本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

4名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

総合生物

神経解剖学・神経病理学

キーワード 研究者名 研究情報
疼痛学、内臓痛学、内臓感覚、 尾﨑 紀之
共同研究希望テーマ
・内臓痛治療法の開発
・疼痛治療法の開発

研究課題
・痛みのメカニズムの解明
・内臓痛のメカニズムの解明

科研費採択テーマ
・機能性胃腸症における胃の痛覚過敏への、CRF2を介した炎症性サイトカインの関与
・慢性虚血性疼痛における血管内皮増殖因子のスプライスバリアントの関与について
・機能性胃腸症における胃の痛覚過敏へのCRF2を介したインターロイキン6の関与
・機能性胃腸症における胃の痛覚過敏への副腎皮質刺激ホルモン放出因子受容体の関与
・スンクスにおける脂肪幹細胞の分布と分化能の解析
・舌機能に着目した咀嚼嚥下機能向上支援プログラムの開発
・機能性胃腸症における胃の痛覚過敏に関わるメディエイターの解析
・スンクスにおける抗内臓脂肪蓄積のメカニズムの解析
・フロン代替物質神経毒性の分子・細胞標的解析と中枢神経障害バイオマーカーの確立
・器質的および機能性胃腸症における胃の痛みのメカニズムの解析
・器質的および機能的胃腸症に見られる胃の知覚過敏のメカニズムの解析

グリア、血液脳関門、脳虚血、網膜、小胞体ストレス応答 寳田 美佳
研究課題
・中枢神経系疾患におけるアストロサイト活性化調節機構の解明

科研費採択テーマ
・RAGEシグナルを標的とした脳血管障害創薬の為の国際共同研究
・アストロサイト特異的に発現する分化関連因子Ndrg2の機能解析
・アストロサイトに発現するNdrg2による血管-神経連関モニタリング
・網膜神経細胞死に起因するシグナルネットワークにおける小胞体ストレスの重要性
・中枢神経系脱髄疾患におけるアストロサイト特異的遺伝子Ndrg2の重要性
・グリア細胞における小胞体ストレス応答を標的とした緑内障病態制御
・脳梗塞病態における血管リモデリング機構の解明

発達障害 自閉症 脱髄疾患 グリア細胞 神経解剖学 服部 剛志
研究課題
・自閉症モデルを基盤としたグリア細胞発達の解析

科研費採択テーマ
・NAD targetedメタボローム解析を用いた多発性硬化症の病態解明

グリア細胞、神経細胞死、ストレス応答 堀 修
研究課題
・中枢神経系細胞におけるストレス応答
・神経細胞保護薬、抗ストレス薬の開発

出願済みの発明名称
・オキシトシントランスポーター

科研費採択テーマ
・小胞体内レドックス異常により誘導される神経細胞死とその制御
・小胞体関連分解(ERAD)制御によるタンパク分解ストレスの軽減と細胞保護
・ATF6による黒質神経細胞の救済と蛋白質凝集抑制

このページの先頭へ