本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

2名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

外科学一般

キーワード 研究者名 研究情報
呼吸器外科 肺移植 低侵襲手術 松本 勲
研究課題
・凍結保護多糖を用いた移植肺の低(氷)温保存に関する基礎的研究
・腫瘍特異抗原結合型蛍光シクロスフェアによる肺癌縦隔リンパ節転移の術中同定法の開発
・改良型キトサンナノ繊維管による胸腔内自律神経機能再生に関する実験的臨床的研究

科研費採択テーマ
・改良型キトサンナノ繊維管による胸腔内自律神経機能再生に関する実験的臨床的研究
・改良型キトサンナノ繊維管による胸腔内自律神経機能再生に関する実験的臨床的研究
・肺癌に対する体外肺切除における、気管支創傷治癒へのキトサンナノ繊維シートの効果

マイクロサージャリー,3D4K 蛍光ビデオ顕微鏡,患者腫瘍同所性移植マウスモデル,肝移植,一酸化窒素,臓器保存,門脈血流,心停止ドナー,酸素,HGF,生体肝移植,門脈圧,VEGF,過小グラフト,境界グラフト,肝再生 八木 真太郎
共同研究希望テーマ
・肝胆膵癌研究
・広範囲肝切除後、部分肝移植後の肝再生に関する研究
・サルコペニアと癌免疫
・医工連携による新しい医療機器開発
・腸内細菌と肝胆膵疾患
・境界グラフト(脂肪肝、高齢グラフト)をreconditionさせる臓器保存に関する研究

出願済みの発明名称
・手術用観察システム

科研費採択テーマ
・臓器移植・造血幹細胞移植におけるHLAエピトープに基づく新規バイオマーカー開発
・スーパーマイクロサージャリーを用いた胆道癌PDOXマウスモデルの確立
・ ブタをin vivo bioreactorとした移植可能なヒト肝臓再生戦略
・肝移植後のbacterial translocationのメカニズム解明
・多重ヒット抑制に基づいた脂肪肝過小グラフト機能不全を回避する治療法の確立
・サルコペニアにおける栄養免疫連関の解明と難治性肝胆膵疾患に対する新規治療法の開発
・境界グラフトに対する一酸化窒素を用いた臓器保存戦略
・一酸化窒素を用いた過少グラフト肝移植に対する新しい治療戦略
・部分肝移植後の肝再生における門脈血中再生因子に関する研究ー門脈周辺臓器の役割

このページの先頭へ