R. Conwit, J. Odenkirchen, J.R. Sonett, A. Jaretzki, III, J. Newsom­Davis, and G.R. Cutter, for the MGTX Study Group The New England Journal of Medicine 375 6 511-522 2016/08/11
  •  Caveolin-3 is aberrantly expressed in skeletal muscle cells in myasthenia gravis. Iwasa K, Furukawa Y, Yoshikawa H, Yamada M. J Neuroimmunol 301 30-34 2016/12/15
  •  The Significance of Extended Thymectomy in Non-Thymomatous Myasthenia Gravis: MGTX Study Hiroaki Yoshikawa BRAIN and NERVE 69 1 51-59 2017/01/01
  •  Time-series analysis: variation of anti-acetylcholine receptor antibody titer in myasthenia gravis is related to incidence of Mycoplasma pneumoniae and influenza virus infections Kazuo Iwasa, Hiroaki Yoshikawa, Tsuyoshi Hamaguchi, Kenji Sakai, Moeko Shinohara-Noguchi, Miharu Samuraki, Kazuya Takahashi, Daisuke Yanase, Kenjiro Ono, Chiho Ishida, Mitsuhiro Yoshita, Hiroyuki Nakamura, Masahito Yamada Neurological Research 2017/11/24 
  •  Epidemiological study of myasthenia gravis in Japan Hiroaki Yoshikawa Clinical & Experimental Neuroimmunology 2022/11/23
  •  A case of partial fascicular oculomotor paresis Sato K,Yoshikawa H,Takamori M Clinical Neurology 37 9 854 1997 
  •  Pseudo-Argyll Robertson pupil of patients with spinocerebellar ataxia type 1(SCA1) K Mabuchi,H Yoshikawa,M Takamori,H Yokoji,M Takahira JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY 65 4 612 1998/10
  •  Molecular biology and immunology of acetylcholine receptor in relation to myasthenia gravis Takamori M,Komai K,Iwasa K,Yoshikawa H Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 55 12 3315 1997 
  •  Successive subcortical hemorrhages in the superior parietal lobule and postcentral gyrus in a 23-year-old female Katsuaki Sato,Hiroaki Yoshikawa,Kiyonobu Komai,Masaharu Takamori Brain and Nerve 50 4 375 1998/04 
  •  Acetylcholine receptor autoantibody secretion by thymocytes: Relationship to myasthenia gravis Hiroaki Yoskikawa,VA Lennon NEUROLOGY 49 2 562 1997/08
  •  Myasthenia gravis (MG) thymocyte engraftment in severe combined immunodeficiency (SCID) mice. Yoshikawa H,Lennon VA Muscle Nerve suppl 7 S124 1998
  •  Engraftment of myasthenia gravis thymocytes into severe combined immunodeficiency (SCID) mice H Yoshikawa AUTOIMMUNITY 28 4 217 1998 
  •  Primary and memory autoimmune responses specific for muscle acetylcholine receptor in a human-mouse (Hu-SCID) chimeric system. Yoshikawa H,Lennon VA Muscle Nerve suppl 7 S124 1998
  •  In vitro production of antiacetylcholine receptor antibody and IgG by peripheral blood lymphocytes of patients with myasthenia gravis H Yoshikawa,K Satoh,K Iwasa,M Takamori MYASTHENIA GRAVIS AND RELATED DISEASES 841 351 1998 
  •  Lower limb tremor in Machado-Joseph disease C Ishida,K Sakajiri,H Yoshikawa,Y Sakashita,S Okino,K Yamaguchi,M Takamori NEUROLOGY 51 4 1225 1998/10
  •  Comparative study of pre-operative thymic imaging and pathology in patients with myasthenia gravis Y Yasukawa,H Yoshikawa,K Iwasa,M Yamada,M Takamori JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE 11 6 610 2004/08 
  •  Cytosolic Ca2+ alteration mediates both ryanodine receptor and IP3 receptor in TE671/RD cells S Edahiro,H Yoshikawa,K Iwasa,M Hashii,M Yamada BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO 25 6 255 2004/12 
  •  Low-dose tacrolimus for intractable myasthenia gravis H Yoshikawa,K Mabuchi,Y Yasukawa,M Takamori,M Yamada JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE 9 6 627 2002/11 
  •  Therapy in myasthenia gravis Yoshikawa H Neuro-Ophthalmology Japan 22 3 336 2005 
  •  Benign segmental myoclonus: electrophysiological evidence of transient dysfunction in the brainstem H Yoshikawa,M Takamori JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE 8 1 54 2001/01 
  •  A novel immunomodulator, FTY720, prevents development of experimental autoimmune myasthenia gravis in C57BL/6 mice T Kohno,T Tsuji,K Hirayama,R Iwatsuki,M Hirose,K Watabe,H Yoshikawa,T Kohno,A Matsumoto,T Fujita,M Hayashi BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 28 4 736 2005/04
  •  Up-regulation of MHC class I and class II in the skeletal muscles of myasthenia gravis Kazuo Iwasa,Yuko Kato-Motozaki,Yutaka Furukawa,Takahiro Maruta,Chiho Ishida,Hiroaki Yoshikawa,Masahito Yamada JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 225 1-2 171 2010/08 
  •  International project - MGTX study Yoshikawa H Clinical Neurology 47 11 880 2007 
  •  Correlation of bite force with excitation-contraction coupling time of the masseter in myasthenia gravis Emiko Tsuda,Tomihiro Imai,Takayoshi Hozuki,Rika Yamauchi,Masaki Saitoh,Shin Hisahara,Hiroaki Yoshikawa,Masakatsu Motomura,Shun Shimohama CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 121 7 1051 2010/07 
  •  A new sandwich ELISA method to detect antibodies against native form of ryanodine receptor Takahiro Maruta,Hiroaki Yoshikawa,Yutaka Furukawa,Kazuo Iwasa,Masahiro Yamada JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 178 230 2006/09
  •  Familial ALS with G298S Mutation in TARDBP: A Comparison of CSF Tau Protein Levels with those in Sporadic ALS Ichiro Nozaki,Makoto Arai,Kazuya Takahashi,Tsuyoshi Hamaguchi,Hiroaki Yoshikawa,Toyoteru Muroishi,Moeko Noguchi-Shinohara,Hiroki Ito,Masanari Itokawa,Haruhiko Akiyama,Akihiro Kawata,Masahito Yamada INTERNAL MEDICINE 49 12 1209 2010 
  •  重症筋無力症の病態 -病因と発症のメカニズム- 吉川弘明 Clinical Neuroscience 23 0 388 2005 
  •  Clinical and Immunological Features of Inflammatory Myopathy (IM) in Patients with Myasthenia Gravis (MG) Shigeaki Suzuki,Kimiaki Utsugisawa,Hiroaki Yoshikawa,Masakatsu Motomura,Shiro Matsubara,Kazumasa Yokoyama,Yuriko Nagane,Takahiro Maruta,Masataka Kuwana,Norihiro Suzuki NEUROLOGY 72 11 A19 2009/03
  •  Nationwide Epidemiological Survey of Myasthenia Gravis in Japan Hiroyuki Murai,Natsumi Yamashita,Yoshiko Nomura,Hiroaki Yoshikawa,Makoto Watanabe,Jun-ichi Kira NEUROLOGY 72 11 A467 2009/03
  •  Elevation of IL-12 p40 and its antibody is a specific serum marker for myasthenia gravis with thymoma Hiroaki Yoshikawa,Katsuaki Sato,Shigeki Edahiro,Yutaka Furukawa,Takahiro Maruta,Kazuo Iwasa,Masahito Yamada,Hideto Watanabe,Masaharu Takamori JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 178 230 2006/09
  •  The effect of bezafibrate to sleep of outcoming patients Edahiro S,Matsunami T,Okada M,Yoshikawa H Japanese Pharmacology and Therapeutics 38 5 429 2010 
  •  K411 大学生を対象とした心と体の系統的健康教育 : 新入生に対する導入教育から課外教育まで(口頭セッション68 健康心理学) 足立 由美,吉川 弘明 Annual convention of the Japanese Association of Educational Psychology 0 52 2010/07
  •  Glutamic acid decarboxylase autoimmunity with brainstem, extrapyramidal, and spinal cord dysfunction Sean J. Pittock,Hiroaki Yoshikawa,J. Eric Ahlskog,Stephen H. Tisch,Eduardo E. Benarroch,Thomas J. Kryzer,Vanda A. Lennon MAYO CLINIC PROCEEDINGS 81 9 1207 2006/09 
  •  Report on Presentation at ACHA Annual Meeting 2012 in Chicago: Student Health Care on Campuses in Japan Yumi Adachi,Hiroaki Yoshikawa CAMPUS HEALTH 50 2 231 2013/05
  •  Current status and future prospects of therapy for myasthenia gravis: Considering thymectomy Hiroaki Yoshikawa,Kazuo Iwasa,Masaharu Takamori Brain and Nerve 63 7 729 2011/07/01
  •  Characteristics of myasthenia gravis according to onset-age: Japanese nationwide survey Hiroyuki Murai,Natsumi Yamashita,Makoto Watanabe,Yoshiko Nomura,Masakatsu Motomura,Hiroaki Yoshikawa,Yosikazu Nakamura,Naoki Kawaguchi,Hiroshi Onodera,Shigeru Araga,Noriko Isobe,Masaki Nagai,Jun-ichi Kira JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES 305 1-2 97 2011/06 
  •  Recent clinical trials on treatment of myasthenia gravis Hiroaki Yoshikawa Clinical Neurology 52 11 832 2012
  •  Indication of extended thymectomy in patients with myasthenia gravis Hiroaki Yoshikawa Clinical Neurology 52 11 1053 2012
  •  Autoantibody-induced internalization of nicotinic acetylcholine receptor alpha 3 subunit exogenously expressed in human embryonic kidney cells Shota Kobayashi,Shigeru Yokoyama,Takahiro Maruta,Masako Negami,Akiko Muroyama,Yasuhide Mitsumoto,Kazuo Iwasa,Masahito Yamada,Hiroaki Yoshikawa JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY 257 1-2 102 2013/04 
  •  ANTI-RYANODINE RECEPTOR-POSITIVE ACETYLCHOLINE RECEPTOR-NEGATIVE MYASTHENIA GRAVIS: EVIDENCE OF IMPAIRED EXCITATION-CONTRACTION COUPLING Tomihiro Imai,Emiko Tsuda,Takanobu Toyoshima,Hiroaki Yoshikawa,Masakatsu Motomura,Shun Shimohama MUSCLE & NERVE 43 2 294 2011/02 
  •  Randomised, double-blind, placebo-controlled study of tacrolimus in myasthenia gravis Hiroaki Yoshikawa,Takahiro Kiuchi,Takahiko Saida,Masaharu Takamori JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY 82 9 970 2011/09 
  •  高校生を対象とした結婚、出産についての意識調査に関する検討 西尾彰泰,堀田亮,佐渡忠洋,吉川弘明,足立由美,松浦賢長,林芙美,山本眞由美 Tokai J School Health 39 1 27 2015 
  •  The significance of extended thymectomy in non-thymomatous myasthenia gravis: An MGTX study Hiroaki Yoshikawa Brain and Nerve 69 1 51 2017/01/01 
  •  Early effect of tacrolimus in improving excitation-contraction coupling in myasthenia gravis Tomihiro Imai,Emiko Tsuda,Takayoshi Hozuki,Rika Yamauchi,Masaki Saitoh,Shin Hisahara,Hiroaki Yoshikawa,Masakatsu Motomura,Jun Kawamata,Shun Shimohama CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 123 9 1886 2012/09 
  •  Novel influenza (H1N1) infection in Kanazawa University "The epidemic and associated transmission factors among undergraduate students" 亀田真紀,吉川弘明,中村裕之ほ CAMPUS HEALTH 48 2 169 2011/03
  •  Spectral Alalyses of Heart Rate Variability by Acceleration Plethysmography for Diagnostic Support of Migraine: Clinical Research Shigeki Edahiro,Takahiro Maruta,Masako Negami,Yumi Adachi,Hiroaki Yoshikawa Journal of Neurological Disorders 3 2 1000229 2015/05
  •  Current status and future prospects of therapy for myasthenia gravis: Considering thymectomy Hiroaki Yoshikawa,Kazuo Iwasa,Masaharu Takamori Brain and Nerve 63 7 729 2011/07/01 
  •  Contribution of anti-ryanodine receptor antibody to impairment of excitation-contraction coupling in myasthenia gravis Tomihiro Imai,Emiko Tsuda,Takayoshi Hozuki,Hiroaki Yoshikawa,Rika Yamauchi,Masaki Saitoh,Shin Hisahara,Masakatsu Motomura,Jun Kawamata,Shun Shimohama CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY 123 6 1242 2012/06 
  •  胸腺摘除術 Hiroaki Yoshikawa 日本臨床 増刊号 73 増刊号7 521 2015/09
  •  MINIMAL MANIFESTATIONS OF STATUS AND PREDNISONE WITHDRAWAL IN THE MGTX TRIAL MUSCLE & NERVE 60 S130 2019/09
  •  Breakfast Skipping in Female College Students Is a Potential and Preventable Predictor of Gynecologic Disorders at Health Service Centers. Tomoko Fujiwara,Masanori Ono,Takashi Iizuka,Naomi Sekizuka-Kagami,Yoshiko Maida,Yumi Adachi,Hiroshi Fujiwara,Hiroaki Yoshikawa Diagnostics (Basel, Switzerland) 10 7 2020/07/13
  •  Characteristics of University Students Supported by Counseling Services: Analysis of psychological tests and pulse rate variability Yumi Adachi,Hiroaki Yoshikawa,Shigeru Yokoyama,Kazuo Iwasa PloS one 15 8 e0218357 2019/06 
  •  CD59 Expression in Skeletal Muscles and Its Role in Myasthenia Gravis Kazuo Iwasa, Yutaka Furukawa, Hiroaki Yoshikawa, Masahito Yamada, Kenjiro Ono Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm 10 e200057 2022/11/17 
  •  Autoimmunity to acetylcholine receptor channels Hiroaki Yoshikawa Neurol Clin Neurosci 2022/07/23 
  •  Myasthenia gravis and thymectomy Hiroaki Yoshikawa Japanese Journal of Clinical Medicine 78 11 1920-1924 2020/11/01
  •  Characteristics of university students supported by counseling services: Analysis of psychological tests and pulse rate variability Yumi Adachi,Hiroaki Yoshikawa, Shigeru Yokoyama,Kazuo Iwasa PLOS ONE 15 8 e0218357 2020/08/21 
  •  Anti-acetylcholine receptor antibody Hiroaki Yoshikawa Internal Medicine 125 4 868 - 869 2020/04
  •  Adolescent Dietary Habit-induced Obstetric and Gynecologic Disease (ADHOGD) as a New Hypothesis—Possible Involvement of Clock System Tomoko Fujiwara, Masanori Ono, Michihiro Mieda, Hiroaki Yoshikawa, Rieko Nakata, Takiko Daikoku, Naomi Sekizuka-Kagami, Yoshiko Maida, Hitoshi Ando, Hiroshi Fujiwara Nutrients 12 5 1294 2020/05/02 
  •  Characteristics of University Students Supported by Counseling Services: Analysis of psychological tests and pulse rate variability. Yumi Adachi, Hiroaki Yoshikawa, Shigeru Yokoyama, Kazuo Iwasa 2019/06/03
  •  Long-term effect of thymectomy plus prednisone versus prednisone alone in patients with non-thymomatous myasthenia gravis: 2-year extension of the MGTX randomised trial. Wolfe GI, Kaminski HJ, Aban IB, Minisman G, Kuo HC, Marx A, Ströbel P, Mazia C, Oger J, Cea JG, Heckmann JM, Evoli A, Nix W, Ciafaloni E, Antonini G, Witoonpanich R, King JO, Beydoun SR, Chalk CH, Barboi AC, Amato AA, Shaibani AI, Katirji B, Lecky BRF, Buckley C, Vincent A, Dias-Tosta E, Yoshikawa H, Waddington-Cruz M, Pulley MT, Rivner MH, Kostera-Pruszczyk A, Pascuzzi RM, Jackson CE, Verschuuren JJGM, Massey JM, Kissel JT, Werneck LC, Benatar M, Barohn RJ, Tandan R, Mozaffar T, Silvestri NJ, Conwit R, Sonett JR, Jaretzki A 3rd, Newsom-Davis J, Cutter GR; MGTX Study Group The Lancet Neurology 2019/01
  •  Time-series analysis: variation of anti-acetylcholine receptor antibody titer in myasthenia gravis is related to incidence of Mycoplasma pneumoniae and influenza virus infections.  Iwasa K, Yoshikawa H, Hamaguchi T, Sakai K, Shinohara-Noguchi M, Samuraki M, Takahashi K, Yanase D, Ono K, Ishida C, Yoshita M, Nakamura H, Yamada M. Neurol Res. 40 2 102-109 2018
  •  Programmed cell death ligand 1 expression is upregulated in the skeletal muscle of patients with myasthenia gravis. Iwasa K, Yoshikawa H, Furukawa Y, Yamada M. J Neuroimmunol. 325 74-78 2018

Conference Presentations

  • Analysis of Clinical Profile of MG Patients From the National Database of Japan(2015/05/20)
  • Current usage of Prograf in Japan(conference:Lecture at Severance Hospital)(2013/11)
  • The current concept of therapy for myasthenia gravis in Japan(conference:2013 Annual Meeting of Korean Society of Neuromuscular Disorder)(2013/11)
  • Thymectomy in Non-thymomatous Myasthenia Gravis: MGTX study a Randomized Controlled Trial(conference:57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology)(2016/05/18)
  • Attitudes toward Marriage and Parenthood among Japanese High School and University Students(conference:the 6th Asian Congress of Health Psychology (ACHP 2016) )(2016/07/23)

show all

  • TEN-YEAR CHRONOLOGICAL CLINICAL PROFILES OF MYASTHENIA GRAVIS IN JAPAN -EPIDEMIOLOGICAL ANALYSES OF THE NATIONAL DATABASE ESTABLISHED BY THE POLICY OF INTRACTABLE DISEASES OF JAPAN(conference:XXIII World Congress of Neurology)(2017/09/17)
  • ASSURED DIAGNOSTIC CRITERA OF MYASTHENIA GRAVIS BY THE TASK FORCE FOR EVIDENCE-BASED DIAGNOSTIC AND THERAPEUTIC ALGORITHMS FOR THE NATIONAL POLICY OF INTRACTABLE DISEASES OF JAPAN  (conference:XXIII World Congress of Neurology)(2017/09/20)
  • CLINICAL FEATURES OF OCULAR MYASTHENIA GRAVIS IN JAPAN(conference:XXIII World Congress of Neurology)(2017/09/19)
  • THE TIME TRENDS OF ANTI-ACETYLCHOLINE RECEPTOR ANTIBODY TITER VARIATION IN MYASTHENIA GRAVIS IS RELATED TO THE INCIDENCE OF MYCOPLASMA AND INFLUENZA INFECTIONS(conference:XXIII World Congress of Neurology)(2017/09/18)
  • MGTXを踏まえてガイドラインをどのように活用するか MG-基礎から臨床まで-(conference:29th Annual Meeting of Japanese Society for Neuroimmunology)(2017/10/07)
  • The second survey of epidemiology of myasthenia gravis in 2018(2020/08/31)
  • Features of the total health support system of universities in the United States - cultural differences from a foreigner's standpoint(conference:American College Health Association 2017 Annual Meeting)(2017/05/30)
  • Report of International Symposium at Kobe, 2012. University Health Services in Japan, the United States, and the United Kingdom.(conference:American College Health Association 2013 Annual Meeting)(2013/05/30)
  • Diverse Student Counseling Systems in Japanese Universities: A comparison with the US system(conference:American College Health Association 2013 Annual Meeting)(2013/05/30)
  • Student Health Care on Campuses in Japan: The Approach to Care for the Japanese Student Health Education as a Liberal Art(conference:American College Health Association 2012 Annual Meeting)(2012/05/29)
  • Total Health Promotion by Health Service Center in University Setting(conference:American College Health Association 2010 Annual Meeting)(2010/06/03)
  • Advancing Student Well-Being and Building Healthy Campuses on Japanese and US Colleges and Universities – A Joint Session of JUHA and ACHA(conference:American College Health Association 2019 Annual Meeting)(2019/05/30)

Others

  •  Pathogenesis of Myasthenia Gravis, Mechanism of aetiology and sideration, Clinical aspects of myasthenia gravis, Recent Advances 23 4 388-91 2005/04
  •  Methodological development to detect autoantibodies in myasthenia gravis and myasthenic syndromes 14 2 157-161 2006
  •  重症筋無力症リンパ器官における自己抗体産生能の解析 吉川 弘明 日本免疫学会総会・学術集会記録 31 212 2001/12
  •  【神経難病 その診断から福祉の実際まで】 神経難病の各論(診断と治療,福祉上の注意点) 重症筋無力症(MG) 吉川 弘明 Modern Physician 22 5 563 2002/05
  •  World chemical industry white paper for 1996. Methanol. Resources country production advances more. 吉川弘明 化学経済 43 4 165 1996/03

show all

  •  エビデンスに基づく内科疾患の治療戦略 重症筋無力症 佐藤 勝明,吉川 弘明,高守 正治 内科 79 6 1499 1997/06
  •  Research on mechanisms of autoimmune in myasthenia gravis using SCID mouse. ( Ministry of Health and Welfare S ). 吉川弘明,LENNON V A,高守正治 免疫性神経疾患調査研究分科会 平成10年度研究報告書 91 1999
  •  重症筋無力症患者に対する薬剤師の役割 枝広茂樹,成橋和正,清水栄,鈴木永雄,寺田愛,旭満里子,宮本謙一,沖野惣一,吉川弘明 日本薬学会年会要旨集 120th 4 76 2000/03/05
  •  多発性硬化症と重症筋無力症合併例の臨床像ならびにリンパ球サブセットの解析 古川裕,吉川弘明,谷内江昭宏,山田正仁 Neuroimmunology 9 1 44 2001/02/01
  •  Mixed transeortical aphasia due, to multiple deep white matter infarction in the dominant cerebral hemisphere: A case report K. Sato,K. I. Sakajiri,K. Komai,H. Yoshikawa,M. Takamori,M. Notoya Brain and Nerve 49 8 765 1997
  •  Clinical effect of etizolam on muscle contraction headache. 井手芳彦,吉川弘明,坂下泰雄,糸氏かおる,高守正治,多留淳文 新薬と臨床 35 2 323 1986/02
  •  SCIDマウスを使った重症筋無力症における自己免疫機序の解析 吉川弘明,高守正治,LENNON V A 臨床神経学 39 12 1375 1999/12/01
  •  医学と医療の最前線 重症筋無力症治療方針 吉川 弘明,佐藤 勝明,高守 正治 日本内科学会雑誌 86 5 849 1997/05
  •  In vitro antibody producibility of thymus gland, bone marrow and peripheral blood lymphocyte in severe myasthenia. (Ministry of Health and Welfare S). 吉川弘明,安川善博,佐藤勝明,岩佐和夫,高守正治 免疫性神経疾患調査研究分科会 平成9年度研究報告書 44 1998
  •  Effect of calcitonin gene-related peptide on skeletal muscle via specific binding site and G protein Masaharu Takamori,Hiroaki Yoshikawa Journal of the Neurological Sciences 90 99 1989/01/01
  •  副腎皮質ステロイドとFK506の併用が有効であった重症筋無力症の2例 安川善博,馬淵一徳,吉川弘明,高守正治 神経治療学 17 5 469 2000/09/25
  •  重症筋無力症患者における末梢血単核球のサイトカイン産生能 佐藤勝明,安川善博,岩佐和夫,吉川弘明,高守正治 臨床神経学 39 12 1376 1999/12/01
  •  Clinical Aspects of Autoimmune Diseases 1998. (I). Advances in the Diagnosis and Treatments. Anti‐acetylcholine Receptor Antibody and Myasthenia Gravis. 吉川弘明,高守正治 最新医学 53 603 1998/03
  •  重症筋無力症における抗アセチルコリン受容体変性抗体と他抗体,臨床像との関連 安川善博,吉川弘明,高守正治 臨床神経学 40 12 1367 2000/12/01
  •  臨床的にレビー小体型痴呆が疑われる1症例 山口成良,武山雅志,吉川弘明 北陸神経精神医学雑誌 14 1/2 54 2000/12/28
  •  【神経疾患と自己抗体】 神経筋接合部疾患 重症筋無力症と抗アセチルコリン受容体抗体 吉川 弘明,高守 正治 Clinical Neuroscience 16 10 1126 1998/10
  •  免疫吸着療法とciclosporinが有効であった抗MAG抗体陽性ニューロパチーの1例 柳瀬大亮,佐村木美晴,沖野惣一,吉川弘明,駒井清暢,山田正仁,坂尻顕一 神経治療学 18 5/6 494 2001/11/25
  •  重症筋無力症における血液浄化療法 免疫グロブリン,補体,抗アセチルコリン受容体抗体の除去率の比較 佐藤勝明,吉川弘明,高守正治 神経治療学 16 5 628 1999/09/25
  •  Lambert‐Eaton筋無力症候群におけるトキシン結合阻害型抗電位依存性カルシウムチャネル抗体の検討 (厚生省S) 丸田高広,駒井清暢,吉川弘明,山田正仁,高守正治 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成11年度研究報告書 55 2000
  •  重症筋無力症患者におけるステロイド剤適正使用のための薬学的管理 寺田愛,旭満里子,横川弘一,宮本謙一,枝広茂樹,鈴木永雄,沖野惣一,吉川弘明 日本病院薬学会年会講演要旨集 10th 200 2000/09/01
  •  アセチルコリン受容体に対するヒトリンパ球移入SCIDマウスの自己免疫応答 吉川弘明 臨床神経学 40 12 1384 2000/12/01
  •  Epidemiological and clinical research in diagnosis and chronic therapy of nerve intractable disease. 山口和由,岩佐和夫,沖野惣一,小竹泰子,浜口毅,吉川弘明,水島典明 神経疾患の予防・診断・治療に関する臨床研究 平成12-14年度 総括研究報告書 49 2003
  •  骨格筋における受容体の誘導とその調節に関与するカルシトニン遺伝子関連ペプチドの研究 吉川 弘明 臨床神経学 28 12 1508 1988/12
  •  Acetylcholine receptor. 高守正治,奥村誠一,佐野正登,吉川弘明,永田美和子 代謝 25 341 1988/04
  •  骨格筋におけるカルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体とその情報伝達機構,生理作用に関する研究 吉川 弘明 臨床神経学 29 12 1571 1989/12
  •  High‐dose gammaglobulin therapy for intractable myasthenia gravis. 佐藤勝明,吉川弘明,井手芳彦,高守正治 Neuroimmunology 4 1 40 1996/01
  •  In vitro production of anti‐acetylcholine receptor antibody and IgG by peripheral blood lymphocytes of patients with myasthenia gravis. 吉川弘明,佐藤勝明,岩佐和夫,高守正治 免疫性神経疾患調査研究分科会 平成8年度研究報告書 83 1997
  •  Successive subcortical hemorrhages in the superior parietal lobule and postcentral gyrus in a 23-year-old female Katsuaki Sato,Hiroaki Yoshikawa,Kiyonobu Komai,Masaharu Takamori Brain and Nerve 50 4 375 1998/04
  •  新規免疫抑制剤FTY720によるEAMGモデルの治療的研究 吉川弘明,岩佐和夫,安川善博,山田正仁 臨床神経学 41 11 1000 2001/11/01
  •  金沢大学学生の頭痛の実態に関するアンケート調査 吉川 弘明,敦岡 檀,田上 芳美,宮崎 節子,木村 敦子,橋本 和夫,中林 肇 CAMPUS HEALTH 39 76 2002/09
  •  筋特異的遺伝子発現に関する神経ペプチドの研究 高守 正治,安川 善博,吉川 弘明 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー及び関連疾患の成因と治療法開発に関する研究 平成3年度 129 1992/03
  •  【腎尿路系疾患の検査 ベッドサイドノート】 免疫学的検査(成績の解析) 自己抗体 抗アセチルコリンレセプター抗体 吉川 弘明,高守 正治 腎と透析 43 増刊 675 1997/11
  •  Effects of superantigens on T cell proliferation and in vitro antibody production of peripheral blood lymphocytes in myasthenia gravis patients. 佐藤勝明,吉川弘明,岩佐和夫,高守正治 免疫性神経疾患調査研究分科会 平成8年度研究報告書 86 1997
  •  Malignant Atrophic Papulosis. 鳥居靖史,竹原和彦,丸田高広,吉川弘明,高守正治 皮膚科の臨床 40 3 437 1998/03
  •  【自己免疫疾患の臨床1998】 診断法の最近の進歩 抗アセチルコリン受容体抗体と重症筋無力症 吉川 弘明,高守 正治 最新医学 53 増刊 603 1998/03
  •  【自己免疫疾患診療の最新知識】 重症筋無力症の最新知見 吉川 弘明,高守 正治 臨床成人病 29 7 933 1999/07/15
  •  〔臓器特異的自己免疫病の発症機序に関する新知見〕重症筋無力症 高守 正治,奥村 誠一,吉川 弘明 臨床免疫 20 12 1130 1988/12
  •  免疫性神経疾患に対する二重膜瀘過血漿交換と免疫吸着療法における免疫グロブリンと補体値の変動 佐藤 勝明,吉川 弘明,高守 正治 神経治療学 17 1 39 2000/01
  •  Myoclonusを主徴とした脳幹梗塞の1例 吉川 弘明 日本内科学会雑誌 78 9 1373 1989/09
  •  The trial of anti-VGCC antibody detection using ω-Agatoxin IVA in a Lambert-Eaton myasthenic syndrome ( Ministry of Health, Labour and Welfare S ). 丸田高広,駒井清暢,山田正仁,高守正治,吉川弘明 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成13年度総括・分担研究報告書 167 2002
  •  重症筋無力症リンパ器官における自己抗体産生能の解析 吉川弘明 日本免疫学会総会・学術集会記録 31 212 2001/10/31
  •  【実践 診断指針】 神経疾患 重症筋無力症 吉川 弘明,山田 正仁 日本医師会雑誌 128 8 S204 2002/10
  •  【各種難病の最新治療情報】 重症筋無力症の最近治療情報 吉川 弘明 難病と在宅ケア 4 8 7 1998/11
  •  免疫性神経疾患の治療 重症筋無力症の実験的治療 吉川 弘明 神経治療学 15 6 603 1998/11
  •  Abdominal myoclonusを主徴としたdentatorubropalidoluysian atrophyの1例 吉川 弘明 臨床神経学 26 5 532 1986/05
  •  重症筋無力症患者における末梢血単核球のサイトカイン産生能 佐藤勝明,岩佐和夫,安川善博,高守正治,吉川弘明 Neuroimmunology 7 1 160 1999/02/16
  •  Frequency Modulation Response of a Tunable Birefringent Mode Nematic Liquid Crystal Electrooptic Device Fabricated by Doping Nanoparticles of Pd Covered with Liquid-Crystal Molecules YOSHIKAWA H,MAEDA Kenji,SHIRAISHI Yukihide,XU Jun,SHIRAKI Hiroyuki,TOSHIMA Naoki,KOBAYASHI Shunsuke Japanese Journal of Applied Physics Pt. 2 Letters 41 11 L1315 2002/11/15
  •  Physiological and biochemical actions of calcitonin gene‐related peptide in mammalian skeletal muscle with special attention to acetylcholine receptor incorporation to cell membrane and excitation‐contraction coupling. 吉川弘明 金沢大学十全医学会雑誌 98 1 19 1989/02
  •  骨格筋特異的蛋白発現に関する神経ペプチドの研究 高守 正治,吉川 弘明,安川 善博 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー及び関連疾患の成因と治療法開発に関する研究 平成2年度 204 1991/03
  •  The evaluation of anti‐acetylcholine receptor antibody and human immunoglobuline from lymphoid tissue in patients with myasthenia gravis. 井手芳彦,吉川弘明,佐藤勝明,岩佐和夫,高守正治 免疫性神経疾患調査研究班 平成7年度研究報告書 免疫性神経疾患に関する研究 135 1996
  •  High‐dose intravenous gammaglobulin therapy for intractable myasthenia gravis. 高守正治,佐藤勝明,吉川弘明,井手芳彦 免疫性神経疾患調査研究班 平成7年度研究報告書 免疫性神経疾患に関する研究 160 1996
  •  重症筋無力症における胸腺画像,胸腺組織像および臨床像の関連 安川善博,吉川弘明,岩佐和夫,高守正治 Neuroimmunology 7 1 156 1999/02/16
  •  Molecular biology and immunology of acetylcholine receptor in relation to myasthenia gravis M. Takamori,K. Komai,K. Iwasa,H. Yoshikawa Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 55 3315 1997/01/01
  •  アセチルコリン受容体に対するhu‐SCIDマウスの自己免疫応答の研究 (厚生省S) 吉川弘明 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成11年度研究報告書 107 2000
  •  副腎皮質ステロイド・FK506併用療法が有効であった重症筋無力症の2例 安川善博,馬淵一徳,吉川弘明,高守正治 Neuroimmunology 8 1 154 2000/02/03
  •  神経疾患治療の進歩と薬剤による神経系副作用の概観(1995年) 免疫性神経疾患 吉川 弘明,高守 正治 神経治療学 13 4 331 1996/07
  •  The trial of the anti-VGCC antibody detection using theω-Agatoxin IVA. (Ministry of Health, Labor,Welfare S ). 丸田高広,駒井清暢,山田正仁,高守正治,吉川弘明 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成12年度研究報告書 87 2001
  •  Autoantibody productivity in the lymphatic organ of myasthenia gravis and the successive change ( Ministry of Health, Labour and Welfare S ). 吉川弘明,安川善博,岩佐和夫,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成13年度総括・分担研究報告書 159 2002
  •  骨格筋アセチルコリン受容体代謝回転に及ぼすFK506とprednisoloneの影響 吉川 弘明,安川 善博,山田 正仁 神経治療学 19 3 285 2002/05
  •  【インフォームドコンセントの実際 患者への説明のポイント】 疾患編 神経 重症筋無力症 吉川 弘明,高守 正治 内科 83 6 1392 1999/06
  •  Myasthenogenic significance of synthetic α-subunit peptide 183-200 of Torpedo californica and human acetylcholine receptor Masaharu Takamori,Sei'ichi Okumura,Miwako Nagata,Hiroaki Yoshikawa Journal of the Neurological Sciences 85 2 121 1988
  •  A case of partial fascicular oculomotor paresis. 佐藤勝明,吉川弘明,高守正治 臨床神経学 37 9 854 1997/09
  •  筋収縮性頭痛に対するエチゾラムの臨床的検討 井手 芳彦,吉川 弘明,坂下 泰雄 新薬と臨牀 35 2 323 1986/02
  •  Treatment strategy of the medical diseases based on evidence. Nerve and muscle. Myasthenia gravis. 佐藤勝明,吉川弘明,高守正治 内科 79 6 1499 1997/06
  •  Acetylcholine receptor autoantibody secretion by thymocytes: Relationship to myasthenia gravis Hiroaki Yoshikawa,Vanda A. Lennon,Vanda A. Lennon Neurology 49 562 1997/01/01
  •  神経内科学の臨床 不随意運動 吉川 弘明,高守 正治 綜合臨床 39 2 292 1990/02
  •  神経難病 その診断から福祉の実際まで C 神経難病の各論 診断と治療,福祉上の注意点 重症筋無力症(MG) 吉川弘明 モダンフィジシャン 22 5 563 2002/05/15
  •  筋強直症に対するタウリン治療の評価に関する1考察 吉川 弘明 日本内科学会雑誌 75 9 1328 1986/09
  •  Acropathie Ulcero‐mutilante Familiale(Thevenard). 森俊典,坂井秀彰,竹原和彦,吉川弘明,谷口滋 皮膚科の臨床 41 1 175 1999/01
  •  大量免疫グロブリン療法を施行し一過性の改善を認めた難治性重症筋無力症の1例 佐藤 勝明,吉川 弘明,高守 正治 神経治療学 15 2 169 1998/03
  •  多発性硬化症の増悪に関与しうる諸因子の検討 吉川 弘明 日本内科学会雑誌 77 11 1759 1988/11
  •  骨格筋における受容体の誘導とその調節に関与するカルシトニン遺伝子関連ペプチドの研究(第1報) 高守 正治,吉川 弘明,永田 美和子 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー症及び関連疾患の病態とその病因に関する研究 昭和62年度 80 1988/03
  •  骨格筋とカルシトニン遺伝子関連ペプチドに関する研究 その受容体とシグナル伝達の解析を中心として 高守 正治,吉川 弘明 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー症及び関連疾患の病態とその病因に関する研究 昭和63年度 105 1989/03
  •  ジストロフィンおよびアセチルコリン受容体(AChR) mRNA発現に対するカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の修飾に関する研究 高守 正治,吉川 弘明,安川 善博 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー症及び関連疾患の病態とその病因に関する研究 平成元年度 88 1990/03
  •  The therapeutic effect of FK506 on rat experimental autoimmune myasthenia gravis (EAMG). 吉川弘明,岩佐和夫,井手芳彦,高守正治 免疫性神経疾患調査研究班 平成6年度研究報告書 免疫性神経疾患に関する研究 123 1995
  •  重症筋無力症リンパ器官の抗体産生能の検討 吉川 弘明 臨床神経学 36 12 1532 1996/12
  •  Molecular Myology. Molecular biology and immunology of acetylcholine receptor in relation to Myasthenia gravis. 高守正治,駒井清暢,岩佐和夫,吉川弘明 日本臨床 55 12 3315 1997/12
  •  重症筋無力症患者の胸腺細胞による抗アセチルコリン受容体抗体産生 吉川弘明,LENNON V A,高守正治 Neuroimmunology 6 1 25 1998/01
  •  Extraction of Immunoglobulins and Complements by Double‐filtration Plasmapheresis and Immunoadsorption Therapy in Sera of Immune‐mediated Neurological Diseases. 佐藤勝明,吉川弘明,高守正治 神経治療学 17 1 39 2000/01/25
  •  Terapeutic research of the EAMG model by new immunosuppressive agent FTY720. (Ministry of Health, Labor,Welfare S ). 吉川弘明,岩佐和夫,安川善博,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成12年度研究報告書 74 2001
  •  フィブラート薬剤における睡眠への影響に関する検討 枝廣茂樹,松波寿雄,岡田睦子,吉川弘明 日本医療薬学会年会講演要旨集 18th 435 2008/09/01
  •  重症筋無力症の疫学的調査 治療の現状を中心に 吉川 弘明,足立 由美,本崎 裕子,古川 裕,枝廣 茂樹,丸田 高広,岩佐 和夫,山田 正仁,村井 弘之 臨床神経学 47 12 1058 2007/12
  •  重症筋無力症における新規バイオマーカー:抗骨格筋ジヒドロピリジン受容体抗体の検出 丸田高広,吉川弘明,深澤秀一,稲岡義浩,梅下翔,古川裕,本崎裕子,枝廣茂樹,岩佐和夫,山田正仁 Neuroimmunology 15 1 31 2007/04/01
  •  GHQにみられた大学新入生の精神健康状態の推移―1995年~2004年― 鈴木健一,敦岡檀,田上芳美,宮崎節子,亀田真紀,吉川弘明,岩田恭宜,中林肇 Campus Health 43 3 81 2006/09
  •  ミオクローヌスを主徴とする多彩な神経症状を呈した抗VGKC抗体陽性浸潤型胸腺腫の1例 町谷知彦,岩佐和夫,吉川弘明,山田正仁 Neuroimmunology 14 1 130 2006/03/01
  •  頭痛について―慢性頭痛を中心に― 吉川弘明 Campus Health 41 1 68 2004/01
  •  重症筋無力症 重症筋無力症の診断 新たな診断方法 吉川弘明 脳21 11 2 238 2008/04/20
  •  国際プロジェクトについて(MGTX study) 吉川弘明 日本神経学会総会プログラム・抄録集 48th 110 2007
  •  重症筋無力症患者における変性型抗アセチルコリン受容体抗体の病態関与について 岩佐 和夫,吉川 弘明,枝広 茂樹,古川 裕,丸田 高広,山田 正仁 臨床神経学 45 12 1133 2005/12
  •  重症筋無力症のクリーゼ予測因子に関する検討 古川 裕,吉川 弘明,佐藤 勝明,岩佐 和夫,高守 正治,山田 正仁 臨床神経学 45 12 1135 2005/12
  •  【高齢者神経疾患のトータルマネージメント】 身体症状のマネージメント 重症筋無力症 吉川 弘明 Modern Physician 28 5 639 2008/05
  •  重症筋無力症における抗骨格筋抗体の作用機序;抗DHPR抗体,抗RyR抗体を中心に 丸田高広,吉川弘明,梅下翔,高瀬文超,吉川弘毅,角弘諭,枝廣茂樹,本崎裕子,岩佐和夫,山田正仁 Neuroimmunology 16 1 48 2008/04/01
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症の免疫病態 筋無力症における新規バイオマーカーの検討;抗Synaptophysin抗体 吉川弘明,丸田高広,高瀬文超,吉川弘毅,中村紗季,琢磨寛孝,角弘諭,枝廣茂樹,岩佐和夫,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成20年度 総括・分担研究報告書 131 2009
  •  重症筋無力症における咬筋興奮収縮連関と抗ryanodine受容体抗体の関連について 津田 笑子,今井 富裕,保月 隆良,久原 真,野中 道夫,下濱 俊,丸田 高広,吉川 弘明 臨床神経学 48 12 1224 2008/12
  •  重症筋無力症全国臨床疫学調査(第二報) 村井 弘之,吉川 弘明,荒賀 茂,小野寺 宏,川口 直樹,本村 政勝,野村 芳子,服部 孝道,藤井 義敬,渡邊 至,中村 好一,吉良 潤一 臨床神経学 48 12 1241 2008/12
  •  頭痛保持者のQOLに関する疫学的調査―健康診断に始まる学生支援の視点から― 吉川弘明,足立由美,鈴木健一,宮崎節子,田上芳美,林佳子,廣川早苗,岡本沙織,高信雅子,亀田真紀,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 45 3 73 2008/10
  •  重症筋無力症 重症筋無力症における抗骨格筋抗体の作用機序 抗DHPR抗体、抗RyR抗体を中心に 丸田 高広,吉川 弘明,梅下 翔,高瀬 文超,吉川 弘毅,角 弘諭,枝廣 茂樹,本崎 裕子,岩佐 和夫,山田 正仁 神経免疫学 16 1 48 2008/04
  •  2006年重症筋無力症全国臨床疫学調査:患者概数と基本情報 村井弘之,山下夏美,吉川弘明,本村政勝,藤井義敬,小野寺宏,荒賀茂,川口直樹,渡邊至,吉良潤一 Neuroimmunology 16 1 44 2008/04/01
  •  金沢大学における感染症対策(3)‐在校生に対する抗体検査実施と抗体の有無の出生年分析‐ 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 45 2 257 2008/03
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症の興奮収縮連関における自己抗体の検討;抗RyR抗体,抗DHPR抗体のIgG Subclass解析 吉川弘明,丸田高広,梅下翔,高瀬文超,吉川弘毅,角弘諭,枝廣茂樹,本崎裕子,古川裕,岩佐和夫,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 154 2008
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 2006年重症筋無力症全国臨床疫学調査―中間報告― 越智博文,吉川弘明,本村政勝,藤井義敬,吉良潤一,小野寺宏,荒賀茂,野村芳子,村井弘之,川口直樹,服部孝道,渡邊至,中村好一,永井正規,山下夏美 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 139 2008
  •  重症筋無力症の抗リアノジン受容体抗体におけるIgG subclass解析 丸田 高広,吉川 弘明,梅下 翔,深澤 秀一,稲岡 義浩,古川 裕,本崎 裕子,枝廣 茂樹,岩佐 和夫,山田 正仁 臨床神経学 47 12 1179 2007/12
  •  金沢大学における感染症対策(2)―新入生に対する健康調査結果と抗体検査結果の分析― 吉川弘明,足立由美,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 44 3 74 2007/09
  •  当院における院内感染対策とその結果みえてきた若年成人におけるウイルス抗体保有状況 太田和秀,笠原善仁,小泉晶一,谷内江昭宏,龍口さだ子,藤田信一,吉川弘明,中林肇 小児感染免疫 19 2 209 2007/07/01
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 MGの液性免疫機序 重症筋無力症における新規バイオマーカーの同定:抗骨格筋ジヒドロピリジン受容体抗体の意義について 吉川弘明,丸田高広,深澤秀一,稲岡義浩,梅下翔,古川裕,本崎裕子,枝廣茂樹,岩佐和夫,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成18年度 総括・分担研究報告書 146 2007
  •  重症筋無力症におけるサイトカインと抗サイトカイン抗体に関する研究 吉川 弘明,佐藤 勝明,枝廣 茂樹,鈴木 康大,古川 裕,丸田 高広,岩佐 和夫,高守 正治,山田 正仁 臨床神経学 46 12 1119 2006/12
  •  当院における院内感染対策とその結果見えてきた若年成人におけるウイルス抗体保有状況 太田和秀,笠原善仁,小泉晶一,谷内江昭宏,龍口さだ子,藤田信一,吉川弘明,中林肇 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 38th 212 2006
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症の長期タクロリムス治療に関する検討 吉川弘明,古川裕,岩佐和夫,丸田高広,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成17年度 総括・分担研究報告書 139 2006
  •  重症筋無力症IgGが骨格筋培養細胞の遺伝子発現に及ぼす影響 吉川 弘明,福岡 千晴,高岡 静香,枝廣 茂樹,古川 裕,丸田 高広,岩佐 和夫,山田 正仁 臨床神経学 45 12 1152 2005/12
  •  OS-MSの病態 重症筋無力症とneuromyelitis optica合併例の検討 古川 裕,吉川 弘明,山田 正仁 神経免疫学 13 1 66 2005/03
  •  MGの治療・神経筋接合部 ボツリヌス毒素の抗原性に関する検討 丸田 高広,吉川 弘明,山田 正仁,Dolimbek BZ,Atassi MZ 神経免疫学 13 1 84 2005/03
  •  免疫吸着療法後のガンマグロブリン大量静注療法(IGIg)が著効した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例 柴田 歩,佐村木 美晴,古井 英介,岩佐 和夫,吉川 弘明,山田 正仁,林 茂 臨床神経学 45 2 162 2005/02
  •  重症筋無力症における患者年齢層の変遷と胸腺組織について 岩佐和夫,古川裕,吉川弘明,山田正仁 日本神経学会総会プログラム・抄録集 45th 298 2004/04/01
  •  抗N型電位依存性Caチャネル抗体によりもたらされるチャネル発現数の変動について 岩佐和夫,吉川弘明,LANG B,山田正仁 臨床神経学 43 12 991 2003/12/01
  •  神経難病の診断と長期治療における疫学的及び臨床的研究 山口 和由,岩佐 和夫,沖野 惣一,小竹 泰子,浜口 毅,吉川 弘明,水島 典明 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費総括研究報告書 神経疾患の予防・診断・治療に関する臨床研究 平成12〜14年度 49 2003/03
  •  金沢大学学生の頭痛の実態に関するアンケート調査 吉川弘明,敦岡壇,田上芳美,宮崎節子,木村敦子,橋本和夫,中林肇 Campus Health 40 1 318 2003/03
  •  重症筋無力症全国臨床疫学調査(第一報) 村井 弘之,渡邊 至,吉川 弘明,荒賀 茂,小野寺 宏,川口 直樹,本村 政勝,野村 芳子,服部 孝道,藤井 義敬,中村 好一,永井 正規,吉良 潤一 臨床神経学 47 12 1045 2007/12
  •  ガンマグロブリン大量静注療法が著効した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例 柴田 歩,佐村木 美晴,古井 英介,岩佐 和夫,吉川 弘明,林 茂,山田 正仁 神経免疫学 13 1 123 2005/03
  •  重症筋無力症における患者年齢層の変遷と胸腺組織について 岩佐和夫,古川裕,吉川弘明,山田正仁 臨床神経学 44 12 1142 2004/12/01
  •  筋および神経・筋疾患とその鑑別診断 Lambert‐Eaton症候群 吉川弘明 脊椎脊髄ジャーナル 17 9 911 2004/09/25
  •  肥満,やせの学生のQOL,評価と健康教育―BMIとSF36,ライフスタイル(食事,運動)との関連― 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,林佳子,廣川早苗,岡本沙織,高信雅子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 45 3 68 2008/10
  •  重症難病患者の地域医療体制の構築に関する研究 災害時の難病患者に対する支援体制に関するプロジェクト 能登半島地震における神経難病患者の身体・社会的被害と心身の障害に関する調査 田代邦雄,丸田高広,吉川弘明,足立由美,鈴木健一,横地英博,坂井健二,佐藤日出夫,柴田裕行,岩佐和夫,山田正仁 重症難病患者の地域医療体制の構築に関する研究班 平成19年度 総括・分担研究報告書 95 2008
  •  重症筋無力症のステロイド使用に関する検討 古川裕,吉川弘明,岩佐和夫,高守正治,山田正仁 臨床神経学 44 12 1208 2004/12/01
  •  重症筋無力症におけるタクロリムスの長期使用に関する検討 古川 裕,吉川 弘明,岩佐 和夫,丸田 高広,山田 正仁 臨床神経学 46 12 1104 2006/12
  •  Sandwich ELISA法による骨格筋リアノジン受容体抗体定量に関する研究 丸田高広,吉川弘明,古川裕,岩佐和夫,山田正仁 Neuroimmunology 14 1 35 2006/03/01
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 特定疾患治療研究事業臨床調査個人票を用いた重症筋無力症の疫学的研究 吉川弘明,古川裕,丸田高広,岩佐和夫,山田正仁,村井弘之 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成17年度 総括・分担研究報告書 156 2006
  •  Clinical states of myasthenia gravis. Etiology and mechanisms of crisis. 吉川弘明 Clinical Neuroscience 23 4 388 2005/04/01
  •  重症筋無力症のステロイド使用に関する検討 古川裕,吉川弘明,岩佐和夫,高守正治,山田正仁 日本神経学会総会プログラム・抄録集 45th 366 2004/04/01
  •  キャンパスに多い病気の対処法 頭痛について 慢性頭痛を中心に 吉川 弘明 CAMPUS HEALTH 41 1 68 2004/01
  •  骨格筋培養細胞TE671の細胞内カルシウム動態に対する免疫抑制剤の影響 吉川弘明,枝広茂樹,橋井美奈子 日本免疫学会総会・学術集会記録 33 179 2003/11/05
  •  肥満,やせの学生のQOL評価と健康教育―BMIとSF36,ライフスタイル(食事,運動)との関連― 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,林佳子,廣川早苗,岡本沙織,高信雅子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 46 1 173 2009/02
  •  金沢大学学生の頭痛の実態に関するアンケート調査 吉川弘明,中林肇 臨床神経学 44 12 1046 2004/12/01
  •  International project―MGTX Study― 吉川弘明 臨床神経学 47 11 880 2007/11/01
  •  金沢大学における感染症対策―新入生に対する麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘の抗体検査と予防接種勧奨― 吉川弘明,敦岡檀,宮崎節子,田上芳美,亀田真紀,岩田恭宜,足立由美,鈴木健一,中林肇 Campus Health 44 2 65 2007/03
  •  GHQにみられた大学新入生の精神健康状態の推移―1995年~2004年― 鈴木健一,敦岡檀,田上芳美,宮崎節子,亀田真紀,吉川弘明,岩田恭宜,中林肇 Campus Health 44 1 200 2007/03
  •  金沢大学おける感染症対策―新入生に対する麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘の抗体検査と予防接種勧奨― 吉川弘明,敦岡檀,宮崎節子,田上芳美,亀田真紀,岩田恭宜,鈴木健一,中林肇 Campus Health 43 3 75 2006/09
  •  特定疾患臨床調査個人票データベースによる重症筋無力症の疫学的研究 吉川弘明,古川裕,丸田高広,岩佐和夫,山田正仁,村井弘之 Neuroimmunology 14 1 63 2006/03/01
  •  【重症筋無力症】 重症筋無力症の治療 吉川 弘明 神経眼科 22 3 336 2005/09/25
  •  【重症筋無力症の臨床 最近の進歩】 重症筋無力症の病態 病因と発症のメカニズム 吉川 弘明 Clinical Neuroscience 23 4 388 2005/04
  •  Fluctuation of the number of channel expression brought by the anti-N type voltage dependent Ca channel antibody. 吉川弘明,岩佐和夫,LANG B 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成14年度総括・分担研究報告書 114 2003
  •  金沢大学における感染症対策(3)―在校生に対する抗体検査実施と抗体の有無の出生年分析― 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 45 1 200 2008/03
  •  筋炎・心筋炎を合併する重症筋無力症の臨床像と自己抗体の検討 鈴木 重明,槍沢 公明,吉川 弘明,本村 政勝,長根 百合子,丸田 高弘,此枝 史恵,佐藤 隆司,桑名 正隆,鈴木 則宏 臨床神経学 48 12 1241 2008/12
  •  重症筋無力症 2006年重症筋無力症全国臨床疫学調査 患者概数と基本情報 村井 弘之,山下 経美,吉川 弘明,本村 政勝,藤井 義敬,小野寺 宏,荒賀 茂,川口 直樹,渡邊 至,吉良 潤一 神経免疫学 16 1 44 2008/04
  •  Action of tacrolimus and prednisolone on acetylcholine receptor and intracellular calcium concentration of cultured skeletal muscle cell. 吉川弘明,枝広茂樹,橋井美奈子,岩佐和夫 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成14年度総括・分担研究報告書 107 2003
  •  頭痛保持者のQOLに関する疫学的調査―健康診断に始まる学生支援の視点から― 吉川弘明,足立由美,鈴木健一,宮崎節子,田上芳美,林佳子,廣川早苗,岡本沙織,高信雅子,亀田真紀,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 46 1 228 2009/02
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症の免疫病態 重症筋無力症の筋組織におけるMHC‐class Iの発現 吉川弘明,岩佐和夫,石田千穂,本崎裕子,丸田高広,古川裕,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成20年度 総括・分担研究報告書 127 2009
  •  重症筋無力症の筋組織におけるHLA-class Iの発現 岩佐 和夫,本崎 裕子,丸田 高広,石田 千穂,古川 裕,吉川 弘明,山田 正仁 臨床神経学 48 12 1242 2008/12
  •  脳梗塞遠隔効果の回復期リハビリ加療に関する画像検討 丸田高広,吉川弘明,岩佐和夫,山田正仁 神経治療学 25 3 273 2008/05/25
  •  金沢大学における感染症対策(2)―新入生に対する健康調査結果と抗体検査結果の分析― 吉川弘明,足立由美,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 45 1 199 2008/03
  •  重症筋無力症におけるシェーグレン症候群の合併 加藤 裕子,古川 裕,岩佐 和夫,吉川 弘明,駒井 清暢,川野 充弘,山田 正仁 臨床神経学 46 12 1037 2006/12
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 MGの免疫シグナル 重症筋無力症に対するタクロリムスの薬理学的作用―サイトカインネットワークの視点から― 吉川弘明,古川裕,本崎裕子,枝廣茂樹,丸田高広,岩佐和夫,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成18年度 総括・分担研究報告書 134 2007
  •  重症筋無力症末梢血単核球のサイトカイン産生に対する免疫抑制薬の影響 古川裕,吉川弘明,岩佐和夫,丸田高広,山田正仁 Neuroimmunology 14 1 65 2006/03/01
  •  細胞内カルシウム濃度におけるタクロリムスとプレドニゾロンの作用 吉川弘明,枝広茂樹,橋井美奈子,岩佐和夫,山田正仁 臨床神経学 43 12 1091 2003/12/01
  •  金沢大学における感染症対策(3)―在校生に対する抗体検査実施と抗体の有無の出生年分析― 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 44 3 74 2007/09
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 骨格筋リアノジン受容体抗体の定量法に関する研究 吉川弘明,丸田高広,古川裕,岩佐和夫,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成17年度 総括・分担研究報告書 133 2006
  •  金沢大学新入生に対する麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘の抗体検査と予防接種勧奨の試み 吉川弘明 日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集 10th 66 2006
  •  ボツリヌス毒素の抗原性に関する検討 丸田高広,吉川弘明,山田正仁,DOLIMBEK B Z,ATASSI M Z Neuroimmunology 13 1 84 2005/03/01
  •  免疫吸着療法後のガンマグロブリン大量静注療法(IVIg)が著効した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例 柴田歩,佐村木美晴,古井英介,岩佐和夫,吉川弘明,山田正仁,林茂 臨床神経学 45 2 162 2005/02/01
  •  Therapy in myasthenia gravis Hiroaki Yoshikawa,Hiroaki Yoshikawa Neuro-Ophthalmology Japan 22 336 2005/11/21
  •  Surveillance study on immune neuropathies. Change in intracellular calcium concentration against acetylcholine in cultured skeletal muscle cells and influence of immunosuppressant. 吉川弘明,枝広茂樹,岩佐和夫,山田正仁,橋井美奈子 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成15年度 総括・分担研究報告書 124 2004
  •  Surveillance study on immune neuropathies. Nationwide clinical survey of myasthenia gravis. 村井弘之,荒賀茂,吉川弘明,藤井義敬,小野寺宏,服部孝道 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成15年度 総括・分担研究報告書 108 2004
  •  金沢大学学生の頭痛の実態に関するアンケート調査(第二報) 吉川弘明,敦岡檀,田上芳美,宮崎節子,木村敦子,橋本和夫,中林肇 Campus Health 41 1 172 2004/01
  •  【重症筋無力症の病態と治療に関する最近の話題】 重症筋無力症における免疫療法の現状と展望 tacrolimusを中心に 吉川 弘明 神経治療学 21 1 31 2004/01/25
  •  パーキンソン病における腰曲がりについて 山口和由,石田千穂,松本泰子,岩佐和夫,吉川弘明,駒井清暢,山田正仁 臨床神経学 43 12 956 2003/12/01
  •  金沢大学学生の頭痛の実態に関するアンケート調査 (第二報) 吉川弘明,敦岡檀,田上芳美,宮崎節子,木村敦子,橋本和夫,中林肇 Campus Health 40 3 72 2003/09
  •  筋無力症関連自己抗体測定の現状と展望 丸田高広,吉川弘明,岩佐和夫,山田正仁 Neuroimmunology 14 2 157 2006/09/01
  •  免疫性神経疾患治療のControversy:1.MG,2.MS 国際プロジェクトについて MGTX Study 吉川 弘明 臨床神経学 47 11 880 2007/11
  •  免疫性神経疾患と自己抗体 Sandwich ELISA法による骨格筋リアノジン受容体抗体定量に関する研究 丸田 高広,吉川 弘明,古川 裕,岩佐 和夫,山田 正仁 神経免疫学 14 1 35 2006/03
  •  ミオクローヌスを主症状とする多彩な神経症状を呈した抗VGKC抗体陽性浸潤型胸腺腫の1例 町谷知彦,岩佐和夫,吉川弘明,山田正仁 臨床神経学 46 6 439 2006/06/01
  •  頭痛について―慢性頭痛を中心に― 吉川弘明 Campus Health 40 3 45 2003/09
  •  石川県における多発性硬化症再発に関する環境要因の検討 高橋和也,吉川弘明 Neuroimmunology 17 1 140 2009/03/01
  •  重症筋無力症とneuromyelitis optica合併例の検討 古川裕,吉川弘明,山田正仁 Neuroimmunology 13 1 66 2005/03/01
  •  能登半島地震における神経難病患者の身体・社会的被害と心身の障害に関する調査 丸田 高広,吉川 弘明,足立 由美,鈴木 健一,佐藤 日出夫,柴田 裕行,岩佐 和夫,山田 正仁 臨床神経学 48 12 1213 2008/12
  •  レビー小体型認知症における自律神経検査の選択 丸田高広,角弘諭,根上昌子,吉川弘明,岩佐和夫,山田正仁 Dementia Japan 22 2 153 2008/08/15
  •  身体症状のマネージメント 重症筋無力症 吉川弘明 モダンフィジシャン 28 5 639 2008/05/15
  •  金沢大学における感染症対策(2)‐新入生に対する健康調査結果と抗体検査結果の分析‐ 吉川弘明,足立由美,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,鈴木健一,岩田恭宜,内山勝晴,古川仭 Campus Health 45 2 251 2008/03
  •  金沢大学おける感染症対策―新入生に対する麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘の抗体検査と予防接種勧奨― 吉川弘明,敦岡檀,宮崎節子,田上芳美,亀田真紀,足立由美,岩田恭宜,鈴木健一,中林肇 Campus Health 44 1 175 2007/03
  •  研修医や新入生の抗体価測定結果から見えてくる若年成人におけるウイルス抗体保有状況 太田和秀,笠原善仁,小泉晶一,谷内江昭宏,龍口さだ子,藤田信一,吉川弘明,中林肇 日本小児科学会雑誌 111 2 213 2007/02/01
  •  ガンマグロブリン大量静注療法が著効した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例 柴田歩,佐村木美晴,古井英介,岩佐和夫,吉川弘明,林茂,山田正仁 Neuroimmunology 13 1 123 2005/03/01
  •  金沢大学学生の頭痛の実態に関するアンケート調査 (第二報) 吉川弘明,敦岡檀,田上芳美,宮崎節子,木村敦子,橋本和夫,中林肇 Campus Health 41 2 81 2004/03
  •  Surveillance study on immune neuropathies. Retrospective study of therapy for myasthenia gravis at Kanazawa University. 吉川弘明,古川裕,岩佐和夫,山田正仁,高守正治 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成15年度 総括・分担研究報告書 118 2004
  •  重症筋無力症における変性型抗アセチルコリン受容体抗体 岩佐 和夫,古川 裕,丸田 高広,山田 正仁,吉川 弘明 臨床神経学 46 12 1038 2006/12
  •  金沢大学学生の頭痛の実態に関するアンケート調査 吉川弘明,中林肇 日本神経学会総会プログラム・抄録集 45th 199 2004/04/01
  •  重症筋無力症―病態解明と診療の進歩 病型別臨床像 成人全身型重症筋無力症 吉川弘明 Clinical Neuroscience 26 9 979 2008/09/01
  •  重症筋無力症における心筋・骨格筋に対する自己免疫反応 鈴木重明,槍澤公明,吉川弘明,本村政勝,松原四郎,横山和正,長根百合子,丸田高広,桑名正隆,鈴木則宏 Neuroimmunology 17 1 132 2009/03/01
  •  保健管理センターによる健康教育 集中講義参加者の解析 吉川 弘明,足立 由美,高信 雅子,生田 聡美,宮崎 節子,田上 芳美,林 佳子,亀田 真紀,柿本 晴美,清水 美保,内山 勝晴,鈴木 健一,小泉 順二 CAMPUS HEALTH 47 1 306 2010/02
  •  金沢大学における感染症対策5年間の推移―新入生に対する麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘の抗体検査と予防接種勧奨― 宮崎節子,田上芳美,池田美智子,柿本晴美,芦原百合子,高紀子,亀田真紀,吉川弘明,内山勝晴,清水美保,足立由美,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 48 1 239 2011/02
  •  重症筋無力症/筋炎 重症筋無力症骨格筋におけるMHCおよびBiP蛋白の発現 岩佐 和夫,吉川 弘明,古川 裕,石田 千穂,本崎 裕子,丸田 高広,山田 正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 22回 57 2010/03
  •  重症筋無力症骨格筋におけるBiP/GRP78蛋白発現 岩佐 和夫,本崎 裕子,石田 千穂,丸田 高広,吉川 弘明,山田 正仁 臨床神経学 49 12 1157 2009/12
  •  保健管理センターによる健康教育 集中講義の教育効果 足立 由美,吉川 弘明,高信 雅子,生田 聡美,宮崎 節子,田上 芳美,林 佳子,亀田 真紀,柿本 晴美,清水 美保,内山 勝晴,鈴木 健一,小泉 順二 CAMPUS HEALTH 46 3 74 2009/09
  •  わが国における新生児期~幼児期発症の重症筋無力症の特徴 村井弘之,野村芳子,山下夏美,本村政勝,吉川弘明,藤井義敬,渡邊至,中村好一,吉良潤一 Neuroimmunology 17 1 130 2009/03/01
  •  大学保健管理施設による教育プログラムの開発―食とウェルネスに関する調査研究班― 足立由美,吉川弘明,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,吉牟田剛,清水美保,山岸正和 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 52nd 52 2014/08
  •  筋無力症における抗Synaptophysin抗体の検出 丸田高広,吉川弘明,高瀬文超,中村紗季,吉川弘毅,琢磨寛孝,角弘諭,枝廣茂樹,岩佐和夫,山田正仁 Neuroimmunology 17 1 126 2009/03/01
  •  重症筋無力症骨格筋におけるGRP78mRNAの発現亢進 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,本崎裕子,山田正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 24th 70 2012
  •  保健管理センターによる健康教育 1―集中講義参加者の解析― 吉川弘明,足立由美,高信雅子,生田聡美,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,柿本晴美,清水美保,内山勝晴,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 47 1 306 2010/02
  •  石川県における多発性硬化症再発に関係する環境要因の検討 高橋 和也,吉川 弘明 臨床神経学 49 12 1195 2009/12
  •  健診での心肥大に精密検査は必要か?―NT pro‐BNPを用いたスクリーニング― 内山勝晴,岩田恭宜,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,林佳子,古川仭 Campus Health 46 3 52 2009/09
  •  拡大胸腺摘除術の適応 吉川弘明 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 53rd 155 2012
  •  重症筋無力症患者における抗アセチルコリン受容体抗体価の5年間にわたる時系列推移 岩佐 和夫,吉川 弘明,小野 賢二郎,濱口 毅,篠原 もえ子,佐村木 美晴,中村 裕之,山田 正仁 神経免疫学 18 1 136 2013/11
  •  妊娠出産の視点からの大学生の健康支援の必要性―全国大学保健管理施設の調査― 吉川弘明,山本眞由美,足立由美,山縣然太朗 日本公衆衛生学会総会抄録集 72nd 361 2013/10/15
  •  アジア某国から受け入れた留学生の集団結核発症に関する報告 中川克,林多喜王,佐藤武,河邊博史,西尾彰泰,守山敏樹,吉川弘明,山本眞由美 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 51st 81 2013/10
  •  全国大学保健管理協会(JUHA)と米国大学保健管理協会(ACHA)の交流経過報告 山本眞由美,吉川弘明,中川克,林多喜王,佐藤武,河邊博史,守山敏樹,西尾彰泰,鈴木眞理,馬場久光,鎌野寛,大塚盛男,富樫整,立身政信 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 51回 119 2013/10
  •  流行性耳下腺炎の抗体価の推移―健康調査の罹患歴・予防接種歴― 宮崎節子,田上芳美,池田美智子,亀田真紀,伊藤大輔,坪川俊成,清水美保,足立由美,吉川弘明,小泉順二 Campus Health 50 1 341 2013/03
  •  重症筋無力症 臨床の問題点とその解決法 拡大胸腺摘除術の適応 吉川 弘明 臨床神経学 52 11 1053 2012/11
  •  高齢者の災害対策 丸田 高広,足立 由美,吉川 弘明 金沢大学保健管理センター年報・紀要 4 22 77 2012/03/01
  •  脳画像におけるベクトル合成技術の開発 脳血流画像を用いた検討 丸田 高広,角 弘諭,吉川 弘明,岩佐 和夫,山田 正仁 臨床神経学 49 12 1126 2009/12
  •  重症筋無力症における最近の臨床試験 吉川弘明 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 53rd 82 2012
  •  災害ボランティアにおける注意点 吉川 弘明 金沢大学保健管理センター年報・紀要 4 22 74 2012/03/01
  •  保健管理センターによる健康教育 2―集中講義の教育効果― 足立由美,吉川弘明,高信雅子,生田聡美,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,柿本晴美,清水美保,内山勝晴,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 47 1 308 2010/02
  •  【眼球運動の生理と病態】 各種疾患での眼球運動障害 重症筋無力症 吉川 弘明 Clinical Neuroscience 28 1 103 2010/01
  •  肥満,やせの大学生のQOL評価と健康教育の可能性―SF‐36による評価とライフスタイル(食事,運動)の調査― 足立由美,吉川弘明,廣川早苗,高信雅子 Campus Health 46 2 167 2009/03
  •  神経疾患をもつ患者の妊娠・出産 重症筋無力症と妊娠・出産 吉川弘明 月刊神経内科 78 5 514 2013/05/25
  •  眼筋型重症筋無力症の全身型への移行要因の検討 村井 弘之,山下 夏美,吉川 弘明,川口 直樹,本村 政勝,野村 芳子,藤井 義敬,渡邊 至,中村 好一,吉良 潤一 臨床神経学 49 12 1154 2009/12
  •  【検査値を読む2013】 自己免疫検査 抗アセチルコリン受容体抗体 吉川 弘明 内科 111 6 1388 2013/06
  •  認知症脳画像における新融合技術の臨床的有用性の検討 機能画像と形態画像の統合化 角 弘諭,丸田 高広,吉川 弘明 臨床神経学 49 12 1149 2009/12
  •  学生支援のための情報集約システム導入による学生生活における危機管理 足立由美,吉川弘明,伊藤大輔,佐藤正英,東昭孝,高田良宏,青木健一,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,今野哲雄,清水美保,小泉順二 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 51st 93 2013/10
  •  重症筋無力症/筋炎 アグリン多様性が及ぼすアセチルコリン受容体群落形成の変化 MGの新規治療法開発に関わる基礎研究 丸田 高広,吉川 弘明,吉川 弘毅,高瀬 文超,琢磨 寛孝,中村 紗季,佐藤 亜有子,横山 茂,岩佐 和夫,山田 正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 22回 57 2010/03
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症・基礎 重症筋無力症骨格筋におけるBiP/GRP78蛋白発現 吉川弘明,岩佐和夫,石田千穂,本崎裕子,丸田高広,古川裕,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成21年度 総括・分担研究報告書 125 2010
  •  アグリン多様性が及ぼすアセチルコリン受容体群落形成の変化―MGの新規治療法開発に関わる基礎研究― 丸田高広,吉川弘明,吉川弘毅,高瀬文超,琢磨寛孝,中村紗季,佐藤亜有子,横山茂,岩佐和夫,山田正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 22nd 57 2010
  •  健診での心肥大に精密検査は必要か?―NT‐pro BNPを用いたスクリーニング― 内山勝晴,岩田恭宜,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,林佳子,古川仭 Campus Health 47 1 110 2010/02
  •  重症筋無力症骨格筋におけるMHCおよびBiP蛋白の発現 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,石田千穂,本崎裕子,丸田高広,山田正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 22nd 57 2010
  •  各種疾患での眼球運動障害 重症筋無力症 吉川弘明 Clinical Neuroscience 28 1 103 2010/01/01
  •  重症筋無力症における血清GRP78蛋白濃度 岩佐 和夫,吉川 弘明,古川 裕,本崎 裕子,山田 正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 23回 96 2011/09
  •  抗リアノジン受容体抗体陽性重症筋無力症患者の臨床的特徴 津田 笑子,今井 富裕,保月 隆良,林 貴士,齊藤 正樹,久原 真,下濱 俊,吉川 弘明,本村 政勝 臨床神経学 50 12 1138 2010/12
  •  重症筋無力症骨格筋における小胞体ストレスとミトコンドリア 岩佐 和夫,吉川 弘明,古川 裕,石田 千穂,本崎 裕子,丸田 高広,山田 正仁 臨床神経学 50 12 1274 2010/12
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症(1),医療経済 能登半島地震が神経難病患者(MG/MS等)へ及ぼした心理的影響 吉川弘明,丸田高広,足立由美,根上昌子,岩佐和夫,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 89 2012
  •  重症筋無力症におけるタクロリムスのランダム化二重盲検プラセボ対照試験の解析 吉川 弘明,木内 貴弘,斎田 孝彦,高守 正治 臨床神経学 51 12 1300 2011/12
  •  ものわすれ検診における時計描写試験の有用性 根上昌子,丸田高広,吉川弘明,足立由美,山本達,高橋英孝 人間ドック 26 2 263 2011/07
  •  学生支援のための情報集約システム導入による学生生活における危機管理 足立由美,吉川弘明,伊藤大輔,佐藤正英,東昭孝,高田良宏,青木健一,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,今野哲雄,清水美保,小泉順二 Campus Health 51 1 343 2014/03
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症・基礎 重症筋無力症骨格筋における小胞体ストレスとミトコンドリア 吉川弘明,岩佐和夫,石田千穂,本崎裕子,丸田高広,古川裕,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 150 2011
  •  「攻め」の核医学が高める病院力 核医学を用いた「ものわすれドック」の展開―PETドックの試み 根上昌子,丸田高広,角弘諭,吉川弘明 月刊新医療 37 3 54 2010/03/01
  •  金沢大学新入大学生におけるALT値の検討 池田美智子,今野哲雄,田上芳美,得永美和,亀田真紀,植島郁,柿本晴美,芦原百合子,清水美保,伊藤大輔,足立由美,吉川弘明,小泉順二 Campus Health 51 1 294 2014/03
  •  “居心地のよい”香りの使用が大学生の対人関係場面における自己効力感に与える影響 足立由美,門地里絵,片山敦,吉川弘明 日本健康心理学会大会発表論文集 22nd 76 2009/09
  •  若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究 教育用パンフレット「知っていますか?男性のからだのこと,女性のからだのこと」に対する大学生の意識調査 吉川弘明,足立由美 若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 43 2014
  •  重症筋無力症通院患者における2012年上半期の抗アセチルコリン受容体抗体価の上昇現象 岩佐和夫,吉川弘明,小野賢二郎,浜口毅,篠原もえ子,佐村木美晴,中村裕之,山田正仁 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 54th 12 331 2013/12
  •  金沢大学新入生に対する麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘の抗体検査と予防接種勧奨 2006‐2011 宮崎節子,池田美智子,田上芳美,亀田真紀,吉川弘明,小泉順二,市村宏 日本予防医学会学術総会プログラム・抄録集 11th 45 2013/06/15
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症 抗体 金沢大学附属病院における2012年上半期の重症筋無力症患者抗アセチルコリン受容体抗体価の上昇現象 吉川弘明,岩佐和夫,小野賢二郎,濱口毅,篠原もえ子,佐村木美晴,中村裕之,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 109 2013
  •  大学生における結婚,出産についての意識調査―大学の健康教育で何を教えるべきか? 西尾彰泰,堀田亮,佐渡忠洋,吉川弘明,足立由美,松浦賢長,猪飼周平,高田昌代,林芙美,加納亜紀,磯村有記,山本眞由美 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 52nd 43 2014/08
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症 抗体 神経型ニコチン性アセチルコリン受容体を標的とする自己免疫疾患の病態―抗α3サブユニット抗体による受容体機能障害作用― 吉川弘明,小林星太,横山茂,光本泰秀,室山明子,岩佐和夫,山田正仁,丸田高広 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 111 2013
  •  母子保健事業の効果的実施のための妊婦健診,乳幼児健診データの利活用に関する研究 大学における女子学生の健康に関する実態と生策に関する研究 吉川弘明,山本眞由美,足立由美,笹川寿之,塙清美,北村邦夫 母子保健事業の効果的実施のための妊婦健診、乳幼児健診データの利活用に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 155 2013
  •  起立負荷加速度脈波を利用した頭痛簡易診断システム 根上 昌子,丸田 高広,枝廣 茂樹,足立 由美,吉川 弘明 日本頭痛学会誌 39 2 280 2012/11
  •  MG/HAM 重症筋無力症骨格筋におけるGRP78 mRNAの発現亢進 岩佐 和夫,吉川 弘明,古川 裕,本崎 裕子,山田 正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 24回 70 2012/09
  •  呼吸器感染症とキャンパスライフ 肺結核から新型インフルエンザまで 予防と対応 大規模大学の現況 吉川 弘明 全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会報告書 平成24年度 45 2012/07
  •  きっかけづくりとチーム支援による学生相談対象の拡大 足立 由美,吉川 弘明,宮崎 節子,田上 芳美,池田 美智子,亀田 真紀,柿本 晴美,清水 美保,内山 勝晴,小泉 順二 CAMPUS HEALTH 49 1 331 2012/02
  •  留学生に対する健康支援に関するアンケート調査報告(国立大学保健管理施設協議会国際交流特別委員会) 池谷直樹,鈴木眞理,馬場久光,鎌野寛,大塚盛男,富樫整,吉川弘明,山本眞由美,立身政信 Campus Health 49 1 173 2012/02
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症(3)重症筋無力症における血清GRP78濃度 吉川弘明,岩佐和夫,古川裕,本崎裕子,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 112 2012
  •  金沢大学における新型インフルエンザ(H1N1)の発症状況についての考察―学部学生の発症状況と特徴について― 亀田真紀,吉川弘明,中村裕之,宮崎節子,田上芳美,内山勝晴,清水美保,小泉順二 Campus Health 48 2 169 2011/03
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症・基礎 重症筋無力症における小胞体ストレス蛋白GRP94に対する自己免疫 鈴木則宏,鈴木重明,槍沢公明,長根百合子,岩佐和夫,吉川弘明 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 148 2011
  •  MPTP処置マウス線条体ドパミン神経終末の脱落に対するCoQ10の保護効果とその機序について 小林星太,室山明子,吉川弘明,光本泰秀 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集 32nd 101 2010/11/29
  •  The effect of bezafibrate to sleep of outcoming patients Shigeki Edahiro,Toshio Matsunami,Mutsuko Okada,Hiroaki Yoshikawa Japanese Pharmacology and Therapeutics 38 429 2010/07/16
  •  保健管理センターによる健康教育 集中講義の教育効果 足立 由美,吉川 弘明,高信 雅子,生田 聡美,宮崎 節子,田上 芳美,林 佳子,亀田 真紀,柿本 晴美,清水 美保,内山 勝晴,鈴木 健一,小泉 順二 CAMPUS HEALTH 47 1 308 2010/02
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症・臨床 重症筋無力症におけるタクロリムスのプラセボ対照二重盲検群間比較試験の結果報告 吉川弘明,高守正治,斎田孝彦 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成21年度 総括・分担研究報告書 136 2010
  •  保健管理センターによる健康教育 集中講義参加者の解析 吉川 弘明,足立 由美,高信 雅子,生田 聡美,宮崎 節子,田上 芳美,林 佳子,亀田 真紀,柿本 晴美,清水 美保,内山 勝晴,鈴木 健一,小泉 順二 CAMPUS HEALTH 46 3 74 2009/09
  •  免疫性神経疾患に関する調査研究 重症筋無力症 臨床(1)金沢大学附属病院通院中の重症筋無力症患者における抗アセチルコリン受容体抗体価の5年間にわたる時系列推移 吉川弘明,岩佐和夫,小野賢二郎,濱口毅,篠原もえ子,佐村木美晴,中村裕之,山田正仁 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 121 2014
  •  保健管理センターによる健康教育 2―集中講義の教育効果― 足立由美,吉川弘明,高信雅子,生田聡美,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,柿本晴美,清水美保,内山勝晴,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 46 3 74 2009/09
  •  国立大学法人保健管理施設協議会加盟校における食育の実施状況 吉川弘明,足立由美,宮田正和,山本眞由美,守山敏樹,高橋裕子,苗村育郎 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 52nd 107 2014/08
  •  金沢大学新入大学生におけるALT値の検討 池田美智子,今野哲雄,田上芳美,得永美和,亀田真紀,植島郁,柿本晴美,芦原百合子,清水美保,伊藤大輔,足立由美,吉川弘明,小泉順二 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 51st 88 2013/10
  •  「東日本大震災と大学」についてのアンケート集計結果報告 宮田正和,五味愼太郎,藤井義博,苗村育郎,吉川弘明,久保田稔,吉原正治 Campus Health 49 2 157 2012/03
  •  大学院生における留学生と日本人学生の感染症抗体検査の推移 池田美智子,宮崎節子,田上芳美,柿本晴美,芦原百合子,高紀子,亀田真紀,内山勝晴,清水美保,足立由美,吉川弘明,小泉順二 Campus Health 49 1 419 2012/02
  •  慢性頭痛スクリーニングにおける起立負荷加速度脈波の有用性 根上昌子,丸田高広,枝廣茂樹,足立由美,吉川弘明 日本脳ドック学会総会プログラム・抄録集 21st 119 2012
  •  留学生に対する健康支援に関するアンケート調査報告(国立大学国際交流特別委員会) 池谷直樹,鈴木眞理,馬場久光,鎌野寛,大塚盛男,富樫整,吉川弘明,山本眞由美,立身政信 Campus Health 48 3 67 2011/10
  •  大学院生における留学生と日本人学生の感染症抗体検査の推移 池田美智子,柿本晴美,高紀子,芦原百合子,田上芳美,宮崎節子,亀田真紀,清水美保,内山勝晴,足立由美,吉川弘明,小泉順二 Campus Health 48 3 93 2011/10
  •  MG/MS等神経難病における能登半島地震後の心理的影響について 丸田 高広,吉川 弘明,足立 由美,佐藤 日出夫,柴田 裕行,横地 英博,坂井 健二,岩佐 和夫,山田 正仁 日本神経免疫学会学術集会抄録集 23回 104 2011/09
  •  金沢大学における感染症対策5年間の推移―新入生に対する麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘の抗体検査と予防接種勧奨― 宮崎節子,田上芳美,池田美智子,柿本晴美,芦原百合子,高紀子,亀田真紀,吉川弘明,内山勝晴,清水美保,足立由美,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 47 3 80 2010/10
  •  学生定期健康診断における早朝尿検査導入の効果について 田上芳美,宮崎節子,池田美智子,柿本晴美,芦原百合子,高紀子,亀田真紀,高信雅子,生田聡美,小畑公未子,吉川弘明,内山勝晴,清水美保,足立由美,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 47 3 79 2010/10
  •  The Effect of Bezafibrate to Sleep of Outcoming Patients 枝廣茂樹,松波寿雄,岡田睦子,吉川弘明 薬理と治療 38 5 429 2010/05/20
  •  【「攻め」の核医学が高める病院力】 普及・進展への核心に迫る 核医学を用いた「ものわすれドック」の展開 PETドックの試み 根上 昌子,丸田 高広,角 弘諭,吉川 弘明 新医療 37 3 54 2010/03
  •  大学生に対する心と体の統合的健康教育プログラムの有効性に関する研究 足立由美,吉川弘明 日本公衆衛生学会総会抄録集 68th 400 2009/10/15
  •  フィジカルヘルス分野における大学での危機管理 感染症における大学での危機管理 吉川 弘明 全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会報告書 平成22年度 37 2010/01
  •  流行性耳下腺炎の抗体価の推移―健康調査の罹患歴・予防接種歴― 宮崎節子,田上芳美,池田美智子,亀田真紀,伊藤大輔,坪川俊成,清水美保,足立由美,吉川弘明,小泉順二 Campus Health 49 4 92 2012/09
  •  低IgG血症と骨粗鬆症を伴った重症筋無力症の一例 赤木明生,浜口歩,岩佐和夫,山田正仁,吉川弘明 臨床神経学 50 1 47 2010/01/01
  •  大学における安全衛生活動~東海北陸地区保健管理センター看護職へのアンケート結果から~ 亀田真紀,植島郁,田上芳美,池田美智子,得永美和,清水美保,吉川弘明,小泉順二 産業衛生学雑誌 56 臨増 586 2014/05/01
  •  アジア某国から受け入れた留学生の集団結核発症に関する報告 中川克,林多喜王,佐藤武,河邊博史,西尾彰泰,守山敏樹,吉川弘明,山本眞由美 Campus Health 51 1 231 2014/03
  •  金沢大学新入生の流行性耳下腺炎の抗体価の推移 2006‐2012 池田美智子,宮崎節子,田上芳美,亀田真紀,吉川弘明,小泉順二,市村宏 日本予防医学会学術総会プログラム・抄録集 11th 46 2013/06/15
  •  保健管理センターによる健康教育 1―集中講義参加者の解析― 吉川弘明,足立由美,高信雅子,生田聡美,宮崎節子,田上芳美,林佳子,亀田真紀,柿本晴美,清水美保,内山勝晴,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 46 3 74 2009/09
  •  大学生の片頭痛の実態と治療的介入の評価 QOLの視点から 吉川 弘明,足立 由美 臨床神経学 50 12 1220 2010/12
  •  末梢神経 ニコチン性アセチルコリン受容体α3サブユニットに対する自己抗体による受容体機能障害機序の検討 小林 星太,横山 茂,丸田 高広,室山 明子,光本 泰秀,岩佐 和夫,山田 正仁,吉川 弘明 日本神経免疫学会学術集会抄録集 24回 78 2012/09
  •  自殺予防のためのポストベンション―学生へのメッセージと教職員研修の効果― 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,池田美智子,亀田真紀,柿本晴美,伊藤大輔,坪川俊成,清水美保,小泉順二 Campus Health 50 1 502 2013/03
  •  自殺予防のためのポストベンション―学生へのメッセージと教職員研修の効果― 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,池田美智子,亀田真紀,柿本晴美,伊藤大輔,坪川俊成,清水美保,小泉順二 Campus Health 49 4 110 2012/09
  •  ニコチン性アセチルコリン受容体α3サブユニットに対する自己抗体による受容体機能障害機序の検討 小林星太,横山茂,丸田高広,室山明子,光本泰秀,岩佐和夫,山田正仁,吉川弘明 日本神経免疫学会学術集会抄録集 24th 78 2012
  •  重症筋無力症における血清中BiP/GRP78蛋白濃度 岩佐 和夫,吉川 弘明,古川 裕,本崎 裕子,山田 正仁 臨床神経学 51 12 1460 2011/12
  •  ニコチン性アセチルコリン受容体α3サブユニットに対する抗体による受容体の細胞内局在及び機能変化について 小林星太,横山茂,丸田高広,室山明子,吉川弘明,光本泰秀 日本薬学会北陸支部総会及び例会プログラム・講演要旨集 124th 29 2012
  •  きっかけづくりとチーム支援による学生相談対象の拡大 足立由美,吉川弘明,宮崎節子,田上芳美,池田美智子,亀田真紀,柿本晴美,清水美保,内山勝晴,小泉順二 Campus Health 48 3 84 2011/10
  •  【神経筋接合部 基礎から臨床まで】 重症筋無力症治療の現状と展望 胸腺手術の観点から 吉川 弘明,岩佐 和夫,高守 正治 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 63 7 729 2011/07/01
  •  健康教育GPから生まれた学生グループに関する分析 足立由美,吉川弘明,生田聡美,高信雅子,宮崎節子,田上芳美,池田美智子,亀田真紀,柿本晴美,清水美保,内山勝晴,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 48 1 430 2011/02
  •  学生定期健康診断における早朝尿検査導入の効果について 田上芳美,宮崎節子,池田美智子,柿本晴美,芦原百合子,高紀子,亀田真紀,高信雅子,生田聡美,小畑公未子,吉川弘明,内山勝晴,清水美保,足立由美,鈴木健一,小泉順二 Campus Health 48 1 229 2011/02
  •  検査値を読む2013 21章 自己免疫検査 抗アセチルコリン受容体抗体 吉川弘明 内科 111 6 1388 2013/06/01
  •  重症筋無力症における筋芽細胞融合シグナル蛋白mRNAの発現亢進について 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,山田正仁 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 57th Suppl. 582 2016/12
  •  大学保健管理施設による教育プログラムの開発 正課外教育としての食育の効果 足立 由美,吉川 弘明,田上 芳美,池田 美智子,得永 美和,亀田 真紀,栗田 智未,吉牟田 剛,清水 美保,山岸 正和 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 53回 57 2015/08
  •  【免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-】 免疫性筋疾患 重症筋無力症(MG) 重症筋無力症の治療各論 胸腺摘除術 吉川 弘明 日本臨床 73 増刊7 免疫性神経疾患 521 2015/09
  •  【指定難病ペディア2019】指定難病ピックアップ 重症筋無力症による眼瞼下垂 吉川 弘明 日本医師会雑誌 148 特別1 S2 2019/06
  •  学生相談利用者群と非利用者群のWAISの結果の比較 足立由美,吉川弘明,三浦佳代子,小笠原知子,田上芳美,池田美智子,得永美和 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 55回 107 2017/11
  •  75歳以上の重症筋無力症患者の臨床的特徴 島綾乃,岩佐和夫,吉川弘明,山田正仁 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 60th 488 2019
  •  大学生のメンタルヘルスにおける香り効果の前向き研究(2)―心理学的評価項目による検討― 足立由美,吉川弘明 日本心理学会大会発表論文集 82nd 282 2018/08
  •  学生支援GP事業が大学にもたらした成果と課題―学生支援GP採択から10年後の報告― 足立由美,吉川弘明 金沢大学保健管理センター年報・紀要 11 68‐77 2019/03
  •  重症筋無力症―診療における今後の展望― 吉川弘明 Neuroimmunology 21 1 86 2016/09
  •  金沢大学新入大学生におけるALT値の検討 池田 美智子,今野 哲雄,田上 芳美,得永 美和,芦原 百合子,亀田 真紀,植島 郁,柿本 晴美,清水 美保,伊藤 大輔,足立 由美,吉川 弘明,小泉 順二 金沢大学保健管理センター年報・紀要 7 79 2015/03
  •  大学における安全衛生活動 東海北陸地区保健管理センター看護職への調査結果から 亀田 真紀,植島 郁,田上 芳美,池田 美智子,得永 美和,清水 美保,吉川 弘明,小泉 順二 金沢大学保健管理センター年報・紀要 7 76 2015/03
  •  健康診断における障がいのある学生の把握―2015,2016年度データの分析― 足立由美,吉川弘明,小笠原知子,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,吉牟田剛,清水美保,山岸正和 Campus Health (CD-ROM) 54 1 462‐463 2017/03
  •  学生相談におけるカウンセリング効果の分析―心理検査による分析― 足立由美,吉川弘明 Campus Health (CD-ROM) 56 1 388 2019/03
  •  眼筋型重症筋無力症に対する治療方法の検討 成田 智子,清水 潤,村井 弘之,川口 直樹,清水 優子,吉川 弘明,畑中 裕己,松尾 秀徳 神経免疫学 22 1 153 2017/10
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 重症筋無力症及び封入体筋炎の重症度分類の提案 吉川弘明,清水潤,荻野美恵子,梶龍兒,清水優子,鈴木則宏,錫村明生,園生雅弘,新野正明,野村恭一,原寿郎,松尾秀徳,本村政勝,川口直樹,郡山達男,野村芳子,栗山長門,玉腰暁子,松井真,鈴木重明,岩佐和夫,坂井健二 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書 21‐38 2015
  •  高校生を対象とした結婚,出産についての意識調査に関する検討 西尾彰泰,西尾彰泰,堀田亮,佐渡忠洋,佐渡忠洋,吉川弘明,足立由美,松浦賢長,林芙美,山本眞由美,山本眞由美,山本眞由美 東海学校保健研究 39 1 27 2015/09/05
  •  大学保健管理施設による教育プログラムの開発 2―正課外教育としての食育の効果― 足立由美,吉川弘明,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,吉牟田剛,清水美保,山岸正和 Campus Health 53 1 190 2016/03
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 日本における眼筋型重症筋無力症の臨床像の検討 松尾秀徳,成田智子,南尚哉,新野正明,伊崎祥子,野村恭一,川口直樹,村井弘之,吉良潤一,清水潤,岩佐和夫,吉川弘明,畑中裕己,園生雅弘,清水優子,野村芳子 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web) 58‐59 (WEB ONLY) 2017
  •  重症筋無力症骨格筋に発現したPD‐L1 mRNAと臨床重症度との関連 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,山田正仁 Neuroimmunology 23 1 148 2018/09
  •  大学生のメンタルヘルスにおける香り効果の前向き研究 生理学的評価項目による検討 吉川 弘明,足立 由美 日本心理学会大会発表論文集 82回 281 2018/08
  •  大学保健管理施設による教育プログラムの開発 正課外教育としての食育の効果 足立 由美,吉川 弘明,田上 芳美,池田 美智子,得永 美和,亀田 真紀,吉牟田 剛,清水 美保,山岸 正和 CAMPUS HEALTH 53 1 190 2016/03
  •  国立大学法人保健管理施設協議会加盟校における食育の個別事例 吉川弘明,足立由美,山本眞由美,守山敏樹,高橋裕子,田中優司 Campus Health 53 1 193 2016/03
  •  学生相談におけるカウンセリングの評価―主観的評価と生理的変化の分析― 足立由美,吉川弘明 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 57th 86 2019/09
  •  各種疾患 脱髄・免疫性疾患 重症筋無力症における胸腺異常の病因論再考 吉川 弘明 Annual Review神経 2018 250 2018/01
  •  「海外留学 健康の手引き」利用の勧め 国際連携委員会・国際交流特別委員会合同編集 中川 克,佐藤 武,西尾 彰泰,林 多喜王,守山 敏樹,吉川 弘明,岩崎 泰正,鈴木 眞理,富樫 整,馬場 久光,河邊 博史,丸谷 俊之,山本 眞由美,公益社団法人全国大学保健管理協会国際連携委員会 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 53回 72 2015/08
  •  カウンセリングにおける心拍変動スペクトル解析 足立由美,吉川弘明 日本心理学会大会発表論文集 83rd 399 2019/08
  •  高校生・大学生の妊娠・出産に関する知識量とDVD教材視聴による教育効果の検討 西尾彰泰,堀田亮,佐渡忠洋,佐渡忠洋,林芙美,吉川弘明,足立由美,松浦賢長,高田昌代,猪飼周平,加納亜紀,磯村有希,山本眞由美 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 53rd 61 2015/08
  •  大学保健管理施設による教育プログラムの開発 2―正課外教育としての食育の効果― 足立由美,吉川弘明,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,栗田智未,吉牟田剛,清水美保,山岸正和 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 53rd 57 2015/08
  •  大学保健管理施設による教育プログラムの開発―食とウェルネスに関する調査研究班― 足立由美,吉川弘明,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,吉牟田剛,清水美保,山岸正和 Campus Health 52 1 203 2015/03
  •  大学生における結婚,出産についての意識調査―大学の健康教育で何を教えるべきか? 西尾彰泰,堀田亮,佐渡忠洋,吉川弘明,足立由美,松浦賢長,猪飼周平,高田昌代,林芙美,加納亜紀,磯村有希,山本眞由美 Campus Health 52 1 154 2015/03
  •  健康診断における障がいのある学生の把握―2015,2016年度データの分析― 足立由美,吉川弘明,小笠原知子,田上芳美,池田美智子,得永美和,亀田真紀,吉牟田剛,清水美保,山岸正和 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 54th 122 2016/09
  •  留学生の健康管理実態調査の報告―国際連携委員会・国際交流特別委員会合同調査の結果より― 山本眞由美,河邊博史,佐藤武,中川克,西尾彰泰,林多喜王,守山敏樹,吉川弘明,岩崎泰正,鈴木眞理,富樫整,馬場久光,大塚盛男,立身政信 Campus Health 52 1 467 2015/03
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 重症筋無力症の臨床調査個人票データの解析 吉川弘明,岩佐和夫,坂井健二,足立由美,高田茂樹,楠進,吉良潤一,松井真 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書 57‐62 2015
  •  重症筋無力症―診療New Standards 治療 免疫抑制剤 吉川弘明 Clinical Neuroscience 32 9 1049 2014/09/01
  •  重症筋無力症 重症筋無力症(MG)の発症機序と疫学 吉川弘明 医学のあゆみ 255 5 447 2015/10/31
  •  定期健康診断による女子学生の月経のトラブルとダイエットに関する調査 吉川弘明,足立由美,藤原智子,藤原浩,田上芳美,森真理,多間あかり,小笠原知子,高智嘉子,安田裕子,阿保未来,清水美保,中尾眞二 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 57th 38 2019/09
  •  重症筋無力症の新たな治療戦略 重症筋無力症の胸腺摘除術の現状 吉川弘明 月刊神経内科 82 3 275 2015/03/25
  •  学生相談利用者群と非利用者群の睡眠特性の解析 吉川弘明,足立由美,三浦佳代子,小笠原知子,田上芳美,池田美智子,得永美和 Campus Health (CD-ROM) 55 1 350 2018/03
  •  学生相談利用者群と非利用者群のWAISの結果の比較 足立由美,吉川弘明,三浦佳代子,小笠原知子,田上芳美,池田美智子,得永美和 Campus Health (CD-ROM) 55 1 352 2018/03
  •  重症筋無力症骨格筋におけるcaveolin‐3の発現について 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,山田正仁 Neuroimmunology 19 1 165 2014/09
  •  若い男女のために作成した結婚・妊娠に関するDVD教材を大学生の講義に使用した効果検討 佐渡忠洋,西尾彰泰,堀田亮,吉川弘明,足立由美,松浦賢長,高田昌代,林芙美,宮下ルリ子,猪飼周平,山本眞由美 Campus Health (CD-ROM) 56 1 184‐186 2019/03
  •  心拍変動スペクトラム解析による学生相談来談者の特性解析と香りの介入 吉川弘明,足立由美,三浦佳代子,小笠原知子,田上芳美 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 56回 92 2018/09
  •  重症筋無力症通院患者における抗アセチルコリン受容体抗体価の変動と感染症発生動向との関連 岩佐 和夫,吉川 弘明,浜口 毅,坂井 健二,篠原 もえ子,佐村木 美晴,高橋 和也,柳瀬 大亮,小野 賢二郎,石田 千穂,吉田 光宏,中村 裕之,山田 正仁 NEUROINFECTION 21 2 237 2016/09
  •  米国大学保健管理協会年次集会(ACHA2017)日米共同セッション報告(国際連携委員会より)―日米における大学メンタルヘルスの話題について― 山本眞由美,山本眞由美,西尾彰泰,布施泰子,丸谷俊之,岩井栄一郎,吉川弘明,中川克,安宅勝弘 Campus Health (CD-ROM) 55 2 197‐202 2018/05
  •  大学生のメンタルヘルスにおける香り効果の前向き研究(1)―生理学的評価項目による検討― 吉川弘明,足立由美 日本心理学会大会発表論文集 82nd 281 2018/08
  •  MG 基礎から臨床まで MGTXを踏まえてガイドラインをどのように活用するか 吉川 弘明 神経免疫学 22 1 71 2017/10
  •  留学等で渡航する学生への健康管理に関する支援の状況についての全国調査 丸谷俊之,丸谷俊之,中川克,中川克,柳元伸太郎,吉川弘明,吉川弘明,吉川弘明,冨樫整,冨樫整,鈴木眞理,鈴木眞理,原田賢治,原田賢治,石見拓,石見拓,馬場久光,馬場久光,岩崎泰正,岩崎泰正,林多喜王,林多喜王,横山裕一,横山裕一,佐藤武,佐藤武,守山敏樹,守山敏樹,西尾彰泰,西尾彰泰,山本眞由美,山本眞由美,山本眞由美 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 56回 61 2018/09
  •  重症筋無力症骨格筋におけるcaveolin‐3の発現について 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,山田正仁 Neuroinfection 19 2 229 2014/08/11
  •  国立大学法人保健管理施設協議会加盟校における食育の実施状況 吉川 弘明,足立 由美,宮田 正和,山本 眞由美,守山 敏樹,高橋 裕子,苗村 育郎 金沢大学保健管理センター年報・紀要 8 81 2016/03
  •  大学保健管理施設による正課外の食育プログラムの開発とその効果 足立由美,吉川弘明,高信雅子 Campus Health (CD-ROM) 53 2 91‐96 2016/05
  •  患者状態「自律神経」の‘見える化’―脈波周波数解析 吉川弘明 日本リハビリテーション医学会専門医会学術集会プログラム・抄録集 11th 78 2016/10
  •  感染因子による神経免疫疾患誘発のメカニズムと治療 感染症と重症筋無力症 岩佐 和夫,吉川 弘明,浜口 毅,坂井 健二,篠原 もえ子,佐村木 美晴,高橋 和也,柳瀬 大亮,小野 賢二郎,石田 千穂,吉田 光宏,中村 裕之,山田 正仁 NEUROINFECTION 21 2 176 2016/09
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 重症筋無力症診断におけるアイスパックテストの文献的検討 吉川弘明,岩佐和夫,松井真 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web) 60‐63 (WEB ONLY) 2017
  •  学生相談利用者群と非利用者群の睡眠特性の解析 吉川弘明,足立由美,三浦佳代子,小笠原知子,田上芳美,池田美智子,得永美和 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 55回 106 2017/11
  •  重症筋無力症骨格筋におけるProgrammed cell death ligand 1 mRNAの発現について 岩佐 和夫,吉川 弘明,古川 裕,山田 正仁 神経免疫学 22 1 155 2017/10
  •  大学国際化における学生支援 包括的なカレッジヘルスプログラムのためのフレームワーク 吉川弘明 Campus Health (CD-ROM) 54 2 82‐95 2017/05
  •  健康診断における障がいのある学生の把握 2015、2016年度データの分析 足立 由美,吉川 弘明,小笠原 知子,田上 芳美,池田 美智子,得永 美和,亀田 真紀,吉牟田 剛,清水 美保,山岸 正和 CAMPUS HEALTH 54 1 462 2017/03
  •  免疫性筋疾患 重症筋無力症(MG)重症筋無力症の治療各論 胸腺摘除術 吉川弘明 日本臨床 73 521 2015/09/20
  •  各種疾患 脱髄・免疫性疾患 重症筋無力症における胸腺異常の病因論再考 吉川 弘明 Annual Review神経 2018 250 2018/01
  •  【免疫性神経疾患-病態解明と治療の最前線】 重症筋無力症 重症筋無力症(MG)の発症機序と疫学 吉川 弘明 医学のあゆみ 255 5 447 2015/10
  •  重症筋無力症骨格筋におけるPD‐L1の発現について 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,古川裕,山田正仁 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 59th Suppl. 345 2018/12
  •  学生相談におけるカウンセリング効果の分析―心理検査による分析― 足立由美,吉川弘明 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 56th 102 2018/09
  •  重症筋無力症に対する胸腺摘除術の有効性と安全性に関する5年間の臨床試験の結果(MGTX extension study) 吉川弘明,岩佐和夫,古川裕,本崎裕子,柳瀬大亮,山田正仁 Neuroimmunology 23 1 89 2018
  •  胸腺腫非合併重症筋無力症における拡大胸腺摘除術の意義 MGTX study 吉川 弘明 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 69 1 51 2017/01/01
  •  留学等で渡航する学生への健康管理に関する支援の状況についての全国調査 丸谷俊之,丸谷俊之,中川克,中川克,柳元伸太郎,吉川弘明,吉川弘明,吉川弘明,冨樫整,冨樫整,鈴木眞理,鈴木眞理,原田賢治,原田賢治,石見拓,石見拓,馬場久光,馬場久光,岩崎泰正,岩崎泰正,横山裕一,横山裕一,佐藤武,佐藤武,守山敏樹,守山敏樹,西尾彰泰,西尾彰泰,山本眞由美,山本眞由美,山本眞由美 Campus Health (CD-ROM) 56 2 244‐249 2019/05
  •  留学等で渡航する学生への健康管理に関する支援の状況についての全国調査 丸谷俊之,丸谷俊之,中川克,中川克,柳元伸太郎,吉川弘明,吉川弘明,吉川弘明,冨樫整,冨樫整,鈴木眞理,鈴木眞理,原田賢治,原田賢治,石見拓,石見拓,馬場久光,馬場久光,岩崎泰正,岩崎泰正,林多喜王,林多喜王,横山裕一,横山裕一,佐藤武,佐藤武,守山敏樹,守山敏樹,西尾彰泰,西尾彰泰,山本眞由美,山本眞由美,山本眞由美 Campus Health (CD-ROM) 56 1 191 2019/03
  •  重症筋無力症ならびにランバート・イートン筋無力症候群の全国疫学調査 一次調査結果 吉川弘明,中村好一,栗山長門,村井弘之,酒井康成,野村芳子,岩佐和夫,松井真 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 60th Suppl. 380 2019
  •  重症筋無力症骨格筋におけるPD‐L1の発現について 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,古川裕,山田正仁 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 59th Suppl. 345 2018/12
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 封入体筋炎診断に用いる厚労省基準とEuropean Neuromuscular Center(ENMC)基準の比較検討 清水潤,吉川弘明,荻野美恵子,梶龍兒,清水優子,鈴木則宏,竹内英之,園生雅弘,新野正明,野村恭一,酒井康成,松尾秀徳,本村政勝,川口直樹,郡山達男,野村芳子,栗山長門,玉越暁子,松井真,岩佐和夫,坂井健二,鈴木重明 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書 68‐69 2016
  •  MG 重症筋無力症に対する胸腺摘除術の有効性と安全性に関する5年間の臨床試験の結果(MGTX extension study) 吉川 弘明,岩佐 和夫,古川 裕,本崎 裕子,柳瀬 大亮,山田 正仁 神経免疫学 23 1 89 2018/09
  •  大学女子学生への月経関連症状に対する取り組み 池田美智子,田上芳美,得永美和,亀田真紀,濱田珠里,柿本晴美,芦原百合子,栗田智未,吉牟田剛,清水美保,足立由美,吉川弘明,山岸正和 Campus Health 53 1 207 2016/03
  •  個別の指定難病 A)神経・筋系 波多野琢,服部信孝,水澤英洋,吉川弘明,新野正明,寳金清博,伊東雅基,佐々木秀直,工藤興亮,渡辺保裕,中島健二,古和久典,小池春樹,祖父江元,下畑享良,松村剛,松村剛,橋詰淳,大原寛明,高橋良輔,齋藤加代子,山野嘉久,和田健二,浜口毅,山田正仁,中川正法,岡明,鈴木直輝,青木正志,高橋俊明,小牧宏文,桑原聡,青天目信,森田光哉,細矢光亮,菅野秀宣,伊藤進,保住功,錦織千佳子,渡邊修,楠進,長谷川一子,水口雅,上村昌寛,小野寺理,三牧正和,川合謙介,藤井敬之,吉良潤一,臼井直敬,中村雅之,佐野輝,久保田智哉,高橋正紀,今野卓哉,小野寺理,三浦義治,野中雄一郎,加藤光広,加藤光広,今井克美,大橋博文,阿部裕一,久保田雅也,小坂仁,吉田誠克,高橋幸利,福岡正隆,武内俊樹,高橋孝雄,小崎健次郎,小笠原真志,西野一三,池田浩子,杉江和馬,齋藤貴志,池田仁,小林勝弘,大野欽司,林由起子,浜野晋一郎,日暮憲道,廣瀬伸一,平澤恵理,坪井義夫,伊藤雅之,高田真利子,戸田達史,池田昭夫,山本俊至,村上良子 日本医師会雑誌 148 S72‐S133,S2 2019/06/15
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 ランバート・イートン筋無力症候群の診断基準策定 吉川弘明,清水潤,荻野美恵子,梶龍兒,清水優子,鈴木則宏,竹内英之,園生雅弘,新野正明,野村恭一,酒井康成,松尾秀徳,本村政勝,川口直樹,郡山達男,野村芳子,栗山長門,玉越暁子,松井真,鈴木重明,岩佐和夫,坂井健二 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書 35‐37 2016
  •  「海外留学 健康の手引き」利用の勧め 国際連携委員会・国際交流特別委員会合同編集 中川 克,河邊 博史,佐藤 武,西尾 彰泰,林 多喜王,守山 敏樹,岩崎 泰正,鈴木 眞理,冨樫 整,馬場 久光,丸谷 俊之,吉川 弘明,山本 眞由美,全国大学保健管理協会国際連携委員会 CAMPUS HEALTH 53 1 265 2016/03
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 MGTX studyの結果を踏まえたMGの診断・治療アルゴリズムの検討 吉川弘明,清水潤,荻野美恵子,梶龍兒,清水優子,鈴木則宏,園生雅弘,新野正明,野村恭一,吉良潤一,酒井康成,松尾秀徳,本村政勝,川口直樹,郡山達男,野村芳子,栗山長門,玉腰暁子,竹内英之,村井弘之,岩佐和夫,鈴木重明,松井真 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web) 26‐30 (WEB ONLY) 2017
  •  重症筋無力症における骨格筋融合シグナル蛋白mRNAの発現亢進について 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,山田正仁 Neuroimmunology 20 1 125 2015/09
  •  エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 重症筋無力症の診断基準の改訂 吉川弘明,清水潤,荻野美恵子,梶龍兒,清水優子,鈴木則宏,竹内英之,園生雅弘,新野正明,野村恭一,酒井康成,松尾秀徳,本村政勝,川口直樹,郡山達男,野村芳子,栗山長門,玉越暁子,松井真,鈴木重明,岩佐和夫,坂井健二 エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書 30‐34 2016
  •  胸腺非摘除MGとステロイド非抵抗性MGを対象としたタクロリムスの安全性と有効性の検討 吉川弘明,桑本佳奈,若杉直子 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 55th Suppl. 506 2014/12
  •  抗AChR抗体価の上昇に関わる因子は,潜在性重症筋無力症の症状発現にも影響を与える 岩佐和夫,吉川弘明,小野賢二郎,濱口毅,篠原もえ子,佐村木美晴,中村裕之,山田正仁 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 55th Suppl. 639 2014/12
  •  国立大学法人保健管理施設協議会加盟校における食育の実施状況―国立大学法人保健管理施設協議会「食とウェルネスに関する調査研究班」― 吉川弘明,足立由美,宮田正和,山本眞由美,守山敏樹,高橋裕子,苗村育郎 Campus Health 52 1 476 2015/03
  •  大学女子学生への月経関連症状に対する取り組み 池田美智子,田上芳美,得永美和,亀田真紀,濱田珠里,柿本晴美,芦原百合子,栗田智未,吉牟田剛,清水美保,足立由美,吉川弘明,山岸正和 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 53rd 60 2015/08
  •  大学生のメンタルヘルスにおける香り効果の前向き研究 心理学的評価項目による検討 足立 由美,吉川 弘明 日本心理学会大会発表論文集 82回 282 2018/08
  •  Case Report; A case of lipoid pneumonia mimicking lung cancer Ryo Sawagashira,Tsuyoshi Nakayama,Hiroaki Yoshikawa,Chihiro Kimikawa,Norimitsu Kurogi Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 105 281 2016/02/10
  •  大学保健管理施設による食育プログラムの開発とその効果 足立由美,吉川弘明,高信雅子 Campus Health 52 2 83 2015/05
  •  MG治療におけるタクロリムスの位置づけ 吉川弘明 Neuroimmunology 20 1 77 2015/09
  •  教育用パンフレット「知っていますか?男性のからだのこと,女性のからだのこと」に対する大学生の意識調査 吉川弘明,足立由美,山本眞由美,西尾彰泰,佐渡忠洋,堀田亮 日本教育心理学会総会発表論文集 56th 397 2014/10/26
  •  高校生・大学生の妊娠・出産に関する知識量とDVD教材視聴による教育効果の検討 西尾彰泰,堀田亮,吉川弘明,松浦賢長,林芙美,猪飼周平,佐渡忠洋,加納亜紀,磯村有希,山本眞由美 Campus Health 53 1 211 2016/03
  •  日本のナショナルデータベースに登録されているMG患者の臨床プロファイルの分析(Analysis of Clinical Profile of MG Patients From the National Database of Japan) 吉川 弘明,高田 茂樹,足立 由美,古川 裕,坂井 健二,岩佐 和夫,山田 正仁 臨床神経学 55 Suppl. S208 2015/12
  •  重症筋無力症骨格筋におけるcaveolin‐3の発現について 岩佐和夫,吉川弘明,古川裕,山田正仁 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 56th Suppl. 388 2015/12
  •  Pathogenesis epidemiology of myasthenia gravis 吉川 弘明 医学のあゆみ 255 5 447 2015/10/31
  •  結婚・妊娠に関するDVD教材を大学生の講義に使用した効果検討 佐渡忠洋,西尾彰泰,堀田亮,吉川弘明,足立由美,松浦賢長,高田昌代,林芙美,宮下ルリ子,猪飼周平,山本眞由美 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 56th 58 2018/09
  •  国立大学法人保健管理施設協議会加盟校における食育の個別事例 吉川弘明,足立由美,山本眞由美,守山俊樹,高橋裕子,田中優司 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 53rd 57 2015/08
  •  快食・快眠・快便への勧め プラクティカルな食育 吉川 弘明 全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会報告書 平成27年度 8 2015/07
  •  ライフプランを含む教育用パンフレットに対する評価と大学生への健康教育―大学生の健康教育へのニーズと必要性― 吉川弘明,足立由美 金沢大学保健管理センター年報・紀要 7 68 2015/03
  •  脱髄・免疫性疾患 2 重症筋無力症における胸腺異常の病因論再考 吉川弘明 Annual Review 神経 2018 250‐256 2018/01/30
  •  心拍変動スペクトラム解析による学生相談来談者の特性解析と香りの介入 吉川弘明,足立由美,三浦佳代子,小笠原知子,田上芳美 Campus Health (CD-ROM) 56 1 340 2019/03
  •  大学生のメンタルヘルスと香りの嗜好性―不安と香りの嗜好性との関連― 足立由美,吉川弘明 日本心理学会大会発表論文集 81st 372 2017/08
  •  MGTXを踏まえてガイドラインをどのように活用するか 吉川弘明 Neuroimmunology 22 1 71 2017
  •  若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究 教育用パンフレット「知っていますか?男性のからだのこと,女性のからだのこと」に対する大学生(新入生)の意識調査 吉川弘明,足立由美 若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書 134 2015
  •  若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究「若い男女における結婚,出産についての意識調査」の解析―「子どもが欲しい」という回答をもたらす因子についての検討― 吉川弘明,足立由美 若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書 91 2015
  •  【指定難病ペディア2019】個別の指定難病 神経・筋系 重症筋無力症[指定難病11] 吉川 弘明 日本医師会雑誌 148 特別1 S76 2019/06
  •  若い男女における意識調査―「子どもが欲しい」と思う因子の解析― 吉川弘明,足立由美,松浦賢長,山本眞由美,西尾彰泰,堀田亮,佐渡忠洋 日本公衆衛生学会総会抄録集 74th 313 2015/10/15
  •  教材「知っていますか?男性のからだのこと,女性のからだのこと」への大学生の評価 足立由美,吉川弘明,松浦賢長,山本眞由美,西尾彰泰,堀田亮,佐渡忠洋 日本公衆衛生学会総会抄録集 74th 314 2015/10/15
  •  留学生の健康管理に関する全国調査報告―国際連携委員会・国際交流委員会合同調査― 山本眞由美,岩崎泰正,大塚盛男,河邊博史,佐藤武,鈴木眞理,立身政信,富樫整,中川克,西尾彰泰,馬場久光,林多喜王,守山敏樹,吉川弘明 全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 52回 106 2014/08
  •  MG 重症筋無力症骨格筋における筋芽細胞の分化と補体制御因子の発現 岩佐 和夫,吉川 弘明,古川 裕,山田 正仁 神経免疫学 24 1 100 2019/09
  •  International project : MGTX Study YOSHIKAWA Hiroaki 47 11 880-882 2007/11

Arts and Fieldwork

Patent

Theme to the desired joint research

○Study of Immunotherapy for Myasthenia Gravis
○Study on autoantibodies from autoimmune neurological diseases
○Neuropsychological study related to development, growth and aging

Grant-in-Aid for Scientific Research

○「神経筋接合部疾患におけるイオンチャネルとレセプタ-の分子病態に関する免疫学的研究」(1995-) 
○「重症筋無力症における自己抗体産生調節機構とその修飾に関する研究」(1997-) 
○「免疫性神経疾患に関する調査研究(H23-難治-一般-017)」(2000-) 
○「重症筋無力症の自己免疫性T細胞を標的とした免疫療法の研究」(2001-) 
○「重症筋無力症自己抗体と免疫抑制薬が筋細胞遺伝子発現に及ぼす影響に関する研究」(2004-) 
○「重症筋無力症自己抗体のスペクトラムに関する研究」(2007-) 
○「損傷神経に誘導される新規蛋白がイオンチャネル活動調節・痛み情報伝達に果たす役割」(2009-2011) 
○「免疫性神経疾患に関する調査研究」(2011-) 
○「神経型アセチルコリン受容体抗体測定系の開発。重症筋無力症患者血清の神経型アセチルコリン受容体に対する自己抗体のスクリーニング」(2012-) 
○「母子保健事業の効果的実施のための妊婦健診、乳幼児健診データの利活用に関する研究」(2012-) 
○「免疫性神経疾患に関する調査研究」(2013-) 
○「神経型アセチルコリン受容体を標的とした自己免疫性神経疾患」(2012-2015)
○「若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究 」(2013-2014) 
○「エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確率(H26-部治等(前)-一般 -074)」(2014-2016) 
○「メンタルヘルスにおける自律神経機能と自己抗体の関与-香り効果に関する前向き研究」(2015-2017) 
○「摂食リズムの非同期による時計遺伝子の記憶が誘発する女性生殖機能異常の総合的解析」(2019-2021) 
○「心拍変動スペクトル解析によるカウンセリング効果の分析」(2016-2018) 
○「神経免疫疾患のエビデンスによる診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証」(2017-2020) 
○「重症筋無力症の新規病態:免疫チェックポイント分子と補体制御因子および治療への発展」(2021-2023) 
○「神経免疫疾患のエビデンスに基づく診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患 者QOL の検証」(2020-2022) 

Competitive research funding,Contribution

Collaborative research,Consignment study

○Development of multi-dimensional analysis system for cerebral blood flow and brain atrophy images(2008-2009)
○Research on personal factors and psychological health effects of fragranc

Classes (Bachelors)

○Practical Approach for the Health D(2021)
○Psychological Assessment B(2021)
○Psychological Assessment A(2021)
○Psychological Assessment(2021)
○Lecture on Life in Campus and Society(2021)
○Lecture on Life in Campus and Society(2021)
○Lecture on Life in Campus and Society(2021)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion B(2021)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion A(2021)
○Lecture on Life in Campus and Society(2021)
○Practice of Wellness Promotion(2021)
○Psychological Assessment(2020)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion B(2020)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion A(2020)
○Lecture on Life in Campus and Society(2020)
○Lecture on Life in Campus and Society(2020)
○Lecture on Life in Campus and Society(2020)
○Lecture on Life in Campus and Society(2020)
○Practical Approach for the Health D(2020)
○Practice of Wellness Promotion(2020)
○Practice of Wellness Promotion(2019)
○Lecture in Psychological Studies B(2019)
○Practical Approach for the Health D(2019)
○Lecture on Life in Campus and Society(2019)
○Lecture on Life in Campus and Society(2019)
○Lecture in Psychological Studies A(2019)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion B(2019)
○Psychological Assessment(2019)
○Lecture on Life in Campus and Society(2019)
○Lecture on Life in Campus and Society(2019)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion A(2019)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion(2018)
○Practical Approach for the Health D(2018)
○Lecture in Applied Psychology(2018)
○Lecture on Life in Campus and Society(2018)
○Lecture in Psychological Studies A(2018)
○Practice of Wellness Promotion(2018)
○Practice of Wellness Promotion(2017)
○Practice of Wellness Promotion(2017)
○Practical Approach for the Health D(2017)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion(2017)
○Practical Approach for the Health D(2017)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion(2017)
○Lecture on Life in Campus and Society(2017)
○Practice of Wellness Promotion(2017)
○Practice of Wellness Promotion(2017)
○Lecture on Life in Campus and Society(2017)
○Practice of Wellness Promotion(2017)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion(2017)
○Practical Approach for the Health D(2017)
○Practice of Wellness Promotion(2017)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion(2017)
○Practical Approach for the Health D(2017)
○Practice of Wellness Promotion(2016)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion(2016)
○Practical Approach for the Health D(2016)
○Lecture on Life in Campus and Society(2016)
○Lecture on Life in Campus and Society(2016)
○Lecture on Life in Campus and Society(2016)
○Lecture on Life in Campus and Society(2016)
○Practical Approach for the Health D(2016)
○Neuropsychological Approach for Total Health Promotion(2016)
○Practice of Wellness Promotion(2016)
○Emergency Resuscitation and Safety Campus Life(2010)
○Lifestyle Diseases Prevention(2010)
○Lifestyle Diseases Prevention(2010)
○Emergency Resuscitation and Safety Campus Life(2009)
○Lifestyle Diseases Prevention(2009)

Classes (Graduate Schools)

○Neuroimmunopathology(2021)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2021)
○Special Lectures of Dementia(2021)
○Neuroimmunopathology(2020)
○Neuroimmunopathology(2020)
○Neuroimmunopathology(2020)
○Neuroimmunopathology(2020)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2020)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2020)
○Special Lectures of Dementia(2020)
○Neuroimmunopathology(2019)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2019)
○Neuroimmunopathology(2019)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2019)
○Special Lectures of Dementia(2019)
○Neuroimmunopathology(2019)
○Neuroimmunopathology(2019)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2018)
○Special Lectures of Dementia(2018)
○Neuroimmunopathology(2018)
○Neuroimmunopathology(2017)
○Special Lectures of Dementia(2017)
○Neuroimmunopathology(2017)
○Neuroimmunopathology(2017)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2017)
○Neuroimmunopathology(2017)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2017)
○Special Lectures of Dementia(2016)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2016)
○Principles of Neurology and Brain Aging(2016)
○Neuroimmunopathology(2016)

International Project

International Students

Lecture themes

Others (Social Activities)

To Page Top