Jump to contents

Researcher Information

last modified:2020/04/30

Professor WATANABE, Atsushi

Mail

Faculty, Affiliation

Hospital Division of Clinical Genetics

College and School Educational Field


Laboratory

 TEL:076-265-2859 FAX:076-265-2859

Academic Background

Career

Kanazawa University Hospital Professor(2018-)
Nippon Medical School Associate professor(2011-2018)
Nippon Medical School Associate professor(2007-2011)
Nippon Medical School Associate professor(1998-2007)
Nippon Medical School Hospital Director, Division of Personalized Genetic Medicine, (2014-2018)
Nippon Medical School Hospital Director, Division of Clinical Genetics,(2013-2018)

Year & Month of Birth

Academic Society

























Award


Specialities

Speciality Keywords

Research Themes

Books

  •  渡邉淳 2016

Papers

Conference Presentations

Others

Arts and Fieldwork

Patent

Theme to the desired joint research

Grant-in-Aid for Scientific Research

○「初等・中等教育における遺伝学を用いた命の学習プログラム開発と導入に向けた検討」(2020-2024) 
○「幼少期から自らの健康を保持・増進できるコンピテンスを育むSTEAM教育の検討」(2020-2022) 
○「先天異常症候群のライフステージ全体の自然歴と合併症の把握:Reverse phenotypingを包含したアプローチ」(2020-2022) 
○「もやもや病類縁栂井内血管狭窄の網羅的遺伝子解析による発現機序の同定」(2018-2022) 
○「先天異常症候群領域の指定難病等のQOLの向上を目指す包括的研究」(2017-2019) 
○「新しい生命科学教育の根幹を担う日本独自の学際的幼児教育プログラムの開発」(2016-2018) 
○「全国のがんの遺伝カウンセリング実施施設の連携による遺伝性腫瘍の登録と追跡、解析拠点構築等に関する実証的研究」(2016-2018) 
○「学校教育への「ヒトの遺伝」導入に向けた課題と方策の明確化」(2015-2018) 
○「ゲノム情報で規定される超高リスク群の診断と、層別化・個別化予防のためのエビデンス構築をめざした臨床観察研究」(2014-2016) 
○「胎児・新生児骨系統疾患の診断と予後に関する研究」(2014-2014) 
○「一般市民への「ヒトの遺伝」リテラシー向上を目指した課題調査とプログラム・教材開発」(2014-2016) 
○「希少がんの発生に関与する遺伝要因の解明のための多施設共同研究体制の構築と関与遺伝子の探索」(2013-2015) 
○「ケロイド発生に関与するIL-6プロモーター領域一塩基多型の同定とその機能解析」(2012-2014) 
○「過剰運動<hypermobility>症候群類縁疾患における診断基準の確立ならびに病態解明」(2012-2014) 
○「遺伝子変異型により分類した血管型エーラス・ダンロス症候群の治療手法の開発」(2010-2012) 
○「エーラスダンロス症候群(主に血管型および新型)の実態把握および診療指針の確立」(2009-2011) 
○「子宮筋腫ならびに子宮内膜症に関連するSNPの医療応用基盤の構築」(2009-2012) 
○「臨床応用を視野に入れたオーダーメイド遺伝子医療のELSI に関する調査研究」(2008-2012) 
○「RNAiを用いた血管型Ehlers-Danlos症候群の治療法開発」(2008-2012) 
○「効果ある臨床遺伝教育プログラムに向けた課題研究と教材開発」(2007-2008) 
○「内耳プロテオーム解析を応用した外リンパ瘻の新たな診断法の開発・治療指針の作成」(2005-2007) 
○「神経型Gaucher病治療に向けた膜透過ペプチド融合酵素による脳内移行性の解析」(2003-2004) 
○「COCH遺伝子プロモーターを用いた新たな内耳特異的遺伝子治療法の開発」(2002-2004) 
○「トリプレット病におけるミスマッチ修復遺伝子の関与及び治療に関する研究」(1999-2000) 

Competitive research funding,Contribution

Collaborative research,Consignment study

Classes (Bachelors)

○Clinical Genetics(2019)
○Introduction to Nursing(2019)
○Gene Diagnostics(2019)
○Clinical Genetics(2018)

Classes (Graduate Schools)

International Project

International Students

Lecture themes

Others (Social Activities)

To Page Top