本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

3名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

情報学

ソフトコンピューティング

キーワード 研究者名 研究情報
振動解析、振動制御、音響制御、機能性材料、セルオートマトン 小松﨑 俊彦
研究課題
・磁気粘弾性エラストマの制振・防振応用に関する研究
・生理的振戦の制御に関する研究
・磁気粘弾性エラストマのハプティックインタフェース応用
・音波の伝播・指向性制御に関する研究

出願済みの発明名称
・マウントブッシュ
・マウントブッシュ
・ハプティックインタフェース
・多関節マニピュレータ
・ダイナミックダンパ制御装置
・磁性粒子複合粘弾性体及びそれを用いた可変剛性型動吸振器
・センサ装置
・多関節マニピュレータ
・粘弾性可変装置
・往復運動/回転運動変換装置

科研費採択テーマ
・ハイブリッド型吸音パネルに関する研究
・振動発電の発電量向上と広帯域化を担う革新的自己駆動型適応制御機構の開拓
・振幅変調駆動型アクティブマスダンパの開発
・コンピュータ急性骨髄性白血病モデルによる再発動態解析と標的治療開発の基盤創成
・生理的振戦を対象とした振動制御デバイスの開発
・パラメトリックスピーカによる高指向性波を用いた能動騒音制御
・傾斜した振動系に対する二振子(ボール)動吸振器の開発
・3次元モデルを用いた微少残存白血病細胞の動態解析に基づく再発予知的治療戦略の創成
・パラメトリック励振型動吸振器を使用した多自由度系の制振手法に関する研究
・超音波干渉に基づく仮想音源生成システムの開発と能動騒音制御への適用
・システム生物学にもとづく白血病幹細胞モデルの構築と予測型治療戦略への基盤創成
・振動子群の相互衝突を利用したダンパの開発
・コンピュータ白血病幹細胞システムによる再発動態解析と治療開発への基盤創成
・機能性ゲルの開発と機械構造物のセミアクティブ振動制御システムへの応用に関する研究
・蝸牛の音識別原理に基づく新規人工聴覚器用周波数分析器の基礎研究
・自己センシング機能を有する磁気粘弾性エラストマの開発と振動制御装置への適用
・磁気粘性コンパウンドの開発と動力伝達装置への応用
・磁歪式振動発電の高効率・広周波数帯域化による電池フリー無線センサシステムの実用化
・磁気粘弾性エラストマによる同調型動吸振器の開発

情報物理,機械学習,ナノ・マイクロフォトニクス 砂田 哲
科研費採択テーマ
・複雑系フォトニクスを用いたリザーバコンピューティングの展開
・2次元微小共振器半導体レーザの動的特性の解明と制御
・2次元微小共振器を利用した微小レーザカオス素子の開発と高速物理乱数生成への応用
・光微小共振器の非エルミート性に基づく新奇光学現象の探求
・2次元微小共振器半導体レーザの動的特性の解明と制御
・光の波動カオス現象に基づく情報処理と動的深層学習

ニューラルネットワーク、遺伝アルゴリズム 唐堂 由其
研究課題
・新型ニューロンネットワークを用いた深層学習とその応用

科研費採択テーマ
・樹状突起ニューロンによる非線形的フィルターをもつ畳み込みニューラルネットワーク
・樹状突起におけるシナプス間の相互作用を考慮したニューロンモデルの提案と検証

このページの先頭へ